日本 空港 ビルディング。 日本空港ビルデングの年収&給料|手取りはいくら?住宅ローンも徹底計算【2020年版】|サラリーマンの年収分析ブログ

日本空港ビルデング (9706) : 株価/予想・目標株価 [JAT]

日本 空港 ビルディング

スポンサーリンク 日本空港ビルデングのサラリーマンの住宅ローン借入額 日本空港ビルデング社員の場合はどれくらいのローンを組むのが良いでしょうか。 まず、住宅ローンを組むなら30歳あたりで組むと定年までに返済が終わるのでオススメです。 なので今回は日本空港ビルデングに勤めている、30歳で年収539万円のサラリーマンの場合で考えてみましょう。 住宅ローンは返済額が手取り月給の25%くらいまで抑えられていれば良いかと思うので、その場合の住宅ローン借入額を計算してみます。 ボーナスが4. 4ヶ月で年収539万円の場合は手取り月給が24. 9万円となるので、そのうち25%の6. 23万円をローン返済に回すということであれば比較的安全に返済できるかと思います。 月々6. 23万円返済のローン借入額 毎月6. 23万円返済の場合、金利1. 110%の35年ローンで計算すると ローン借入額は2170万円となります。 日本空港ビルデングで30歳の場合、この金額までなら返済の負担をそれほど心配せずに借りても大丈夫かと思います。 日本空港ビルデング社員の住宅ローン借入限度額 参考までに日本空港ビルデングで30歳のサラリーマンの借入限度額を計算すると5470万円で、この場合は月々の返済額が15. 7万円となります。 住宅ローンについてもっと詳しく知りたいなら も書いています。 年収を入力して計算することもできるので、違う年収の場合の住宅ローンの借入目安額を計算する場合はこちらも試してみてください。 人気の記事•

次の

日本空港ビルデングの年収&給料|手取りはいくら?住宅ローンも徹底計算【2020年版】|サラリーマンの年収分析ブログ

日本 空港 ビルディング

概要 名称 日本空港ビルデング株式会社 (Japan Airport Terminal Co. ,Ltd. ) 設立 1953年(昭和28年)7月20日 資本金 174億8920万円 代表者 代表取締役社長執行役員兼COO 横田 信秋 所在地 〒144-0041 東京都大田区羽田空港3-3-2 第1旅客ターミナルビル 代表電話 : 03-5757-8000 従業員数 295名 (2019年4月1日現在) 株式上場 東証一部上場 事業内容 【東京国際空港(羽田)における事業】• 国内線旅客ターミナルビル等の建設・管理運営• 航空会社および空港構内営業者等に対する事務室、店舗等の賃貸および駐車場の管理運営• 物品販売(国内線売店および国際線(ロビー売店等)売店)• 案内業務、貸ホール・貸会議室、旅行傷害保険代理業、ホテルあっせん、海外・国内旅行の販売、各種乗車券の販売、各種催事チケットの販売、羽田空港船着場の管理運営等• 国際線旅客ターミナルビルにおける業務受託(施設維持管理、免税店運営、旅客サービス等) 【成田国際空港、関西国際空港および中部国際空港における事業】• 物品販売(免税売店等)、販売業務受託(免税売店等)、免税品の卸売等 【海外における事業】• 成都双流国際空港(中国四川省)での物品販売 主要株主• 日本航空株式会社• ANAホールディングス株式会社• 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (三井住友信託銀行再信託分・京浜急行電鉄株式会社退職給付信託口)• 株式会社三菱UFJ銀行• 株式会社みずほ銀行• 三菱地所株式会社• 大成建設株式会社• 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)• みずほ信託銀行株式会社 退職給付信託 日本通運口 再信託受託者 資産管理サービス信託銀行株式会社•

次の

日本空港ビルデング (9706) : 株価/予想・目標株価 [JAT]

日本 空港 ビルディング

羽田空港利用者は年間8,500万人を超え、首都圏空港の機能強化の一環で国際線発着便数が最大で年間3. 9万回増便されることに伴い、3月29日から羽田空港は現在の国際線(第3)ターミナルに加え、第2ターミナルの国際線施設を供用開始します。 海外と日本各地を結ぶハブ機能として、羽田空港への期待がより一層高まります。 この度、羽田空港の機能向上と新たな価値の創造を目指す日本空港ビルと、「交流創造事業」を事業ドメインとするJTBは、今後拡大する訪日客や国内旅行者に向けた空港機能の価値向上、空港を起点として訪日客と地域の魅力をつなぎ、人やモノ・コト体験の交流を創出することを目指して、新たなサービスを提供していくことについて合意に至りました。 両社は相互に連携し、訪日客をはじめとする旅行者の体験価値の向上、地域の活性化に貢献してまいります。 -訪日客の『食』に関するコミュニケーションギャップの解消ならびに新たな需要の創出 訪日客が言語の壁を越えて日本の食に関する魅力的な情報を取得しやすくする環境を整備し、「食」体験の充実による販売拡大と、「食」の嗜好性を集約し、新たなメニュー開発等に活用します。 まずは、空港内飲食店での多言語情報提供からスタートします。 -市中免税店のプロモーション強化 発着枠の増加に応じた訪日客との接点を拡大し、相互協力により市中免税店への誘客促進につなげます。 具体的には、第2ターミナルに新設されるウェルカムセンターでの周知活動、JTBのネットワークを活用した市中免税店への訪日客誘導などを行うことにより、プロモーションを強化するとともに、訪日客の利便性も高めてまいります。 2.コト・モノ・トキの交流を軸とした地方創生に関する協業 -地域産品や体験等、羽田の「場」「ノウハウ」を活用した地域の魅力発信と交流の創出 日本国内の各地域とつながる羽田空港の場の強みを活かし、各地で展開される文化やアートの発信、各地域のストーリーを感じられるプレミアムな商品を発掘し、その魅力を伝えます。 カフェ内に設置される展示スペースでは、食材提供者(自治体・企業・団体)を中心として地元の魅力を伝え、地域とのネットワークを通じて、地方の新たな魅力資源や食材の発掘、流通、旅へのいざない方を連携して創出します。 -訪日客向けガイド付きツアーやアクティビティの販売(サンライズツアー等) 人気観光地巡りや日本の文化体験をJTBグループが長年案内し続けている訪日外国人向けツアーブランドにてメニューを企画し販売いたします。 -羽田空港周辺エリアを起点とした回遊コンテンツ商品の開発 トランジット客等をターゲットとして、羽田空港周辺エリアの魅力を楽しむことのできる回遊プラン・ツアー等を企画します。 4.カルチャーやキャリアがクロスオーバーする空港を活用した学びの場 -羽田空港で働く専門人材を通じた中高生向けキャリア教育プログラム 羽田空港で働く専門的なスキルを持つ社会人を囲んで、中高の学生とディスカッションの機会を設ける教育プログラムを連携開発します。 学生と社会人の距離を近くし、コミュニケーション能力と価値観、将来のことを考える場を提供します。

次の