小バエ。 プロがすすめるコバエ駆除の方法、小バエ対策

コバエの好きなニオイと苦手なニオイを知ってコバエ対策に役立てよう!

小バエ

1.コバエの発生源 私たちが日常見かけるコバエには、4種類います。 コバエは、小さなハエを総称したもので、一口にコバエと言っても、それぞれ発生源が異なります。 出没しやすい順にご紹介します。 1-1.ショウジョウバエの発生源 ・生ごみ(腐った野菜、果物) ・腐った植物 ・ぬか味噌 ショウジョウバエの特徴:キッチンでよく見かけます。 目が赤色で、体は黄色みがかった茶色です。 体調は、2mmで、すばしっこいのが特徴です。 生ごみや腐った植物のにおいに誘われ、窓やドアの開閉のすきに入ってくるショウジョウバエが、生ごみなどに卵を産みつけることで発生するといわれています。 1-2.ノミバエの発生源 ・生ごみ ・腐った植物 ・動物のフン ・虫の死骸 ・肉料理 ・野菜料理 ノミバエの特徴:体長は2~3mm程度で、体は黄色みがかった茶色です。 ショウジョウバエ以上に動きが速いのが特徴です。 特に好きなのはローストビーフと野菜料理で、食べ物やごみのにおいに誘われて部屋に入ってくるといわれています。 腐った植物や生ごみ、不衛生な排水管、ペットのフンや虫の死骸などに卵を産み付けて発生する場合があります。 動きがとても速いため、ちょっとした家のドアの開閉のすきに家の中に侵入します。 ノミバエは、動物のフンや死骸から発生するものがいるため、ノミバエがたかった食器を使ったり、食べ物を食べたりすると、お腹を壊したりする可能性があります。 1-3.キノコバエ ・緑地 ・観葉植物 ・植木鉢 (発生源は詳しくわかっていません) キノコバエの特徴:体の色は黒く、体長は1~2mmで、小さなものは網戸の隙間をすり抜けることができます。 明け方から10時までの間に発生しますが、コバエの中でもあまり害がない種類だといわれています。 発生源が特定しにくく、観葉植物や植木鉢、緑地などが発生源と言われています。 部屋の明かりに誘われ、風の流れに乗って部屋に侵入します。 自分の力で飛ぶ力はありません。 1-4.チョウバエ ・排水口 ・浄化槽 ・下水 チョウバエの特徴:灰色や黒色の体で、体長は5mm程度です。 湿気が多く、薄暗い場所を好み、やトイレなどでよく見かけます。 蝶(チョウ)のように飛び、夜間に活発に活動する場合があります。 不衛生な排水口や浄化槽などの腐敗物(ヘドロ)から発生するといわれています。 2.種類別コバエを防ぐ方法 コバエによって発生源や、好む香りが異なるため、コバエの種類別に、発生を防ぐ方法をご紹介します。 2-1.ショウジョウバエを防ぐ方法 ・生ごみを放置しない ショウジョウバエは、生ごみのにおいに誘われて家の中に入ってくるので、ショウジョウバエを呼びこまないように生ごみはマメに捨てましょう。 ショウジョウバエの卵は、9日程度で成虫へと成長します。 そのため、9日以上生ごみを放置すると、一気にショウジョウバエが発生します。 ごみ箱に卵が産みつけられることもあるので、ごみを出した後は、ごみ箱を定期的に洗うようにしましょう。 ・ごみ箱にフタをつける ごみ箱にフタをすると、ショウジョウバエが部屋に入ってくるのを防ぐことができ、さらに入ってきたショウジョウバエが、生ごみに卵を産みつける確率を減らすことができます。 ・使用済みの食器はすぐ片付ける 使用済みの食器には、食べ物のカスやショウジョウバエが好むといわれる調味料のにおいなどがついているため、放置せずすぐに片付けてください。 においでショウジョウバエを呼び込んでしまいます。 ・三角コーナーを清潔にする キッチンにある三角コーナーにはフタがなく、放置されることもあるため、ショウジョウバエが増えやすい場所だといわれています。 最近では都度捨てられるタイプの生ごみ入れも販売されているので、あえて三角コーナーを使わないというのも一つの手段です。 三角コーナーを使用したい場合は、マメにごみを捨てて、熱湯をかけて消毒してください。 ・お酒の缶、ビンを放置しない アルコールのにおいは、ショウジョウバエが好むにおいだといわれています。 アルコールの入った缶やビンをそのまま放置するのはやめましょう。 