デロイトトーマツコンサルティング ボーナス。 デロイトトーマツコンサルティング 年俸釣り上げ、3年で社員倍増!海外&東電炎上PJT好調につき「まだ採用増やす」:MyNewsJapan

デロイトトーマツコンサルティングの転職難易度・特徴・採用情報

デロイトトーマツコンサルティング ボーナス

給与制度の特徴として、基本給に年2回の賞与が付きます。 初任給は600万円弱と初年度から全国平均の約1. 初任給は高水準であることが分かりますが、ファームによって年次毎の年収上昇率は異なるため、初任給の差がそのまま平均年収の差に繋がるわけではありません。 なお10年次以降の年収に関しては、昇進のスピードやパフォーマンスによって大きく異なるため参考値として上記のグラフに載せています。 そのため、社員教育にも力を入れており実際のプロジェクトを通じたOJTの他に、研修等のOFF-JTを豊富に揃えており教育制度は非常に充実しています。 各種社会保険完備• 企業年金• 退職金• 出張日当• 通勤手当• 総合福祉団体定期保険• 財形貯蓄制度• 定期健康診断• 保養施設利用補助• そのため、転職を繰り返して職位を上げていくうちに70%程度の方は、 30歳程度でいずれかのファームで年収1000万に到達するようです。 マネージャー以降は、更に評価が厳しくなるためコンサルティングファームから事業会社へ転職する方も増えてきます。 デロイト トーマツ コンサルティング(経営コンサルタント職)について、更に詳しく デロイト トーマツ コンサルティングや他の総合系コンサルティングファームについてさらに研究したい方は、こちらも是非参考にしてみてください。 【関連企業の年収・初任給・給与制度】• 【関連コミュニティ】• 【関連コラム】• 【選考体験記】• デロイトトーマツコンサルティングの研究• このカテゴリーに関する他の記事•

次の

デロイト コンサルティング:転職組のキャリア・年収・賞与

デロイトトーマツコンサルティング ボーナス

社員に共通して支給されるソフトバンクのポケットWiFiとパナソニックのレッツノート。 「海外でもこのままネットにWiFi接続できて便利です」 のまとめによると、2016年春に卒業した東大生の就職先ランキングで、院卒生の20位(11人)に初めてデロイトトーマツコンサルティング(DTC)がランクインした。 例年、同業界ではマッキンゼーかアクセンチュアが顔を出すが、今年はランク外。 学歴重視採用のコンサル業界だけに、業界内勢力図の変化にも見える。 コンサル・投資銀業界は、社員の能力が業績に直結するため獲得競争は熾烈で、選考の主戦場は、就職協定など完全無視で行われる大学3年次のインターン(夏・冬)となっている。 その実情に加え、既報(年・年)からの変化、新たな人事評価制度やボーナス額実績、そしてDTCに就職・転職を考えている人へのアドバイスも含め、リポートする。 (左記参照) それでも、近藤聡氏が社長に就任した初年度(2011年9月期)に比べ、4年間でコンサル数1. 9倍、売上2. 4倍、利益3. 3倍と、震災&原発事故による特需発生があったとはいえ(東電プロジェクトには、まだ100人単位で投入が続く)、見事な業績推移だ。 近藤体制2期6年の最終年度となる2016年9月期は、売上415億円(グループ全体で460億)の予算見通しで、順調に進行中である。 海外組は10月入社も多く、『ボストンキャリアフォーラム』や、大学がある海外の現地に行ってキコク系の日本人を採用している。 海外組では例年、北京大の日本語学科出身者など、日本語を話せる中国人など外国人も採る。 国内採用の入り口は、大学3年生・院1年生を対象としたインターン(夏と冬)と、通常の面接によるものがあり、昨年度は半々くらいだった。 サマーインターンはその主戦場であり、完全に採用のために行っているものだ。 つまり、参加するためのハードルがそれなりに高い。 ここを通過する人は、東大生が3割ほどを占めて一番多く、残りが早慶一橋東工大、そして九大などの地方国立大。 MARCHは数人だけ。 50人が7~8チームに分かれ、1チームあたり4~6人の学生に対して、ケースマネージャーが1~2人ついた。 このケースマネージャーが、実質的な面接官であり、評価者である。 忙しい執行役員に現場をじっくり見る暇はないので、ケースマネージャーにどうアピールするかが重要となる。

