アドベンチャー ワールド クラウド ファン ディング。 Makuake|これ一着でOK!防汚&防水&通気性抜群!アドベンチャーパンツ TrailHead|マクアケ

残された手足とクラッチに夢を託して~アンプティサッカー日本代表が世界に挑む|クラウドファンディング|A

アドベンチャー ワールド クラウド ファン ディング

四肢に障がいを持つ選手がプレイする「アンプティサッカー」。 今年の10月24日には4年に一度の「アンプティサッカーワールドカップ」がメキシコで開催されます。 しかし、チームの遠征費用が足りず、高額な自己負担金が伴います。 メキシコ大会遠征費用にあてるべく、みなさまからのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。 アンプティサッカーでは、4年に一度、ワールドカップを開催。 開催年の今年は、10月24日にメキシコに日本を含めた24カ国が集結します。 しかし、現地への高額な渡航費など、大会出場にかかる費用負担が重い課題となっています。 残念ながら、アンプティサッカーは2020年パラリンピック東京大会の種目には選ばれておらず、助成金もありません。 いくつかの企業がスポンサーとして援助してくれていますが、選手やサポートメンバーの個人的な経済的負担は大きいものがあります。 私たちはアンプティサッカーを、お金に余裕のある障がい者だけができるスポーツにはしたくありません。 そこで、今回、選手、サポートメンバーを含めた日本代表チーム22名のメキシコ大会参加費用として300万円を目標に、みなさまからのご支援をお願いいたします。 アンプティサッカーは、下肢に障がいを持つ人がロフストランドクラッチと呼ばれる杖を使い、脚1本でボールを蹴りながらフィールドを走り回る競技。 ゴールキーパーは上肢に障がいを持つ人で、片腕でゴールを守ります。 アンプティサッカーを日本で広めたのは、2008年、ブラジルから日本へ就職のために来日し、現在もアンプティサッカー日本代表を務めるエンヒッキ・松茂良・ジアス 通称 ヒッキ 選手です。 ヒッキ選手は5歳のときにブラジルで交通事故に遭い、右足を切断。 十代からアンプティサッカーを始め、ブラジル代表としても活躍していました。 「もともとサッカーが大好き。 今の自分の体の状態でできるのがアンプティサッカーだった」とヒッキ選手。 日本に来ても、アンプティサッカーを続けるつもりでいましたが、来日してみるとアンプティサッカーをやっている団体も個人も見つかりませんでした。 それでもサッカーを続けたいと、地道に仲間を探します。 義足や義手のメンテナンスをする場所で、同じような障がいを持っている人に声かけるなどしているうちに徐々に「やってみたい」という人が集まるように。 1年後、ようやく7人のメンバーが集まりました。 それから10年、いまでは全国にチームが生まれ、ワールドカップに出場するレベルに成長した日本のアンプティサッカー。 サッカーが好き、サッカーが楽しい。 そんな選手たちの思いが、アンプティサッカーを普及させています。 事故や病気で片足を切断した選手たちが杖をつきながら、フィールドを走り回るアンプティサッカー。 予想以上にハードで、躍動感あふれるプレイスタイルは、観るものを魅了します。 選手たちはサッカー経験者もいれば、サッカーは初めてという初心者も少なくありません。 みんな最初は不安そうですが、一度プレイすると、そのおもしろさにどんどんはまってしまうのです。 片足や片手を切断する。 そんな人生の大きなできごとに絶望し、生きる希望を失いかけていた彼ら。 そんな彼らに、アンプティサッカーは新たな希望を与え、生きがいとなっています。 プレイをする中で、「心も身体も元気を取り戻せた」「自分に自信が蘇ってきた」と選手たちは口々に語ります。 義足を隠すためにやめていた半ズボンを堂々と履けるようになった、という選手もいます。 自分と同じ境遇の仲間ができることも、大きな魅力です。 人には理解してもらいにくい悩みを打ち明けたり、さまざまな経験や情報を交換できる。 そんな横のつながりを持つ「アンプティ・ファミリー」が、どんどん増えています。 現在、日本アンプティサッカー協会には96名の選手が登録。 年に2回、東日本、西日本で全国大会を開催できるまでに裾野が広がっています。 アンプティサッカーの選手たちにとって、ワールドカップは4年に一度の大きな目標です。 これまで日本代表はワールドカップに3度出場。 15位、12位、11位という結果に。 