冷凍 ご飯 解凍 方法。 ご飯を冷凍するコツと正しい保存とレンジやタッパーでの解凍方法を紹介

炊き込みご飯を美味しく冷凍保存する方法は?保存期間と解凍方法も解説

冷凍 ご飯 解凍 方法

タグ 1ヶ月 3万円 NG アイス アイスクリーム アイデア アイテム アク抜き アレンジ いつ うどん エビピラフ おいしい おかず おかゆ おじや おしゃれ おすすめ おつまみ おにぎり おひたし おもてなし おもてなし料理 おやつ お弁当 お菓子 かき揚げ カサ増し カット カビ かぼちゃ カルキ カレー カレーパン カレー鍋 キャベツ きゅうり クエン酸 クッキー グラタン グリル ケーキ コツ こねないパン ご飯 ご飯だけ さっぱり さっぱり煮 サラダ さんま しっとり じゃがいも ジュース シュウマイ シリコン スープ スイーツ スコーン ズッキーニ ステーキ ストック セロリ ソース ソテー そば そぼろ ダイエット タイミング たこ焼き だし ダッチオーブン タッパー タピオカ粉 たれ ダンボール チーズ チーズケーキ チーズ焼き チャーシュー チャーハン チョコ チョコケーキ チョコムース つくね ツナ つまみ ドーナツ とうもろこし どのくらい トマト トマト缶 ドライカレー ドライトマト どんぶり ナス ナムル ニオイ対策 ネット ノート バイト パウンドケーキ はさみ焼き パスタ バナナ パプリカ パラパラ パリパリ パン パンケーキ ハンバーグ パン作り パン粉 ピーマン ひき肉 ピザ ピザ生地 ひと月 フライドポテト フライパン フライ返し プリン フルーツ ブレンダー フレンチ ブロック ふわふわ ベーキングパウダー ヘルシー ポイント ほうれん草 ホットケーキミックス ホットプレート ポテトフライ まとめ方 マナー ママ マリネ マンゴー ミキサー ムニエル メイン メニュー メリット メレンゲ もも肉 もやし やかん やり方 ヨーグルト ラー油 ランキング リカバリー リゾット リメイク レシピ レンジ レンジなし ワーママ 一週間 下ごしらえ 下処理 下味 丼 乾燥 人気 代用 作り方 作り置き 作る 使い方 便利 保存 保存方法 保存期間 保存法 具 具材 冬 冷しゃぶサラダ 冷たい 冷凍 冷凍エビフライ 冷凍グラタン 冷凍ご飯 冷凍シュウマイ 冷凍そば 冷凍たこ焼き 冷凍チャーハン 冷凍ちゃんぽん 冷凍パイシート 冷凍バナナ 冷凍ピザ 冷凍ぶどう 冷凍ポテト 冷凍保存 冷凍卵白 冷凍唐揚げ 冷凍庫 冷凍肉 冷凍肉まん 冷凍豚肉 冷凍野菜 冷凍食品 冷凍餃子 冷凍魚 冷蔵 冷蔵庫 切った後 切り方 初心者 前菜 副菜 効果 勉強 勉強方法 包まない 半月切り 卵 卵だけ 卵なし 卵焼き 厚切り豚肉 原因 取り方 名称 味噌 味噌汁 和菓子 和風 和風パスタ 和食 唐揚げ 喜ぶ 圧力鍋 基本 場所 塩麹 変色 夏 夏野菜 夕ご飯 夕御飯 夕食 夕飯 夕飯レシピ 外食 多量消費 夜 夜ご飯 大丈夫 大人数 大根 大量 大量消費 天ぷら 天日干し 失敗 嫁 子供 子供が喜ぶ 子供向け 安い 完了期 定番 対処 対処法 対策 小鉢 小麦粉 常備菜 常温 干し野菜 幼児 弁当 彼氏 必要 意味 手作り 手羽元 挽き肉 捨てる 掃除方法 揚げない 揚げる 揚げ焼き 料理 料理上手 料理用 料理道具 新聞紙 方法 旦那 旬 昆布 春 春雨 時短 時短メニュー 時短レシピ 時短料理 時間 朝ごはん 朝食 期間 期限 本 材料 柔らかくする 栄養 梅干し 残り汁 毎日 水 水の量 水分 水切り 汚れ 決め方 沈まない 注意点 洋風 洋食 活用法 海外 