次の

デロイト トーマツ コンサルティング(経営コンサルタント職)の年収・初任給・給与制度

デロイトトーマツコンサルティング ボーナス

年収は「基本給+ボーナス」で構成されており、ボーナスは年に2回支給されます。 基本給の給与テーブルは職位によって異なります。 全部で7段階あります。 ビジネスアナリスト 年収は約600万円で、新入社員が最初に配属される職位です。 ビジネスアナリストの段階でコンサルタントとしての職務を覚え、こなしていくことが期待されています。 コンサルタント 年収は700万円ほどです。 ビジネスアナリストよりもさらに、クライアントとの関係を良好に保ち、より信頼関係を築いていきながら次の受注につなげていく役割も果たします。 シニアコンサルタント シニアコンサルタントは、 年収1,000万円の大台に乗ってきます。 チームでの仕事の多いデロイトで、本格的にマネージャーとしての役割を求められるようになります。 マネージャー 年収は1,300万円ほどです。 シニアコンサルタントまでの現場の職務を一通りこなすことができ、さらにチームマネジメントに特化していく職位です。 シニアマネージャー シニアマネージャーになると、 年収は1,000万円台後半~2,000万円に届くこともあるそうです。 チームの責任者として、高度なマネジメント能力が求められます。 ダイレクター 年収3,000万円に達します。 どの顧客にアタックするか、どのような目標で業務を行うかという営業を担うようになっていきます。 また、プロジェクトに問題が発生した際の対応などの緊急案件まで、あらゆる責任を負いながらビジネスを手がける職位です。 パートナー 年収3000万円以上で上限は不明です。 職務内容や給与水準はダイレクターとさほど変わりありませんが、会社に出資をしている場合はパートナーとして扱われます。 これらの職位は、コンサルティング業界全体である程度共通しています。 つまり、他コンサル会社でも通じる「この職位ならこのくらいの能力」という基準がコンサルティング業界にはあるのです。 そのためコンサルティング業界からデロイトに中途入社する場合、最初の職位を与えられる際は元の会社での職位が参考にされます。 一方で、全くの他業種からの転職の場合は、その人のスキルはもちろんですが、前職の給与レベルも参考にして最初の職種が決定します。 デロイトで年収を上げていくためには? では、デロイトで年収を上げていくにはどうしたらいいのでしょうか。 前述のように、基本的に年収の軸は基本給なので、職位が上がれば年収も上がるシステムです。 職位を1つ上げるためには、基本的には3年〜5年ほどを要します。 例外的に、半年や1年などの短いスパンで上がっていく優秀な社員もいれば、一方でずっと上がることのできない社員もいるそうです。 しかし基本的には所属する職位できちんと職務を全うし、利益を出せば職位もステップアップしていきます。 将来的にどのような仕事をしていきたいかを詳しく聞かれるタイミングで上位ランクの仕事に積極的にトライする姿勢を見せ、行動に移せると年収が上がりやすいといいます。 ボーナスについて 職位の中でも実際の年収には差があります。 中にはコンサルタントがシニアコンサルタントの年収を超えるなど、1つ上の職位の年収を超えるケースもあるといいます。 それは業績賞与が個人によって異なり、そこにかなり大きな差があるためです。 ボーナスの基準が高いのは、会社があげた利益の中でも特に高い貢献度の高い社員だといいます。 ボーナスの配分は、年に2回ある上長とのミーティングによって決定します。 1つのプロジェクト内でボーナスの上限があり、その配分を取り合う形になります。 デロイトトーマツコンサルティングへの転職者の年俸実績 転職picks編集部で、過去の転職者の年俸実績を調査いたしました。 前職 年収 Aさん 30歳 日本生命 1200万円 Bさん 32歳 日本たばこ産業株式会社 1000万円 Cさん 28歳 日立製作所 850万円 30代という若さで、すでに1000万円台に乗ることが分かります。 実績からも分かるように、別の業界からの転職も可能だという点は魅力ではないでしょうか。 デロイトのリアルな年収事情!一気に年収がアップした事例とは? 7段階の職位は上長からの評価などを受けて少しずつ上がっていくのが一般的です。 しかし、中には一気に昇進をする例もあるそうです。 Sさんが実際に在籍していた際、「水素」にまつわるビジネスのコンサルティングを手掛けていた社員がいたといいます。 その方は、高い評価を受けて勢いよく昇進していったそうです。 評価ポイントは、今までやっていないビジネスという新規性と成長白地の大きさにあったそうです。 このように、 新規性のある仕事などで目覚ましい活躍を見せると、会社もそれに応じてしっかりと評価を返してくれます。 年収に影響する評価について 前述のように、とりわけ新規性・将来性のあるビジネスを展開した場合は高く評価されますが、利益貢献や顧客満足度の高いアウトプットでもきちんと評価をしてくれる会社です。 評価のポイントは規定化されているので、上長の性格や相性で評価が左右されることはないそうです。 多角的な評価がなされる環境が整っているため、基本的には平等な基準で出世の判断が下されるようになっています。 デロイトが求める人物像 デロイトは、チームプレーで仕事をしていく企業です。 そのため、 コンサルティングに必要な論理的思考はもちろんですが、チームの一員としての人柄も重視される傾向にあります。 チームメンバーが「この人と仕事をしたい」と思えるような人材かどうかは、重要な採用基準の1つです。 とはいえ、デロイトではチームごとの雰囲気は千差万別です。 体育会系のチームもある一方で、和気あいあいと仕事をするチームもあります。 所属先によって合う・合わないが出てくるのは避けられないことだとSさんも言います。 しかしもし合わないチームに配属となってしまっても、デロイトは多くのチームが存在する大規模組織ということもあり、異動希望に対してはフレキシブルに対応してくれる会社であるといいます。 実際にSさんもどうしても合わないチームに配属されたときは異動希望を出し、受け入れてもらったそうです。 希望を出しても組織がその人を別部署に出したがらず異動が叶わないケースもあるようですが、基本的には前向きに検討してもらえるようです。 自身に合う雰囲気のチームでしっかりと利益を上げていけるように、社員の求める環境を全力で用意するという会社のスタンスを伺うことができます。 社員を正当に評価し、自身の性格に合う最適なチームに所属できるよう環境が整っています。 社員が最大限のパフォーマンスを発揮するための土壌が整っているからこそ、デロイトトーマツはトップコンサルティング企業として最前線を走り続けることが出来ているのでしょう。

次の