ランキング 家族旅行。 小学生(6~12歳)と一緒に旅行!おすすめプランと成功させる術 [家族旅行・子連れ旅行] All About

家族旅行におすすめ!日本国内のリゾートホテルランキングベスト10

ランキング 家族旅行

まとまったお休みには、家族旅行! 国内とたいして金額の変わらない海外旅行もぜひ視野に入れてはいかがでしょうか? 子どもと一緒に海外へ出かけるメリットは多岐にわたります。 その中でも最も大きな部分が異文化体験。 小さいころから肌で異文化を感じることにより多様性を受け容れ、グローバル志向が身に着くといわれています。 新しいものに興味を持ち、広い視野をもつきっかけができるのは、普段とまったく違う環境にいてこそ。 また、そうした環境下では家族の絆もぐっと強くなるのもうれしいところ。 家族で海外旅行をすると、普段日本では決して味わうことができない体験を共有することができ、かけがえのない思い出となることは間違いありません。 そうはいっても、準備や現地でのトラブルなどを考えると一気に不安に。 第一、小さな子どもは海外に行ってもなにも覚えていなさそう……。 なんて、海外旅行に二の足を踏んでいる人も多いのでは? そんな心配も、この「海外家族旅行おすすめガイド」で家族で海外に行く魅力やポイント、先輩ママのアドバイスを読めば、一気に解消されるはず。 国内旅行では得られない、魅力いっぱいの海外ならではの家族旅行をおすすめします。

