オリバー ハザード ペリー 級。 ingraham

フリーダム級沿海域戦闘艦

オリバー ハザード ペリー 級

Arabic Bulgarian Chinese Croatian Czech Danish Dutch English Estonian Finnish French German Greek Hebrew Hindi Hungarian Icelandic Indonesian Italian Japanese Korean Latvian Lithuanian Malagasy Norwegian Persian Polish Portuguese Romanian Russian Serbian Slovak Slovenian Spanish Swedish Thai Turkish Vietnamese 移動: , オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート 艦級概観 艦種 艦名 海軍功労者。 一番艦の艦名はに因む 建造期間 - 就役期間 - 就役中 前級 次級 性能諸元 満載排水量 3,605(初期建造型) 4,100トン( III対応型) 全長 135. 6m(初期建造型) 138. 1m(LAMPS III対応型) 124. 4m(水線長) 全幅 14. 4m 吃水 4. アメリカ海軍ではからにかけて51隻が就役した。 ちなみには、に来航した提督の兄である。 概要 本級は、がや低脅威海域の哨戒を主任務として、SCB261計画により、1970年代から1980年代にかけて開発・建造したフリゲートである。 51隻が建造され、2006年の(52番艦)の進水まで、後のアメリカ海軍の水上戦闘艦としては最多の建造数を誇っていた。 低コストを目標としながらも、2機とを搭載し、また長射程のを装備するなど、決して「安物」ではない戦闘能力を備えている。 さらには、においては2発のを被弾しながらも、応急修理ののち自力での帰還に成功するなど、抗堪性も優れている。 このため、や、などは自国で建造を行い、さらにはアメリカ海軍の退役艦を購入する国も後を絶たない。 また、全盛のアメリカ海軍水上戦闘艦勢力のなかにあって、ペリー級の戦闘能力はもはや取るに足らないものではあるが、運用コストが安い上に小回りが効き、ヘリコプターも搭載していることから任務などで活躍し、当初予想されたよりも退役のペースは落ちており、2008年現在でも20隻近くが現役にとどまっている。 来歴 第二次大戦中より、アメリカ海軍は対潜作戦を主任務とするの整備を進めており、その系譜は、戦後第二世代であるからへと受け継がれ、において一応の完成を見た。 これらは、遠距離用の、中距離用の、近距離用の短魚雷と三段構えの対潜兵装を備えており、他の海軍に類を見ない対潜戦闘能力を具備していた。 しかし一方で、対空戦闘能力については、ノックス級でようやく個艦防空システム(BPDMS; )を備えたのみで、船団護衛において船団を対空脅威より護衛するなどは到底望み得ないものであった。 これに対処するため、ノックス級の建造に先駆けて、ガーシア級にを搭載したが建造されていたが、予算面の問題から19隻の大量建造計画は6隻に削減され、依然として、米護衛駆逐艦勢力における対空護衛能力の不足は深刻な問題であった。 このため、ノックス級に続く新フリゲートは、まったく異なるコンセプトに基づいて建造されることとなり、種別も護衛駆逐艦 DEG ではなくパトロール・フリゲート PF として計画されていた。 ノックス級の建造後期には、要求性能はおおむね固まっており、1970年より具体的な計画検討が開始され、1971年には各造船所に対して技術提案要請が出された。 このとき、であったエルモ・ズムウォルトは、 コスト重視の設計という方針を掲げ、3つの制限を課した。 すなわち、満載排水量3400トン、船価4500万ドル、定員185名である。 しかし、要求性能に対してこの制限は過酷に過ぎ、最終的に建造に至った設計コンセプトは下記のようなものであった。 4100トン(満載)、最大速力28ノット、航続距離4200海里(20ノット時)、単一推進軸• 能力限定型• 2機、一式• および装置 ペリー級は、ほぼ並行して計画が進められていたと常に対比されてきた。 1980年代のアメリカ海軍においては、ハイ・ロー・ミックス High Low Mix のコンセプトのもと、スプルーアンス級は高価ながらも強力な ハイ・コンセプト艦、ペリー級は性能的には妥協する代わりに安価な ロー・コンセプト艦と位置づけられ、のとの関係にも例えられる。 