トイレット ペーパー 原料。 トイレットペーパーの無意味な買い占め!注意点は?デマにご用心!

トイレットペーパーの輸入はあるけどごく少ない

トイレット ペーパー 原料

新型コロナでトイレットペーパーが無くなるデマ騒ぎがあった!? 小売店でトイレットペーパーやティッシュペーパーの買い占めが相次いでいる。 27日は熊本県内の店頭から商品が姿を消し、28日は佐賀県や鹿児島県など各地で同様の買い占めがみられた。 「新型肺炎の影響でトイレットペーパーがなくなる」というデマ情報が出回ったためとみられ、製紙業界団体は「在庫はある」として冷静な対応を呼びかけている。 出典:毎日新聞 新型コロナウイルスの問題でトイレットペーパーはマスクの原料だからマスクの品切れも続いている場合はトイレットペーパーも品切れになるってデマが流れったようです・・・。 このデマが全国まで広がり、全国的にトイレットペーパーを中心に、テッシュペーパー、生理用品、紙おむつまで買い占める人が出てきていたようです。 ネットの情報は100%鵜呑みにしてはいけませんね! トイレットペーパーやティッシュペーパーは、マスクと同じ原料とかっていうデマに騙されて大量買いするやつあほやんw バカみたいなんやけど。 入荷のトラックは何曜日?昨日買えた人から聞いたのに何故私は買えないの!とキレる人まで… お願い落ち着こう。 ドラッグの店員さんが悪いわけじゃないよ💦 — くぅ。 納品する配送トラックを囲むのは止めてください。 マスクないか? トイレットペーパーないか? と、ドライバーを脅さないでください。 モラルを求めた所で無駄ですがドライバーは商品を売れません。 迷惑をかけないでください。 つまり「 木」です。 木材を機械で細かくして高温&高圧で長時間煮ます。 そして樹脂を溶かして パルプと言われる繊維を取り出します。 このパルプを機械で均一の厚みにして乾かす事で紙が出来てそこからトイレットペーパーに整形します。 ちなみに、 マスクは不織布(ふしょくふ)という繊維を接着剤などでシート状にしたものですのでトイレットペーパーとマスク関係ありませんよ。 ここからマスクにする事は不可能です! さらに現在のトイレットペーパー製造会社の多くは古紙再生も利用しています。 いわゆるリサイクルです。 これも牛乳パックやコピー用紙、など古いパルプが原料の紙を集めて、再度高温、高圧で煮る事とインクなどの不純物を取り出す事でパルプが出来ますのでここからトイレットペーパーを作る事が出来ます。 原料は木なのでトイレットペーパーは無くならない事を理解する!現在はリサイクルで古紙からも作れる! トイレットペーパーが無くなるなんて事は有り得ません。 木があるのですから。 木があれば紙とトイレットペーパーを作る事が出来ます。 さらに古紙からパルプを取り出し再生紙トイレットペーパーも作れる現在ですから。

次の

原油はトイレットペーパーの原料なの?買えなくなるはデマ!

