英語耳 使い方。 DWEディズニー英語システムの進め方・使い方・取り組み方

英語耳の効果と使い方 発音を鍛える&リスニングに慣れる本

英語耳 使い方

語学勉強の道は果てしないです。 脅すわけではありませんが、英語がそれなりにできるようになってきたと実感を持つようになるまで1000~2000時間は必要ですし、TOEIC 900点レベルになるまでに3000時間は必要だとも言われています。 つまり、 英単語の暗記、文法、リーディング、リスニングの勉強はそれぞれ数百時間掛かるということです。 しかし発音の基礎を学ぶのは数百時間もかかりません。 発音記号の勉強時間もせいぜい20~30時間程度ですよ。 発音できずに単語を覚えるのは苦行 次の四字熟語を覚えてください、と言われたとして 魯魚亥豕 発音せずに暗記するのは無理ですよね。 読み方を知らずとも、とりあえず「ろぎょ、げんく……?」と適当に音を付けて暗記するかと思います。 しかし、その間違った発音では会話相手に意味は伝わりませんし、改めて発音を覚えなおす手間も増えてしまします。 なお、実際には「ろぎょがいし」と読み、文字を書き間違える事、という漢字検定1級レベルの四字熟語です。 魯と魚、亥と豕の文字が似ていて書き間違えやすいから、という事のようです。 読み方と意味を知れば覚えやすくなりますよね。 英単語でも同じ事が言えるのではないでしょうか。 発音は会話の基礎であり、殆どの発音記号は覚えるのが簡単 英語耳では、日本人がリスニングが苦手な理由は「日本語と英語の発音が全く異なるため」としています。 そのため、英語の発音をカタカナに置き換えてしまい、リスニングの際に余計なプロセスが発生し、リスニングができないという事です。 リスニングにおいては発音から即座に単語のイメージを付けることが何よりも大事ですので、この本ではスピーキングとリスニングの土台を築き上げることができますよ! 英語耳ドリル 英語耳には関連書籍が何冊かありますが、歌で楽しみながら発音をマスターしようという趣旨の「英語耳ドリル」も出版されています。 この本には学習用に洋楽5曲とその歌詞が収録されていますが、個人的に最も利用したのは、子音・母音が短時間で確認できるミニ音声バイブルです。 これは約5分で全発音記号の発音が確認できるので、英語耳の学習の最後の段階で何回も聞いていました。 英語耳? Kiyoshi Matsuzawa 3週目:苦手な発音の克服 3週目は苦手な発音を重点的に練習します。 この段階では、簡単な発音はほぼ出来るようになっています。 そのため、苦手な発音に絞って発音の練習を行っていきます。 私は、苦手な発音の部分のみCDで再生しながら練習していました。 4週目:総復習 最後は、全体の復習をメインに進めていきます。 まだ苦手な発音がある場合はそこを重点的に練習し、それとは別にCDを最低1周して全発音を練習していきます。 英語耳ドリルが手元にあるのであれば、ドリル付属CD収録の子音・母音のミニ音声バイエル 5分 で復習するのも良いでしょう。 1ヶ月目以降 1ヶ月練習すれば、殆どの発音記号は読めるし、発音することができるようになります。 もちろんこの段階では英単語の発音記号はまだ勉強していませんし、ネイティブのよに流暢に話せるわけではありません。 英単語の暗記、シャドーイングなど様々な英語学習を通じて、発音を洗練させていくことになります。 私もまだまだ勉強中の身ですので、共に頑張っていきましょう!.