しかしながら、昨年のポーランド6カ国対抗戦では3位に入賞するなど、着実に力を伸ばしてきました。 今回のメキシコ大会でもすばらしい成績を収めたいと、全員が闘志を燃やしています。 現在、メキシコ大会に向けて我々が準備している資金では、全部で2回を予定している国内強化合宿の費用を賄うのが精一杯です。 このままでは代表選手本人に大きな経済的負担を強いることになります。 そこでみなさまには、ワールドカップ出場資金へのまごころのこもったご支援をぜひよろしくお願いいたします。 目標金額は300万円。 集まった資金は選手、サポートメンバー全22名の渡航費にあてるほか、国内強化合宿費用などに使わせていただく予定です。 アンプティサッカー日本代表がメキシコ大会で活躍することは、障がいを持つ人々や応援してくださる方々すべてに、勇気と希望、感動を与えてくれるはずです。 みなさんからのあたたかい応援と使命感を胸に、選手たちも全力で世界の壁に挑んでいきます。 その際は活動報告にてご報告いたします。 オリジナルTシャツ、応援ステッカーはイメージ画像になりますので、デザインは変更になる可能性がございます。 四肢に障がいを持つ選手がプレイする「アンプティサッカー」。 今年の10月24日には4年に一度の「アンプティサッカーワールドカップ」がメキシコで開催されます。 しかし、チームの遠征費用が足りず、高額な自己負担金が伴います。 メキシコ大会遠征費用にあてるべく、みなさまからのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。 アンプティサッカーでは、4年に一度、ワールドカップを開催。 開催年の今年は、10月24日にメキシコに日本を含めた24カ国が集結します。 しかし、現地への高額な渡航費など、大会出場にかかる費用負担が重い課題となっています。 残念ながら、アンプティサッカーは2020年パラリンピック東京大会の種目には選ばれておらず、助成金もありません。 いくつかの企業がスポンサーとして援助してくれていますが、選手やサポートメンバーの個人的な経済的負担は大きいものがあります。 私たちはアンプティサッカーを、お金に余裕のある障がい者だけができるスポーツにはしたくありません。 そこで、今回、選手、サポートメンバーを含めた日本代表チーム22名のメキシコ大会参加費用として300万円を目標に、みなさまからのご支援をお願いいたします。 アンプティサッカーは、下肢に障がいを持つ人がロフストランドクラッチと呼ばれる杖を使い、脚1本でボールを蹴りながらフィールドを走り回る競技。 ゴールキーパーは上肢に障がいを持つ人で、片腕でゴールを守ります。 アンプティサッカーを日本で広めたのは、2008年、ブラジルから日本へ就職のために来日し、現在もアンプティサッカー日本代表を務めるエンヒッキ・松茂良・ジアス 通称 ヒッキ 選手です。 ヒッキ選手は5歳のときにブラジルで交通事故に遭い、右足を切断。 十代からアンプティサッカーを始め、ブラジル代表としても活躍していました。 「もともとサッカーが大好き。 今の自分の体の状態でできるのがアンプティサッカーだった」とヒッキ選手。 日本に来ても、アンプティサッカーを続けるつもりでいましたが、来日してみるとアンプティサッカーをやっている団体も個人も見つかりませんでした。 それでもサッカーを続けたいと、地道に仲間を探します。 義足や義手のメンテナンスをする場所で、同じような障がいを持っている人に声かけるなどしているうちに徐々に「やってみたい」という人が集まるように。 1年後、ようやく7人のメンバーが集まりました。 それから10年、いまでは全国にチームが生まれ、ワールドカップに出場するレベルに成長した日本のアンプティサッカー。 サッカーが好き、サッカーが楽しい。 そんな選手たちの思いが、アンプティサッカーを普及させています。 事故や病気で片足を切断した選手たちが杖をつきながら、フィールドを走り回るアンプティサッカー。 予想以上にハードで、躍動感あふれるプレイスタイルは、観るものを魅了します。 選手たちはサッカー経験者もいれば、サッカーは初めてという初心者も少なくありません。 みんな最初は不安そうですが、一度プレイすると、そのおもしろさにどんどんはまってしまうのです。 片足や片手を切断する。 そんな人生の大きなできごとに絶望し、生きる希望を失いかけていた彼ら。 そんな彼らに、アンプティサッカーは新たな希望を与え、生きがいとなっています。 