トイレット ペーパー 原料

ただ、落とし紙という紙そのものは古くから用いられてきた。 由来の「 トイレットペーパー , 」は、落とし紙の一種と見なすことができ、紙自体も語としても、以降のいつ頃からか用いられるようになったものである(巻き取りタイプは時代末期から)。 加えて、形の巻き取りタイプ(紙タイプ) を「 トイレットロール(: toilet roll)」と呼ぶこともある。 ほかにも、総称的な語として「 便所紙(べんじょがみ)」があるものの、広く通用しているとは言えず、としての用法に限られ、昔ながらの平判タイプを円筒形・巻き取りタイプと区別する際の呼称であることも多い。 同じでもでは大きく異なり、排便時の清拭用紙を「 : 卫生纸( : )」「 手纸( 手紙)」「 厕纸( 厠紙)」「 纸巾( 紙巾)」などといい cf. 、 、円筒形・巻き取りタイプは「 厕纸卷( 厠紙捲)」という。 概説 [ ] 水解紙製のトイレットペーパーの芯 円筒形・巻き取りタイプには、長尺紙を重ねるか否かで区別があり、重ねない一枚ものを「シングル巻き」、二枚を重ねるものを「ダブル巻き」といい、珍しいが三枚重ねの「トリプル巻き」もある。 紙の材料とその色は国・地域や時代によって大きな違いがあり、無のなどを材としたがかった自然紙の色をしたもの、であるために再生前の用や微細な不純物が影響してがかった白いもので巻紙所状態では白くても便器の溜水部に浸かると灰色や褐色がかった色になり、そして、漂白を材とした真っ白なものといい便器の溜水部に浸かっても真っ白であるものの、3種類に大別できる。 漂白パルプを使った製品では、その白さを生かして淡色系の着色の施されたものもあり、系・系・系・系などといった様々な色の製品が販売されている。 絵柄と、の名称やを始めとする、それぞれに異なる目的をもって印刷された情報を紙面に施された製品も、数が多いとは言えないまでも、商品史の黎明期から cf. 変わらず作られ続けている。 絵柄には、に適うよう開発されたものもあれば、女性・子供など特定の層に合わせて開発・販売されるものもある。 と解答、集、集などといった濃厚な文字情報を載せた製品も、変わり種と呼べないほどに珍しいものではなくなっている。 使用感と清拭・吸収性の向上のために加工を施した製品もある。 については、従来どおりののある製品が一般的であるが、の観点から芯紙を無くした製品も開発され、「芯が無い」という意味合いの「レス」などといった名称で流通している。 ほかにも、芯紙にで着香した製品もある。 下水道に流すか否か [ ] トイレットペーパーには、に流すか否かという問題がある。 トイレットペーパーが水に溶けない紙だったり、排水設備や管路の詰まりや堆積物などに深く関係して、上の都合と流通品の品質の如何で、国家・地域によって、差異が極めて大きい。 一つに、トイレットペーパーから便器清掃用の紙製品まで流してよい例、一つに、トイレットペーパーしか流せない例、今一つに、紙類一切を流せない(に捨てる別の処分方法がある)例がある。 国・地域別での具体例を挙げるなら、(〈とを除く〉と)では、にトイレットペーパーを流すのは非文明的・非常識な行為とされていて 、それ以前の社会全体が貧しかった時代から使っていたと同様、に捨てるのが社会良識となっている。 そのため、のように正反対の行為が社会良識として浸透しているもあって、そういった地域を旅行する際には注意が必要であることを、現地メディアが紹介しているくらいである。 一方で、中華圏の中のトイレ先進地域(先進的な都市部)では、「に紙を流してはならない」旨の注意書きが、正反対の常識を持つ向けに用意されている例も、後期には見られる ようである。 (も参照))。 水洗便器内での滞留 [ ] の水溜りで水を流してもクルクルと回りながら滞留するトイレットペーパー でトイレットペーパーは洗浄水を流しても水流の関係で、のの水溜りでクルクルと回るだけで、流れに乗りにくい状況が発生する事がある。 特に、吸引作用が無く、水勢のみで洗い流す洗い出し式等の場合、瞬間的に高水圧(強い水勢)水を吐出して便器洗浄が出来る式洗浄においては問題ないが、水圧が低く瞬間流量の低いタンク式等の洗浄方式によっては、に完全に便器内から無くならず、滞留する現象が発生する。 タンク式洗浄でも大便洗浄の時には、ほぼきちんと流れて、小便洗浄時や紙だけ流す時は流れにくいのは、トイレットペーパーの紙の間に空気が入ってしまい、により便器の水溜りでクルクルと回るだけで流れない事があり、この場合紙を丸めるなどして、ある程度固めてから、便器に捨てて、流す事で解消出来る。 歴史 [ ] 平らな裁断紙のトイレットペーパー/" Le Troubadour (ル・)" という銘柄のパッケージに収められている、の製品。 前史 [ ] 普及以前は、富める人は、、、を用い、その他は直接手を用いるか、木の葉、、、の皮、、、( かんなくず)、、、、、ぼろ布や、付近にを植栽して葉を用いるなどしていた。 の便所(公共を含む)では、にしない用具として天然のであるが使われており、この習慣はにも継承された。 では、使い捨てにしない用具として、貝殻や(しゃがんで排便する際に姿勢を維持するために用いる木片で、体などに便が付着した際は掻き落とすのにも用いる)が長いあいだ使われ続けた。 清拭用紙の登場 [ ] に中国を旅したの旅行記に中国人が用を足したのちに紙で拭くことを記述しているが、水で洗わないことから、清潔を気にしない人種として記録されている(クリストファー・ロイド 訳・野中香方子 『137億年の物語 宇宙が始まってから今日までの全歴史』 文芸春秋 第18刷2014年 p. 303)。 では、専用紙に皇帝の印が家臣によってなされた。 