ソフトバンク 光 フレッツ。 フレッツ光に戻したい!コラボ光から無料で戻す方法はある?

フレッツ光に戻したい!コラボ光から無料で戻す方法はある?

ソフトバンク 光 フレッツ

フレッツ光は定期契約期間内 更新月以外 に解約する場合には、NTT東日本で解約金が最大9,500円、NTT西日本で解約金が最大30,000円、工事費残債の支払いが最大18,000円必要になることもあるため、解約前に確認しておきましょう。 フレッツ光レンタル機器の返却 解約後は速やかにレンタル機器を返却しましょう。 光回線の撤去工事を行わない場合は、NTTから回収キットが送付されてくるので、同梱の『機器返却方法のご案内』に従って返却します。 利用中の携帯電話会社• お名前:• ふりがな:• 設置先ご住所:• 番地・号:• メールアドレス:• 質問がある場合は任意入力欄の『ご質問等』へ事前に記載しておくことで、連絡を受けた際に回答が得られます。 料金プランや工事の日程調整 料金プランや工事の日程調整などに関する確認の電話があります。 また『SoftBank 光 ご利用開始のご案内』がSMSまたは郵送で届きます。 土日祝日に工事を行う場合、土日工事割増金として+3,000円の工事費が加算されます。 ソフトバンク光を新規契約 フレッツ光を解約 する際の注意点 ソフトバンク光への乗り換えで損をしないために注意すべきポイントは、元々契約していたフレッツ光を解約するタイミングです。 無駄な費用を掛けたくないと考えて、元々契約していたネット回線を早目に解約してしまうと、乗り換え安心キャンペーンが適用されなくなってしまう可能性があるのです。 フレッツ光とソフトバンク光の契約期間を重複させる 光コラボ間の乗り換えなどの場合は、ソフトバンク回線が開通した後に元回線を解約する 契約が重複する期間を設ける ことで、不通期間を無くすことが可能となります。 契約が重複する期間を設けるメリット• 重複期間の分だけネット回線費用が増加する•

次の

フレッツ光からソフトバンク光へ乗り換えるには?転用の手続き方法解説!

