ホロコースト なぜ。 ホロコースト否認

ホロコーストはなぜ起きたのか【ナチ・ドイツの歴史】

ホロコースト なぜ

19世紀後半の社会は、急激な産業化・人口の増加により、既存の社会構造と伝統的な価値体系が崩れ、人々の間で不安が広がっていた。 そのような状況の中で、 極端な(人種主義)や 人種衛生学が根を下ろしていく。 これらの思想はマイノリティが迫害される要因となった考え方であった。 今回は はなぜ起きたのか、思想的背景を中心にその実態を叙述していきたい。 写真は東部地域(現在の)に建設された、・ビルケナウ。 これらの施設で行われた人殺害政策は「ラインハルト作戦」と呼ばれた。 極端な(人種主義) は、人間を生物的特徴や遺伝学的存在によっていくつもの種に区別し、それらの種に生来的な優劣の差があるとする考え方である。 とりわけフランスの貴族階級であったゴビノーは、王侯の系譜を引く貴族階級こそ優秀な「種」の子孫とみなした。 種は白人種の中で最上位にあり、別の人種が交われば、退化するといった思想は20世紀初頭のドイツで広く受容されることになった。 また、人種衛生学は「種が進化を遂げるためには、社会が自然の摂理に従って再編成されるべきである」という考え方を示した。 それは、 人間の遺伝子劣化を阻止するためには、劣等な遺伝子を持つ人を選別する必要があるというものだ。 例えばドイツにおいて人種衛生学を成立させたプレッツは、常習犯罪者やを劣等遺伝子の者、あるいは突然変異とみなした。 その後が勃発すると、ドイツは多数の男子・青年を失い、が低下した。 その結果、優れた人間をつくることが国家にとって緊急の課題になった。 そのような状況の中で、人種衛生学は、アカデミズムの中でも学問としての価値を築いていくことになる。 そしてナチ党は上記のような考え方を根拠にした上で、民族共同体をひとつの生命体に見立て、「犯罪的遺伝子」や「堕落性向」を持つとされる「常習犯」や「反社会分子」、「労働忌避者」、「同性愛者」、「ロマ族」、「エボバの証人」らをドイツ社会から排除・隔離する方針を具体化していった。 とりわけ心身障害者や不治の病を持つ者に対しては 殺害政策が実施され、ヨーロッパ全体で約30万人もの生命が奪われる結果を招いた。 つまり、 マイノリティとして迫害の対象になったのは人だけではなく、障害者や犯罪者にも及んだのだ。 また、その後人が追放の対象となる理由は、の歴史の中にに存在していた的思想だけにとどまらず、人種的な優生思想に根拠を求めたからでもあった。 ここからは人への迫害についても見ていく。 の実態 まず 人種法は、人間を科学的に捉えようとする営みの延長であった。 人の定義については指導者の間でも始めは混乱があったが人種法施行令により人を定義することができたことにより、ドイツを人のいない国にするという目標が具体化したのである。 加えて、の勃発はの一つの要因となった。 戦争開始後、ドイツが勢力を拡大するにつれてそのの人の人口は増加した。 はドイツの勢力圏が拡大する中で、的に新たな境界線が引かれることを望んだ。 ドイツの国境外に居住し、籍を持たないドイツ系住民をドイツ領内へ帰還させるという、 「民族」ドイツ人移住政策を実施した。 ただし、人はドイツ領内から排除されなければならなかった。 最初は領内への追放が計画されたが、頓挫してしまったため、行き場を失った人を一時的に拘留するための施設としてゲットーが設置されることになった。 さらにその後計画されたへの移住も、実現させることができなかったため、膨れあがる人をゲットーに押し込めた。 結果的にゲットーでは食糧不足と衛生環境の悪化の為に疫病が蔓延し、担当していた親衛隊幹部はその解決策の一つとして殺害を検討することになったのである。 また、強制断種法は人種衛生学者の強い働きかけで実現したことに加え、殺害政策は、総統官房と親衛隊保安部、、との綿密な関係のもとに進められることになった。 一方で民は優生思想を受容する中で、優生社会に向けた国民の社会的合意が徐々に浸透していった。 さらに、人がドイツ住民においてわずかな割合でしかなかったために、国民は人追放を認識しながらも、を阻止するための声を上げることがなかった。 そのため、最終的にはやを中心に400万人以上の人の命が奪われることになったのである。 結局のところ、戦争はの一要因にすぎなかった。 つまり、 戦争が勃発したからが起きたわけではなく、戦争によってが促進されたのである。 ナチ・ドイツの教訓 私たちは人への迫害という象徴的な事件だけではなく、犯罪者やへの排除政策もあったことを認識しておかなければならない。 人間も生物なので、遺伝子的に優劣があることは理解することが出来るが、特定の人種が他の人種よりも優れているという思想は現代では、当然理解されないものである。 つまり、という視点で見るだけでは、戦争の悲劇を十分に理解し、そこから教訓を得ることが出来ないのだ。 結局のところ、当時ドイツに住んでいた人がどれだけ自分たちのを自覚していたのだろうか。 日本の場合は、そこに住む人民が日本国の国民であると自覚したのは近代になってからであるが、ヨーロッパの歴史を見ると、民族が移動する中で様々な王朝が興亡していることが分かる。 その中でドイツ人だけの国、つまり単民族による国家を創り上げようとしたのは無理のあることであったのではなかろうか。 現代でも中国などのはいくつも見られるが、そのような国において現在進行形で発生している問題の根底には、複雑な歴史の過程も内在していると感じさせられる。 ナチ・ドイツの歴史は現代の民族問題を考えるうえで、重要な視点を与えてくれるのである。 【参考文献】• 石田勇治『とナチ・ドイツ』(、2015年).