スプルーアンス級駆逐艦は 変化に応じる設計を標榜しており、これに対応するため、その建造にあたっては、一括調達方式と呼ばれる方式が採用された。 これは、海軍がコンセプト形成を行なって、これに対して最適な提案を行なった事業者に対して一括して契約するものであるが、受注に失敗した事業者の荒廃や、受注事業者の能力を超える発注によるコストの高騰・納期の遅れなどの問題が既に顕在化しており、スプルーアンス級以上の建造数が予定されるペリー級においては採用されず、最終的にはとが分け合って建造する結果となっている。 ペリー級では、1番艦と2番艦の建造間隔を2年開け、2番艦以降は1番艦の建造で得たノウハウをもとに、様々な問題点や改善点を把握した上で建造が行えるように計画された。 また各造船所における能力の違いを考慮し、基本的な設計は指定するも、ある程度自由な設計も行えるよう配慮された。 船体 側面シルエット 原型のRAST非装備型 O・H・ペリー級の上部構造物は従来までのアメリカ海軍艦船のように艦橋や煙突などがそれぞれ独立しておらず、艦橋から煙突、後部ヘリ甲板まで艦の前後にわたってほぼ一体化されている。 これはに随伴して長期間の航海を行うために居住性を向上させたためと各種物品倉庫を大型化したためで、これまでの平甲板型の小型の駆逐艦やフリゲートで問題とされていた点を考慮したものである。 艦橋前面の上甲板にミサイル発射機を装備した関係上、艦首は甲板が波をかぶらないよう長く前に伸び、さらに波除けに大きなブルワーク(甲板外側防壁、艦首の1段上がっている部分)が装備されている。 尚、27番艦以降の建造艦と27番艦までの一部の艦は後述のヘリコプター運用支援設備 RAST を搭載しているため、艦尾が2. 5m延長されており、排水量も462t大きい。 Mk 13発射機から発射されるSM-1 スタンダードSAM 開発に当たって策定されたペリー級の戦闘のコンセプトは、以下のとおりであった。 対艦ミサイル装備のに対し、自艦装備のにより遠距離で探知して、ミサイルの発射以前にによって位置を局限・撃破する。 能力限定型、簡易型による、フリゲートとしては十分に強力な防空戦闘能力により、船団に対して対空援護を提供する。 従って、その戦闘システムの主要な要素は、防空を担当する能力限定型と、対潜戦闘を担当するSQQ-89とLAMPSの複合システムであると言うことができる。 そのほか、近接防空のために、近距離での対空・対水上戦闘のための3インチ砲Mk 75、対水上火力としての・システムなどが装備されており、それらすべてが戦術情報処理装置 JTDS(Junior Tactical Data System)を中核として結合されている。 C4Iシステム JTDSはUYK-7コンピュータ2基を中核としており、のいわば簡易型である。 その特徴は、これまでのシステム艦の多くがNTDSを中心にして各サブシステムを集合させた円状の構造を採用していたのに対し、目標の探知から意思決定、交戦に至る流れに沿った直線状の構造を採用している点で、これはむしろオランダのSEWACOなどに近い構造である。 指揮管制セクションは武器支援プロセッサ WSP: Weapon Support Processor と呼ばれるUYK-7コンピュータを中核としており、兵器管制士官 WCO コンソールとしてOJ-194ワークステーション1基、戦術行動士官 TAO コンソールとしてOJ-197ワークステーション1基、および対潜戦闘調整用にOJ-194、OJ-197が各1基配置されている。 ここで処理された情報は、次に交戦セクションに送られる。 交戦セクションは武器管制プロセッサ WCP: Weapon Control Processor と呼ばれるUYK-7コンピュータを中核としている。 これはターター・システムのWDSの役割を果たしており、WDS Mk 13プログラムを動作させている。 これに2基の兵装管制コンソールが連接され、Mk 92の各射撃指揮レーダーや、76mm砲などを管制している。 また、としては、当初はによってテレプロンプターで受信するのみであったが、のちに、を介してJTDSに直接入出力できるようになった。 ターターシステム Mk 92 FCSのSTIRレーダー 詳細は「」を参照 コンセプト開発において決定されたように、本級は能力限定型ターター・システムを搭載する。 その構成は以下のとおりである。 