よく洗って、すぐに各自治体の指定の回収日に出しましょう。 2-2.ノミバエを防ぐ方法 ショウジョウバエと同様に、生ごみを放置しない、ごみ箱にフタをつける、使用済みの食器を片付ける、三角コーナーを熱湯消毒するという方法で対策するのがおすすめです。 ・食べ物はそのまま放置しない 食べ物は、すぐにラップやフタをするか、冷蔵庫にしまうなどしてください。 食べ物のにおいに誘われて、ノミバエが家に入ってきてしまうことがあります。 ・ペットのフンはすぐ片付ける 動物のフンに卵を産みつけることがあるので、ペットのトイレはマメにきれいにしましょう。 ・枯れた植物を置きっぱなしにしない 枯れた草や花を置きっぱなしにすると、腐ったにおいに誘われてノミバエがそこに卵を産みつけます。 植物が枯れたら放置せず、すぐに片付けましょう。 2-3. キノコバエを防ぐ方法 ・発生する時間帯は窓を締める キノコバエは、朝の6~10時までの間に発生するといわれているため、この時間帯は窓を閉めきっておくことをおすすめします。 ・扇風機を使う キノコバエは、風の流れに乗って飛んでいるため、家の中から外に向かって風を起こすと、キノコバエは家の中に入れなくなります。 扇風機を使い、風の流れを変えましょう。 ・植物を家の中に置かない もともと植木鉢や観葉植物の土にキノコバエの卵があり、発生源になっていることがあります。 もし植物の近くにキノコバエを多く見かけたら、植物を家の外に出すことをおすすめします。 2-4. チョウバエを防ぐ方法 ・水回りを掃除する チョウバエが発生するのは、細菌などが集まってできたヘドロから発生するといわれているため、水回りを清潔に保つことで、防ぐことができます。 3.コバエを駆除する方法 すでに発生したコバエを駆除する方法についてお話しします。 3-1.ショウジョウバエを駆除する方法 ・めんつゆトラップを使う ショウジョウバエの駆除として有名なのが、「めんつゆトラップ」です。 めんつゆに含まれるアルコールなどは、ショウジョウバエが好きなにおいだといわれています。 家庭にあるもので作れ、お手軽なのでおすすめです。 〈材料〉 容器(ペットボトル、紙コップ、コンビニの冷やし中華の容器 など) めんつゆ(めんつゆが一番おすすめですが、ビールなども可) 適量 水 適量 台所用 数滴 〈作り方〉 めんつゆ:水=1:5の割合で、容器に入れ、その中に台所用洗剤を数滴たらします。 容器は、入り口を大きくした方が、ショウジョウバエがかかりやすくなります。 ペットボトルは、口の部分を切っておくと良いです。 めんつゆだけでは、ショウジョウバエを発生させるだけなので、必ず台所用洗剤を入れ、ショウジョウバエの動きを封じてください。 ごみ箱やキッチンなど、ショウジョウバエがかかりやすいところに置きましょう。 ・コバエがホイホイ(アース製薬)を使う コバエがホイホイは、ショウジョウバエを誘い、捕まえて出られないようにします。 働きかけは1カ月程度です。 めんつゆトラップと違い、処理も簡単で見た目もスタイリッシュです。 3-2.ノミバエを駆除する方法 ・コバエがホイホイを使う(アース製薬) コバエがホイホイは、ショウジョウバエだけでなく、ノミバエにも働きかけます。 キッチンや観葉植物の近くなどに近くに設置しましょう。 3-3.キノコバエを駆除する方法 キノコバエが発生した際は、市販の殺虫スプレーを使用しましょう。 少しの量を噴射するだけでも、十分殺すことができるといわれています。 発生源を特定するのが難しい場合は、扇風機を使うなどして、キノコバエの侵入を防ぐことをおすすめします。 3-4.チョウバエを駆除する方法 発生源と思われる場所の清掃を行い、成虫を人の手で駆除するのが難しい場合は、チョウバエ用の殺虫スプレーを利用してください。 また、成虫を駆除してもどんどんわいてくるという場合は、幼虫が掃除の手の届かないところにいる可能性があります。 4.まとめ コバエの発生源は、コバエの種類によって異なるため、ご自宅のコバエに合わせた対策を行ってください。 不衛生な場所は、コバエだけでなく、ゴキブリなどの害虫が住みつくきっかけにもなるので、家の中はできるだけ清潔に保つようにしましょう。