次の

杉原千畝は「ナチスのホロコーストから」ユダヤ人を救ったのではなかった

ホロコースト なぜ

宗教的な理由? ユダヤ人が迫害されてきた主要な理由は、3つあるんですね~。 1宗教的な理由 2経済的理由 3高い競争力 以上が、その理由でして。 さっそくですが、第1の宗教的な理由を見ていこうかと! 何で宗教がユダヤ人迫害の原因に挙げられるかというと、ユダヤ人がイエス・キリストを(間接的ですが)殺したからなんですね~。 なぜにユダヤ人がキリストを殺したかというと、イエスは宗教上の規則にガチガチに固まってしまっていた当時のユダヤ教を否定し、(簡単に言ってしまえば)もっとラフな感じでいこうと主張したんですね。 それで、無視できない数のユダヤ人がイエスの考えに賛同したわけで。 (ぶちゃけ、イエスはユダヤ教における宗教改革を行い、そこそこ上手くいっちゃったんですね~) しかし、当時のユダヤ教のお偉いさん方は、イエスの動きに警戒するようになり、最終的にユダヤ人を支配していたローマ帝国にイエスを犯罪者として引渡し、処刑してしまうんですね。 (ユダヤ人の中でも偉い方の人たちにとって、イエスの動きは自分達の権威を失墜させるものに見えたのでしょうね。 ) こうしてイエスは処刑されたのですが、刑が実行される際にローマ帝国の役人(ユダヤ属州総督)ピラトがユダヤ人たちにイエスの死は君らの責任になるんだけどいいのって感じ尋ねたら、ユダヤ人が責任は子孫にも及んでもいいといった感じに答えたとされています。 こんなわけで、キリスト教徒にとってユダヤ人はイエス・キリスト殺しの真犯人であるから、ユダヤ人はけしからん奴らだとなったのですね。 だからキリスト教世界(ヨーロッパ)でユダヤ人は長年にわたり迫害されることになったのです。 ユダヤ人は第1の理由でみたように、ヨーロッパ社会ではキリスト殺しとして嫌われていました。 そのため、ユダヤ人は土地を持つこともできず、また就職できる業界も限られていました。 そんなわけで、ユダヤ人がつける業種はごくごく限られたものでした。 その限られた業種の一つが金貸しだったのですね~。 キリスト教では金貸しは良くないことと考えられていたので、ユダヤ人にやらせていたのでした。 ユダヤ人は生活のため金貸しを営まざるを得なかったのですが、キリスト教徒にとっては自分たちが禁じられている金貸しをするなんてとんでもない奴らだという感じに、余計に恨みを買ってしまったんですね。 この事業で財を成す者も出始め、やがてはロスチャイルドのように国際資本を形成する者まで出始めるのでした。 この資本形成に対して、実はユダヤ人は世界征服を企んでいるのではという陰謀論もささやかれたりしたんですね。 (飛行機とかないしね) ですが、ユダヤ人は世界中にちらばっていたため、キリスト教徒よりは国際資本を生み出しやすい状況があったんですね~。 しかし、キリスト教徒にとって(自分たちと比べて)ホイホイ国際資本を生んでいくユダヤ人が異質に映ってしょうがない。 だから怪しいことをやってるのではという感じに陰謀論がぶち上げられたんですね。 高い競争力? ユダヤ人は全世界の人口に対して0. 2%しかいないのですが、ノーベル賞の受賞者の20%はユダヤ人なんですね。 このようにユダヤ人は高い能力を持っていることが分かりますよね。 そんなわけでユダヤ人の中には少数ですが宮廷や大貴族に重用される者もいて…。 (実際に重用されたのは能力だけでなく、豊富な経済力を持っているユダヤ人ですね) 一方でマイノリティであるユダヤ人が社会的に高い地位についていることに反発を覚える人は少なくないわけで。 だから、身分が低いユダヤ人に対して、憂さ晴らしのためにか迫害が進んだのでした。 まとめ 結局ユダヤ人がヨーロッパで迫害されたのは、イエス・キリストを殺したとする迫害の下地と、経済的、社会的に成功したユダヤ人への反感をキリスト教徒が抱いたからと言えるんですね~。 そして、長年に渡って迫害され続けたユダヤ人は19世紀後半から自分たちの国を持ちたいと願うグループが出てきます。 そして彼らは旧約聖書にあるパレスチナの地(つまり今のイスラエル)に自分たちの国を作ろうとする主張(シオニズム)を展開していくのです。 そして、この主張は最終的に第二次世界大戦後になってイスラエルの建国という形で現実になるのです! ただそこには大きな矛盾をはらんでいたのですが…。