目標指示器• Mk 13 WDS(武器管制システム: Weapon Direction System)• (射撃指揮装置: Fire Control System)• 誘導ミサイル発射システム: Guided Missile Launching System• 典型的なターター・システムとの相違は、3次元レーダーを有さないことと、射撃管制システムとして典型的なMk 74ではなくMk 92が採用されていることである。 すなわち、に不可欠と見なされているをあえて省き、またミサイルと砲熕兵器の射撃管制をMk 92に一本化することにより、システム全体としてコンパクトかつリーズナブルになっている。 従って、1目標に対してスタンダード・ミサイルを誘導しつつ、主砲の照準・射撃を行うことができる。 なお、Mk 92の導入に当たって、WM-28に若干の不安を抱いていたアメリカ海軍は、これが失敗した場合には、ターター-C・システムを導入することとしていたとされている。 また、ターターシステムの一部をなすMk 13ミサイル発射機は、スタンダード・ミサイルとともにハープーン対艦ミサイルの発射にも用いられる。 その弾庫容量40発のうち、36発がスタンダードミサイル、4発がハープーンによって占められていることが多い。 艦首にあるこの発射機を青波から守るため、ペリー級は艦首ソナー装備艦と見紛うような切り立って鋭い艦首構造を採用している。 Mk 13ミサイル発射機の撤去。 Mk13発射機が撤去されている。 の撮影 なお、近年主任務の変化によりペリー級からMk 13発射機は撤去されつつある。 ペリー級の任務は本来空母戦闘群(現 空母打撃群)の防空や対潜哨戒であったが、1990年代以降は防空能力が飛躍的に向上したイージス艦の大量配備と、による艦隊への脅威の消滅により、近年ではもっぱら麻薬密輸を行う小型艇や小型機に対する臨検・哨戒任務や、兵器の海上密輸ルートの監視任務などに使われるようになっている。 ハープーンやスタンダードといったミサイルはこういった目的には完全にであり、全く使われることはない。 さらに2001年の以後、このような任務は特に重視されるようになった。 そのため、の生産終了、旧式化、保守整備費用の負担などの面もあり順次撤去工事が行われた。 撤去工事は非常に簡素で、ランチャーを取り除いた後に蓋をしただけであり、円形の旋回マウント等はそのままである。 撤去跡に機関砲を設置した艦もある。 Mk13に替わって発射機を設置する構想もあったが、搭載実験のみで現役艦への換装は実現していない。 対潜システム 乾ドックに入ったペリー級。 艦首のSQS-56ソナー・ドームが見える。 これに伴って、自艦装備のソナーもより小型で安価な、艦底装備式のを装備している。 砲熕兵器 上部構造物上の76mm単装砲 主砲としてを搭載している。 これはイタリアの社製のをアメリカでしたもので、極めて優秀な速射砲である。 通常艦砲は射界を広くとるため艦首部または艦尾部に装備されるのが一般的であるが、ペリー級ではスペース上の問題から艦体の中央部、上部構造物の上に装備している。 その射撃指揮には、ターター・システムのサブシステムでもあるMk 92射撃指揮装置が用いられる。 なお、Mk 92は、沿岸警備隊のやなど、他のMk 75 76 ミリ砲搭載艦船にも搭載されており、アメリカ海軍におけるMk 75専用の射撃指揮装置の観がある。 また、速射砲の他、近接防空用としてを1基、小型艇との接近戦闘用として及びを上甲板及び艦上構造物両舷に装備している。 補給物資輸送中のロバート・G・ブラッドレイ FFG-49 搭載機 でふれたように、ペリー級は2機のヘリコプターを搭載する。 初期型ではLAMPS Mk Iのを搭載していたが、中期建造艦以降はより大型で強力なを使用するLAMPS Mk IIIが採用されたため、27番艦の以降ではそれにあわせ飛行甲板の拡張とヘリコプター運用支援設備 RAST が装備された。 27番艦以前の一部の艦もRAST装備の改修が行われている。 なお甲板の拡張が行われた型でも水線長は変わっていないため、SH-60Bを装備する艦は艦尾が大きくせり出しており、それがSH-60B搭載型のひとつの特徴となっている。 スターク被弾事件 のさなか、の夜、ペリー級23番艦のFFG-31 「」が軍の1機から2発の攻撃を受け被弾した。 この事件はペリー級の抗堪性の高さを証明したと同時にシステムの弱さを露呈した事件でもあった。 イラク軍は当時に対する攻撃を行っており、このイラク軍のミラージュF1に搭乗していたパイロットもスタークをタンカーと判断し攻撃を行った。 ミサイルは時間差をおいて2発が発射され、2発とも左舷船体に命中。 