の宮廷では、王族の用便後に素手で清拭する便所担当には特に信頼された廷臣が選ばれ、王と個別に相対する好機として影響力を期待し望む者も多かった。 でも、のに似たような慣習があり、大奥女中に拭わせる仕来りにどうしても馴染めないが自ら拭うということもあったという。 ( 何が? )に専用にで最初に生産された。 には、の ()が 、" J C Gayetty N Y (J・C・ガイエティー・)" の名をで紙面に載せた巻き取り型のトイレットペーパーを の用製品として生産し始め 、これがトイレットペーパーとして世界初のであった。 では、中期頃より、が原料のとが原料の落とし紙やなどが主に用いられていた [ ]。 また、明治時代末からは巻き取り型のトイレットペーパーも使われ始めたが、当時はが占めていた。 それでも、そういった変化は都市部での話で、部では、時代の頃まで木の葉やのほか、古来のが用いられ続けていた。 日本国内で最も早い時期に巻き取り型のトイレットペーパーを発売した企業は、によれば、記録の残る限りで、内にあった貿易商の島村商会(嶋村商會)であるという。 (大正13年)、島村商会はの工場に原紙の製造を依頼し、同商会がトイレットペーパーに仕上げた上で外国汽船などに納入していた。 上下水道整備の進捗に伴い、(30年)前後から便所の様式が「汲み取り式」から「水洗式」へ「和式便器」から「洋式便器」へ変化し、合わせて巻き取り型のトイレットペーパーの生産量も増加した。 使用量は [ ]一人あたり年間およそ8と推算 されるほど生活必需品で、非常時に備えて平時のが望まれる。 2020年現在、流通する97%は国産であり、原材料も国内で調達されるなど自給率の高い製品である。 設置 [ ] 紙巻器 [ ] 三角折り、2個配置 巻き始めの先端を三角形に折る事例は、日本ではと俗称する者も見られ、アメリカの消防署で緊急出動受令時に用便中でも迅速な対応を目した「ファイヤーホールド」に由来 するなど様々語られており、ホテル、劇場、店舗など公共の場所で散見 される。 自動販売機 [ ] 日本では、鉄道駅のトイレ入り口などを中心にが設置されている場合があるが減少傾向にある。 規格 [ ] 巻き取り型のトイレットペーパーは、通常は便所個室内で専用什器に装着して使用するため規格化が必要であるが、国情によりロール径や幅が若干異なる。 また、トイレ、排水設備、管路等の詰まりや堆積物等の問題を回避するために、ほぐれやすさ(分解性)まで規格化されている国・地域もある。 JIS [ ] では、などさまざまな再生パルプを多く用いて、およそ4割がで製造され、「ティシュペーパー及びトイレットペーパー」としての適用対象で に、品質や寸法などは(JIS) に定めがある。 市販品は、JIS規格で1巻27. 5、32. 公共用途の業務用は一巻あたり150から210、最大500メートルと高頻度需要に適応しているが、1巻重量は最大1~2キログラムで軸が鉛直方向の専用大型什器に装着する交換頻度低減を目する製品である。 また、日本では(平成5年)からJISにトイレットペーパーのほぐれやすさ試験(分解性試験)が付加された。 ISOでの規格化の動き [ ] では、トイレクリーナーなどトイレに流せると表示された紙製品等によって、トイレ、排水設備、管路での詰まりや、堆積物、スクリーンかす、汚泥の処理費が増大した。 は、水洗便所にトイレットペーパー以外を流してはならないとしており、ISOでの規格化に反対している。 また、日本では、日本下水道協会が ISO原案のほぐれやすさ試験(分解性試験)の基準が JIS P 4501 より著しく緩くなっている点について問題を指摘している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 他の辞典類での定義として、『』第2版では、うんこ用の紙。 ロール紙(ロールし)は後者の一種で、巻き取りタイプのトイレットペーパーは、「トイレットペーパー・ロール」というのが最も正確な言い回しといえる。 出典はの「平判」「巻取り」• 辞典類では、通用語としては掲載未確認(2018年時点)。 ()でもこの語はあるが、「トイレットペーパーの一巻き」を意味する。 日本語「トイレットロール」に相当する英語としては " roll" がある。 にはトイレットペーパーが普及していたアメリカので、用便中の緊急出動受令時の迅速対応を目して考案された。 出典は、(公式ウェブサイト、アーカイブ版)。 日本では半ばにで「清掃は完了している」旨の従業員同士の伝達手段として用い始め、客室で上部の「清掃済み」ラベルと併せ見た利用客らが自宅などで用い、それら居宅の訪問客が帰宅後に模倣して拡散しているとする解釈も見られる [ ]。 日本産業規格 JIS P 4501 出典 [ ]• 『』第3版. 2018年6月12日閲覧。 『デジタル』、『』. コトバンク. 2018年6月12日閲覧。 『デジタル大辞泉』、『大辞林』第3版. コトバンク. 2018年6月12日閲覧。 2018年6月12日閲覧。 サーチナ. 2018年6月12日閲覧。 日本下水道事業団. 2018年2月26日閲覧。 Infobase Publishing. 679—. Cowboy Bob 2013. Cowboy Bob's Dictionary. NEXT. 2016年12月3日. 2018年6月12日閲覧。 エスエス産業 アーカイブ版 2018年7月22日閲覧。 2013年5月25日閲覧。 J-CASTニュース. 2016年12月28日. 2016年12月28日閲覧。 2013年5月23日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 に関連の辞書項目があります。

