妊娠 7 ヶ月 お腹 の 張り。 妊娠中にお腹が張る…。お腹の張りの原因と対処法は?

妊娠7ヶ月の体重増加ペースは?お腹の張りや腹痛が出やすい?

妊娠 7 ヶ月 お腹 の 張り

広告 妊娠2ヶ月の赤ちゃんの成長の様子 妊娠2ヶ月に入ったばかりの赤ちゃんは、胚盤胞というかたまりの状態であり、 大きさはわずか1mmほどしかありません。 エラや尻尾があり、オタマジャクシによく似た形です。 このエラと尻尾は、妊娠6週目にはなくなります。 中枢神経や脳、そして心臓といった体の中でも生命維持を司る期間は、妊娠2ヶ月のあいだに作られます。 頭と尻尾が伸びてあごといったくびれができ、妊娠5週目に入ると胎芽となり、6週目には心臓が動き始めます。 妊娠2ヶ月の終わり頃である7週目には、胴体がわかれて二頭身となり、その大きさは 12mm程度にまで成長します。 お腹の張りは感じる? 妊娠2ヶ月はまだお腹も大きくはなく、見た目には妊婦とは分かりませんが、体の中では様々な変化が起きています。 その一つがお腹の張りです。 お腹の張りが起きる原因 子宮が大きくなっている 大きくなった 子宮が、周りの臓器などを圧迫することで起きます。 普段は感じることのない張りなので、変化は小さくても敏感に感じてしまうことがあります。 子宮のけいれん 下腹部がつったように痛む場合は、子宮を支えているじん帯が、大きくなる子宮にあわせて伸びようとしてけいれんを起こしていることがあります。 ストレスによるもの 妊娠初期は 精神的にも不安定なことが多く、 つわりなどの体調不良も重なってストレスが重なり、お腹の張りを起こすことがあります。 流産の可能性 流産や切迫流産の兆候として、お腹の張りを感じることがあります。 流産や切迫流産の場合は、お腹の張りだけでなく、 腰の痛みやだるさ、不正出血といった症状も伴いますので、早めに病院に連絡をしましょう。 子宮の病気などによるもの 子宮内膜症など、子宮の病気や感染症にかかっているときにも、お腹の張りを感じることがあります。 不正出血やおりものの状態や臭い、また排尿時に痛みを感じるといった症状が起きますので、病院で診察を受けることが必要です。 お腹の張りを感じた時の対処法 通常はお腹の張りは妊娠すると起きることなので、それほど深刻に考える必要はありませんが、安定していない時期なので無理をしないことが大切です。 横になる 自宅など横になれる環境であれば、 安静にしましょう。 それが難しくても椅子に座ってリラックスすることが必要です。 車の運転は長時間しない 同じ姿勢のままでいることの多い車の運転中は、振動などがお腹に響くため、お腹の張りをいつもより感じやすくなります。 車の運転はしないか、必要であっても最小限にとどめ、張りを感じたら車を止めて休むようにしましょう。 広告 その他の体調の変化は? 妊娠2ヶ月は体調の変化もめまぐるしい時期です。 体の内側では、妊娠を継続させるために様々なことが起きています。 絶対過敏期 薬の影響を受けやすい時期のことを絶対過敏期といい、飲む薬や注射によっては胎児に影響を及ぼすことがあります。 常用している薬がある場合には注意が必要です。 ただし妊娠が分からないまま飲んでしまった場合は、病院で医師に相談するといいでしょう。 また薬を飲む必要がある場合には、妊婦用のものを処方してもらうようにします。 つわり 早い人では、妊娠2ヶ月からつわりの症状が出ることがあります。 ホルモンの分泌のバランスが変わることで、胃や腸の働きが低下することも一因ですが、自分のよだれや特定のものの臭いに反応して吐いてしまうこともあります。 つわりの時期は脱水症状を起こしやすいため、 十分な水分補給と共に、口にできるものは少しでも食べるようにしましょう。 体のだるさや眠気 体調の変化から体がだるく動けない、また日中でも 睡魔に襲われるといったことが増えてきます。 微熱が続くこともあるので、この場合は無理をせず横になる、休むといったことを心掛けましょう。 頻尿になる 子宮から膀胱に圧がかかり、頻尿になることも。 我慢すると膀胱炎などの感染症にもつながりますので、 我慢しないことが大切です。 さらに妊娠2ヶ月では便秘や下痢になることも増えてきます。 体調が安定せず、辛い時期ではありますが、少しでも体を動かすように心掛けましょう。 妊娠2ヶ月で注意すべきことは? 偏った食事にならないように注意する つわりなども始まるため、体のことを考えて栄養のある食事をしようとするのは難しいこともあります。 ただ食べたいものだけを食べる、食べたいときに食べるといったことを繰り返していると、今後の妊娠生活で体調を崩してしまいかねません。 工夫をして 3食をきちんと食べるようにしましょう。 マタニティーブルーを解消する 体の変化が起きる妊娠2ヶ月は、心も不安定になり、いわゆるマタニティーブルーになりがちです。 情緒不安定になるのは仕方のない面もありますが、自分一人で抱え込まないようにし、悩みは周りの家族などに 相談するようにしましょう。 無理なダイエットはしない 太りすぎると出産が大変だから、という理由で妊娠中にダイエットをするのはおすすめできません。 ある程度は体重が増えますので、ダイエット目的で食事を減らしたり、無理な運動はしないようにしましょう。 禁煙をする 妊娠中はストレスも溜まりやすいため、喫煙が復活してしまう人や、なかなかやめられない人もいます。 しかし喫煙は流産や早産のリスクを高めてしまいますので、 早急に禁煙するようにしましょう。 妊娠初期には診察の回数も多くなりますが、赤ちゃんの成長もめざましい時期です。 妊娠が安定する安定期までは、流産の可能性も高いため、体調の変化などには十分に注意しましょう。