ソフトバンク 光 フレッツ

目次 この記事でわかること• 結論!ドコモ光とソフトバンク光はスマホのキャリアに合わせて選ぶのがオススメ! ドコモ光とソフトバンク光は、どちらもNTTフレッツ光の回線を利用してサービスを提供している「光コラボ」です。 したがって 回線による提供エリアや速度の差はありません。 光コラボの特徴として、 フレッツ光から工事不要で簡単に「転用」することができます。 また、 ドコモ光とソフトバンク光間でも簡単に「事業者変更」が可能です。 事業者変更に関しては、「」で詳しく解説しています。 ドコモ光とソフトバンク光で異なるのは、料金・プロバイダ・IPv6による実測値の出やすさ・スマホとのセット割の内容などです。 ドコモ光とソフトバンク光の項目別比較 ドコモ光 ソフトバンク光 月額利用料 (2年契約) 戸建て:5,200円 戸建て:5,200円 マンション:4,000円 マンション:3,800円 新規開通工事費 戸建て:18,000円 24,000円 マンション:15,000円 スマホ割の対応キャリア docomo SoftBank 通信速度 最大1Gbps 最大1Gbps プロバイダ 24社から選択可 Yahoo! BBのみ IPv6対応 対応プロバイダを選択可能 オプション加入で対応 キャッシュバック額 最大15,000円 最大33,000円 キャンペーン ドコモ光新規工事料無料特典• 違約金最大10万円負担• したがって、光コラボ回線を選択するときの決め手は、「使用しているスマホのキャリア」となるでしょう。 ドコモ光とソフトバンク光の料金比較 光回線でのインターネットを契約する際に気になるのはやはり料金面です。 両事業者の月額利用料から初期費用、解約費用などについて詳しく解説していきます。 ネットの月額利用料はソフトバンク光が安い まずは毎月発生する月額利用料を比較していきます。 月々の支払金額としてはわずかな差であったとしても、年間で考えると大きな差になってきます。 【ソフトバンク光のタイプ別月額利用料】 ソフトバンク光の戸建てプラン 回線タイプ 月額利用料• ファミリー・ギガスピード• ファミリー・ハイスピード• ファミリー 5年契約(TV) 4,700円 2年契約 5,200円• マンション・ギガスピード• マンション・ハイスピード• マンションタイプでもソフトバンク光の方が200円安く、 料金面ではソフトバンク光に軍配が上がりました。 ドコモ光の特徴としては「20社以上のプロバイダから好きなプロバイダを選べる」という点で優位だといえます。 定額プランの「タイプA」「タイプB」とは、タイプ毎に選べるプロバイダが異なるという違いがあるのです。 初期費用・解約費用は同程度 次に、月額利用料以外に必要な費用を比較してみましょう。 ここでは「契約事務手数料」「解約違約金」「初期工事費」を比較していきます。 解約手数料は、 戸建てプランに関してはソフトバンク光が安価、マンションプランに関してはドコモ光の方が安価です。 初期工事費はドコモ光の方が安価ですが、フレッツ光からの転用や事業者変更の場合、初期工事は不要なので初期工事費の差はあまり気にしなくても大丈夫です。 光電話の料金もほぼ変わらない オプションである光電話は、NTTの加入電話よりも安価なので利用する人が多いです。 両事業者の光電話料金を比較してみましょう。 スマホ割は家族で使う場合にはドコモ光がお得 スマホとのセット割はドコモ光、ソフトバンク光ともに存在します。 ドコモ光は 「ドコモ光セット割」、ソフトバンク光は 「おうち割光セット」という名称です。 両者とも家族が使用しているスマホ・ケータイ料金が月々割引されるというサービスなので、家族に同じスマホキャリアのユーザーが多いほどお得になってきます。 