次の

家族旅行 人気ブログランキング

ランキング 家族旅行

「夏休みこそ、泊まりでゆっくりと旅行に行きたい!」 2人の娘が小学4年生と2年生になった我が家では、少しずつ子育てがラクになってきました。 自分で色々できるようになってきて、好奇心がどんどん旺盛になる時期だからこそ、学校が長期休みの時に旅行に連れて行ってあげたいと思っています。 しかし今までお盆の時期もずっと働き詰めの生活が続いていたために、夏休みにどこかに長期的に出かけたことがありません。 「さて、どうやって夏休みの旅行計画を立てたらいいやら。 」 お得なことが大好きな主婦だからこそ、お得に行ける方法で行きたい! でもその前に、まずは行きたいところをピックアップしてから計画を練ることが大事です。 海外旅行もいいのですが、まずは気軽に国内旅行からかしら? そこで夫と一緒に夏休みに国内で行きたい場所を絞り、行きたい場所順にランキングにしてみました。 もくじ• 第5位:南アルプス連峰や八ヶ岳に行きたい!山梨への旅 都心からでも車で約2時間で行ける距離で避暑地と行ったら、山梨県と長野県の県境にある南アルプス連峰です。 やっぱり夏場には、山の中の自然がいっぱいの避暑地に行きたくなりますよね。 シャトレーゼのアイスクリームの工場見学などもあり、子供でも楽しむことができます。 実は以前からテレビで放映していて、ずっと気になっているホテルがあります。 それがです。 実はママやパパには、とってもうれし過ぎる充実した宿泊プランがあるのです。 子供と添い寝ができるベッドがあったり、レストラン利用者に無料の託児サービスがあったり、子供専用のプールやジャクジーやカフェまで完備されているのです。 八ヶ岳でも高原乳絞りやバター作り、ポニーへの乗馬体験など自然がいっぱいあふれる中で体験することができます。 我が家からも中央道で行けば、約1時間半ぐらいで行けると思いますので、子供への負担も少なく夏場の暑さをしのげそうな旅行になりそうですね。 第4位:ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ!大阪への旅 東が「ディズニーランド」であるならば、西の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」に我が家としては、ぜひ行ってみたいです。 ハリーポッターの世界とか、ザ・フライング・ダイナソーとか、何だかメチャクチャ楽しそうじゃないですか! やはり子供がテーマパークや遊園地などが大好きであることが、行ってみたい1番の理由ですね。 私も大阪に1人旅に出かけたことがあるのですが、東京駅から新大阪駅まで新幹線で行けば 約2時間半で着くことがわかりました。 できればユニバーサル・スタジオ・ジャパンの近くのホテルに泊まって、お得なチケット付きのプランで申し込みをしたいです。 第3位:やっぱり青空いっぱいの海へ!沖縄への旅 夏休みに行きたい旅行先として、必ずと言っていいほど候補に上がるのが沖縄県への旅行です。 やっぱり我が家も同じように、夏休みの長期休暇を利用して遠出の旅行に行ってみたいです。 沖縄で子連れで行きたい施設と言ったら、「 沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)」ですね。 大きな水槽の中にジンベイザメがゆったりと泳いでいるのを見たり、熱帯魚やサメを手で触ったりできますので、子供はとっても喜びそうです。 沖縄料理屋が東京にもたくさん進出してきていて、物産展などで沖縄料理をいただくことも多いのですが、これが意外とおいしい! 夜は大人はゆっくりと泡盛を飲みながら、海ぶどうやラフテーなどの沖縄料理をたっぷり堪能したいですね。 第2位:日本一広いテーマパークがある長崎県への旅 約152万㎡、日本一広いテーマパークなのが「ハウステンボス」です。 九州最大級レベルのこの街でしか見ることができない、美しい花々に出会うことができます。 街のお城や塔、運河などが美しい光に照らされて、広大なガーデンや樹木にはイルミネーションがきらめきます。 広大すぎて、 1日では回りきれないほどの光のスポットが楽しめちゃうのです。 懐かしの1台から未来ゲームまで楽しめる日本初の「ゲームミュージアム」があったりして、ここでしか体験できないゲームアトラクションが続々登場します。 小学生ってゲームが大好きですから、子供でも飽きないで楽しめちゃいそうです。 私は最先端のロボットが対応してくれるに泊まってみたいです。 非日常の未知の体験ができそうですね。 第1位:暑い東京からでっかい避暑地へ!北海道への旅 家族旅行で1番の人気があってはずせないエリアと言ったら、やっぱりでっかい北海道です。 東京ってビル熱で灼熱地獄のように暑いですから、同じ30度でも自然がいっぱいで涼しくて、暑さの感じ方がまったく違うと思われるからです。 子供が楽しめる場所と言ったら、やっぱり「旭山動物園」でホッキョクグマやペンギン、キタキツネなどを見に行くことでしょう。 広大な大地に広がる「ラベンダー畑」を見て、心を癒やしに行きたいですよね。 できれば小学生のうちに、飛行機に乗る体験もして欲しいと思っているのです。 私の亡き父も、実は北海道の札幌市出身です。 クマ牧場やカニのすり鉢ラーメンを食べに行った記憶は、今でも記憶にハッキリと残っています。 たしかタクシーを1台1日中貸し切りで行きましたので、デッカイ道にはレンタカーが必須かもしれませんね。 1番旅費がばく大にかかりそうな北海道旅行ですが、スケールのでかい思い出が1番作れそうなのも北海道かもしれません。 プランによっては、 ガソリン満タン返し不要のレンタカー特典がついたお得なフリープランもあります。 綿密なスケジュールと計画次第で、高い北海道旅行が格安で行けるかもしれませんね。 子連れ旅行で1番大切なことは、子供目線で考えること オムツ替えばかりをしていた頃とは違って、小学生ぐらいになると行き先を考えることがとっても楽しくなります。 家族で一緒に貴重な思い出作りができますし、小学生ぐらいになるといつまでも記憶に残りますし、家族同士でキズナを深めることができるからです。 しかし、子連れで家族旅行に行くとしても、まだまだ小さい子供の意見なんて参考にならないからと、勝手に大人が行き先を決めてしまいがちです。 子連れで行くと迷子になったり、電車や車の中で暴れたり、ギャー!ってわめいて泣き出すことなんてしょっちゅうです。 もう旅先で、イライラ爆発です! だからこそ、子連れで旅行先を決める時にとても大切なことは、大人目線で考えるのではなく 子供目線で考えることです。 「我慢しなさい!」「静かにしなさい!」って言っても、子供は大人と違って長時間我慢することができません。 大人だったら行きたい静かな美術館や鑑賞するだけの博物館だったら、芸術が理解できなくてすぐに飽きてどっかに行ってしまいます。 長時間のバス旅行も、子供のほうが大人より数倍も酔いやすいために無理は禁物です。 ツアーバスだったらスケジュールの都合がありますから、バスを急に止めたり遅らせたりなんてできません。 大人の計画通りに行く場合もあるかもしれませんが、やはり 子供の特性などを考えて子供が楽しめる計画をすることが大切です。 子供目線から見て、楽しめる場所なのか。 子供が移動中に、疲れないプランなのか。 子供が無邪気になって喜べて、心から楽しめる観光地を選んでみることが、子連れの家族旅行を成功させるポイントになりそうですね。 一緒に旅行代理店に行ってみたり、パンフレットを持ち帰ってテーブルで広げて一緒に見るなどして計画してみるのも1つの手です。 予算も日程の都合もありますから、5箇所すべてに行くことができませんので、これから我が家では子供に聞きながら選定作業に入りたいと思います。 子供と大人が一緒にワクワクと楽しめるような、そんなステキな夏休みの思い出をいっぱい作っていきたいですね。 レジャー費を節約したいと思っている方は、こちらをどうぞ! USJの近くのホテルに泊まって、お得に行ける方法はこちら!.