1発目は不発だったものの、ロケットの残燃料による高温で火災が発生、1発目が着弾してから20秒後に2発目が命中、爆発した。 これによりスタークは37名の死者を出したが、乗員の活躍により沈没は免れた。 この働きは英雄的な活躍と賞賛され、アメリカ海軍の練度の高さを知らしめた。 消火用水がたまり左舷側に傾くスターク しかし同時にアメリカ海軍の弱点も露呈した。 スタークは事件の4時間前には僚艦の クーンツからの哨戒任務を引き継いでおり、決して戦闘が不可能な状態ではなかった。 またミラージュF1はのやクーンツ、さらにはスターク自身のレーダーでも捕捉しており、のにもその旨が報告されていた。 にもかかわらずスタークは被弾した。 これは当時、アメリカはイラクを支援しており、イラク軍からの攻撃は想定していなかったのが原因であった。 このため、アメリカ海軍は就役済及び建造中であったオリバー・ハザード・ペリー級各艦に、波浪による電波の乱反射(シークラッター)への対策をはじめとする改修をおこなうことになる。 後にイラクは本件を誤射と認めて謝罪。 スタークはでの応急処置を行った後、で修復工事が行われ1988年9月に復帰した。 この事件を受けアメリカはペルシャ湾におけるROE()を、必要に応じて先制攻撃も可能なよう改訂したが、この改訂は翌年の「」によるの原因の一つとなった。 同型艦 番号 米海軍 艦名 米海軍 建造所 起工 就役 退役 再就役先 番号 再就役 艦名 再就役 リンク FFG-7 USS Oliver Hazard Perry 1975年6月 1977年12月 1997年2月 スクラップとして廃棄 FFG-8 USS McInerney バス鉄工所 1978年1月 1979年11月 就役中 FFG-9 USS Wadsworth , 1977年7月 1980年4月 2002年6月 ポーランド 273 ゲネラウ・タデウシュ・コシチュシュコ ( Gen. Kos'ciuszko) FFG-10 USS Duncan , 1977年4月 1980年5月 1994年12月 トルコ 船体部品として FFG-11 USS Clark バス鉄工所 1978年7月 1980年5月 2000年3月 ポーランド 272 ゲネラウ・カジミェシュ・プワスキ Gen. Pulaski FFG-12 USS George Philip トッド造船所, サンペドロ 1977年12月 1980年10月 2003年3月 スクラップとして廃棄 FFG-13 USS Samuel Eliot Morison バス鉄工所 1978年12月 1980年10月 2002年4月 トルコ F 496 ゴコーヴァ Gokova FFG-14 USS Sides トッド造船所, サンペドロ 1978年8月 1981年5月 2003年2月 スクラップとして廃棄 FFG-15 USS Estocin バス鉄工所 1979年4月 1981年1月 2003年4月 トルコ F 497 ゴクシュ Goksu FFG-16 USS Clifton Sprague バス鉄工所 1979年7月 1981年3月 1995年6月 トルコ F 490 ガズィアンテプ Gaziantep FFG-17 HMAS Adelaide トッド造船所, シアトル 1977年7月 1980年11月, オーストラリア海軍にてFFG-01として就役 FFG-18 HMAS Canberra トッド造船所, シアトル 1978年3月 1981年3月, オーストラリア海軍にてFFG-02として就役 FFG-19 USS John A. Moore トッド造船所, サンペドロ 1978年12月 1981年11月 2000年9月 トルコ F 495 ゲティズ Gediz FFG-20 USS Antrim トッド造船所, シアトル 1978年6月 1981年9月 1996年5月 トルコ F 491 ギレスン Giresun FFG-21 USS Flatley バス鉄工所 1979年11月 1981年6月 1996年5月 トルコ F 492 ゲムリク Gemlik FFG-22 USS Fahrion トッド造船所, シアトル 1978年12月 1982年1月 1998年3月 エジプト F 901 Sharm El-Sheik FFG-23 USS Lewis B. Puller トッド造船所, サンペドロ 1979年5月 1982年4月 1998年9月 エジプト F 906 Toushka FFG-24 USS Jack Williams バス鉄工所 