プレイをする中で、「心も身体も元気を取り戻せた」「自分に自信が蘇ってきた」と選手たちは口々に語ります。 義足を隠すためにやめていた半ズボンを堂々と履けるようになった、という選手もいます。 自分と同じ境遇の仲間ができることも、大きな魅力です。 人には理解してもらいにくい悩みを打ち明けたり、さまざまな経験や情報を交換できる。 そんな横のつながりを持つ「アンプティ・ファミリー」が、どんどん増えています。 現在、日本アンプティサッカー協会には96名の選手が登録。 年に2回、東日本、西日本で全国大会を開催できるまでに裾野が広がっています。 アンプティサッカーの選手たちにとって、ワールドカップは4年に一度の大きな目標です。 これまで日本代表はワールドカップに3度出場。 15位、12位、11位という結果に。 しかしながら、昨年のポーランド6カ国対抗戦では3位に入賞するなど、着実に力を伸ばしてきました。 今回のメキシコ大会でもすばらしい成績を収めたいと、全員が闘志を燃やしています。 現在、メキシコ大会に向けて我々が準備している資金では、全部で2回を予定している国内強化合宿の費用を賄うのが精一杯です。 このままでは代表選手本人に大きな経済的負担を強いることになります。 そこでみなさまには、ワールドカップ出場資金へのまごころのこもったご支援をぜひよろしくお願いいたします。 目標金額は300万円。 集まった資金は選手、サポートメンバー全22名の渡航費にあてるほか、国内強化合宿費用などに使わせていただく予定です。 アンプティサッカー日本代表がメキシコ大会で活躍することは、障がいを持つ人々や応援してくださる方々すべてに、勇気と希望、感動を与えてくれるはずです。 みなさんからのあたたかい応援と使命感を胸に、選手たちも全力で世界の壁に挑んでいきます。 その際は活動報告にてご報告いたします。 オリジナルTシャツ、応援ステッカーはイメージ画像になりますので、デザインは変更になる可能性がございます。

次の

邪神ちゃんドロップキック初のクラウドファンディング企画!天使組(ぺこら、ぽぽろん、ぴの)のキャラソンやグッズを作りたい!

アドベンチャー ワールド クラウド ファン ディング

概要 [ ] クラウドファンディングはや、によるの支援、、企業への出資 、映画 、の開発、発明品の開発、科学研究 、個人・事業会社・プロジェクトへの貸付など、幅広い分野への出資に活用されている。 多くの投資家から株式を募集することによる企業の資金調達の手法としても注目されている。 この形のクラウドファンディングは、 () より少ない制限のもと小規模な投資家から広く出資を募ることを可能にする法案 に直接的な言及があるように、最近の政策立案者から注目された。 JOBS Actは実施を待っているが、などの混合モデルは、認可状態にある一般市民に群衆の一部としてクリーンエネルギーのプロジェクトに直接投資する資格を与える既存の証券法を利用している。 またクラウドファンディングは、のコンセプト 個人が多くの人々からわずかな寄与を集め、利用することで目標に到達するという大雑把なコンセプト にその原点がある。 クラウドファンディング は、特定のプロジェクトまたはベンチャーの資金調達をするために、多くの人々から少額の寄付を通して出資を集めるというこのコンセプトの応用である。 モデルは必然的に多様な関係者を伴う。 その中には出資されるアイディアやプロジェクトを提案する人々や組織、その提案を支持する「群衆」も含まれる。 なお、クラウドファンディングはプロジェクトの首唱者と「群衆」を引き合わせる組織(「プラットフォーム」)によって成り立っている。 一般に製品開発やイベントの開催には多額の資金が必要となるが、クラウドファンディングでは、インターネットを通じて不特定多数の人々に比較的少額の資金提供を呼びかけ、一定額が集まった時点でプロジェクトを実行することで、資金調達のリスクを低減することが可能になる。 ソーシャルメディアの発展によって個人でのプロジェクトの立ち上げや告知が容易になり、それに呼応する形でクラウドファンディングによる資金調達が活発になりつつある。 米国ではが有名。 スポーツ分野に特化したスポーツファンディングは、不特定多数からの資金調達以外に、企業マッチングやメディアマッチングやセカンドキャリア対策まで幅広い形のサポートを指す形に進化している。 歴史 [ ] クラウドファンディングにはいくつか源流があり、長い歴史がある。 1770年ころの印刷の様子 (では)書籍(本)は、数世紀前から、しばしば、クラウドファンディングに似た方式で出版されていた。 (日本の読者にも当時の状況が分かるように解説すると、数世紀前「本を出版する」ということがまだ、機でひとつひとつの文字を手作業でとして組み、紙を一枚一枚印刷機に手で入れ、()のような印刷機の取っ手を人の手で回して一枚づつ印刷していた時代、「本を(一種類や数冊)出版する」ということだけでもそれなりの規模の「事業」であり、一冊の本を出版するのにも多大な労力とかなりの費用がかかり、執筆者や出版社が世の読者の意向をあらかじめ調べないで本を印刷する場合(しばしばあったことなのだが)せっかく苦労し費用をかけ執筆・校正・印刷したのに、その本を買おうとする人がかなり少ないということが印刷後に判るような事態に陥り、出版社や執筆者は執筆・出版でかけた費用を回収できず、そうした見込み違いを何度か犯すだけで、在庫を抱えたまま 無残に倒産・破産してしまうリスクがつきまとっていた。 その結果、そのリスクを回避・軽減するしくみが生み出され) 執筆者とは、何らかの本を出版するプロジェクトを練り上げると、まずそのプロジェクトについてで人々に知らせ、購入予約や予約購読(サブスクリプション)の形式で申し込みをさせた。 申し込みの数が十分な数に達し、出版した場合にそれにかかった費用を回収できるくらいの数だけ購入者がいる、と判明すると、書物の本格的な執筆・校正・印刷が進められて実際に出版されることになる。 なお、(数世紀前の)書籍の予約購読方式は、厳密に言うと現代のクラウドファンディングとは若干異なっている点があった。 というのは、数世紀前の本の予約購入方式においては、実際のお金の流れというのは現物の本が購入希望者に届けられた段階で発生したからである。 それでも、本の予約購入というのは、執筆者や出版社が「本の出版」という事業を進める上で必要な、購入者たちを集める力を持っていたのである。 またさらに、類似する方式に、において書籍の印刷代を募るために使われた寄付ビジネスモデルもあった。 寄付者へのおまけが標題紙で言及することだった点で、クラウドファンディングに類似している。 1880年代、の台座の建設にクラウドファンディングが用いられた。 1884年、製作委員会アメリカが像の台座用の資金を切らしてしまった。 新聞出版者のは自身の新聞ニューヨーク・ワールドで、アメリカの大衆に台座にお金を寄付するよう促した。 ピューリツァーは6ヶ月で10万ドルを集めた。 おおよそ125,000人の人々がこのために1ドル以下の寄付を多く行った。 1997年、イギリスのロックグループのファンが全米ツアーを引き受け、ファン主催のインターネット上キャンペーンという手段による寄付で6万ドルを集めた。 このアイディアはこのバンドが一切かかわらずにファンが立案し、ファンが実行したのだが、マリリオンは以来、2001年から現在に至るまでのアルバムのレコーディングやマーケティングへの出資の方法としてこの手法を用い、大成功している。 や 、。 ・はクラウドファンディングを十分に取り入れ、前もって重要なレコーディングの取引をかわさない最初のバンドの一つとなった。 2004年に未契約バンドとして、100人のファン サムライ100 から1万ポンドを集め、代わりに彼らに終身ゲストリストを提供した。 二年後、彼らはSellaBanndで5万バジェットを集めた最速のバンドになった。 彼らは生まれ故郷の日本でUniversalに国際的にこのアルバムの使用許可を出した。 1997年初め前後に、彼は最低25人のファンからインターネット経由で125,000ドル以上を受け取り、彼に映画を完成させるための資金を提供した。 後にが彼女の長編映画のための寄付システムを作った。 2004年から2009年 封切日 までの5年間で彼女は150万ポンドを集めた。 2004年12月に、フランスの事業家や製作者のとが自分たちの短編SF映画「 Demain la Veille 明日を待つ 」の資金繰りのため大衆向けインターネット寄付キャンペーン を開始した。 3週間以内に彼らは5万ドルを集め、映画を撮ることができた。 はSellabandのようなサードパーティーのウェブサイトを使用せずに独立してクラウドファンディングを始めた比較的無名なバンドの早期の一例である。 クラウドファンディング への最も早い言及例として知られているのは2006年8月12日に、fundavlogでMichael Sullivanが著したものである。 