次の

トイレットペーパーの原料は?木?パルプ?再生紙?マスクの原料はデマ!

トイレット ペーパー 原料

ただ、落とし紙という紙そのものは古くから用いられてきた。 由来の「 トイレットペーパー , 」は、落とし紙の一種と見なすことができ、紙自体も語としても、以降のいつ頃からか用いられるようになったものである(巻き取りタイプは時代末期から)。 加えて、形の巻き取りタイプ(紙タイプ) を「 トイレットロール(: toilet roll)」と呼ぶこともある。 ほかにも、総称的な語として「 便所紙(べんじょがみ)」があるものの、広く通用しているとは言えず、としての用法に限られ、昔ながらの平判タイプを円筒形・巻き取りタイプと区別する際の呼称であることも多い。 同じでもでは大きく異なり、排便時の清拭用紙を「 : 卫生纸( : )」「 手纸( 手紙)」「 厕纸( 厠紙)」「 纸巾( 紙巾)」などといい cf. 、 、円筒形・巻き取りタイプは「 厕纸卷( 厠紙捲)」という。 概説 [ ] 水解紙製のトイレットペーパーの芯 円筒形・巻き取りタイプには、長尺紙を重ねるか否かで区別があり、重ねない一枚ものを「シングル巻き」、二枚を重ねるものを「ダブル巻き」といい、珍しいが三枚重ねの「トリプル巻き」もある。 紙の材料とその色は国・地域や時代によって大きな違いがあり、無のなどを材としたがかった自然紙の色をしたもの、であるために再生前の用や微細な不純物が影響してがかった白いもので巻紙所状態では白くても便器の溜水部に浸かると灰色や褐色がかった色になり、そして、漂白を材とした真っ白なものといい便器の溜水部に浸かっても真っ白であるものの、3種類に大別できる。 漂白パルプを使った製品では、その白さを生かして淡色系の着色の施されたものもあり、系・系・系・系などといった様々な色の製品が販売されている。 絵柄と、の名称やを始めとする、それぞれに異なる目的をもって印刷された情報を紙面に施された製品も、数が多いとは言えないまでも、商品史の黎明期から cf. 変わらず作られ続けている。 絵柄には、に適うよう開発されたものもあれば、女性・子供など特定の層に合わせて開発・販売されるものもある。 と解答、集、集などといった濃厚な文字情報を載せた製品も、変わり種と呼べないほどに珍しいものではなくなっている。 使用感と清拭・吸収性の向上のために加工を施した製品もある。 については、従来どおりののある製品が一般的であるが、の観点から芯紙を無くした製品も開発され、「芯が無い」という意味合いの「レス」などといった名称で流通している。 ほかにも、芯紙にで着香した製品もある。 下水道に流すか否か [ ] トイレットペーパーには、に流すか否かという問題がある。 トイレットペーパーが水に溶けない紙だったり、排水設備や管路の詰まりや堆積物などに深く関係して、上の都合と流通品の品質の如何で、国家・地域によって、差異が極めて大きい。 一つに、トイレットペーパーから便器清掃用の紙製品まで流してよい例、一つに、トイレットペーパーしか流せない例、今一つに、紙類一切を流せない(に捨てる別の処分方法がある)例がある。 国・地域別での具体例を挙げるなら、(〈とを除く〉と)では、にトイレットペーパーを流すのは非文明的・非常識な行為とされていて 、それ以前の社会全体が貧しかった時代から使っていたと同様、に捨てるのが社会良識となっている。 そのため、のように正反対の行為が社会良識として浸透しているもあって、そういった地域を旅行する際には注意が必要であることを、現地メディアが紹介しているくらいである。 一方で、中華圏の中のトイレ先進地域(先進的な都市部)では、「に紙を流してはならない」旨の注意書きが、正反対の常識を持つ向けに用意されている例も、後期には見られる ようである。 (も参照))。 