次の

うざいコバエを集めて簡単に退治する方法!おすすめ最強グッズ6選!|すみっこから

小バエ

この記事の目次• コバエはどこから発生して家の中に出てくるの? 家の中をブンブン飛び回るコバエ。 「どこから発生してきたのよー!」とイライラしてしまうことはありませんか? コバエは体が小さい虫なので、網戸の網目をすり抜けて入ってきたり、扉や窓の開け閉めの時、スッと入り込んできます。 小さくて気が付かないことが多いですが、帰宅時に自分と一緒に入ってきてしまうこともあります。 キッチンに立っている時やテレビを見ている時などに、ふっと目の前を横切って気がつくことが多くないでしょうか? 一度発見してしまうと妙に目について、気になってしょうがない虫でもありますよね^^; コバエは体長が1mmから5mmくらいの小さなハエの俗称で、発生する場所によって種類が異なっています。 たとえば、家の中で見られるのは主にショウジョウバエで、黒ショウジョウバエか黄色ショウジョウバエのことが多いです。 日本では約250種類もが確認されているそうですよ。 ショウジョウバエは、生ものや熟した果物が大好きです。 バナナやマンゴーなど果物の追熟のためにキッチンなどに置きっぱなしにすると 卵を産んでしまうことがあります。 また、湿気のある場所を好むチョウバエもいます。 こちらは日本国内には約60種類が確認されています。 主に見られるのはオオチョウバエとホシチョウバエで、浴室やトイレなど、日陰で湿気が溜まりやすい場所を好み、排水溝に溜まっている石鹸カスやヘドロを餌として繁殖します。 お風呂場でよく見かける時はこの種類のハエのことが多いです。 寿命は約2週間ですが、この間に2回から3回産卵し1回に200個以上産むと言われています。 1匹が200個の卵を産むわけですから、全てが成虫にならないとしてもすごい数ですね。 特に屋内の場合には天敵がいないので、繁殖率が高くなってしまいます。 コバエを屋内で繁殖させないためには最初の1匹を持ちこまないことですが、シャットアウトするのはなかなか難しいことです。 少なくとも繁殖させないためには、生ごみ・熟した果物・食べかけの食事や汚れた食器を放置しない。 浴室やトイレの換気をよくするなどで、産卵しにくい環境を作るようにしていきましょう。 スポンサードリンク コバエはどうやって繁殖しているの?気が付くと大量に! 家の中で見つけたコバエをそのままにしていたら、あっちにもこっちにも・・・大量のコバエが!! というのも、みなさん経験があると思います。 あっという間に増えるコバエ。 どうやって繁殖しているんでしょうか? コバエは1匹のメスがいた場合、2週間もすれば約500匹に増えてしまうほど高い繁殖力を持っています。 これは恐ろしい数ですよね^^; 必ずしもでないにしても、あっという間に大量に増えてしまうことがわかりますね。 繁殖しやすい環境は生ごみ・熟した果物、湿気の多い浴室・洗面所やトイレです。 生ごみのなかでもイーストのニオイを好む傾向にあるので、発酵臭があればさらに引き寄せられる確率が高くなります。 最も 好んで繁殖するのは熟したバナナで、おいしい食べごろになるまで常温で追熟させようとすると、この頃にはコバエの繁殖の温床となっていることがあるので注意してくださいね。 この他、ぬか床を常温保存している場合、ふたの閉め方が甘かったりするとコバエが繁殖しやすくなります。 ビールやワインを飲んだ瓶や缶を洗わずに屋内においている場合も産卵場所としてはコバエに好まれます。 このように、飲み食いする物のところで繁殖しやすくなってしまうんですね。 ですが、キッチンや食べ物のある場所だけではありません。 浴室・洗面所やトイレなどの湿気の高い場所で飛んでいるのをよく見かける、ということも多くはないでしょうか? こういった場所も格好の繁殖場所となっているんです。 