次の

ネイティブ相手に今日から使える!neverの意味と使い方

英語耳 使い方

発音を直したいな~と思っている人は必ずと言っていいほど持っている参考書、『英語耳』。 でも、その『英語耳』をきちんと使いこなせている人はどれくらいいるのでしょうか? ・ 『英語耳』、買ってはみたけど使い方がわからない ・ やってみたけど効果なかった ・ 買ったけどお蔵入りしてる という方のために『英語耳』を効果的に使い倒す方法をご紹介します! 『英語耳』を効率よく使うことによって、発音はきれいになるし、リスニング力もUPします。 また、『英語耳』を使った応用学習も取り入れることで英語もスラスラと話せるようになります。 せっかく持っているなら使い倒しましょう!かなりの良書なので、使わないともったいないですよ! 目次• 『英語耳』の特徴 『』でも紹介していますが、英語の発音、リスニング力を鍛えるためには必須の本です。 私のこの本のおかげで英語力がグンっと伸びたと言っても過言ではないほどこの本にはお世話になりました。 最終的に読者が日本語と同じように力を抜いていても英語をほぼ100%聞き取れ、何時間でも疲れを感じとることなく聞き続けられる「英語耳」を作ること というのが本書のねらいです。 本書を効果的に使うことによって、日本人がぶつかる『英語が聞き取れない』『英語を聞き取ってもらえない』という悩みを解消することができます。 もちろん、発音の仕方が一番大事ではあるのですが、 第六章・第七章の発音を学んだ後の応用編もとっっっても大事なんです。 ここをあまり真剣に取り組んでいない人が多いので、この記事では、第六章と七章もかなり詳しく説明しています。 ここまでやって、やっと基礎ができた状態にたどり着く感じです。 本を何度も何度も繰り返し、かなり音がわかってきたなと思ったら次のステージに進みます。 速い人は3週間、遅くても1ヵ月でここまで終わると思うので頑張ってください。 本書では、歌を使った練習、短めの会話を使った練習、少し長めのスピーチを使った練習と三段階に分けて説明しています。 6章・7章は、ちょっと文章が長かったり、なんだか取っつきにくいイメージを持っている人が多いようです。 なので本記事では、小学生でも理解できるようにわかりやすく一つ一つの段階の要点をまとめながら説明しています。 では、まずは、歌を使った練習方法について見ていきます。 歌を使った練習 歌を使った練習に入りますが、まずは、テンポの速い曲よりもバラード系のゆったりした曲を選びましょう。 洋楽を一曲選んで、最初は、歌詞を見ながら意味やリズムをインプットします。 この時に、いちいち日本語に訳して理解するのではなく、ネイティブのように英語を聞いてそのまま理解できるような英語脳を鍛えます。 大体歌詞やリズムが頭に入ったら、そのあと100回くらい音楽に合わせて歌います。 最初はついていけないかもしれませんが、何度も繰り返していくうちに必ずマスターできます。 諦めずに何度も何度も繰り返してください。 最初から、通しで一曲歌いきるのは難しいと思うので、まずは、1番をマスターし、できたら2番というふうに進めるといいですよ。 自分が好きな曲が一番いいのですが、決められない方のために、あおてぃんおすすめの曲を紹介します。 選ぶ題材は、難しいつまらないものではなく、自分が興味がある、楽しいと感じられるものを選ぶのがポイントです。 そして、沢山の題材に手を付けるのではなく、一つの題材を100回練習するようにしてください。 ステップ1 題材を一つ選んで最初は何回も何回も繰り返し聞いてください。 (この時はまだ原稿を見なくてOKです) 意味はわからなくても大丈夫ですが、できるだけ集中して聞いてくださいね。 ステップ2 30回くらい繰り返し聞いたら、今度は原稿を見ながら聞いてみてください。 意味をインプットしながら聞くのがポイントです。 この時注意してほしいのが、本書では辞書を引いて原稿に意味を書いていくと書いてありますが、このやり方はおすすめしません。 なぜかというと、こうしてしまうと、英語を英語で理解するのではなく、どうしても日本語に訳して理解する癖がついてしまうからです。 なので、一つ一つの『単語』を確認するのではなく、一つ一つの『文』ごとに理解するようにしてください。 そのためには、日本語のスクリプト付きの題材を使用することをおすすめします。 ステップ3 30回程原稿を見ながら聞くトレーニングをしたら、今度は実際に口を動かして練習します。 この時、発音やイントネーションを意識して、モノマネをする感覚で真似をしてくださいね。 これも30回くらい繰り返し、最後の10回は原稿を見ないでやってみてください。 長めのスピーチや演説を使った練習 10分程度のちょっと長めなスピーチや演説を使って練習をします。 ステップ1・2同様、好きな題材を使い、必ず一つに絞って下さい。 難しいものではなく、楽しく学習できるもの、自分が興味あるものを選ばないと段々キツくなります(笑) 最初に取り掛かるものは短めのものでも良いので、無理なく続けられるものを選んでくださいね。 ステップ1 始めの30回は原稿を見ないで聞ききます。 ステップ2 次の30回は原稿を見て聞いてください。 ステップ3 次の30回でモノマネします。 そして最後10回は原稿を見ずに、100%内容を理解できているかリスニングのテストをしてみてください。 全て理解できるようになっていたら合格です! ここでも、自分じゃ選べないという人のために何個か動画を載せておくので、興味があるものがあれば選択してみてください。 この本のトレーニング毎日やったらリスニングのスコアが150点くらい上がって、すげぇ、って思ったの思い出した。 聞ける。 さらに、某ネット英会話でnativeの先生から「あなた、発音いいわね」って言われた。 Amazon口コミより 私はまったく英会話などできない者ですが、この本に従って、繰り返し練習していると、なんとなく英語が聞き取れるようになってきた気がします。 いや、本当に。 Amazon 口コミ より 悪い評価 横からの断面図だけでなく正面から見た口の形も欲しかった、できれば写真で 根気がない人にはつらいCDです。 英語の得意な身内に勧められましたが 私には使いこなせませんでした。 でも、だいたい2~3ヵ月あれば、この記事に書いてあること全て一通りできるはずです。 そこまでできれば、英語力もかなり伸びているだろうし、発音もかなり矯正されていると思います。 何度も言っていますが、自分が好きな題材、興味のある題材、楽しいと思える題材を選ぶことがキーです。 何度も何度もくりかえし、毎日少しでもいいので続けることによってしか成果は得られません。 なりたい自分を思い描いて最後まで頑張りましょう!.