次の

5分で分かるホロコースト。大量虐殺の原因と真実に迫る!関連本も紹介

ホロコースト なぜ

俗説: ホロコーストが起きるのを神が許した理由など尋ねるべきではない。 真実: 神への信仰の点で際立っていた人たちも,神が悪を許した理由を尋ねたことがあります。 例えば,預言者ハバククは神にこう尋ねました。 「暴虐,不法,犯罪,残虐行為が至る所に広がるのを許しておられるのはなぜですか」。 (,現代英語訳)神はハバククをとがめるのではなく,その問いを聖書に記させ,だれもが読めるようになさいました。 俗説: 人が苦しんでいても,神は気に掛けない。 真実: 神は悪を,また悪のもたらす苦しみを憎まれます。 ()昔のノアの時代,神は地上にはびこる暴力ゆえに「心に痛みを覚えられ」ました。 ()そうであれば,ホロコーストのことでも大いに心を痛めておられるに違いありません。 俗説: ホロコーストはユダヤ人に対する神からの罰である。 真実: 確かに神は,西暦1世紀には,エルサレムがローマ軍によって滅ぼされるのをお許しになりました。 ()しかしそれ以降は,特定の民族に特別な好意を示したり罰を加えたりすることはなさっていません。 神から見て,「ユダヤ人と異邦人の間に違いはない」のです。 俗説: 愛情深い全能の神が存在するのなら,ホロコーストを阻止したはずである。 真実: 神が苦しみを引き起こすことは決してありません。 しかし,苦しみが生じるのを神が一定の期間,許されることはあります。 ホロコーストが起きるのを神が許されたのは,人間が苦しむのを許してこられたのと同じ理由からです。 それは,遠い昔に持ち上がった倫理的な問題を解決するためです。 聖書は,現在の世界を支配しているのは神ではなく,悪魔であることをはっきり示しています。 ()ここでは,ホロコーストが起きるのを神が許された理由を理解する助けとして,聖書からの2つの基本的な事実を取り上げます。 神は人間を自由意志を持つ者として創造された。 神は人類の最初の男女アダムとエバに対し,神として何を求めているかをはっきり告げながらも,従うことを強要したりはなさいませんでした。 二人は,独自に善悪を決めるという誤った道を選びました。 この二人に加えて,後代の人々も同じように選択を誤ったため,人類は歴史を通じておぞましい経験をしてきました。 ()この点で,「ユダヤ教保守派の理念」(英語)という書籍は次のように述べています。 「世の苦しみの多くは,我々が与えられている自由意志を誤用した直接の結果である」。 神は人間から自由意志を取り上げるのではなく,神から離れて自力で物事を進めてみるための時間を人間に与えてこられました。 神は,ホロコーストによって生じた害をすべて取り除く力と意志を持っておられる。 神は,これまで亡くなった幾億もの人を生き返らせることを約束しておられ,その中にはホロコーストの犠牲者も含まれます。 さらに,ホロコーストを生き延びた人の心の傷を完全に癒やすこともなさいます。 ()神は人類を愛しておられるので,これらの約束は必ず実現します。 ホロコーストの被害に遭いながら,信仰を保ち,生きる意味を見いだした人たちもいます。 その助けとなったのは,神が悪を許してこられた理由や,悪のもたらした害を取り除くという神のお考えを理解したことです。

次の