2012年に米TIME紙は全世界でも最高のクラウドファンディング・プラットフォームを説明し、評価する記事を掲載した。 2012年、クラウドファンディングの市場規模は前年比2倍の28億ドルと見積もられており、特にビデオゲーム関連での出資が著しい伸びを見せている。 Kickstarterにおいてビデオゲーム分野の出資額は2011年比で10倍以上にまで達した。 ゲームソフトではが約620万ドル、ゲーム機ではが約860万ドルを集め話題となった。 種類 [ ] クラウドファンディングは資金提供者に対するリターン(見返り)の形態によって下記の3類型に大別される。 金銭的リターンのない「 寄付型」• 金銭リターンが伴う「 投資型」• プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「 購入型」 日本では、やなどによって個人間の送金や投資が制限されていることから、購入型のクラウドファンディングの企業数が最も多く認知度が高い。 その一方、個人から少額の資金を募って融資を行う投資型(とも言われる)は企業数は少ないが(日本では金融商品取引法の第2種の登録が必要 )、金銭のリターンを求める投資家の需要を取り込み、国内では300億円以上の融資実績がある。 なお、では投資型のクラウドファンディングを、「 融資(貸付)型」「 ファンド型」「 株式(エクイティ)型」に区分している。 日本での状況 [ ] 歴史 [ ] (の節で解説したように、もともと欧米では書籍の出版という事業はクラウドファンディングに近い方式で行われることが多かったわけであるが) 日本でも後半、出版社のが『』の第十版(全35冊構成)を出版するプロジェクトを立ち上げ、「予約申込金」方式で受け付け(あらかじめ「予約申し込み金」を、人々から払ってもらい、そのお金を使って)第一冊を印刷・配本し、あとはで集金するという販売法を発表して申し込みを受け付け、実行に移した。 日本では(2000年開始の)の音楽ファンドが初のクラウドファンディングである、とも言われている。 日本では、で策定された政策に沿って、「リスクマネーの供給強化」の手段の1つとしてクラウドファンディングを活用する施策が掲げられ、規制を緩和するなどの改正案が2014年(平成26年)5月23日に国会で可決成立した。 自主規制機関の状況 [ ] クラウドファンディング業務に対する自主規制は以下の通り。 株式型は日本証券業協会(株式投資型クラウドファンディング業務に関する規則)• ファンド型は第二種金融商品取引業協会(電子申込型電子募集取扱業等に関する規則)• 購入型・寄付型・融資型無し(2016年7月末現在) 日本での主なクラウドファンディングサイト [ ] 購入型 [ ]• プロジェクト成立件数国内NO. 1のクラウドファンディングプラットフォーム。 Readyforとほぼ同時期の2011年に創業した日本でも老舗のサービス。 モノづくり・食品・カルチャーまで幅広いオールジャンルのプロジェクトを扱っている。 「 小さな火を灯す」を合言葉に、国内購入型の調達金額NO. 1を記録した「OVERDRIVE最終作「MUSICA! 」開発プロジェクト」(2019年3月時点)や、別府市の「湯~園地」、株式会社タニタによる「ツインスティック・プロジェクト」など企業によるものから、学生や個人による挑戦まで幅広いプロジェクトを扱っている。 が代表を務める。 FAAVO 地域特化型のクラウドファンディングプラットフォーム。 株式会社CAMPFIREが2018年に株式会社サーチフィールドから事業譲受し運営している。 が運営する、エンターテインメント領域に特化したファンコミュニティ・プラットフォーム。 SNSをベースとし、クラウドファンディングだけでなく、サブスクリプション方式の月額課金やニュースレター等、ファンビジネスに必要な様々な機能がプラットフォームとして無料で提供されている。 2011年3月29日に開始した日本初のクラウドファンディングサービス。 「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」というビジョンのもと、インターネットを通じて、「やりたいことを成すために資金が必要な人」と「共感し応援する人」をつなげるサービスとして運営されている。 公開されたプロジェクトの資金調達の成功率が75%(2018年10月時点)であり、業界平均30%と比べて非常に高い。 2016年6月、サービス産業生産性協議会が主催する日本サービス大賞で、「優秀賞(SPRING賞)」を受賞。 