次の

【家族旅行2020】コスパ重視!家族旅行におすすめ人気スポット|HIS旅プロ格安旅行|国内旅行温泉ホテル最安値予約

ランキング 家族旅行

日本屈指のレジャー地区である熱海や伊豆など、静岡県は観光名所揃い!世界文化遺産の「富士山」をはじめ、日本屈指の名瀑「白糸の滝」や青の洞窟や夕日の絶景が美しい「堂ヶ島」などの絶景スポットがあり、熱海温泉や伊東温泉、伊豆長岡温泉、下田温泉など数多くの温泉も魅力です。 お子さまと一緒に観光を楽しむらなら、憧れのSLに出会える「大井川鐵道」、可愛いカピバラがいる「伊豆シャボテン動物公園」、広場手作り体験も楽しめる「富士ミルクランド」、迫力のサファリゾーンが魅力の「富士サファリパーク」、無人島の水族館「あわしまマリンパーク」などもおすすめ。 グルメでは、駿河湾や浜名湖の新鮮な海の幸も要チェックです。 真っ白でサラサラの砂が美しい「白良浜」は、波がおだやかな海岸のため、子ども連れで楽しめる定番スポット。 ジャイアントパンダをはじめ、海や陸の動物たちと触れ合える「アドベンチャーワールド」も家族旅行におすすめです。 また、悠久の昔から信仰を集める熊野や高野山も魅力。 那智勝浦町には、「熊野那智大社」や「那智の滝」、「熊野古道 大門坂」もあります。 神秘的な空気が満ちる熊野古道の森で思いっきり深呼吸して、リフレッシュするのもおすすめです。 3密を回避するため、今年は海水浴場の更衣室設置がありません。 お台場観光なら、2018年にオープンの「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」もおすすめ。 圧巻のデジタルアートが体験でき、大人も子ども一緒に楽しめます。 そのほか、「上野動物園」や「サンシャイン水族館」など、可愛い動物たちに会えるスポットも要チェック。 郊外には、「サンリオピューロランド」や「三鷹の森ジブリ美術館」などの見どころスポットもあります。 横浜市内には、「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」や「カップヌードルミュージアム」、「八景島シーパラダイス」など子供と楽しめるレジャースポットが多数。 県内にはほかにも、見どころスポットが豊富な鎌倉や江の島エリア、温泉が楽しめる箱根や湯河原なども。 都内からもアクセスしやすい箱根エリアは、「彫刻の森美術館」や「フォレストアドベンチャー箱根」「箱根小涌園ユネッサン」など、お子さまと一緒に遊べるスポットも充実。 夏の思い出に残るひとときを過ごしてみませんか。

次の