次の

日常会話では定番の「Far」の使い方4パターン

英語耳 使い方

表を通しても、質問がなかなか出ないんですよね(笑) そこは、リニューアル後のカードがうらやましいです* 最初は、質問に対しての答えが、「単語」のみだったりするのですが、 続けていくうちに、「文章」で答えるようになってきます! これは、1、2周目のインプットのおかげかなと思いました。 トークアロングカード4周目 次は、機械を通さず、裏面だけを見て文章を読む。 ここは、賛否両論があるところだと思うのですが、 娘はこのころ、英語が読めるようになってきたので、 裏面を読んでもらって、さらにインプットできたらなと思いました。 耳だけで今まで聞いていた文章を カードに書いてある文字を一致させて、 「あ、そう言っていたんだな」という感じでインプットしました。 こちらも1日10枚で進めていきます。 トークアロングカード5周目 次は、表の字がないところを見て、疑問文を作ります。 」になりがちだったので、 途中から変えました💦 ガイドブックを見て、質問を書き出して カードの表に1枚1枚はりました(笑) なので 表に書いた、質問を読み、自分なりの答えをいう。 に変更です。 自問自答です(笑) ここでやりたかったことは、 0歳 ・SA(シングアロング)のCDは一か月ごとにCDを変える。 ・PA(プレイアロング)のCDは毎日流す。 1歳 ・DVD(SA)を1日1枚だけ流す。 1か月ごとにかえて、1年でちょうど一周させる。 ・CD(SA・PA)は毎日流す。 ・絵本の読み聞かせをする。 2歳 ・DVD(SPストレートプレイ)を1日1枚だけ流す。 こちらも1年で1周させる。 ・たまにZAM(Zippy and me)をかけるとすごく食いつきます! ・CDは(PA・SA・storyCD)を毎日流す。 ・PAはライトブルーのためだけではもったいないです。 全曲歌えるようになるとあとが変わります。 ・絵本の読み聞かせをする。 ・TAC(トークアロングカードを1日10枚通して、リピートをする。 3歳 ・DVD(SP)を日替わりで流す。 ・CD storyCD)は毎日かける。 ・絵本を時々読んでもらう。 ・TACは引き続き1日10枚 ・週末はSBS(ステップバイステップを進める) 現在の取り組み.

次の