水洗便器内での滞留 [ ] の水溜りで水を流してもクルクルと回りながら滞留するトイレットペーパー でトイレットペーパーは洗浄水を流しても水流の関係で、のの水溜りでクルクルと回るだけで、流れに乗りにくい状況が発生する事がある。 特に、吸引作用が無く、水勢のみで洗い流す洗い出し式等の場合、瞬間的に高水圧(強い水勢)水を吐出して便器洗浄が出来る式洗浄においては問題ないが、水圧が低く瞬間流量の低いタンク式等の洗浄方式によっては、に完全に便器内から無くならず、滞留する現象が発生する。 タンク式洗浄でも大便洗浄の時には、ほぼきちんと流れて、小便洗浄時や紙だけ流す時は流れにくいのは、トイレットペーパーの紙の間に空気が入ってしまい、により便器の水溜りでクルクルと回るだけで流れない事があり、この場合紙を丸めるなどして、ある程度固めてから、便器に捨てて、流す事で解消出来る。 歴史 [ ] 平らな裁断紙のトイレットペーパー/" Le Troubadour (ル・)" という銘柄のパッケージに収められている、の製品。 前史 [ ] 普及以前は、富める人は、、、を用い、その他は直接手を用いるか、木の葉、、、の皮、、、( かんなくず)、、、、、ぼろ布や、付近にを植栽して葉を用いるなどしていた。 の便所(公共を含む)では、にしない用具として天然のであるが使われており、この習慣はにも継承された。 では、使い捨てにしない用具として、貝殻や(しゃがんで排便する際に姿勢を維持するために用いる木片で、体などに便が付着した際は掻き落とすのにも用いる)が長いあいだ使われ続けた。 清拭用紙の登場 [ ] に中国を旅したの旅行記に中国人が用を足したのちに紙で拭くことを記述しているが、水で洗わないことから、清潔を気にしない人種として記録されている(クリストファー・ロイド 訳・野中香方子 『137億年の物語 宇宙が始まってから今日までの全歴史』 文芸春秋 第18刷2014年 p. 303)。 では、専用紙に皇帝の印が家臣によってなされた。 の宮廷では、王族の用便後に素手で清拭する便所担当には特に信頼された廷臣が選ばれ、王と個別に相対する好機として影響力を期待し望む者も多かった。 でも、のに似たような慣習があり、大奥女中に拭わせる仕来りにどうしても馴染めないが自ら拭うということもあったという。 ( 何が? )に専用にで最初に生産された。 には、の ()が 、" J C Gayetty N Y (J・C・ガイエティー・)" の名をで紙面に載せた巻き取り型のトイレットペーパーを の用製品として生産し始め 、これがトイレットペーパーとして世界初のであった。 では、中期頃より、が原料のとが原料の落とし紙やなどが主に用いられていた [ ]。 また、明治時代末からは巻き取り型のトイレットペーパーも使われ始めたが、当時はが占めていた。 それでも、そういった変化は都市部での話で、部では、時代の頃まで木の葉やのほか、古来のが用いられ続けていた。 日本国内で最も早い時期に巻き取り型のトイレットペーパーを発売した企業は、によれば、記録の残る限りで、内にあった貿易商の島村商会(嶋村商會)であるという。 (大正13年)、島村商会はの工場に原紙の製造を依頼し、同商会がトイレットペーパーに仕上げた上で外国汽船などに納入していた。 上下水道整備の進捗に伴い、(30年)前後から便所の様式が「汲み取り式」から「水洗式」へ「和式便器」から「洋式便器」へ変化し、合わせて巻き取り型のトイレットペーパーの生産量も増加した。 使用量は [ ]一人あたり年間およそ8と推算 されるほど生活必需品で、非常時に備えて平時のが望まれる。 2020年現在、流通する97%は国産であり、原材料も国内で調達されるなど自給率の高い製品である。 設置 [ ] 紙巻器 [ ] 三角折り、2個配置 巻き始めの先端を三角形に折る事例は、日本ではと俗称する者も見られ、アメリカの消防署で緊急出動受令時に用便中でも迅速な対応を目した「ファイヤーホールド」に由来 するなど様々語られており、ホテル、劇場、店舗など公共の場所で散見 される。 