消費 温度計 溶ける 漬物 炊飯 炊飯器 炒め 炒めもの 炒める 炒め物 焼きそば 焼きトマト 焼き方 焼き浸し 焼き鳥 焼くとき 焼肉 焼肉のタレ 煮物 煮込みハンバーグ 燻製 片栗粉 特徴 独学 献立 玉ねぎ 理由 甘酢 男 発酵なし 白カビ 白だし 白菜 皮 盛り付け 目安 目玉焼き 秋 種類 筋切り 節約 簡単 簡単パスタ 簡単レシピ 米 素揚げ 繊維 美味しい 美味しい食べ方 肉 肉じゃが 肉巻き 肉料理 胸肉 脂 自宅 自然解凍 舞茸 色 苦味 苦手 苦手な人 茄子 茶碗蒸し 蒸し器 蒸し方 薄力粉 虫 裏技 解凍 解凍のコツ 解凍方法 詰め方 誕生日 調味料 調理 調理法 豆腐 豆苗 豚バラ 豚バラブロック 豚ひき肉 豚丼 豚挽き肉 豚肉 豚肉巻き 賞味期限 転写シート 迷ったら 道具 違い 選び方 部位 重曹 野菜 野菜炒め 量 鍋 長芋 間引き 雑炊 離乳食 雨 電子レンジ 面取り 食パン 食べられる 食べ方 食材 食費 餃子 餃子の皮 餅 魚 魚料理 魚焼き 魚焼きグリル 鮭 鶏ガラスープ 鶏むね肉 鶏もも 鶏もも肉 鶏皮 鶏肉 黒豆 水の量が少なくて空焚きにならないように注意してください。 ラップで包んでいる場合はラップのまま加熱しても構いません。 保存容器に入れている場合は、容器から取り出してください。 レンジを使うよりも加熱に時間はかかりますが、電子レンジを持っていなくても炊き立てのご飯のように解凍できる方法です。 電子レンジ以外の冷凍ご飯の解凍方法はフライパン解凍でも美味しい 蒸し焼きにして冷凍ご飯を解凍する方法もあります。 白米として食べることはもちろん、この方法はそのまま炒飯を作るのも便利です。 フライパンで冷凍ご飯の蒸し焼き フライパンは浅いので、蒸気で蒸すよりも蒸し焼きに近い状態になりますが、火力や時間を気を付ければふっくらご飯に解凍出来ます。 凍ったままの冷凍ご飯をフライパンに乗せて、少量の水を掛けて蓋をして火に掛けます。 少ししたらご飯を崩して広げていきます。 水が足りない場合は、少量ずつ加えます。 ご飯が硬いうちに無理やりほぐすと米粒が崩れてしまうので、力を加えずにほぐせるようになってからほぐしましょう。 この方法で解凍すると、フライパンとの接地面に近いご飯はぱりぱりになってしまいそうですが、火加減や水加減に気を付ければ気になりません。 なお、焦げ付きにくいフライパンを使用してください。 冷凍ご飯は電子レンジ以外の解凍方法でも美味しく食べたい 冷凍ご飯の解凍方法は電子レンジを使うのが一番ですが、他の方法でも解凍してふっくらさせることが出来ます。 冷凍ご飯は冷凍時や加熱時に水分が抜けやすい 水を多めにしてみるなら「気持ち程度」にしましょう。 冷凍ご飯を使った美味しいおすすめな食べ方を紹介 冷凍ご飯を電子レンジを使わずに解凍した場合は、失敗してしまう可能性もあります。 上手に解凍しても、冷凍していないご飯に比べると美味しくないと感じてしまう場合もあるでしょう。 冷凍ご飯は調理するのがおすすめ 白米として食べるより調理したほうが美味しく食べられます。 炊き立てのご飯よりもパサつきを感じる場合は、そのパサつきを逆手にとって炒飯にすると パラパラ炒飯が簡単に作りやすいです。 油との相性も良いので、刻んだ野菜とご飯をバターで炒めた ピラフもお勧めです。 パサつきが気になる場合は、水分を加える調理方法が向いています。 牛乳やチーズを加えたり、トマトジュースを加えると、簡単に リゾット風のご飯が出来ます。 具材を入れてだし汁で煮て、ネギや卵を落とせば 雑炊やおじや風にもなります。 この場合は、冷凍ご飯を解凍せずに調理することも可能です。

