高知 コロナ。 【炎上】高知県知事や県議、県・県警の幹部ら100人がマスクをせず大宴会を満喫している映像が出回る

【炎上】高知県知事や県議、県・県警の幹部ら100人がマスクをせず大宴会を満喫している映像が出回る

高知 コロナ

新型コロナ高知県の概要 高知県は29日午前、県内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されたと明らかにした。 患者は高知市内の医療機関に勤務する30代の女性看護師。 高知医療センターに入院中で、軽症という。 県によると、女性は同市旭上町の「中内整形外科クリニック」に勤務。 13日にのどの痛みを覚え、14日に同市内の診療所を受診し、抗生剤を投与されていったん回復した。 15~16日に大阪府を1人で旅行。 15日夜には大阪市内でコンサートに行ったという。 帰高後に微熱やせきの症状が出て、19日と21日に診療所を受診し、抗生剤を追加投与した。 28日にも倦怠(けんたい) 感があったため、診療所を受診したところ、肺炎が認められ、医師が高知市保健所に相談。 県衛生環境研究所でウイルスの遺伝子を調べるPCR検査を行った結果、28日午後11時半ごろ、陽性が確認された。 女性は日ごろ自家用車で通勤し、症状が出て以降はマスクを着用して勤務していた。 2月は大阪旅行以外は県外に出ておらず、海外渡航歴はない。 中国武漢市などからの帰国者との接触もない。 女性は29日朝から高知医療センターに入院。 軽い肺炎の症状がある。 女性と同居する60代の母も倦怠感があり、現在ウイルス検査の結果待ちだという。 県と高知市は女性の濃厚接触者や感染経路などについて詳しく調べている。 四国で感染が確認されたのは、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船した徳島県藍住町60代女性に続き2人目。 女性は30代で「中内整形外科クリニック」に勤務• 13日にのどの痛み• 14日に受診して抗生剤投与• 15日大阪のコンサートに行き• 16日帰宅 その後も咳などの症状があり• 28日に医療機関で受診して感染を確認• 同居の母親60代にも25日から咳や倦怠感の症状がある• 食材の買い出しは、していたが、外出は、ひかえていた。 28日、医療機関に検査入院、29日に感染確認。 家族の1人は、陰性 — あーこっこ pichikupachiku8 中内整形外科クリニックの隣はイオン高知。 わかるね。 この意味。 高知 コロナ 看護婦 — R. P JAPAN 46c8zRpy 【速報】高知県初の新型肺炎確認 高知県は29日午前、県内初の新型コロナウイルス感染者が確認された、と発表した。 関係者によると、患者は高知市内の30代女性看護師で、軽症だという。 正午から県と市が会見を開く。 今日は雨です。 うーん怖い。 四国だと残るは香川県か。 トイレットペーパーとかティッシュとかわけわからん無関係のものを買い占める世の中とか。 いろいろと不安よな。 松本、動いてくれないかな。 — はち hachicownosuke 高知県からのお願いの通り、新型コロナウイルス蔓延防止の為、祭屋チームに於いても当面の間献杯および返杯は自粛致します! 踊り子さん募集まであと僅か。 よさこい祭りが無事開催され、明るい話題で溢れますように。 — 祭屋よさこい踊り子隊 teamSAIYA 体調不良で大阪でライブハウスに行っていた 2月13日に喉の痛みがある中、15日と16日に大阪に行っていましたが、「大阪京橋ライブハウスArc」で開催されたライブコンサートに行っていた事が判明しました。 55のライブが、18時30分から開催されています。 参加人数は約100人ほどいたそうです。 この参加者から3名の感染者がでています。 北海道の男性、大阪の男性、高知の女性です この日30代女性看護師はマスクを着用していなかったということで、ライブ会場に行かれた方の体調、感染していないかが気になります.