大きな違いは、ドコモ光セット割はシェアパックも対象となっていて、おうち割光セットはそうではないという点です。 それぞれの特徴については、以下で解説していきます。 ドコモ光のセット割 ドコモユーザーの家族なら全員月々のスマホ代が割引になるサービスです。 割引額は契約プランによって異なりますが、 500円~1,000円となっており、さらにシェアパックも対象となります。 シェアパックの割引額は100円~3,500円です。 最大20回線の登録が可能で、条件としてのオプション加入も必要ありません。 もあわせてご覧ください。 ソフトバンク光のおうち割 光セット ソフトバンクユーザーの家族なら全員月々のスマホ代が割引になるサービスです。 契約プランによって 500円~1,000円の割引を受けることができます。 最大10回線の登録が可能です。 申し込みには「光BBユニット」「Wi-Fiマルチパック」「固定電話サービス」の3つのオプションに加入する必要があります。 もあわせてご覧ください。 通信速度の比較 インターネットを利用するにあたって無視できないのが通信速度です。 快適にインターネットを利用するためには、通信速度の実測値がとくに重要になってきます。 最大速度は1Gbpsで共通 ドコモ光とソフトバンク光は、同じNTTフレッツ光回線を使用した光コラボなので通信速度は どちらも最大1Gbpsで共通しています。 しかし、1Gbpsはベストエフォートですので、利用環境や時間帯などによって実際の通信速度は大きく左右されます。 同じ光回線を契約しているとしても、利用している地域やそのエリアでの利用者数によって差が生まれることになります。 IPv6による高速通信はどちらも対応 従来の接続方式であるIPv4は、混雑が起こりやすく通信速度の低下が目立ってきています。 そこに登場したのが新しい接続方式である IPv6です。 このIPv6という接続方式を利用すると、通信がスムーズに行われるため、 安定した高速通信が可能です。 ドコモ光とソフトバンク光は、どちらもこのIPv6に対応していますが、対応しているからといってだれでも利用できるわけではありません。 ドコモ光では「IPv6対応のプロバイダを選ぶ」こと、ソフトバンク光では「光BBユニットを使用する」ことが必要です。 やもあわせてご覧ください。 キャッシュバックなどのキャンペーンはソフトバンク光が豪華 光回線を契約する際に契約特典として受け取れるのが月額利用料割引やキャッシュバックキャンペーンです。 ドコモ光とソフトバンク光もそういった公式キャンペーンを展開しています。 ドコモ光では、 dポイントを新規・乗り換えなら5,000pt、転用なら5,000ptのプレゼントを実施しています。 ソフトバンク光では、 乗り換え新規で最大24,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。 金額的に比較すると、キャッシュバックキャンペーンに関してはソフトバンク光の方が優位であるといえるでしょう。 ただし、ドコモ光はdポイントでの還元ということで、現金ではありませんので注意してください。 なお、どちらの回線も契約する際に公式サイトから申し込むと公式キャンペーンしか受け取ることができません。 公式サイトからではなく、 ネット代理店から申し込むと、代理店独自のキャンペーンも一緒に受け取ることができるため、確実にお得です。 それでは、ドコモ光、ソフトバンク光のオススメキャンペーン窓口をそれぞれご紹介します。 ドコモ光のオススメキャンペーン窓口 「ドコモ光を契約するならココ!」というネット代理店を紹介していきます。 キャッシュバックキャンペーンに特化した代理店ですので、お得に乗り換えたい人にオススメです。 