次の

ご飯の冷凍・解凍方法のコツ!美味しさがガラリと変わってくるよ

冷凍 ご飯 解凍 方法

実は、冷凍ご飯をチンしても硬くなってしまう原因は、いくつか考えられるんです。 その原因を紹介しますね。 ご飯の水分が蒸発してしまっている• 加熱しすぎ• 温め時間の不足• ご飯の塊が大きすぎる• 冷めてから冷凍している ご飯の水分が蒸発してしまっている ご家庭の電子レンジによっても異なりますが、基本的に 電子レンジは 食品に含まれる水の分子を運動させることにより、その摩擦で食品を加熱 させています。 この時、 ご飯に含まれる水分が蒸発しすぎてしまうと、その部分のみがギュッとかたまり、硬くなってしまうのです。 加熱しすぎ 先ほどの電子レンジ問題にもつながりますが、 加熱しすぎるために水分が蒸発しすぎてしまい、硬い部分がでてくるというもので、加熱時間が長すぎることが原因になります。 温め時間の不足 加熱しすぎなら、加熱時間を短く・・・と単純に思いますが、 温め不足でも硬くなってしまうんです。 温め時間が足りないと、ご飯の温度にムラができてしまい、一部に硬い部分が残ってしまうという状態になります。 ご飯の塊が大きすぎる これは 保存方法の問題です。 それぞれ、詳しく説明しますね。 熱いまま急速冷凍 先ほど、冷めた状態のご飯を冷凍すると、硬くなるといいましたが・・・逆のことです。 炊きたての熱い蒸気ごと、密閉して、粗熱をとったくらいでサッと急速冷凍してしまいましょう。 急速冷凍できる冷凍機能がない場合には、冷凍庫にアルミトレーを置き、そこに冷凍したいご飯を乗せると、急速冷凍が可能になります。 平らな状態でラップに包む これは、チンする際温度が一定に伝わるよう、 平らにした状態でラップに包むという方法です。 つまり、丸くしたりおにぎり型にして冷凍したんじゃ、チンした際に熱が全体に満遍なく浸透せず硬い部分が残る、というのを解消する方法になります。 大きくしすぎるとまた熱が伝わりにくく、温めムラが出てしまうので、一膳分くらいが理想です。 ここまでは、保存する際のポイントでしたが、次はチンする際のポイントです。 二段階加熱 一度電子レンジに入れたご飯を2分ほどで取り出し、一旦ほぐした後、さらに1分加熱することが二段階加熱。 こうすることで、加熱した際に固まりかけたご飯を一旦ほぐすことでふんわりさせ、それを再度温めることで、ふんわり炊きたてのようなご飯に仕上がるというわけです。 また、先ほどオススメした専用タッパーがいい理由は、加熱の際にもあります。 実はこのタッパー、 蒸気弁というのがついているんです。 どういう仕組みかというと・・・、密閉しすぎた状態でちんすると、タッパー内でチンした際に出る蒸気の逃げ場がなくなります。 ですが、この蒸気が失われすぎるのも硬くなる原因。 つまり、この蒸気弁が程よく蒸気を逃しつつも、必要な水分量だけは残したままにしてくれる・・・そういう仕組みでふっくらご飯に解凍できるというわけです。

次の

冷凍のままお弁当に、自然解凍で食中毒は大丈夫?手作り冷凍おかずの解凍方法

冷凍 ご飯 解凍 方法

冷凍ご飯のお弁当はまずい・パサパサ……その原因は水分不足 冷凍ご飯は、チンした直後はおいしいのですが、お弁当箱の中で冷えるとパサパサしたり、固くなったり、独特のくさみが出てしまったりすることがあります。 冷凍ご飯がパサパサ固くなりがちなのは「レンジによる加熱」および「お弁当箱に詰めたあとにあら熱を取るために放置することにより、水分が蒸発してしまうこと」が原因です。 においが気になるという人は、米の保存状態や冷凍庫の状態が原因かもしれません。 というのも、白米はスポンジのように、ほかの食材のにおいをよく吸い取ります。 米の保管場所や冷凍庫内がにおう場合には、そのにおいが米に移って、お弁当箱の中で密封されることにより、独特のくさみを発してしまうことも。 米びつの中や冷凍庫の清潔を保つことも大切です。 冷凍ご飯をお弁当でもおいしくいただくためのテクニックは3つ。 まず1つめは、正しい方法で冷凍すること。 2つめは解凍の際に一工夫すること。 そして3つめはお弁当箱を工夫することです。 加熱時にも差がでます。 熱々のご飯を入れたらすぐ、フタをきっちりと閉めます。 急速冷凍室がない場合は、ご飯を入れた容器の下にアルミトレーを敷くと早く冷凍できます。 多すぎるとべちゃっとするので、余分な水分は捨ててからレンジに入れてください。 通常の密閉容器であれば、フタを開けて少しずらした状態でレンジに入れます。 完全にフタを取ると乾燥しがち。 ラップやフタでの密閉のしすぎは、水蒸気が戻って水っぽくなります。 冷凍ご飯をお弁当で美味しくするテク3:温かいまま持っていく 専用容器にご飯を詰めて冷凍し、そのまま加熱して保温容器にセットすれば、お弁当になる、THERMOS(サーモス)の「保温ごはんコンテナー」。 冷凍ご飯も炊きたてご飯のように持ち運べます またからは「保温ごはんコンテナー」という商品も発売されています。 こちらは、専用のご飯容器本体に温かいご飯を入れて持ち運べるという使い方以外に、ご飯容器本体に炊きたてご飯を詰めて、フタをしてそのまま冷凍庫で冷凍できてしまうそう。 朝は冷凍庫から容器を出してフタを取り、レンジで加熱したらそのまま保温ケースに入れて持参すれば、昼まで熱々のご飯を保温してくれます。 これなら冷凍ご飯もおいしく食べられるし、何より準備が簡単! 子どもでも用意ができるので、忙しい朝には重宝しそうです。 ほかにもご飯を保温状態で持ち運べるお弁当グッズがいろいろ出回っているので、秋冬はこうしたものを活用してみてはどうでしょうか。 お弁当のために毎朝炊きたてのご飯がいただければ理想。 でもなかなかそうはいかないという人や、一人暮らしの人にとっては、冷凍ご飯はお弁当の強い見方。 一工夫でおいしく、楽しくいただきたいものですね。

次の