1980年2月 1981年9月 1996年9月 バーレーン 90 Sabha FFG-25 USS Copeland トッド造船所, サンペドロ 1979年10月 1982年8月 1996年9月 エジプト F 911 ムバラク Mubarak FFG-26 USS Gallery バス鉄工所 1980年5月 1981年12月 1996年6月 エジプト F 916 タバ Taba FFG-27 USS Mahlon S. Tisdale, トッド造船所, サンペドロ 1980年3月 1982年11月 1996年9月 トルコ F 494 ギョクチェアダ Gokceada FFG-28 USS Boone トッド造船所, シアトル 1979年3月 1982年5月 海軍予備役にて就役中 FFG-29 USS Stephen W. Groves バス鉄工所 1980年9月 1982年4月 海軍予備役にて就役中 FFG-30 USS Reid トッド造船所, サンペドロ 1980年10月 1983年2月 1998年9月 トルコ F 493 ゲリボル Gelibolu FFG-31 USS Stark トッド造船所, シアトル 1979年8月 1982年10月 1999年5月 スクラップとして廃棄 FFG-32 USS John L. Hall バス鉄工所 1981年1月 1982年6月 就役中 FFG-33 USS Jarrett トッド造船所, サンペドロ 1981年2月 1983年7月 就役中 FFG-34 USS Aubrey Fitch バス鉄工所 1981年4月 1982年10月 1997年12月 スクラップとして廃棄 FFG-35 HMAS Sydney トッド造船所, シアトル 1980年8月 1983年1月, オーストラリア海軍にてFFG-03として就役 FFG-36 USS Underwood バス鉄工所 1981年7月 1983年1月 就役中 FFG-37 USS Crommelin トッド造船所, シアトル 1980年5月 1983年6月 海軍予備役にて就役中 FFG-38 USS Curts トッド造船所, サンペドロ 1981年7月 1983年10月 海軍予備役にて就役中 FFG-39 USS Doyle バス鉄工所 1981年10月 1983年5月 海軍予備役にて就役中 FFG-40 USS Halyburton トッド造船所, シアトル 1980年9月 1984年1月 就役中 FFG-41 USS McClusky トッド造船所, サンペドロ 1981年10月 1983年12月 海軍予備役にて就役中 FFG-42 USS Klakring バス鉄工所 1982年2月 1983年8月 海軍予備役にて就役中 FFG-43 USS Thach トッド造船所, サンペドロ 1981年3月 1983年3月 就役中 FFG-44 HMAS Darwin トッド造船所, シアトル 1981年7月 1984年7月, オーストラリア海軍にてFFG-04として就役 FFG-45 USS De Wert バス鉄工所 1982年6月 1983年11月 就役中 FFG-46 USS Rentz トッド造船所, サンペドロ 1982年9月 1984年6月 就役中 FFG-47 USS Nicholas バス鉄工所 1982年9月 1984年3月 就役中 FFG-48 USS Vandegrift トッド造船所, シアトル 1981年10月 1984年11月 就役中 FFG-49 USS Robert G. Bradley バス鉄工所 1982年12月 1984年6月 就役中 FFG-50 USS Taylor バス鉄工所 1983年5月 1984年12月 就役中 FFG-51 USS Gary トッド造船所, サンペドロ 1982年12月 1984年11月 就役中 FFG-52 USS Carr トッド造船所, シアトル 1982年3月 1985年7月 就役中 FFG-53 USS Hawes バス鉄工所 1983年8月 1985年2月 就役中 FFG-54 USS Ford トッド造船所, サンペドロ 1983年7月 1985年6月 就役中 FFG-55 USS Elrod バス鉄工所 1983年11月 1985年5月 就役中 FFG-56 USS Simpson バス鉄工所 1984年2月 1985年11月 海軍予備役にて就役中 FFG-57 USS Reuben James トッド造船所, サンペドロ 1983年11月 1986年3月 就役中 FFG-58 