じゃがいも レシピ。 【随時更新】じゃがいもを使った人気おつまみレシピ41品まとめ

【随時更新】じゃがいもを使った人気おつまみレシピ41品まとめ

じゃがいも レシピ

野菜の煮物 186品 定番 102品 肉じゃが 99品 筑前煮 1品 ポトフ 22品 ロールキャベツ・ロール白菜 3品 野菜の煮物 その他 65品 野菜の和え物 36品 定番 3品 野菜の白和え 1品 野菜の和え物 その他 35品 野菜の炒め物 127品 チンジャオロース 3品 ジャーマンポテト 20品 きのこ炒め 2品 野菜炒め 3品 なすの味噌炒め 1品 野菜の炒め物 その他 98品 野菜の炒め煮 9品 野菜の炒め煮 その他 9品 野菜の焼き物 101品 定番 2品 野菜の肉巻き 10品 野菜の焼き物 その他 92品 野菜の揚げ物 65品 ポテトコロッケ 5品 フライドポテト 39品 野菜の揚げ物 その他 21品 野菜の蒸し物 28品 野菜の蒸し物 その他 28品 野菜のきんぴら 9品 にんじんのきんぴら 1品 きんぴら その他 8品 野菜のおかず その他 25品 野菜のマリネ 5品 ゆで野菜 6品 マッシュポテト 14品 肉のおかず 牛肉 48品 定番 1品 ビーフステーキ 7品 ビーフシチュー 8品 その他 牛肉料理 34品 豚肉 86品 定番 11品 とんカツ 2品 豚の生姜焼き 1品 角煮・煮豚・チャーシュー 8品 チンジャオロース 3品 ポークソテー 13品 野菜の肉巻き 10品 その他 豚肉料理 50品 鶏肉 80品 定番 25品 チキンソテー 11品 照り焼きチキン 2品 鶏の唐揚げ・竜田揚げ 8品 その他 鶏肉料理 59品 挽肉 49品 定番 21品 ハンバーグ 15品 メンチカツ 1品 餃子 4品 麻婆春雨 1品 そぼろ 2品 肉団子 2品 ミートローフ 1品 その他 挽肉料理 23品 加工肉 49品 定番 1品 ジャーマンポテト 20品 ベーコン炒め 2品 ベーコン巻き 3品 その他 ベーコン料理 6品 ウィンナソーセージ料理 9品 コンビーフ料理 4品 スパム料理 3品 ハム料理 3品 ラム肉 1品 その他 ラム肉料理 1品 魚介のおかず 魚介の煮物 35品 定番 2品 アクアパッツァ 1品 魚介の煮物 その他 34品 魚介の焼き物・ソテー 57品 鮭のムニエル 6品 鮭のホイル焼き 1品 魚介の焼き物 その他 50品 魚介の炒め物 25品 イカ・エビの炒め物 13品 魚介の炒め物 その他 12品 魚介の揚げ物 18品 定番 1品 エビフライ 1品 魚介のフリット 4品 魚介の揚げ物 その他 13品 魚介の蒸し物 7品 あさりの酒蒸し 2品 魚介の蒸し物 その他 5品 魚介のカルパッチョ・マリネ 1品 魚介のマリネ 1品 魚介のオイル煮 1品 魚介のアヒージョ 1品 練り物 4品 ちくわ料理 2品 かまぼこ料理 1品 はんぺん料理 1品 魚介のおかず その他 6品 定番 1品 魚介のアレンジ料理 6品 魚介の缶詰 10品 定番 1品 ツナ料理 10品 ごはんもの カレー 16品 定番 2品 チキンカレー 2品 野菜カレー 2品 シーフードカレー 1品 キーマカレー 1品 スープカレー 1品 ポークカレー 3品 カレー その他 6品 ハヤシライス・ハッシュドビーフ 1品 定番 1品 ハヤシライス 1品 炒めご飯・チャーハン 1品 チャーハン その他 1品 炊き込み・混ぜご飯 4品 パエリア 2品 炊き込みご飯 その他 1品 混ぜご飯 その他 1品 どんぶり 9品 定番 1品 カツ丼 1品 天丼 1品 丼もの その他 8品 雑炊・リゾット 1品 雑炊・おじや 1品 アレンジご飯 8品 ドリア 3品 アレンジご飯 その他 5品 卵・大豆製品 じゃがいもの基本情報 じゃがいもの特徴 和・洋・中、すべての料理に欠かせない、じゃがいも。 日本へは戦国時代ごろに、ジャカトラ(現インドネシアのジャカルタ)から伝えられたといわれています。 ジャガタライモ、略してじゃがいもと呼ばれるようになったとか。 生食はあまりしませんが、ゆでたり、焼いたり、煮たり、揚げたり、とさまざまな調理方法に使われます。 おもな品種は「だんしゃく(男爵)」と「メイクイーン」。 丸く大型のだんしゃくは、粉質で、マッシュポテトやサラダなどに。 長卵形のメイクイーンは、粘質で煮くずれしにくく、煮もの、炒めもの、揚げものに。 品種によって味わいも違います。 じゃがいもの選び方ガイド 一般に、皮が薄く、中くらいの大きさのものがおいしいとされます。 表面につやと張りがあり、品種らしい形、だんしゃくであれば丸く大型のもの、メイクイーンであれば長卵形のものを。 芽と皮の一部にソラニンという有毒物質が含まれ、中毒を起こすこともあるので、芽や、緑色になった部分はていねいに取り除きましょう。