また、2019年5月、第5回 日本ベンチャー大賞で「経済産業大臣賞(女性起業家賞)」を受賞。 代表は米良はるか。 グループ。 モノづくり・飲食店などのジャンルのプロジェクトが多い傾向がある。 2019年12月11日、東証マザーズ市場に上場した。 Kibidango• が運営するクラウドファンディングプラットフォーム。 Greenfunding• MotionGallery• が、、と連携して運営するクラウドファンディングプラットフォーム。 寄付型 [ ]• GoodMorning• FAAVO• Readyfor Charity• LIFULLソーシャルファンディング• 投資型 [ ]• セキュリテ(ファンド型)• CREAL(ファンド型)• FUNDINNO(株式型)• GoAngel(株式型)• CrowdBank(貸付型)• maneo(貸付型)• SBIソーシャルレンディング(貸付型)• CAMPFIRE OWNERS(貸付型)• さくらソーシャルレンディング(貸付型) 関連法令、関連税制など [ ] 投資型は、による出資行為が、金融商品取引法の規制対象である有価証券の一種「集団投資スキーム持分」に該当するため、前述のように、金商法の第2種金融商品取引業の登録が必要となり、金商法の監督を受ける。 匿名組合出資は会計上のに計上されるが、一定の条件下で金融機関から資本性借入金と評価される。 寄付型・購入型は金商法の規制は受けないが、寄付型は法人については一定金額までしか損金に算入されず、個人については控除が一切受けられない税制上の問題がある。 購入型は主に一般消費者が資金の提供者となることから、が生じるほか、やなど消費者関係法の規制対象となり、提供される商品の対価によっては。 寄付型と同様の税制上の問題を生じる。 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• Ordanini, Andrea; Fisk, Raymond P. ; Miceli, Lucia; Pizzetti, Marta; Parasuraman, A. 2011. Journal of Service Management 22 4 : 443—470. あるいはこちらでも• 2012年12月6日閲覧。 2012年12月6日閲覧。 2019年7月18日閲覧。 2019年7月18日閲覧。 Michael Sullivan and pbworks consensus group. 2012年8月12日閲覧。 2012年8月12日閲覧。 Blog. scienceexchange. com 2012年5月27日. 2012年8月19日閲覧。 2012年11月6日閲覧。 Icotokennews. 2017年8月12日閲覧。 2013年5月28日閲覧。 2013年5月28日閲覧。 2013年2月28日閲覧。 2013年2月28日閲覧。 2013年2月28日閲覧。 2013年2月28日閲覧。 2013年2月28日閲覧。 2013年2月28日閲覧。 2013年2月28日閲覧。 2013年2月28日閲覧。 2013年2月28日閲覧。 2013年2月28日閲覧。 Andrew Rodgers 1999年6月11日. Chicago Tribune. 2013年1月7日閲覧。 Kate Bulkley 2012年11月24日. Guardian. 2012年12月13日閲覧。 Spanner Films 2009年7月13日. 2012年12月13日閲覧。 Christina Warren 2011年1月17日. Mashable. com. 2012年12月13日閲覧。 2013年2月28日閲覧。 Applancer. 2017年8月12日閲覧。 2013年2月28日閲覧。 2012年10月22日閲覧。 人工知能学会. May 2,2013閲覧。 AZX総合法律事務所 弁護士 池田宣大. 2016年5月10日閲覧。 オンライン 2014年8月8日. 2016年5月10日閲覧。 「ふるさと投資」連絡会議 2015. 「ふるさと投資」の手引き: 12. 2016年2月1日. 2016年5月9日閲覧。 2014年5月23日. 2016年5月9日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

クラウドファンディンング開始5日目で目標の2,418%超えを達成!太陽光で常に満タン充電!普段使いできる防災グッズ【LightDisc Solar】