USS Samuel B. Roberts バス鉄工所 1984年5月 1986年4月 就役中 FFG-59 USS Kauffman バス鉄工所 1985年4月 1987年2月 就役中 FFG-60 USS Rodney M. Davis トッド造船所, サンペドロ 1982年10月 1987年5月 海軍予備役にて就役中 FFG-61 USS Ingraham トッド造船所, サンペドロ 1987年3月 1989年8月 就役中 アメリカ国外での運用状況 RASTを装備したLAMPS III対応型• : 詳細は「」を参照 4隻を購入、2隻をライセンス生産し、1980年より運用している。 このうち、初期に購入した2隻は退役したものの、残る4隻は、Mk 13 GMLSの改修とMk 41 VLSの追加装備、Mk 92 FCSの改修によってSM-2MRおよびESSMの運用能力を付与するという近代化改修を受けて現役にとどまる予定である。 バーレーン海軍 アメリカ海軍を退役したを購入し、1996年より サバー 90 として運用中。 エジプト海軍 アメリカ海軍の退役艦4隻を購入し、1996年より運用中。 6隻を取得したいという意向を示しており、2010年8月にもの引渡しを受ける予定である。 2002年と2003年に、アメリカ海軍の退役艦1隻ずつを購入し、運用中。 (): 詳細は「」を参照 8隻をし、1993年より運用中。 国産のを搭載し、Mk 13 GMLSはSM-1MRの運用に特化している。 : 詳細は「」を参照 6隻をライセンス生産し、1986年より運用中。 これは、SQR-19 TACTASSが輸出された初の例であった。 詳細は「en:G class frigate」を参照 アメリカ海軍の退役艦8隻を購入し、1997年より運用中。 なお、Mk 41 VLS(8セル)の追加装備、Mk 92 FCSの改修によるESSM運用能力の付与、3次元レーダーの搭載、への対応などを含む近代化改修が計画されている。 登場作品• 映画 ルーベン・ジェームス FFG-57 Reuben James がの艦艇として登場。 レッド・ストーム作戦発動() ルーベン・ジェームス FFG-57 Reuben James が主人公の一人の乗艦として登場し、での護衛作戦などの描写において中心的な役割を担う。 オーシアの艦艇として登場。 シリーズ• 『World in Conflict』 パインバレー攻防戦やシアトル攻防戦において、前者は沖合に停泊している戦艦"ミズーリ"の護衛艦として、後者は艦隊の1隻として、マップ外部に配置されている。 Mk 13 GMLSは、アメリカ海軍所属艦においては順次撤去中。 SLQ-32 V 2はESM専用、 V 5はECM機能あり。 Norman Friedman, Arthur David Baker著 "U. destroyers" Naval Institute Press, 2004 384ページの記述による。 , October 19, 2008 参考文献• 大熊康之 『軍事システム エンジニアリング』 かや書房、2006年。 ISBN 4-906124-63-1。 小滝國雄「O. ペリー級の抗堪性」、『』第526号、海人社、1997年7月、82-85頁、 1105603071002。 野木恵一「O. ペリー級のメカニズム」、『世界の艦船』第526号、海人社、1997年7月、74-81頁、 1105603071002。 吉原栄一「艦隊のワークホース O. ペリー級 その設計思想」、『世界の艦船』第526号、海人社、1997年7月、70-73頁、 1105603071002。 関連項目 Webmaster Solution Alexandria A windows pop-into of information full-content of Sensagent triggered by double-clicking any word on your webpage. Give contextual explanation and translation from your sites! Try or get the SensagentBox With a , visitors to your site can access reliable information on over 5 million pages provided by Sensagent. com. Choose the design that fits your site.