GMOとくとくBB GMOとくとくBBは、平均の実測速度を公表するなど、速度に対し自信をもっているプロバイダなので、特に 速度重視の方にはオススメです。 回線混雑を避けて安定した高速通信ができるIPv6対応サービス「v6プラス」の利用が可能なうえ、無料でレンタルできる無線LANルーターを使えば、めんどうな設定なくv6プラスを使えます。 またGMOとくとくBBではキャッシュバック額も最高額の 最大20,000円のため、お得に契約できますよ。 その中でもとくにオススメの代理店を紹介します。 NEXT NEXTからの申し込みで受け取れるキャッシュバック額は 33,000円です。 有料オプション加入も必要ありませんし、受け取りは最短2ヶ月後というスピード入金。 さらに、電話で口座情報を伝えるだけでキャッシュバック申請が完了するため、受け取り手続きが簡単で受け取り忘れの心配もありません。 なお、キャッシュバック額を減額して高速Wi-Fiルーターを選ぶこともできるほか、キャッシュバックを受け取らずに Nintendo Switchを選ぶことができますよ。 その内容と手順を詳しく解説していきます。 2019年7月から始まった「事業者変更」で簡単に乗り換えができる 以前は面倒な手続きや開通工事の手間などでなかなか踏み切れなかった乗り換えですが、 2019年7月1日から導入された「事業者変更」でハードルがかなり下がったといえます。 乗り換えに伴う工事が不要に 光コラボレーション事業者間での回線再利用が可能となったため、 以前は乗り換えるたびに行われていた開通工事が不要となりました。 それにより初期工事費用も必要なくなったので、気軽に回線の乗り換えに踏み切るユーザーが増えることが見込まれます。 電話番号も引き継げる 以前はNTT発番の電話番号を「アナログ戻し」という手法で引き継ぐしかありませんでしたが、光電話で使用していた電話番号を引き継げるのも「事業者変更」の大きな特徴のひとつです。 事業者変更の流れ それでは、実際に事業者変更を行う流れを説明していきます。 解約更新月の確認 違約金を回避するために解約更新月を狙って手続きしましょう。 「事業者変更承諾番号」を入手 契約している光回線へ連絡し、「事業者変更承諾番号」を発行してもらいます。 手続きに必要となりますが、有効期限が発行から15日以内なので計画的に入手するようにしましょう。 乗り換え先へ申し込み 事前に入手した「事業者変更承諾番号」を使って申し込みを行います。 切り替え日の決定 事業者変更は工事不要なのでタイムラグなしで切り替えることができます。 レンタル品を返却する たとえばソフトバンク光であれば「光BBユニット」などのレンタル品があるかと思います。 期日までにきちんと返却しましょう。 事業者変更の注意点 手順自体は簡単な事業者変更ですが、その中にも注意点が存在します。 あとでトラブルにならないようにきちんと頭に入れておきましょう。 初期費用と解約費用は発生 開通工事が必要ないことから、工事費は発生しませんが、初期費用である契約事務手数料や、更新月以外での解約に伴う解約違約金は発生してします。 プロバイダは変わる ドコモ光とソフトバンク光では取り扱っているプロバイダが異なります。 したがって、事業者の切り替えの際にはプロバイダも変更となります。 まとめ ドコモ光とソフトバンク光には、料金面・速度面から見ても大きな差はありませんから、決め手となるのは使っているスマホのキャリアであることが分かりました。 スマホとのセット割は光回線契約に切っても切れない関係があります。 よりお得に光回線とスマホの両方を利用するためには、同じキャリアの光回線を選択することをオススメします。