次の

妊娠中のお腹の張りの原因

妊娠 7 ヶ月 お腹 の 張り

スポンサードリンク 妊娠中にしっかりと食事をとるのは必要不可欠な事です。 しかし、毎回食事の後にお腹が苦しい思いをするのは、本当に辛いですし、食べる事を拒みたくなる思いです。 妊娠中期に入ったあたりから、食後には必ずと言っていい程、 お腹の張りを感じるようになりました。 先ず、お腹の張りとはどんなものなのか、と言うとお腹や胃自体が圧迫されている様な息ぐるしさがあります。 私の場合、これ以上動けない!という状態になります。 産婦人科の先生によると、お腹の張りには様々な原因や理由があるが、妊婦にはよくあるとの事でした。 この場合は、食後に頻繁に起こっていたので、胃が大きくなって子宮を圧迫しているからかな?と感じました。 また、それでも食後にお腹が張って苦しい場合は、なるべくクッションなどを使って横になるようにしています。 妊娠する前から聞いた話では、 右側にもたれると早く消化を助けるらしいです。 なぜ、右側なのか分かりませんが、妊娠中でも使える技なので、知っているとだいぶ楽になります。 私が使っているクッションは身体が固定されるタイプの物なので、これも普通のクッションを使うより、良いかもしれません(写真参照)。 関連記事: オススメのクッションはこれ! 妊婦さんはお腹の張る苦しみだけでなく、寝ている時のつらさ、食後の苦しさ、腰痛、関節痛など妊娠週数によっても様々なトラブルがやってきます。 そんな妊婦さんの様々な辛さにオールラウンドで対応してくれるのが、抱きまくらです。 特にこのムニュムニュふわふわ感が人気の 王様の抱き枕がおすすめです。 食事の量は少なく、食べる回数を増やす 私もそうなのですが、妊娠中は食べ悪阻などや空腹から、一度の食事で沢山食べてしまいがちです。 食後にお腹が張り困るよりは、自前の対策、「食事する回数を増やし、一度の食事を少量にする」というのが一番良い方法なのかもしれない、と思います。 妊娠中でも、当然の事ながら食事を楽しみたいので、一工夫する事を忘れないようにしたいものです。 Mika Yoshidaさん(出産時32歳).

