足立区 給付金 ツイッター。 東京都(補助金・助成金・融資情報)

足立淳 @adatijun まとめwiki

足立区 給付金 ツイッター

こんにちは、足立区北千住の税理士 佐藤崇です! 新型コロナによって大きなダメージを受ける事業者に対して、国から給付金が支給されることになりました。 その名も 持続化給付金 この持続化給付金、個人事業者と法人で取り扱いが異なります。 今回は「 個人事業者・フリーランス」で「 青色申告をしている方」に焦点を当てて、 ・その内容 ・支給の対象となる要件 ・支給される金額 ・必要書類 ・給付金に税金かかるのか ・不正に給付金をもらったら などを解説していきます! 給付金額は最大100万円、 経産省によると「通常、申請から2週間程度でご登録の口座に入金する予定です。 この記事の目次• 持続化給付金とは 新型コロナの感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし、再起の糧としてこの給付金を使って欲しいというのが、持続化給付金の目的です。 つまり、経営にダメージを受けた事業者に対し、その事業をなんとか持続してもらえるように支給されるお金です。 この給付金の使い道は自由です。 運転資金でも、スタッフへの給与でも、自身の生活費でも 支給された後は、ご自身が事業を継続するために必要なものに充てましょう! 給付の対象者・要件 では、いったい誰がこの給付金をもらえるか見ていきます。 先ほどの通り、新型コロナの影響を大きく受ける事業者が対象となっていますが、その支給には2つの要件があります。 そのため、『2019年以前から 事業による売上があり、今後も事業を継続する意思がある』ことが要件です。 ここで注意したいのが、この売上の種類についてです。 事業による売上と書きましたが、これは 事業所得のことを指します。 今回の持続化給付金の話で対象になるのはすべて事業所得として申告している売上です。 つまり、残念ではありますが(現時点では)、 ・不動産所得(不動産の貸付け収入) ・雑所得(年金収入、事業規模ではない売上) ・給与所得(会社員やアルバイトなど雇用されている人の給料) などの事業所得以外の所得(売上)は、持続化給付金の対象外となっています。 執筆時点2020. 10の状況です。 この言い回しがわかりにくいポイントのようで、よくお問合せいただきますね。 このような月がひとつでもあれば給付の対象となります。 なぜなら(次の給付金の計算式を見るとわかりますが)その方が最も多く給付金をもらえるからです。 (でも最大100万円ですよ) 支給される金額 個人事業者に給付される金額は 最大100万円 です。 上限が100万円ということで、100万円を下回るケースもあります。 ただし、この計算によって出た金額が100万円未満の場合は、その計算された金額が給付額となります。 申請方法 この持続化給付金をもらうためには「申請」が必要です。 給付金の申請期間は 2020年5月1日〜2021年1月15日まで 電子(オンライン)申請が原則とされています。 次に必要な書類を確認していきましょう! 必要書類 ここから必要書類をチェックしていきますが、冒頭の通り、青色申告をしている方を前提にしています。 オンライン申請が原則ですので、データは スキャンデータ(PDF形式)や写真データ(JPGまたはPNG形式)で用意するようにします。 申請に必要な書類は 4種類です。 まずは原則、オーソドックスな書類を見ていきましょう。 原則 (いずれも2019年分です。 次に特例を見ていきますが、特例とはメール詳細(収受日付印)がついていない確定申告書のケースです。 特例 ・電子申告(e-tax)したけど、メール詳細が添付されていない ・紙ベースで申告したけど、収受日付印が押印されていない そういった場合は、必要な書類が次のようになります。 ・ 確定申告書第一表の控え(1枚) ・ 所得税青色申告決算書の控え(2枚) ・ 納税証明書「その2所得金額用」 メール詳細がない、収受日付印がない、となるとその申告書が本当に税務署に提出されたものか判断がつきません。 その判断をするための別の手段として納税証明書を添付します。 納税証明書で注意すべき点は2つ。 ・納税証明書はその1~その4まで4種類ありますので、そのうちの「 その2所得金額用」を取りましょう。 ・2019年分の納税証明書書が取れるようになるタイミングは、申告してから2~3ヶ月経った頃です。 早く欲しいと思いますが、先に所轄の税務署に電話して、いつ取れるか確認してからにしましょう。 売上台帳なんて改めて言われると・・・どんなもの?となってしまうかもしれませんが、次の内容が記載されていればOKです。 ・日付(請求日) ・取引先名(取引先の住所まではなくても可) ・取引内容(どんな内容の売上か) ・請求額(売上金額) ・その月の合計請求額 この売上台帳のフォーマットの指定はありませんので、 ・経理ソフト等から抽出したデータ ・Excelデータ ・手書きの売上帳 などでOKです。 明確にして欲しいのが、そのデータがその売上減少したひと月のものだと はっきり分かるようにすることです。 ・銀行名・支店番号・支店名・口座種別・口座番号・口座名義人 そして、この口座、 事業用に使っている口座にした方がよさそうです。 なぜなら経理を進めて行くうえで、この持続化給付金を受け取ったことを忘れないようにするためです。 ) (2)個人番号カード(表面のみ) (3)写真付きの住民基本台帳カード(表面のみ) (4)在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者のものに限る。 ) (両面) いずれの場合も申請を行う月において有効なものであり、記載された住所が申請時に登録する住所と同一のものに限ります。 もし上記の(1)から(4)を保有していない場合は、次の(5)又は(6)でもOKです。 申請後の流れ 書類を揃えて申請した後は、申請内容に不備がなければ、 おおむね2週間程度で給付金が指定した口座に振り込まれる予定となっています。 原則、振り込みの前に「給付通知」といった書類が届くことになっています。 ちなみに申請が下りなかった場合は「不給付通知」が届くとのこと。。。 不正受給 この持続化給付金という制度、スピード重視のためか、給付要件がゆるめだと感じる方も多いのではないでしょうか。 そうすると必ず不正に給付金をもらおうとする人(会社)が出てきますよね。 そういう人のために不正受給をした場合にはこんなことが課せられることとされています。 非常に悪質な場合には刑事告発される。 持続化給付金に税金はかかるのか 持続化給付金を無事にもらえることができました。 気になるのはそのお金に税金てかかるのでしょうか? 結論は、 所得税・住民税・事業税はかかる けど 消費税はかからない という取扱いです。 所得税について 持続化給付金ひとつに所得税がかかるわけではなく、持続化給付金も含めて当期終えたときのトータル利益がプラスであれば所得税がかかります。 一方で、コロナの影響により赤字幅が大きく、持続化給付金を含めてもまだ赤字の状態であればもちろん所得税はかかりません。 この持続化給付金は、新型コロナの影響により大きなダメージを受けた事業者に、このお金でなんとか事業を継続して欲しい!そんな思いが込められていると私は理解しています。 国が設けたせっかくの制度ですし、申請書類は至ってシンプルですから、ぜひ活用していただければと思います!.