次の

高知県

高知 コロナ

新型コロナウイルスの影響でお酒と会話を楽しめるナイトクラブやラウンジ、スナックの多くが高知県内でも営業を再開できていない。 密閉、密集、密接の「3密」がそろう営業スタイルのためだ。 県は5月7日から接待を伴う飲食店などへの休業要請を解除した。 その一方、県民に対しては出入りの自粛を求めており、飲食店側はちぐはぐな対応に困惑気味だ。 高知市内で店を営む3人に実情を語ってもらった。 スタッフはキャスト(客を接待する女性)らを含めて両店合わせ約20人。 ところが数時間後、県知事の記者会見の詳しい内容が報道され、接待を伴う飲食店への入店はこれ以降も県民には自粛を求めると。 キャストが「やっぱり開けられません」と残念そうにメールする姿は今も忘れられない。 休業後、店の収入は途絶えた。 週に1、2回は店の換気や清掃をしていて、いつでも再開できる。 でも私たちの仕事は、お酒を飲みながら会話をすることで、お客が抱えるストレスを和らげること。 マスクで顔を半分以上隠してではとてもできない。 今後、県内の緊急事態宣言が解除されても、マスク着用や客と一定の距離を保つという要請が残るようなら、再開できる気がしない。 多くのクラブがある銀座を抱える東京都の小池百合子知事が、3月末の緊急会見で、夜の街の外出を控えるよう呼びかけた時、「3密」は、自分たちの職場を指しているんだとはっきりと自覚した。 直後に県外の会社関係からキャンセルがあり、次に県内、最後に外飲み好きな高知の個人客から「外出自粛中」との声を聞き、休業を決めた。 最近、なじみ客から「今は家で飲むことが当たり前になった。 週に1、2回通っていたのがうそのようだ。 あれはなんだったのか」と言われた。 これまで、県内外のお客をもてなす高知の飲み方のひとつを支えてきた自負はある。 このままでは、自分の店だけでなく、そのナイトクラブの文化も無くなってしまうと怖くなった。 ラウンジは休業を続けている。 スタッフは両店合わせ15人。 アルバイトの10人には、それぞれの家庭の事情を聴き、なるべく実家に移り住むようアドバイスし、国や県の支援制度を自分の知るかぎり紹介している。 厳しいのは親や子どもをかかえるシングルマザー。 昼の仕事だけでは家族を養えないので、ラウンジのアルバイトに来ている。 ここが休業することで、全体の収入の4割は減ると聞いた。 私の居酒屋は、県が休業要請の解除の際に示した感染対策をとれば、再開できた。 でも接待が伴うラウンジを営業するなら、その感染対策はとても対応できるものではない。 どう感染対策するかはやはり、自分たちが考えなければならない。 さらに、県民に対し、接待を伴う飲食店への出入りの自粛が呼びかけられている。 これでは、接待のない店に比べ、自分たちのような店は怖いというイメージがさらに増す。 本当にほしいのは、普段の生活に戻れること。 私たちの店でも安心して営業できるようになるまで、緊急事態宣言も容易に解除してほしくない。 スタッフはキャストを含め5人。 休業の不安や国の支援策の情報などを共有するようになった。 きっかけは、休業中のテナント料を節約する知恵を絞るため集まったこと。 結局、ビルのオーナーがそれぞれの店と話し合い、家賃を少し安くしてくれた。 後で別のビルに入る知り合いの経営者から、高知はスナック文化が根付いていて、家賃を安くしたり、待ったりする大家がわりといると聞いた。 休業後は通信カラオケを止めるのは序の口で、定期的に噴き出すトイレの芳香剤の電池を抜くなど気がつくところはすべて節約している。 出入り業者も、毎月の定額のサービスを営業日数の少ない4月は日割りにしてくれて、助けてくれる。 LINEでは、いつでも再開できるように、消毒液の入手方法などが載ったりするが、まだ再開した店はない。 収入がないのに、出費ばかりなのは、心理的にもつらい。 先が見えないので、今は緊急事態宣言の解除後に期待するしかない。

次の

高知)新型コロナ 夜の街 ママたちの叫び [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

高知 コロナ

感染症指定医療機関とは 感染症の危険性が高く、専門的に特別な治療が必要な患者を受け入れる医療機関です。 第一種感染症指定医療機関・第二種感染症指定医療機関があります。 今回のコロナウイルス感染者も、高知県内の感染症指定医療機関に運ばれたものと思われます。 具体的な病院名は個人情報保護のため公表されてはいませんが、高知県内にある感染症指定医療機関は限られています。 まずはそこをおさえておくといいかもしれません。 高知県の感染症指定医療機関は? 高知県にある感染症指定医療機関は全部で 2ヶ所(結核病床を除く)。 もしかしたら近所にある病院かもしれません。 病院の場所がどこなのか把握しておきましょう。 しかしこのどこかの病院で治療を受けている可能性が高いので、お近くにお住いの方は感染が拡大しないように注意してくださいね。 高知県 コロナウイルス感染に対しての口コミ 高知県で初のコロナウイルス感染者が出たことで、SNSでは様々な意見が寄せられています。 高知でコロナになった看護師さんのいる病院に、お母さん通院してるわ。 さっき電話があった。 いや、マジか。 — ひったぬ。 ここまで感染が拡大してきていると、いつどこで自分が感染するか分かりません。 感染予防のためにマスクの着用やこまめなアルコール消毒は欠かせなくなりそうですね。

次の