自動販売機 [ ] 日本では、鉄道駅のトイレ入り口などを中心にが設置されている場合があるが減少傾向にある。 規格 [ ] 巻き取り型のトイレットペーパーは、通常は便所個室内で専用什器に装着して使用するため規格化が必要であるが、国情によりロール径や幅が若干異なる。 また、トイレ、排水設備、管路等の詰まりや堆積物等の問題を回避するために、ほぐれやすさ(分解性)まで規格化されている国・地域もある。 JIS [ ] では、などさまざまな再生パルプを多く用いて、およそ4割がで製造され、「ティシュペーパー及びトイレットペーパー」としての適用対象で に、品質や寸法などは(JIS) に定めがある。 市販品は、JIS規格で1巻27. 5、32. 公共用途の業務用は一巻あたり150から210、最大500メートルと高頻度需要に適応しているが、1巻重量は最大1~2キログラムで軸が鉛直方向の専用大型什器に装着する交換頻度低減を目する製品である。 また、日本では(平成5年)からJISにトイレットペーパーのほぐれやすさ試験(分解性試験)が付加された。 ISOでの規格化の動き [ ] では、トイレクリーナーなどトイレに流せると表示された紙製品等によって、トイレ、排水設備、管路での詰まりや、堆積物、スクリーンかす、汚泥の処理費が増大した。 は、水洗便所にトイレットペーパー以外を流してはならないとしており、ISOでの規格化に反対している。 また、日本では、日本下水道協会が ISO原案のほぐれやすさ試験(分解性試験)の基準が JIS P 4501 より著しく緩くなっている点について問題を指摘している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 他の辞典類での定義として、『』第2版では、うんこ用の紙。 ロール紙(ロールし)は後者の一種で、巻き取りタイプのトイレットペーパーは、「トイレットペーパー・ロール」というのが最も正確な言い回しといえる。 出典はの「平判」「巻取り」• 辞典類では、通用語としては掲載未確認(2018年時点)。 ()でもこの語はあるが、「トイレットペーパーの一巻き」を意味する。 日本語「トイレットロール」に相当する英語としては " roll" がある。 にはトイレットペーパーが普及していたアメリカので、用便中の緊急出動受令時の迅速対応を目して考案された。 出典は、(公式ウェブサイト、アーカイブ版)。 日本では半ばにで「清掃は完了している」旨の従業員同士の伝達手段として用い始め、客室で上部の「清掃済み」ラベルと併せ見た利用客らが自宅などで用い、それら居宅の訪問客が帰宅後に模倣して拡散しているとする解釈も見られる [ ]。 日本産業規格 JIS P 4501 出典 [ ]• 『』第3版. 2018年6月12日閲覧。 『デジタル』、『』. コトバンク. 2018年6月12日閲覧。 『デジタル大辞泉』、『大辞林』第3版. コトバンク. 2018年6月12日閲覧。 2018年6月12日閲覧。 サーチナ. 2018年6月12日閲覧。 日本下水道事業団. 2018年2月26日閲覧。 Infobase Publishing. 679—. Cowboy Bob 2013. Cowboy Bob's Dictionary. NEXT. 2016年12月3日. 2018年6月12日閲覧。 エスエス産業 アーカイブ版 2018年7月22日閲覧。 2013年5月25日閲覧。 J-CASTニュース. 2016年12月28日. 2016年12月28日閲覧。 2013年5月23日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 に関連の辞書項目があります。

次の