五月雨で 意味。 【五月雨をあつめて早し最上川】の意味と季語は?実はヒヤリ経験だ!

五月雨(さみだれ)の意味と使い方の間違い!五月雨式とは?

五月雨で 意味

五月雨式の意味や読み方って!? 五月雨式は、「さみだれしき」と読みます。 「五月雨式」の意味としては、幾度か中断をはさみながら、ダラダラと長引いて続くことを表す言葉として使われています。 五月雨式の類語としては、・断続的・途切れ途切れ・だらだらと・ずるずると、などがあります。 では、五月雨式の「五月雨」は、どのような意味を持って使われるようになったのでしょうか? なぜ五月雨が用いられるようになったかと言うと、五月雨は旧暦の五月頃にダラダラと降ったりやんだりする雨、今で言う「梅雨」を表現する言葉として用いられていたようです。 このダラダラと降ったりやんだりする雨「五月雨」に「式」を付けると、「人が行う行動」と言う意味になります。 ですから、「五月雨式」は、中断をはさみながらダラダラと長引いて続く事を、丁寧な表現としてビジネスシーンで使われるようになりました。 例えば、納品であれば一度にすべて納品できず、数回にわけて納品するような場合、「五月雨式に申し訳ございません」というように使います。 メールであれば、状況の変化に応じて数通にわたりメールでやり取りした時などは、最後のメールで「五月雨式になってしまい申し訳ありません」としめくくるように使います。 会議などでは、意見や提案がうまくまとまらず平行線になってしまい、長引くことってありますよね。 そのような時に「会議が五月雨式になってしまった」と言うような使い方をします。 五月雨式の使い方や例文も 五月雨式の意味が分かったところで、今度は、ビジネスシーンでの使い方を見ていきましょう。 実は、こういったシーンで「五月雨式」を使うと、単に「申し訳ございません」と言うよりも、より丁寧で上品な印象を相手に与えることが出来るのです。 「何度もお手間をとらせて申し訳ございません」と意味ですので、女性の場合は、あえて「五月雨式」を使うと堅苦しい印象となってしまうかもしれませんね。 五月雨式は、「断続的に続く状態」を表す言葉でもあります。 ですから、こんなシーンでも使うことが出来ます。 ですから、一括で納品できないと伝えたとしても、「あれだけ大量に注文したんだから、一括で納品してよ」と強く要求される可能性があります。 ですから、ここで「五月雨式の納品になってしまい申し訳ありません」といってみましょう。 この表現は、言葉としては短いですが、意味としては「一度にまとめて納品できず(お手間をかけさせてしまって)申し訳ありません」となります。 ですから、相手の怒りを少しでも押さえつつ、どういった納品方法になるのかということも端的に伝えることが出来るのです。 スポンサーリンク 五月雨式をメールで使う場合は!? 五月雨式の使い方や意味に関しては、おおむね理解して頂けましたでしょうか? 上記でも、メールでの五月雨式の使い方を少しご紹介しましたが、ここでもう少し詳しく解説したいと思います。 例としては、自分だけの判断で処理することが出来ないような場合、上司や会社の判断をあおがないといけない時ってありますよね。 そのような場合、えてして何度も連絡を取らなければならなくなりませんか? このような場合でも、最後の連絡に「五月雨式になってしまい申し訳ありません」としめれば、「何度もお手間を取らせてしまい申し訳ありません」と言うよりスマートですよね。 取引先への納品が一度にできないような場合でも、「完成したものから五月雨式にはなってしまいますが納品させて頂きます」と連絡をしておけば、相手方にも誠意が伝わるメールになりますよね。 五月雨式を英語で使う場合は!? 五月雨式を英語で使う場合はどのような使い方ができるのでしょうか? 一度にまとめて、詳細が報告出来ない場合などに使う方法をご紹介します。 「途切れ途切れの報告になってしまい申し訳ありません。 」になります。 もし、英語で使う場合は参考にしてみて下さいね。 五月雨式と矢継ぎ早って使い方が違う!? 五月雨式の他に、続く時に使われる表現で矢継ぎ早と言う言葉がありますが、使い方や意味は同じなのでしょうか? 五月雨式が「断続的」「途切れ途切れ」「だらだらと」などの表現に使うのに対し、矢継ぎ早は「立て続けに」「間を置かずに」などの表現に使います。 続くと言う意味では、どちらも同じですね。 しかし、五月雨式が「途切れ途切れ」や「だらだらと」続く表現に使われることに対し、矢継ぎ早の「立て続けに」「間を置かずに」では、意味や表現としては反対になりますね。 「矢継ぎ早」の語源として、矢を次々と間を置かずに素早く射る事が出来る有能な武者の事を表現した言葉という事を考えれば、使い方や意味も変わってきますね。 まとめ 五月雨式は、基本的に謝罪をする時に使われる言葉ですが、ビジネスシーンでは謝罪の仕方もビジネスマンとしての評価を受ける対象となりますよね。 ちょっとした気遣いではありますが、より丁寧で上品な日本語の表現を使える事で、相手の印象も大きく変わってきます。 知っていて損のない表現の一つですから、ぜひ使ってみてくださいね。