次の

【妊娠中期~後期】食後のお腹の張り

妊娠 7 ヶ月 お腹 の 張り

妊娠6ヶ月頃には、多くの妊婦が胎動を感じるようになり、中には、赤ちゃんの頭や手足の位置まではっきり分かるという妊婦もいます。 お腹の中に宿った新しい生命がすくすく育っていることを体感することで、赤ちゃんを慈しむ気持ちが強くなっていくものです。 男性も、妊婦のお腹に耳を当てると胎動を感じることができるようになります。 胎動を感じることで、「ああ、お父さんになるんだな。 」という自覚と責任を感じるようになったという男性はたくさんいます。 この記事では、妊娠6ヶ月の概要、症状と過ごし方について紹介します。 妊娠6ヶ月の女性の状態と症状 妊娠6ヶ月はいわゆる安定期と呼ばれる時期で、妊娠初期のつらい症状が治まって、落ち着いて生活できることが多いものです。 しかし、以下のような症状に悩まされることがあります。 転倒しやすくなる• 腰痛や背中の痛み• こむら返り• 乳首が敏感になる• 便秘や痔になる 転倒しやすくなる 妊娠6ヶ月頃になると、子宮は大人の頭より大きく膨らみ、それに伴ってお腹も膨らみます。 その結果、妊娠前に比べると身体の重心が前に移り、バランスをとることが難しくなります。 また、膨らんだお腹で足元が見えにくくなることもあり、転倒のリスクが高まります。 腰痛や背中の痛み 赤ちゃんの成長に伴って子宮が重たくなる上、出産準備のために骨盤の関節も緩くなって関節にひずみができるため、腰痛や背中の痛みが強くなります。 個人差はありますが、妊娠6ヶ月以降は、妊娠週数を重ねるにつれて、背中の痛みや腰痛が悪化していく傾向があります。 こむら返り 重くなった上半身を支えるために、下半身、特に足の筋肉に疲労がたまりやすくなり、こむら返りが起こる人もいます。 こむらとは「ふくらはぎ」のことです。 こむら返りとは、ふくらはぎなどに起こる筋肉のけいれんで、「足がつった状態」のことです。 乳首が敏感になる 乳首にチクチクした刺激を感じる妊婦が増えます。 また、乳首から分泌液が出始める妊婦もいます。 分泌液が出た場合は、こまめに分泌液を拭き取って乳首を清潔に保つことが大切です。 便秘や痔になる 便秘になったり、痔になったりする妊婦も少なくありません。 便秘の原因は、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンが腸の筋肉を緩くすることや、大きくなった子宮が腸を圧迫することです。 便秘を抑えるには、水と食物繊維をたくさん摂取することが大切です。 しかし、サプリメントに頼りすぎると別の病気や体調不良を起こすことがあるため、栄養バランスの良い食事と十分な水分摂取を心がけましょう。 妊娠20週 妊娠20週頃には、胎動を感じ始める女性が増え、男性も女性のお腹に触れると胎動を感じることができるようになります。 安定期であることに加え、身体が妊娠に慣れてくるので、落ち着いて生活できる女性が多い時期です。 子宮は、大人の頭より少し大きいくらいになり、子宮底 子宮の一番上にあるところ は妊婦のおへそ近くまできます。 大きくなった子宮が腸を圧迫するため便秘になりやすくなります。 また、お腹が大きくなるにつれて反った姿勢が常態化し、妊娠前に比べると身体の重心が前になってバランスをとりにくくなります。 そのため、腰痛になったり、ちょっとした段差などでバランスを崩したりしがちです。 妊娠21週 妊娠20週と大きな変化はありません。 通常、出産予定日は妊娠40週前後なので、妊娠21週は妊娠の中間地点を折り返したところと言えます。 つわりを乗り越え、安定期に入って落ち着いて過ごせる時期なので、出産の知識を蓄えると共に、少しずつ出産に向けた準備を始めておきましょう。 妊娠22週 妊娠22週には、ほとんどの女性が胎動を感じるようになります。 乳腺が発達し、乳房もより大きくなります。 子宮は、大人の頭よりも一回り大きくなり、それに伴ってお腹もより大きくなるため、身体のバランスが取りにくくなります。 また、腰痛や背中の痛み、下半身のむくみなどに悩まされる妊婦も増えていきます。 妊娠23週 引き続き心身ともに落ち着いている時期です。 子宮はさらに大きくなり、子宮底はおへそよりも上に達します。 腰痛や背中の痛み、下半身のむくみに悩まされる妊婦は増え続けます。 妊娠6ヶ月の赤ちゃんの状態 妊娠23週ころになると、身長は約30cm、体重は600~750gまで成長します。 妊娠6ヶ月は、泌尿器や消化器といった臓器の機能がより成熟し、身体の細部の発育も進んでいく時期です。 上下のまぶたが離れて、顔立ちがはっきりとしてきますし、聴覚の発達も進みます。 骨の成長も活発で、身体の端っこの方まで筋肉がついてくるため、身体を大きく動かすことができるようになります。 妊娠6ヶ月頃から、赤ちゃんの皮膚には、皮膚の保護や出産時に産道を通る際の潤滑油の役目を果たす胎脂が付きはじめます。 妊娠20週を超えると、超音波検査で赤ちゃんの身体全体を写すのが難しくなるので、頭、心臓、手足、性器など身体の部分を順番に見ていくことになります。 