次の

フジミ フリゲート サンタマリア

オリバー ハザード ペリー 級

第2次世界大戦では各国とも軍艦の大量建造を行いましたが、21世紀の現代においても同一艦型の大量建造が行われています。 現代軍艦で同型艦が最も多いのはどれか、また1艦種の大量建造をするのはなぜか、その理由を紐解きます。 軍艦における同一タイプ大量建造は調達コスト圧縮のため 自動車や航空機などと違い、船の世界はオーダーメードが基本です。 船主(オーナー)の要望に応じた設計をするため、同じような外観や排水量であっても、区画の割り方やエンジン、発電機などの異なっていることが多いです。 しかし軍艦の場合は少々、事情が異なります。 軍艦は、建造コストの低減や数をそろえたい時などは、同一設計の艦を大量建造することもあります。 そのため第2次世界大戦中には150隻以上も姉妹艦がいるタイプが存在しました。 オリバー・ハザード・ペリー級フリゲートの38番艦「ヴァンデクリフト」(画像:アメリカ海軍)。 21世紀の現代軍艦では、ここまで同型艦の多いタイプはありませんが、それでも50隻以上量産されたものがあります。 そこで今回は、満載排水量1000トン以上の水上戦闘艦に絞り、2020年現在も使われている艦型の中で生産数ベスト3について見ていきます。 第3位はアメリカのオリバー・ハザード・ペリー級フリゲートです。 通称O・H・ペリー級と呼ばれるこの艦型は、1977(昭和52)年から1989(平成元)年までの約12年間で51隻建造されました。 「フリゲート」とは、いわば対潜、対空、船団護衛などに用いる小型汎用艦のことで、駆逐艦よりも小さく、コルベット(後述)よりも大きなサイズであることが多い艦種です。 O・H・ペリー級は全長135. 6m(後期型は138. 1m)、基準排水量は約3200トン、満載排水量は約4100トンで、乗員は215名です。 武装は、76mm単装砲1門、25mm機関砲2門、20mmバルカン砲1門、対空ミサイル発射機1基などで、ヘリコプターを2機搭載しています。 O・H・ペリー級の大量建造は、1970年代に多数残っていた、第2次大戦中や終戦直後に建造された老朽駆逐艦を一新するために実施されたものです。 大量調達によるコスト削減を目的に、同一艦種の大量建造を採用しました。 2020年現在O・H・ペリー級は、アメリカ海軍からは退役しましたが、それらを中古で購入し使っている国が6か国ほどあるほか、オーストラリアやスペイン、台湾などはライセンス建造した準同型艦を運用しています。 外洋進出の拡大を支える大量建造艦 第2位は中国(中華人民共和国)の056型コルベットです。 NATO(北大西洋条約機構)コードで江島(ジンジャオ)型と呼ばれるタイプで、2013(平成25)年2月から2020年1月までの約7年間で50隻就役しています。 なお現在も建造は続いており、進水し就役を待っているものが2020年1月現在、22隻もあります。 よって2020年上半期中に、前述のオリバー・ハザード・ペリー級を超えることが確実であるため2位にしました。 また、後述の輸出したものは数に含めていません。 056型コルベット5番艦の「上饒」(画像:統合幕僚監部)。 「コルベット」とは、フリゲートよりも小型の汎用艦ですが、小型のため航続距離が短く、外洋における凌波性、すなわち大波を超えていける能力が限られることが多い艦種です。 そのため、原則として自国近海での運用が主体になることが多いといわれます。 056型は全長88. 9m、基準排水量1300トン、満載排水量1440トン、乗員は60名です。 武装は、76mm単装砲1門、30mm機関砲2門、8連装対空ミサイル発射機1基、対艦ミサイル発射機4基です。 ヘリコプターを艦内収容することはできないものの、飛行甲板は備えており、航空燃料の補充などは可能といわれています。 また056型は、ナイジェリアに2隻、バングラディシュに4隻の計6隻が輸出されていますが、これらは武装が減らされていたり、排水量が少なかったりと、若干の違いがあります。 中国海軍は2000(平成12)年前後から、急速な経済発展を背景に、軍備の近代化を進めました。 海軍戦力については、従来の沿岸防衛用の小艦艇主体から外洋艦隊としての大型艦の整備に舵を切りました。 一方で、領海警備に用いるフリゲートや魚雷艇などの旧式化も目立ったため、それらの更新用として調達されているのが056型コルベットです。 なお、056型コルベットの設計は中国海警局の新型哨戒船(巡視船)にも流用されており、武装を30mm機関砲1門に減らして、UAV(ドローン)を搭載しているそうです。 艦隊防空艦から汎用ミサイル駆逐艦への役割変更 第1位はアメリカのアーレイ・バーク級駆逐艦です。 