次の

和食におすすめのじゃがいもレシピ特集!食べ応え抜群の人気料理を大公開♪

じゃがいも レシピ

続いて、じゃがいもを冷蔵庫で保存しておく方法を紹介します。 先程、じゃがいもは常温で保存しておくのが適していると紹介したのですが、暑い夏などですと冷暗所がない場合もあるかと思います。 そういった場合には、じゃがいもは冷蔵庫で保存しておきましょう。 冷蔵庫で保存しておく際のポイントもチェックしてみてください。 じゃがいもを冷蔵庫で保存する場合には、 野菜室で保存しておくようにしましょう。 野菜室で保存しておく場合でもそのまま入れしまうのはNGです。 乾燥してじゃがいもがシワシワになってしまいますので、 野菜室にスペースがある場合には保存容器に新聞紙を敷き詰めて、じゃがいもを並べるようにします。 さらに上から新聞紙をのせたらフタをします。 このとき、フタは密封しないようにしましょう。 少し緩めにしておく点がポイントです。 続いて、じゃがいもの見分け方をチェックしていきましょう。 じゃがいもを保存しておいて、柔らかくフニャっとなってしまったということもあるかと思います。 フニャっとなってしまったじゃがいもは一見腐ってしまったように思うのですが、 柔らかくなっただけならば食べることができます。 それでは、傷んでしまったじゃがいもの見分け方はどのようなものなのでしょうか? 傷んだじゃがいもの見分け方は 茶色や黒色に変色しているものや、茶っぽい汁がでてしまっているもの、臭い匂いがするもの、カビが生えているものなどです。 流石にカビが生えていたり、汁がでてきてしまっているじゃがいもを食べようという気にはあまりならないかと思いますので、傷んだじゃがいもの見分け方は難しくないかと思います。 美味しく食べられるじゃがいもと傷んだじゃがいもとを正しい見分け方で見極めて、美味しいアレンジレシピに活かしてみてください。 じゃがいも3個• 玉ねぎ1個• ベーコン4枚• ウインナー4本• とろけるチーズ適量• オリーブオイル適量• にんにく1個• 塩コショウ適量• コンソメ顆粒適量• じゃがいもは皮をむいてカットしておきます。 その後水にさらしておきましょう。 水気を切ったら、耐熱容器に入れてラップをし、 数カ所穴を開けた後レンジで3分ほど加熱しましょう。 他の食材は食べやすい大きさにカットします。 深さのあるフライパンにオリーブオイルとスライスにんにくを入れて火にかけます。 玉ねぎを火が通るまで炒めたらじゃがいも、ウインナー、ベーコンを入れて炒めます。 塩コショウ、コンソメで味を整えたらじゃがいもを大量消費できる、人気のアレンジレシピの完成です。 じゃがいも300g• バター50g• ひき肉100g• 水50ml• 塩コショウ少々• 塩少々• チーズ適量• 玉ねぎ、じゃがいもを切ります。 先にじゃがいもを茹でましょう。 しばらく茹でたらお湯を捨てて、ボウルに入れます。 茹でている間に中火でひき肉を炒めます。 火が通ったら玉ねぎも入れましょう。 や黄色が浮いたら水を入れて煮込んでいきます。 水分がなくなったら塩コショウをしてグラタン皿に敷き詰めます。 茹でたじゃがいもはボウルに移し、潰します。 バターを入れつつ全体を溶かしたら塩で味付けしましょう。 潰したじゃがいもをグラタン皿に敷き詰めたら、チーズをのせます。 200度のオーブンで焼きめがつくまで焼いたらじゃがいも大量消費の人気アレンジレシピの完成です。