聴覚が発達する 妊娠6ヶ月頃の赤ちゃんは、聴力がほぼ完成しているので、お腹の外の声や音が聞こえるようになります。 まぶたが別れ、まつげや眉毛が生える 目を覆っていた上下のまぶたが離れて目を開いたり、まばたきをしたりするようになります。 まつげや眉毛も生えてきて、顔立ちがはっきりします。 身体も発達 身体の骨がより強固になって、骨の周りに筋肉がつき始めます。 それに伴って動きが大きく力強くなり、外見も新生児に近くなっていきます。 生殖機能が発達する 性別が分かる 男の子の場合は精巣が、女の子の場合は卵巣ができ、ホルモンの分泌が始まります。 外性器はほとんどできあがっているため、超音波検査 エコー検査 で性別確認ができるようになります。 胎脂が全身を覆う 妊娠6ヶ月頃になると、赤ちゃんは、胎脂という粘り気のある膜に全身を覆われます。 胎脂は、羊水の刺激や温度の変化から赤ちゃんを守るとともに、出産時に、するりと産道を通るための潤滑油の役割も果たします。 妊娠6ヶ月の妊婦が気をつけること 妊娠6ヶ月頃に気をつけたいことは、以下のとおりです。 身体の負担• 色素沈着• 下半身のむくみ• 赤ちゃんの聴覚を刺激する• 母親学級、両親学級に参加する• おっぱいのマッサージやケアを始める• 身体を冷やさない それぞれについて、詳しく見ていきましょう。 転倒 妊娠6ヶ月頃になると、周囲からもはっきりわかるくらいお腹が大きくなり、身体のバランスや重心も妊娠前とは大きく変わります。 そのため、妊娠前と同じ感覚で行動すると、ちょっとした段差でもバランスを崩したり転倒したりして、思わぬケガをしてしまいます。 日常の何気ない動作であっても、慌てず急がず、一つ一つ確認しながら慎重に行動しましょう。 身体の負担 前かがみや屈伸など無理な姿勢を続けたり重い荷物を持ったりすると、身体に負担が掛かり、腰痛、背中の痛み、お腹の張りなどの症状が悪化することがあります。 できるだけ身体に負担がかからない姿勢や行動を常に意識しておきましょう。 十分に休息をとっても不快症状が治らない場合や、痛みや出血が伴う場合は、すぐに産婦人科に相談してください。 色素沈着 女性ホルモンの影響で、妊娠前に比べると、顔にシミやソバカスができやすくなり、乳首が黒ずんだりしやすくなります。 また、少しの刺激で肌がかゆくなったり、かぶれたりすることもあります。 なるべく肌をさらさないようにして、保湿やUVケアを徹底しましょう。 下半身のむくみ 子宮が大きくなると、下半身が圧迫されて血流が悪くなり、むくみが生じやすくなります。 特に、足のむくみに悩まされる妊婦は多いものです。 秋冬の寒い時期は、冷えが原因でむくみが生じることがあるので、防寒対策を徹底しましょう。 赤ちゃんの聴覚を刺激する 妊娠5~6ヶ月になると、赤ちゃんの聴覚が発達し、子宮の外の音を聞き取れるようになります。 赤ちゃんは、お母さんの話し声、音楽、雑音など外界の音を聞きとって脳にインプットしているので、色々な音を聞かせてあげましょう。 特に、お父さんやお母さんがたくさん話しかけてあげたり、絵本を読み聞かせてあげたりすると、赤ちゃんが親の声を覚え、生まれた後の早い時期から親の声を認識できるようになります。 母親学級、両親学級に参加する 産婦人科や保健センターでは、妊娠中の身体の変化、妊娠中の生活で注意すること、出産時の流れ、新生児の世話の仕方などについて説明する、母親学級や両親学級が開催されています。 親になる自覚が高まりますし、地域の妊婦さんやその家族と悩みや不安を共有することもできます。 両親学級では、妊娠中の女性の体の重さを体験できる妊婦ジャケットを着たり、新生児と同じ重さの人形を沐浴させたりする体験コーナーが設けられています。 男性は、自身が妊娠するわけではないので、女性に比べて親になるという自覚を持ちにくく、また、女性のしんどさも理解しにくいものですが、両親学級に参加すると、そうした自覚や女性に対する理解が深まるので、積極的に参加を検討しましょう。 関連記事 おっぱいのマッサージやケアを始める 妊娠5~6ヶ月頃から、母乳の出を良くしたり、皮膚を丈夫にしたりする目的で、乳房や乳首のマッサージを始めます。 ただし、切迫早流産の可能性がある、不正出血がある、お腹が張っている、体調が悪いといった場合は控えてください。 身体を冷やさない 身体を冷やさないことは、妊娠中を通して大切なことですが、安定期に入って体調が良くなるとつい忘れがちなので注意してください。 特に、寒い季節は、頭、手足、首の防寒にも気を配る必要があります。 まとめ 妊娠6ヶ月は、本格的に胎動を感じるようになり、超音波検査で性別も明らかになって、赤ちゃんの成長や出産に期待が膨らむ時期です。 しかし、ここで気を抜くと妊婦や赤ちゃんの健康に大きな影響が出てしまうので、安定期だからと言って無理をせず、妊娠中であることを自覚して落ち着いた生活を送ることが大切です。 ikujilog.

次の