コバエは、湿気と灯りの温度に引き寄せられる習性があり、排水溝の汚れなどを餌として繁殖する習性があります。 戸建ての場合には排水溝の洗浄をすればある程度は繁殖が抑えられますが、集合住宅の場合には、他の排水管や住宅によって繁殖したコバエが入り込んでしまうケースもあります。 コバエは、初めはたった1匹でも、エサ場を発見すればすぐに卵を産み付けてしまいます。 特に屋内では天敵の心配がないので、繁殖し放題になってしまうのです。 どうして急にコバエが増えたの?という時は、家の中のこうした場所に卵が産みつけられているのかもしれません。 なので、1匹発見したらできるだけ早く、何かしらの方法で退治していくのが大量発生させないことにつながります。 コバエ退治には市販のスプレーや散布剤は効果がありますが、赤ちゃん・高齢者・ペットがいる家では影響が心配ですね。 そのような場合には、 めんつゆトラップというものがあります。 ペットボトルの下の部分を10cmから15cmに切って少しの水を張り、めんつゆを入れて、中性洗剤を数敵入れて置いておきます。 これだけで飛んでいるコバエを退治することができます。 また、めんつゆをビールに代えても同じような効果があると言われていますので、一度試してみるのもいいと思います^^ これは、ニオイにつられてきたコバエの体に、洗剤の界面活性剤が触れることで退治へとつながります。 もしも、コバエが全然寄ってこないという場合は、臭いが少ない可能性があります。 めんつゆの量を増やしたり、お酢を加えたり、液体自体を少し多めにしてみて調整してくださいね。 また、家の中一か所だけに置くのではなく、数か所に置く方がつかまる確率も高くなります。 ちょっと面倒だったり、めんつゆがこぼれそうで気になるという場合は、市販のコバエ取りを置いてみるのも良いと思います。 コバエ取りにも種類がいろいろあるようですね。 また、浴室の場合ですとスプレーを吹きかけても、換気扇やお湯で流すなどの対応ができるので、シューっとやっつけて一気に退治するのが簡単です。 ですが、トラップをしかけている以外の場所に卵を産み付けられてはどんどん増えてしまうばかりです。 コバエが家の中を飛んでいたらまずは家の中の掃除をしましょう。 食べこぼしやパンやお菓子のカスが部屋にあると、コバエがたかりやすいだけでなく卵を産みつける格好の場所になります。 食べかけのお菓子はそのままにせず、すぐに封をしてしまいましょう。 コバエの発生しやすい時期には、冷蔵庫の中に入れてしまうというのも良いと思います。 キッチンの生ごみはふた付きのゴミ箱の方がコバエが寄りにくくなります。 シンクにゴミを残さないなどにも気をつけましょう。 排水溝にはも食べ物のカスが残らないように気を付けてくださいね。 専用の洗剤などを利用しておくこともコバエ発生を抑える効果があります。 浴室・洗面所・トイレのような湿気が溜まりやすい場所も要注意! 浴室内に石鹸カスを残さない、排水溝の洗浄をするなどが効果的です。 しっかりお掃除をして、パイプの中も定期的に専用洗剤でヌメリを取るようにしてくださいね。 コバエは家の中から自然に湧くことはなく、最初の1匹は外からの侵入だと言われています。 玄関や窓を開けるときには、網戸や目の細かいカーテンをするなどで侵入を防ぐことも大切です。 網戸の一部が破れていたりするとコバエの侵入が増えますので、一度点検してみてくださいね。 私も夏の間に数回はこんな経験をします^^; 見つけるたびにスプレーをまき散らすのもいやなので、退治するのも大変、というのがコバエですね。 めんつゆを使ってトラップを仕掛けるのもいいですし、面倒な人は市販のコバエホイホイを設置するのも良いと思います。 部屋の中や排水溝などもしっかりお掃除するようにしてくださいね。