次の

足立淳 @adatijun まとめwiki

足立区 給付金 ツイッター

国民1人に10万円を配る「特別定額給付金」について、全国で約6割の世帯で給付が完了したのに対し、産経新聞が東京23区と全国主要8市の31自治体について調査したところ、6割の世帯で給付を終えたのは4自治体のみで、23区平均では3割にとどまったことが23日、分かった。 新型コロナウイルス感染拡大による政府の経済支援の柱である給付金の配布が全国で進む一方、人口の多い大都市圏では給付作業に手間取り、緊急事態宣言が解除されてもなお給付金が届いていない実態が明らかになった。 総務省によると、全国では19日までに対象世帯の57・9%に当たる約3390万世帯への給付が完了。 すでに給付を終えた自治体も数カ所あるという。 産経新聞では16~23日時点で東京23区と札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、京都、神戸、福岡の8市の給付状況について聞き取り調査を実施。 給付対象となる総世帯数のうち実際に支払いが完了した世帯の割合を算出した(千代田、世田谷、大田区は支出処理中を含む)。 調査の結果、東京23区は平均で30・3%だった。 給付が完了した世帯が最も多いのは練馬区で79・6%。 次いで葛飾区61・6%、足立区53・2%、港区52・7%で、5割を超えたのは4区にとどまった。 大都市圏では、札幌市が84・9%、神戸市も68・7%と支給がスムーズに進んでいる一方で、人口の多い都市部を中心に給付が遅れている自治体もある。 給付率が3・1%の大阪市の担当者は「世帯数が多く事務量も多い」と話す。 大阪市のように連日、数万から数十万単位の申請書類が届く人口の多い自治体では、届いた書類の開封作業だけでも一苦労だという。

次の

足立区 10万円給付(特別定額給付金)申請方法やスケジュール(いつから?)など

足立区 給付金 ツイッター

国民1人に10万円を配る「特別定額給付金」について、全国で約6割の世帯で給付が完了したのに対し、産経新聞が東京23区と全国主要8市の31自治体について調査したところ、6割の世帯で給付を終えたのは4自治体のみで、23区平均では3割にとどまったことが23日、分かった。 新型コロナウイルス感染拡大による政府の経済支援の柱である給付金の配布が全国で進む一方、人口の多い大都市圏では給付作業に手間取り、緊急事態宣言が解除されてもなお給付金が届いていない実態が明らかになった。 総務省によると、全国では19日までに対象世帯の57・9%に当たる約3390万世帯への給付が完了。 すでに給付を終えた自治体も数カ所あるという。 産経新聞では16~23日時点で東京23区と札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、京都、神戸、福岡の8市の給付状況について聞き取り調査を実施。 給付対象となる総世帯数のうち実際に支払いが完了した世帯の割合を算出した(千代田、世田谷、大田区は支出処理中を含む)。 調査の結果、東京23区は平均で30・3%だった。 給付が完了した世帯が最も多いのは練馬区で79・6%。 次いで葛飾区61・6%、足立区53・2%、港区52・7%で、5割を超えたのは4区にとどまった。 大都市圏では、札幌市が84・9%、神戸市も68・7%と支給がスムーズに進んでいる一方で、人口の多い都市部を中心に給付が遅れている自治体もある。 給付率が3・1%の大阪市の担当者は「世帯数が多く事務量も多い」と話す。 大阪市のように連日、数万から数十万単位の申請書類が届く人口の多い自治体では、届いた書類の開封作業だけでも一苦労だという。

次の