アドベンチャー ワールド クラウド ファン ディング

クラウドファンディングでお金を出して支援するには、リスクがあります。 プロジェクトが破綻してしまい、最終的に届かなかったということが起こります。 そういった失敗したプロジェクトの事例をまとめました。 ここでいう失敗とは、次のような状態です。 ・プロジェクトの実行会社が倒産、破綻、閉鎖した ・プロジェクトの責任者が音信不通になってかなりの時間がたった ・製品が届いたが、まともに動作しなかった。 または製品が当初の説明を満たしていない 期限前に運営からプロジェクトを取り消されてしまった事例は含めていません。 他社の既製品を載せただけ、実現性が運営から疑われた等 またすべての失敗プロジェクトを網羅できてはいません。 ただし集まった資金が巨額のものは、だいたいカバーしていると思います。 製造委託先のコントロールがうまくいかず、最終的に資金が底をつきました。 資金の使い込みではなく、努力したがうまくいかなかったようです。 ・ Holga 昔あった銀塩カメラの雰囲気を引き継ぎつつ、デジカメとして再生させたというプロジェクトです。 製品は一部出荷されたのですが、期待される性能を満たさなかったとして苦情が多数寄せられました。 ・ Tiko 1台あたりの価格が21,500円という低価格な3Dプリンターのプロジェクトです。 Kickstarterでの約3億3000万円集めました。 しかし製品のクオリティが期待されていたものと比べて低く、開発が難航し、最終的に頓挫しました。 ・ SKULLY AR-1 どのコーナーを曲がるか、ガソリンスタンドまでの距離などをヘルメット内部に映し出すという、バイク用のヘルメットです。 Indiegogoで2億6000万円あつめました。 創業者は努力したが資金難によりプロジェクトは頓挫したと述べていました。 しかし実は創業者がお金を使いこんでおり、高級自動車を買っていたとして、元従業員から提訴されました。 ・ Coolest Cooler USBバッテリー、LEDライト、Bluetoothスピーカーなどを盛り込んだクーラーボックスです。 しかし値段の割に機能を盛り込みすぎたため、最終的に製造すると採算割れとなってしまいました。 ・ Unsung Story Unsung StoryはRPGゲームを作るプロジェクトです。 無期限延期が宣言されて一時期復活していましたが、2017年6月時点で音信不通になっています。 Kickstarterのページにある連絡欄は、2016年12月を最後に途絶えています。 ・ Ant Simulator Ant Simulatorは名前の通り、蟻シミュレーターゲームを作るプロジェクトです。 開発者同士の内輪もめでプロジェクトが瓦解しました。 資金の使い込みがあったということも、開発者のうちから言われています。 ・ Midora Midoraは90年代風アクションアドベンチャーゲームです。 制作に予想以上の時間がかかったために資金切れとなり、プロジェクトが頓挫しました。 ・ コンピューターゲームに関しては頓挫例がたくさんあります。 ゲーム情報サイト「Gamespark」のをご覧ください。 ZANO 手のひらに乗るドローンを作るプロジェクトです。 プロジェクトのページにあったデモ動画では、人間の動きにうまく追従しており、高性能であることと思われました。 しかし実際の製品はデモ動画の性能には程遠いものでした。 製品は一部出荷されましたが、最終的にプロジェクトは破綻しました。 ・ Robot Dragonfly Robot Dragonflyという、トンボ型のドローン ラジコン を作るプロジェクトがありました。 Indiegogoで1億円以上集めましたが、トンボ型で飛ばすことが技術的に難しく、最終的にプロジェクトは活動中止になりました。 ・ The Doom That Came To Atlantic City! The Doom That Came To Atlantic City! はボードゲームです。 作者が集めたお金を自分の生活費として使ってしまいました。 その結果、アメリカの連邦取引委員会から法的措置が下されました。 ・ 取引委員会とは別に、ワシントン州の検察からも訴えられました。 ・ まとめ こういった事例を見ていると頻繁に失敗が起きているようにも見えますが、そこまで高頻度で起こっているわけではありません。 ・ しかし事前にリスクを知っておくことは重要だと思います。

次の