次の

プロがすすめるコバエ駆除の方法、小バエ対策

小バエ

台所に大量発生するコバエの種類と発生源 コバエには6種類いますの。 でも台所にいるコバエは以下の3種類ですわ。 ショウジョウバエ• ノミバエ• チョウバエ 主な違いは 大きさと 発生源ですの。 1種類ずつ見ていきますわよ。 ショウジョウバエ:ゴミ箱に大量発生するコバエ 一番多いのはこいつですわね。 こいつが 敵の主力ですわ。 まず特筆すべきは大きさですわね。 体長2~3mm。 小さいやつなら 網戸もすり抜けてしまうくらいのサイズですの。 そして好物は 果物・野菜・アルコール。 ですので発生源は常温保存の果物・野菜やゴミ箱などになりますわ。 特に ゴミ箱にたくさん卵を産み付けますの。 しかもたった 10日で卵から成虫になりますのよ。 コバエは毎日30個は産卵しますから、10日でってことは…………早く駆除しないとヤバイですわね。 不法侵入に無銭飲食 これだけでも重罪ですのに、おまけにカッコウの真似事なんて。 絶対に許してはいけませんわ。 ノミバエ:料理に大量発生するコバエ 続いてノミバエ。 こいつはショウジョウバエと似てますの。 大きさも2~3mmくらい。 不法侵入が得意で無銭飲食の常習犯ですの。 ただ2つ、ショウジョウバエと違う点がありますわ。 1つ目は 美食家だという点。 ショウジョウバエは食材や残飯を食べるのに対し、ノミバエは 調理済みの料理にも直接手を出しますの!特に好きなのがローストビーフと野菜スープらしいですわ!まぁ、いやらしい!! 人間様の食事に直接手を付けるなんて、ショウジョウバエ以上に罪深いコバエですわ! 2つめは発生源が 動物糞という点。 こいつ美食家を気取ってるくせして、動物糞から発生する極めて不潔なやつですの。 あ~汚らわしい。 チョウバエ:排水管に大量発生するコバエ そして最後はこいつ。 上の2匹と違い ちょっと大きいですわ。 大きいと言っても 3~4mmくらいですの。 羽の形がハート型に見えますけど、別に見たって恋愛運はアップしなくてよ。 発生源は主に 排水管ですの。 排水管内の汚れ・細菌が大好物らしいですわ。 一番ハエらしいハエですわよね。 身の程をわきまえているという点では、 上記2種より好感が持てますわ。 ただし、チョウバエは 殺虫剤など各種薬が効きにくいという注意点がありますの。 めんつゆトラップとかもチョウバエには効きませんわ。 さぁ、前振りはここまで。 続いて コバエの種類ごとの対策を紹介しますわよ! ショウジョウバエ対策 前述の通り、ショウジョウバエは敵の主力。 しかも増殖スピードがやばいですの。 まず対策すべきはコイツですわ。 主な対策ポイントは以下の6点ですの。 ゴミ箱にいるコバエ対策 まずはゴミ箱。 生ゴミを入れるゴミ箱は、必ず 蓋付きのものを使うべきですわ。 もし無いなら、今すぐ買いに行くことをおすすめしますの。 蓋があるだけで、コバエのゴミ箱侵入をかなり防げますわ。 また、生ゴミは溜めずに 出来るだけ早く捨てるべきですわ。 「まだゴミ溜まってないし」 「いっぱいになったら捨てる」 なんてのは禁物ですの。 あともう一つ。 ゴミ箱自体の汚れにも注意するべきですわ。 これもコバエの発生源になりますの。 常温保存の野菜・果物に集まるコバエ対策 続いては野菜と果物ですの。 じゃがいも• 玉ねぎ• みかん などは 常温保存するのが一般的ですわよね。 ただ、これらがもし 少しでも傷んでいたり腐っているとコバエの発生源となるんですの。 