次の

五月に降る雨ではない!「五月雨」の正しい意味と「五月雨式」の使い方

五月雨で 意味

つまり、五月雨とは『 旧暦の5月頃に降る長雨= 梅雨 つゆ 』のことをいいます。 梅雨が5月というのは違和感がありますが、それは旧暦と新暦の関係を考えれば解消します。 旧暦と新暦では、大まかにいえば一カ月位の ずれがあり、旧暦の方が遅れているということができます。 ですから、現在 新暦 の梅雨 つゆ の時期は 6月頃ですが、旧暦で表現すると「 五月」となります。 そして、旧暦が使われていた時代に生まれた「五月雨」という言葉は、当然のことながら旧暦に沿った意味を持っているわけです。 ここで、旧暦の時代から使われてきた言葉を表にまとめてみましょう。 ただし、 五月晴れの意味は従来のものから変化して、新暦5月のことを表わす言葉となっています。 従来の意味で使うのは、俳句などに限られつつあります。 これに対して、五月雨の意味は変化していないので、 「新暦5月の雨」の意味はありません。 五月晴れについては、こちらの別項目をご覧ください。 五月雨式の意味は? 「五月雨」は梅雨の時期の長く続く雨を表現することから、 物事が断続的に続くことのたとえにも使われます。 その代表的なものが「 五月雨式 さみだれしき 」です。 つまり、五月雨式とは「 物事を途切れながらも何度か続けて行なうこと」という意味になります。 具体的には、次のような使い方をします。 五月雨 式 ですみません• 五月雨 式 でお出しします• 五月雨式に納品する 最初の2例のように、「式」を省略した形でも使われます。 また、「五月雨式戦術」といった表現にも用いられます。 スポンサーリンク 五月雨の俳句 五月雨を詠んだ句は多くありますし、使ってみたくなるような魅力を持っています。 五月雨に関する句を、いくつか挙げておきましょう。 五月雨を 集めて早し 最上川 松尾芭蕉 五月雨の 降り残してや 光堂 松尾芭蕉 五月雨の 空吹き落せ 大井川 松尾芭蕉 五月雨や 大河を前に 家二軒 与謝蕪村 五月雨や 隅田を落す 筏舟 正岡子規 五月雨は 杉にかたよる 上野哉 正岡子規 五月雨は 人の涙と 思ふべし 正岡子規 【関連ページ】 五月雨の俳句は、ここに取り上げた以外に 20句を集めましたので、よろしければご覧になってみて下さい。 まとめ• 五月雨とは『 旧暦の5月頃に降る長雨= 梅雨 つゆ 』のことを意味します。 五月雨式とは「 物事を途切れながらも何度か続けて行なうこと」という意味です。

次の

「五月雨」の意味とは?「五月雨式」やメールでの使い方も解説

五月雨で 意味

「五月雨」の読み方 今更ですが、「五月雨」は何と読むでしょう。 「さみだれをあつめてはやし…」と俳句を思い出せばスッと出てきますが、「五月雨」だけ見て一瞬、「ごがつあめ?」「さつきあめ?」と迷ったことがある人はいませんか。 「さ」は旧暦5月を指す「五月・皐月(さつき)」から。 「水垂(みだれ)」には「雨が降る」という意味があります。 「さつきあめ」と読む場合もありますが、一般的に「ごがつあめ」とは読まないので注意。 「五月雨式」とは 芭蕉の俳句ぐらいでしか耳にしない「五月雨」よりも、「五月雨式(さみだれしき)」の方がビジネスパーソンにとっては馴染み深いかもしれません。 「五月雨式にすみません」というフレーズを聞いたことはないでしょうか。 「五月雨式」とは物事をまとめてではなく、小出しにして断続的に行っていくこと。 「五月雨」が表す梅雨の雨のように、少しずつ断続的に続いていく様に例えています。 ビジネスシーンではEメール等で質問や依頼、情報などをまとめてではなく小出しに送信、連絡していく様を表す言葉として使われています。 また、商品や書類などを小出しに納品、提出するような際も使用します。 「五月雨式にすみません」とは、まとめて連絡や情報提供できないことを謝罪する際の言葉です。 はいはい、これも「五月雨」と同じで5月の晴れた天気のことじゃなくて、6月の晴れ日のことなんでしょ と考えたあなた!半分正解で半分外れです。 たしかに 「五月晴れ」は以前は梅雨の合間の晴れ日のことを指しましたが、現在では5月の晴れ日のことも指すようになっています。 その証拠にを見ても「五月晴れ」の意味は「5月の晴天」とあります。 備考には「本来は旧暦の5月(さつき)からきたことばで、梅雨の合間の晴れのことを指していた」とあるように、誤用が一般的になり浸透していったようです。 ニュースや新聞で見聞きする「五月晴れ」は基本的に「5月の晴天」であると覚えておきましょう。 「さつきばれ」と読むと「梅雨の合間の晴れ」、「ごがつばれ」と読むと「5月の晴天」と使い分ける説もあります。 ちなみに、「五月雨」は気象庁では使用を控えるべき言葉として「予報、解説には用いない」と記載されています。 (立て続けにメールを送ってしまい申し訳ありません。 ) 「五月雨式」は断りを入れてから 誰でも連絡は、まとめてスマートに行いたいですよね。 報告や納品も同じです。 小出しにして提出するよりも、一度で終わらせた方が何だかできるビジネスパーソンっぽい… とはいえ、いつでもそんな風にうまくできるわけではありません。 自分の意思に反して「五月雨式」にならざるおえないこともあるでしょう。 また、戦略的に「五月雨式」にする場合もあります。 だらだらと理由もわからず「五月雨式」に連絡されたら腹を立てる人もいますが、あらかじめ「五月雨式になるかもしれません」といえば問題ないでしょう。 「五月雨式」になりそうなときは断りを入れておけばスマートです。

次の