いわゆる「イージス艦」と呼ばれる艦隊防空艦のひとつで、1991(平成2)年7月4日に1番艦が就役して以来、改良されながら約30年にわたって同型艦が建造されています。 2020年1月末までに67隻就役しており、同月末までに進水し就役を待つものが7隻あります。 さらに建造予定の艦が、起工済みのものを含めて、2020年2月現在で17隻あり、あと少しで100隻の大台に届きそうなほどです。 アメリカ海軍横須賀基地に停泊するアーレイ・バーク級駆逐艦の「カーティス・ウィルバー」(手前)と「ベンフォールド」(奥)(画像:アメリカ海軍)。 アーレイ・バーク級は段階的な改良によって、大きくフライトI、フライトII、フライトIIAと3タイプにわけられ、さらに2020年現在、最新型のフライトIIIが建造中です。 そのため、前期型のフライトIおよびIIと、後期型のフライトIIAおよびIIIではヘリコプター用格納庫の有無で全長が違い、前者は153. 8m、後者は155. 3mです。 このほかにも装備の更新によって、満載排水量がフライトIの8850トンから、最新のフライトIIIでは1万トンへと段階的に増えています。 また乗員数も、ヘリコプターを2基搭載するようになったことで、前期型では323名なのに対し、後期型では380名です。 武装は、127mm単装砲1門、25mm機関砲2門、20mmバルカン砲1門、各種ミサイルの垂直発射装置(VLS)が前期型で90セル、後期型で96セルなどとなっており、ヘリコプターは後期型のみ2機搭載しています。 なぜ、アメリカがここまでアーレイ・バーク級をそろえたかというと、1990年代に旧式化した50隻以上のミサイル巡洋艦/駆逐艦の更新に迫られたからです。 また高性能ながら多用途性に優れていたため、汎用駆逐艦代わりに建造され続けたのも一因です。 ただしイージス艦のため建造コストはその分割高で、最新のフライトIIIで約9億ドル、日本円で約950億円(1ドル105円換算)もします。 そのイージス艦を100隻近く建造しようとするアメリカは、やはり軍事大国といえるでしょう。 ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。 ポイントが加算されるのは、 2記事目、 4記事目、 5記事目の記事となります。 ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。 ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。 ニュース記事の更新は随時行われます。 ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。 犬がいるよ.

次の

ECナビ

オリバー ハザード ペリー 級

経歴 [ ] ペリーは海軍軍人である(1760年12月4日 - 1818年6月8日)と(1764年 - 1830年12月4日)の息子であり、末弟は日本の開国をもたらしたである。 ペリーはで育ち、1799年4月7日にに入学、卒業後は父親の、ジェネラル・グリーンに配属となる。 彼の初めての戦闘経験は1800年2月9日のであった。 米英戦争中の1813年9月に発生したエリー湖の戦いでは、敵艦を沈めることなく全部拿捕して勝利をおさめ、有名になった。 1819年の遠征で、土着の昆虫による疾病により死去した。 孫に画家の妻マーガレット 、その弟に文芸評論家で教師のトーマス・サージェント・ペリー。 トーマスは1898年にの教師として来日し、妻で画家のリラ・キャボット・ペリー と3人の娘とともに3年間日本に滞在した。 娘のうち三女のアリスはのの妻として1932年に再来日した。 栄誉 [ ] アメリカ海軍は、次の艦艇に、彼の名に由来する命名をした。 - 1843年建造のブリッグ• - 11番艦• - 149番艦• - 65番艦• - 1番艦 次に掲げる郡は、彼の名にちなんで命名された。 - 1820年成立 エリー湖中のサウス・バス島()には ()があり、に指定されている。 2013年はこの建造物をデザインした25セント硬貨がのひとつとして発行された。 兄弟で海軍提督を務めたにもかかわらず、フリゲートを除いてフルネームでの命名がされていない理由は、オリバーのエリー湖の戦いでの活躍がアメリカの小学校の自国の歴史の教科書に載って一般人にまで広く知られた著名な人物であるのに対し、弟のマシューは鎖国の日本との開国交渉を成功させた実績はあるものの、オリバーのような派手で決定的な功績もなく、オリバーのおまけ程度にしか認識されていなかったためである。 アメリカの一般人の会話で単に「ペリー提督」と言う場合のほとんどはオリバーのことである。 [ ] 脚注 [ ] [].

次の