夏場は野菜・果物を毎日確認して、少しでも傷んでいるような捨てることをおすすめしますわ。 ただ 中の方が傷んでいる場合は見分けるのが困難ですの。 ですので「」をしかけておくのがおすすめですわ。 調味料もコバエの発生源 次は調味料ですの。 ラー油• サラダ油 などの調味料を密閉容器に入れずにおいておくと、臭いにつられてコバエが卵を産み付けに来ますわ。 調味料は 密閉容器に入れるか 冷蔵庫にしまうのがよろしくてよ。 空き缶・空き瓶もコバエの発生源• 空き缶• 空き瓶• 空きペットボトル これらもコバエの発生源になりますわ。 特にアルコール類はショウジョウバエの大好物。 半日も放置すればもう目も当てられない状況になりますの。 飲み終わったら速やかに容器を洗うべきですわ。 三角コーナーもコバエの発生源 そして次はこれ。 キッチンの流しに 三角コーナーを置いているあなた。 あれに直接ゴミを入れるのはお止め下さいまし。 生ゴミをすぐ捨てても、 メッシュに汚れが付着してますの。 ですから毎回三角コーナーを洗わないとすぐコバエが卵を産み付けに来ますわよ。 ですので、三角コーナーには ビニール袋をいれて使うことをおすすめしますわ。 もちろん ゴミはすぐに捨てますのよ。 洗い物もコバエの発生源 最後は洗い物ですの。 調理器具や皿は、すぐに洗ってくださいまし。 夏場は放置しておくとすぐにコバエ大量発生ですわよ。 「ちょっとテレビ見てから」 「お風呂入ってから」 なんて猶予はなくってよ。 一刻も早く片してくださいまし。 ノミバエ対策 続いてノミバエ対策ですの。 こいつの対策は簡単ですわ。 なにしろ 発生源は動物糞。 トイレを清潔にするだけで事足りますの。 ただし、 ペットを買っている際は注意が必要ですわね。 例えば猫。 私も猫を飼ってますけれど、 トイレはこまめに掃除していますわ。 猫がうんちする度にスコップで糞尿を取り ビニール袋にいれて密封し、 ベランダにおいてある 蓋付きゴミ箱に入れてますわ。 チョウバエ対策 そして最後はチョウバエ対策ですの。 ようやく 最初の伏線回収ですわ。 一番最初に「 殺虫剤ではなく氷を用意しますのよ」と書きましたけれど、あれはチョウバエ対策のことですの。 前述の通り、チョウバエの発生源は 排水管ですわ。 もっと正確に言えば 排水管・排水口の汚れですの。 ですので、排水管にいるチョウバエと汚れの両方を除去する方法を紹介しますわ。 チョウバエ撃退方法 まずはチョウバエから。 具体的な方法は2種類ありますの。 熱湯を注ぐ• 氷を大量に置く チョウバエに限らず、コバエは極端に熱い・極端に寒い環境では生きていけませんわ。 ですので上記2つの方法が有効ですの。 ただし、 熱湯を注ぐ際は注意が必要ですわ。 もし 排水管の材質が塩ビだった場合は 耐熱温度が60度ですので、 排水管が変形したり水漏れを起こす危険がありますの。 その点、氷は排水管を変形させる心配もありませんわ。 溶け出した氷水が排水管内の細菌の活動を抑え、コバエの成長を妨げてくれるので、こちらの方がおすすめですわね。 排水管のコバエ対策 続いて排水管ですわ。 チョウバエを押さえ込んでも、発生源である排水管の汚れをなんとかしないとまた奴らがやってきますわ。 なのでこの時期は 週1くらいのペースで排水管の掃除が必要ですの。 面倒臭いと思うかもしれませんけど、 バケツシャワーを使えば1分で綺麗になりましてよ。 具体的な方法はをチェックしてくださいまし。

次の