次の

フレッツ光からソフトバンク光へ転用!乗り換え前に知るべきデメリット

ソフトバンク 光 フレッツ

2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」• 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」• 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」 などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。 もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば下記の相談窓口がおすすめです。 こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。 【電話番号】 (通話料無料) 【受付時間】10:00~21:00 目次• 今お使いの光コラボから「事業者変更承諾番号」を取得 まず、今お使いの光コラボに「事業者変更承諾番号」を発行して欲しい旨、連絡をします。 なお、今のところ多くの光コラボ事業者では、「事業者変更承諾番号」の発行をネットでの受付ではなく電話での窓口で行っていますので、まずはお使いの光コラボのサポートセンターへ電話をして「事業者変更承諾番号」の発行窓口を教えてもらいましょう。 「事業者変更承諾番号」の有効期限内にフレッツ光に「事業者変更」で申し込む 「事業者変更承諾番号」には有効期限があり、発行日からカウントして15日間ですので、「事業者変更承諾番号」が発行となりましたら、速やかにフレッツ光に申し込み手続きを行いましょう。 申込み窓口などについては、次のとおりです。 <NTT東日本>• 電話番号 0120-112335• 受付時間 9時~17時(土日・休日も受付) <NTT西日本>• 電話番号 0120-116116• プロバイダに申し込む フレッツ光だけではインターネットを楽しむことができませんので、プロバイダにも申し込みをしましょう。 なお、「WITHフレッツ」に対応しているプロバイダなら、フレッツ光の申込時に同時に申し込めて、さらにプロバイダ料が割引になる場合がりますので、簡単でお得で良いかもしれませんね。 フレッツ光の開通 これで手続きは完了となり、事業者は光コラボからフレッツ光になります。 無料で戻す方法はこんなとき 無料でフレッツ光に戻す方法について、お話しようと思います。 <初期契約解除制度> 無料で戻す方法としては、消費者保護制度として以前からある「初期契約解除制度」による契約の解除があります。 これは、光コラボの契約書面が届いた日を初日として8日間が経過するまでは、相手事業者の合意なく利用者の都合のみにより違約金0円で契約を解除できる制度です。 いわゆる「クーリングオフ」に相当する消費者保護制度ですので、無料で契約解除できる期間が8日間と短く、違約金は0円になりますが、既に光回線の開通工事が行われている場合には、工事費の支払いが必要になってしまいます。 <事業社変更(再転用)> これは、2019年7月1日から開始された新しい制度で、今光コラボで使っている回線や電話番号をそのまま使って、フレッツ光に再転用する方法です。 ポイントは、回線をそのまま使うので、解約時の「撤去工事」新規申込時の「開通工事」が不要なため、これらの工事費も無いところです。 つまり、今使っている光コラボの契約更新月の期間中に事業者変更(再転用)でフレッツ光に申し込めば、光コラボの違約金も工事費も無料でフレッツ光に戻すことが出来ます。 以前と比べて何が違う!?アナログ戻しが不要に! 以前は、光コラボからフレッツ光や別の光コラボに乗り換える場合、今使っている光電話の電話番号が消滅してしまう場合があり、これを理由に乗り換えを諦める人も多かったようです。 具体的には、• つまり、2. の場合だけ電話番号の存続が可能で、そのためには「アナログ戻し」が必要でした。 この「アナログ戻し」とは、• 光コラボを解約して 光回線を廃止する• この際に、電話番号を番号ポータビリティで残す旨光コラボ事業者とNTTに連絡する• 新規で加入電話(アナログ回線)を引いて電話のみ開通させる• フレッツ光とプロバイダ新規でひかり電話オプションを付けて申し込み、フレッツ光を開通させる という複雑な手続きで、工事を何回も行うため時間とお金がかかり面倒なものでした。 しかし、2019年7月1日から事業者変更がスタートしましたので、工事不要で工事費も不要、そして時間も大幅に短くなり、簡単に光コラボからフレッツ光に戻すことができるようになりました。 事業者変更の注意点!事業者によって番号の取得方法が違う! 事業者変更は始まったばかりの制度ですので、今の所光コラボ事業者によって取得方法が違っています。 例えば、次のような場合は、「事業者変更承諾番号」を発行してもらえない場合もありますので、注意が必要です。 <事業者変更承諾番号が取得できないケース>• 未払い金がある• 利用停止の手続き中• 料金プランなどの変更手続き中• マンションやアパートの管理会社や建物オーナーと特別な料金で個別にインターネット回線を契約(独自回線でインターネット完備になっているマンションやアパートなど) 特に、工事費については、光コラボにより金額や分割支払期間が違っており、事業者変更で解約する場合でも工事費に残債がある場合は一括請求となる可能性が高く、違約金以外に解約費用として調べておく必要があるかもしれません。 また、どの光コラボ事業者も自社サービスを解約されるのは嫌なものです。 このため、「事業者変更承諾番号」の窓口のオペレーターから熱心過ぎるリテンション活動(ユーザーの引き止め)が行われる可能性があります。 基本的にリテンション活動が行われても、利用者からリテンション活動を中止するよう求めれば、オペレーターは直ちにリテンション活動を中止して、事業者変更承諾番号の発行の手続きを進めるべきなのですが、実際はオペレーターも簡単には「事業者変更承諾番号」を発行してくれないかもしれません。 このような場合は、一人で悩まず、相談窓口を利用するのも良いかもしれませんね。 相談窓口としては、色々なトラブル事例を扱っている公的な消費生活センターなどもありますが、その道のプロがインターネット回線に特化し、相談を行っている窓口を利用するのも「あり」ですね。 「フレッツ光に戻したい」「無料で他コラボに切り替えたい」そんなあなたは下記の 相談窓口を利用するものいいかもしれません。 【電話番号】0120-716-715 (通話料無料) 【受付時間】10:00~21:00 5. まとめ 事業者変更についてお話してきましたが、今の光コラボからフレッツ光に戻したい人にとっては、とても良い制度ですね。 工事不要で工事費0円で、さらに、フレッツ光に戻しても今と同じ電話番号がそのまま使えるメリットは大きいです。 しかし、「事業者変更承諾番号」を取得するには、契約中の光コラボの電話オペレーターからの熱心過ぎるリテンション活動(ユーザーの引き止め)が行われ、なかなか「事業者変更承諾番号」を発行してくれない可能性もあります。 また、工事費残債や契約更新月以外で解約する際に発生する違約金などの解約費用にも注意が必要ですね。 このような場合は、一人で悩まずに相談窓口を積極的に利用して、スマートにフレッツ光へ戻しましょう! 最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。 そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。 ちなみにここなんかおすすめです。

次の