次の

じゃがいもレシピ人気1位!殿堂入りのチーズや煮物の簡単&おすすめメニュー!

じゃがいも レシピ

続いて、じゃがいもを冷蔵庫で保存しておく方法を紹介します。 先程、じゃがいもは常温で保存しておくのが適していると紹介したのですが、暑い夏などですと冷暗所がない場合もあるかと思います。 そういった場合には、じゃがいもは冷蔵庫で保存しておきましょう。 冷蔵庫で保存しておく際のポイントもチェックしてみてください。 じゃがいもを冷蔵庫で保存する場合には、 野菜室で保存しておくようにしましょう。 野菜室で保存しておく場合でもそのまま入れしまうのはNGです。 乾燥してじゃがいもがシワシワになってしまいますので、 野菜室にスペースがある場合には保存容器に新聞紙を敷き詰めて、じゃがいもを並べるようにします。 さらに上から新聞紙をのせたらフタをします。 このとき、フタは密封しないようにしましょう。 少し緩めにしておく点がポイントです。 続いて、じゃがいもの見分け方をチェックしていきましょう。 じゃがいもを保存しておいて、柔らかくフニャっとなってしまったということもあるかと思います。 フニャっとなってしまったじゃがいもは一見腐ってしまったように思うのですが、 柔らかくなっただけならば食べることができます。 それでは、傷んでしまったじゃがいもの見分け方はどのようなものなのでしょうか? 傷んだじゃがいもの見分け方は 茶色や黒色に変色しているものや、茶っぽい汁がでてしまっているもの、臭い匂いがするもの、カビが生えているものなどです。 流石にカビが生えていたり、汁がでてきてしまっているじゃがいもを食べようという気にはあまりならないかと思いますので、傷んだじゃがいもの見分け方は難しくないかと思います。 美味しく食べられるじゃがいもと傷んだじゃがいもとを正しい見分け方で見極めて、美味しいアレンジレシピに活かしてみてください。 じゃがいも3個• 玉ねぎ1個• ベーコン4枚• ウインナー4本• とろけるチーズ適量• オリーブオイル適量• にんにく1個• 塩コショウ適量• コンソメ顆粒適量• じゃがいもは皮をむいてカットしておきます。 その後水にさらしておきましょう。 水気を切ったら、耐熱容器に入れてラップをし、 数カ所穴を開けた後レンジで3分ほど加熱しましょう。 他の食材は食べやすい大きさにカットします。 深さのあるフライパンにオリーブオイルとスライスにんにくを入れて火にかけます。 玉ねぎを火が通るまで炒めたらじゃがいも、ウインナー、ベーコンを入れて炒めます。 塩コショウ、コンソメで味を整えたらじゃがいもを大量消費できる、人気のアレンジレシピの完成です。 じゃがいも300g• バター50g• ひき肉100g• 水50ml• 塩コショウ少々• 塩少々• チーズ適量• 玉ねぎ、じゃがいもを切ります。 先にじゃがいもを茹でましょう。 しばらく茹でたらお湯を捨てて、ボウルに入れます。 茹でている間に中火でひき肉を炒めます。 火が通ったら玉ねぎも入れましょう。 や黄色が浮いたら水を入れて煮込んでいきます。 水分がなくなったら塩コショウをしてグラタン皿に敷き詰めます。 茹でたじゃがいもはボウルに移し、潰します。 バターを入れつつ全体を溶かしたら塩で味付けしましょう。 潰したじゃがいもをグラタン皿に敷き詰めたら、チーズをのせます。 200度のオーブンで焼きめがつくまで焼いたらじゃがいも大量消費の人気アレンジレシピの完成です。

次の