五行占い 色。 四柱推命の五行ラッキーカラーの応用でさらに運気パワーアップ!!!

四柱推命の五行ラッキーカラーの応用でさらに運気パワーアップ!!!

五行占い 色

Contents• 五行とは 五行(ごぎょう)とは、陰陽と同じく四柱推命という占いでは必須の古代中国の思想であり、 『この世のありとあらゆることは、木・火・土・金・水の5つに分類出来る』という考えです。 五行の始まり 先代旧事本紀大成経によると、始まりは太古。 混沌の状態であった時代に、 冷たい要素が北に移動し、これが水、 暑いものが南に移動し、これが火、 陽気が東に移動し、これが木、 陰の要素が西に移動し、これが金、 最後に残った要素が中央に集まり土を生じたとされています。 五行は『木・火・土・金・水』の五つに分けられていますが、陰陽と同様に あくまで代名詞に過ぎません。 季 方 臓 色 味 木 春 東 肝臓 青 酸味 火 夏 南 心臓 赤 苦味 土 土用 中央 脾臓 黄 甘味 金 秋 西 肺臓 白 辛味 水 冬 北 腎臓 黒 塩味 五行のバランスを調べると 四柱推命による本格的な占いが出来なくても、ご自分の命式を調べることによって様々なことが分かるようになります。 あくまで五行のみという限定付きなのですが、命中のバランスが片寄っていれば片寄っているほど、五行の本質が性格に表れます。 たとえば水が多い人は時代に合わせた革新派であるし、逆に土が多い人は世に流されず信念を貫く性格になります。 そして四柱推命で必ずぶつかる矛盾した占い結果をどう判断するのか、という点も同じです。 たとえば土と水だけで構成された人。 この2つは完全に真逆の性質なので、これが命中にあると互いに打ち消し合う、ということではなく、矛盾した2つの気が同時に存在します。 つまり、ある信念を貫き通した結果、それが時代に革新をもたらす、ということになります。 また、木と水は感情と変化が全面に出ますし、火と金は法則と分析が全面に出ます。 これが適職診断をする上でも役立ちますし、また性格面での相性を調べるのにも役立ちます。 五行 性格 木が多い人 怒ったり、泣いたり、笑ったり、慈しんだり。 人間味のある感情面が中心となります。 火が多い人 決められたルールや法則が思考のベースとなります。 このために数学に強くなります。 土が多い人 現状維持。 これが言動のベースとなります。 状況次第では信念とも頑固ともなります。 金が多い人 分析、観察。 感情には左右されず冷静的。 ある意味で人間味にかける欠点もあります。 水が多い人 適応能力。 変化に対応できる革新派。 ただしころころ意見を変える性格でもあります。 五行は陰陽と同じく暗記は不要 このことは四柱推命という占いでは全般的に言えることなのですが、暗記は不要です。 例えば一部の占いでは水の色はブルーであることからラッキーカラー(色)は『ブルー』とされています。 ですが、水=水そのものではなく、水の様に絶えず変化する、と言うのが五行『水』の本質です。 つまり、新しいものに順応できる、変化に対応できる、捕らわれない、と言う意味です。 ですから水の場合も、ラッキーカラーは『ブルー』でも何でもないので、パワーストーンを始め、身につけた 開運グッツも無意味となります。 そして、前述の陰陽と同様に古代中華思想である四柱推命において丸暗記は不要であり、全般についても言えます。 五行の本質もすべては5つに分けられるということであり、本に載っているようなことを 丸暗記する必要は一切ないのです。

次の

五行

五行占い 色

の記事を読んでくださる人が増えてきたので、もう1つ関連する記事を書いてみました。 を使って出てくる、• 金運をUPしたい時。 1つ手前の五行を強くするとよりパワーアップ• 1つ先の五行を強くするとパワーダウン という 合わせ技で、さらなる運気アップを図ろう!という記事です。 お稲荷さんについてはいろいろな説があるので、ここでお話することも、その諸説の中の一つと言う程度にお考え下さいね。 金運を高めるカラーは白。 なので白狐!? 全国にある「お稲荷さん」と呼ばれる稲荷神社は、 『商売繁盛』や 『金運UP』のご利益がある神社らしいのですが、お稲荷さんでは白いきつね(白狐・びゃっこさん)が神様のお使いということで、神社の境内には狐の石像があります。 「なぜお稲荷さんのお使いは狐なのか?」と言うことに関しては、よくわかっていないようですが、 きつねの色が白いのは、金運UPの色が白だから という説があります! 神社などでは、 木火土金水(もっかどごんすい)という5つの要素に基づいた、陰陽五行説の考えが古くから存在します。 五行は、四季・方位・色などのあらゆるものに配されています。 木-東-青・緑• 火-南-赤• 土-真ん中-黄色・茶色・金色• 金-西-白・銀色• 水-北-黒 金の五行=西。 西は金運を司る方位であり、西の色は白! と言う具合に、各方位に合った五行色を配置することで、その方位のパワーが高まる、という考え方になります。 最近の風水は、日本古来の陰陽五行(大昔に中国から伝わったものをベースに確立されたもの)と、明治以降に外国から入ってきた教えが入り混じったものに変化しています。 風水では「西には黄色」が一般的ですが、日本古来の風水は、 『東の青龍、南の朱雀、西の白虎、北の玄武』という四神を象徴としたものであり、よって「西は白」なのです。 ちなみに 『中央は麒麟』。 なので、街道の中心である日本橋には麒麟像があるのだと思います。 他にも、時々祀られている白蛇についても、白狐と似たような理由で金運UPの守り神とされたのかもしれません。 「しろへびの皮をお財布に入れる」という話は有名ですもんね。 最近ではシロフクロウとか…白いものなら、何でも金運UPの象徴になるのか?と言われれば微妙ですが、まあ、西側に白いグッズを置いたりすれば、気の流れが良くなって、お金がどんどん舞い込んでくるはず!? なのであります! お供えの油揚げは土の色 さらに、白狐に油揚げをお供えするのはなぜか? 油揚げが好物だとか、狐が好きな食べ物の味に似ているとか、ネズミの油で揚げたものだとか、こちらも諸説あってどれが本当かはわかりませんが、昔、ある占い師の先生に聞いた話では、 さらなる金運UPを目論んで、 金のひとつ手前が 土だから、 土の色の品をお供えすることにしたそうで、 茶色い「油揚げ」が供えられるようになったのだとか。 一つ手前の五行を強くすることで、さらなるパワーアップを狙った、という訳です! 更にもう一つ手前の火の色は赤い鳥居 さらにさらに、 もっともっと金運をUPしたい!!!ということで、もうひとつ手前の 火の色である 赤まで持ってきた! というのが、 赤い鳥居なのだそうです。 確かにこれだけ鳥居が重なっていれば、ものすごいパワーが生まれそうな気がしますね まあ、ちょっと強欲な気もしますし、大嘘かも知れませんが、こんな説もあるのだということで記事にしてみました。 という訳で、大事な勝負を賭けるような時は、ラッキカラーに、さらに一つ手前のカラーを組み合わす、合わせ技を試してみてください。 (効果は保証できませんが…) 以上となります。 最後までお読みいただきましてありがとうございました。

次の

生年月日を入れたら四柱推命のラッキーカラーがわかる!色のパワーを利用して開運しちゃおう!

五行占い 色

もくじ• 五行思想(五行説)とは 五行思想(ごぎょうしそう)とは、古代中国で生まれた自然哲学の思想で 「万物は木・火・土・金・水の5種類の元素から成る」という考え方です。 また、その5元素は互いに影響を与え合い、その相互作用によって天地万物が変化し循環する、という考えにつながります。 五行思想は、のちの陰陽思想と結びつき「陰陽五行説」として語り継がれてきました。 陰陽五行説は風水や四柱推命の起源にもなり、さまざまな形で現在社会に影響を与えています。 五行思想と色 五行思想では、色をはじめ、森羅万象すべての要素が「木・火・土・金・水」の五つの要素にわけられ、象徴的に表されています。 五行「木」 【五色】青(緑) 【五方】東 【五時】春 【五星】木星 【五臓】肝臓 【五情】喜 【五形】垂直 【五神】青龍 五行「火」 【五色】赤 【五方】南 【五時】夏 【五星】火星 【五臓】心臓 【五情】楽 【五形】三角 【五神】朱雀 五行「土」 【五色】黄 【五方】中央 【五時】土用(季節の変わりめ) 【五星】土星 【五臓】脾臓 【五情】怨 【五形】四角、水平 【五神】麒麟(人) 五行「金」 【五色】白(金、銀) 【五方】西 【五時】秋 【五星】金星 【五臓】肺臓 【五情】怒 【五形】円、ドーム 【五神】白虎 五行「水」 【五色】黒(青) 【五方】北 【五時】冬 【五星】水星 【五臓】腎臓 【五情】哀 【五形】波、不規則 【五神】玄武 五行の相互作用(相生・相剋) 五行にはいろいろな相互作用がありますが、主なものは 相生(そうじょう)と 相剋(そうこく)です。 ・木は土から栄養を吸い取り ・土は水の流れをせきとめて汚し ・水は火を消しとめ ・火は金属を溶かし ・金属は木を傷つける 相生と相剋のバランス 一般に相生は相性の良い組み合わせ、相剋は相性が悪い組み合わせとされますが、相生と相剋は陽と陰の関係であり、両者が存在してこそバランスが成り立ちます。 エネルギーは高ければいいというわけではありません。 時には抑えることも必要でしょう。 五行思想を使うと、気の足りないところに相生の効果を与えたり、気が暴走しているところに相剋の効果を与えたりする目安になります。

次の