ドラレコ 取り付け。 【初心者向け】ドライブレコーダーの取り付け方法

リアにおすすめのドライブレコーダーと取り付けについて

ドラレコ 取り付け

ドライブレコーダーの取付工賃の相場は?いくらくらいかかる? ドラレコの取り付けをプロにお願いするとなると気になるのが取り付け工賃ですよね。 お店での工賃は、ドラレコに限らずカーナビやカー用品の取り付けやタイヤ交換なども、 お店で買った場合と持ち込みの場合とで工賃が変わることが多いです。 ショップでの購入と取付を一緒にする• ネットなどでドラレコだけを買って、別の場所で取り付けを依頼する 二つのケース別に取り付けにかかる費用の相場を紹介します。 お店で購入したドラレコをお店で取り付けしてもらう場合 オートバックスでは5,500円からとなっていて、イエローハットでは5,000円からとなっています。 ただし、ドラレコは機種によって工賃が代わりますので、実際の工賃はお店で確認する必要があります。 また、取り付けるドライブレコーダーのカメラの位置や数によっても変わります。 ・前方のみ:5,000円~ ・前後:12,000~17,000円程度 ・後方のみ:12,000~15,000円程度 参考:, ネットで購入したドラレコをお店で取り付けしてもらう場合 持ち込みに関する工賃は、1万円以上すると考えておいて下さい。 お店によって違うので問い合わせが必要ですが、私が近所のオートバックスで、前後カメラの持ち込み取り付けについて聞いてみたら「現物と車を実際みてからにはなるが、12,000円以上」と言われました。 持ち込みで前後にカメラを取り付ける場合、25,000~35,000円くらいは覚悟しておきましょう。 実際に見積もりを取るともっと高くつく場合もあるのかも知れません。 カー用品店だけではなく、車関連の工場で取り付けを依頼することもできますが、それぞれの場所で工賃が変わります。 その際には、実際に車でドラレコを持参して工賃を確認してみる必要があります。 ドラレコはネットショップなどで、以前に比べると比較的安く購入できるようになっていますが、紹介したとおり取付工賃が高いので、トータルのコストが高くついてしまうことがあり、注意が必要です。 ディーラーでドラレコを取り付けてもらう場合 車を購入したディーラーに依頼をすることで取付工賃を安く済ませられる可能性があります。 工賃の目安は下記のとおりです。 ・前方のみ:5,000~10,000円程度 ・前後:10,000~15,000円程度 ただ、ドライブレコーダーの取り付けはあまり売上につながらないため、積極的には行っていないため断られる可能性もあります。 ドライブレコーダーの取付工賃が安いところはどこ? ドラレコの工賃は、店舗で買ってそこで取付てもらうか、ネットショップで買って持ち込みの取り付けをお願いするかで大きく変わってきます。 また、工場によって工賃がかなり変わってきますので、一番安いところを見つけるというのは簡単ではありません。 ドラレコの取り付け工賃が安いのは「イエローハット」 イエローハットで買ったドラレコをお店で取り付ける場合の5,000円~というのが一番お得感がある価格です。 ドライブレコーダーの取付!配線が複雑な場合はお店に頼む必要がある! ドライブレコーダーは、基本的に普通のビデオカメラと同じような構造をしています。 車のフロントガラスなどに装着できるように、極限までコンパクト化してあるのです。 そのため、基本的なパーツとしては次の通りでシンプルです。 撮影するためのカメラ• 保存するSDカードを含むメモリー• 電源パーツ• 装着用の吸盤やフック となります。 ドラレコ自体を、フロントガラスに固定するのは簡単で、機種によっては吸盤で貼るだけで終わりです。 しかし、 電源を取るために車の配線につなぐ必要があり、その作業が面倒になることがあります。 実際に取り付け作業を紹介している方の動画がありました。

次の

ドライブレコーダー取り付け方法。配線を隠すプロの付け方

ドラレコ 取り付け

過失の証拠がバッチリ記録されるので、言い逃れができない。 そう、当たり前だけど、 安全運転とは意識の問題で、 ちょっと気をつけるだけで防げる事故は多いということだ。 このデータが本当なら、いっそのことドライブレコーダーを 全車義務装着にしてしまえば、日本の交通事故の 総件数は半分ではないか!(天才的発想) というわけじゃないのだが(優良ドライバーなので!)、我がハイエースにもドライブレコーダーを取り付けました。 今回は筆者48Rが購入したドラレコについてと、取り付け方法&レビューの記事です。 ネットで色々調べて購入したのだが、 ちょっと失敗した部分もあるので、反面教師にしていただければと。 反省を活かしたオススメのドラレコも紹介してます。 購入経緯 自分の希望というより、嫁くんのリクエストだ。 交通事故をしてしまったとき、 相手側に言いくるめられて不利にならないよう証拠になるものが欲しいのでドライブレコーダーをつけたいと言われた。 確かに当り屋(今時いるのか?)や、自分の非を認めないような人と事故を起こすと、面倒なことになりかねない。 確固たる証拠になる映像記録は残しておくべきと思い、購入することにした。 最近の機種は駐車中も衝撃でドライブレコーダーが作動するので、当て逃げにも対応できるのも魅力的だ(後述するが、この機能はキャンセルして使うことになったのだが。。 ) 夜間撮影に優れたコムテックHDR-352GPHを購入 色々とネットを徘徊して吟味した結果、大型カメラセンサーで感度が高く、駐車中も監視機能のあるHDR-352GPHを購入。 以下、購入した動機などについて。 駐車監視機能が欲しかった(と、購入後の落とし穴) この機能欲しさにこの機種を選んだのだが、なんとこの機能は 車のバッテリーに負荷がかかるので、毎日乗る人以外推奨されてない! そんなバナナ! 上の赤枠で囲った項目に該当するドライバーなんてごくわずかな気もするが。。 バッテリーを一年以上使用すると、監視機能は推奨されなくなってしまうようだ。。 下の画像の商品WEBページにはなにも書いてなかったんだけど! ま、駐車場監視機能はバッテリーの電圧が下がると自動停止するし(停止する電圧も高い低い選べる)、監視機能ユニット自体にもONOFFスイッチがついているので、すぐさまバッテリー上がりするような機能ではないとは思う。 ただ、購入前はこの機能はドラレコの内部バッテリーで作動するのかと思っていたので、車のバッテリーの常時電源に接続するというのはちょっと抵抗がある。 仮に「電圧が下がると停止する機能」が壊れると、簡単にバッテリーが上がってしまうことになる。 取説には二日以上車乗らないときは駐車監視ユニットのOFFが推奨されているが、 週末しか乗らないので、毎週毎週OFFするのも面倒くさいし忘れそう。 「当て逃げのリスク」か、「駐車監視機能によるバッテリー上がりのリスク」かなんて簡単には判断できないが、最後は 駐車監視ユニットの取り付けがめんどい(ドラレコ本体とは別に取り付ける)という理由で、この機能の取り付けは諦めてしまった。 幸い、ドライブレコーダー本体と駐車監視ユニットは別々なので、駐車監視ユニットを使わなければバッテリーの常時電源に接続しなくても、シガーソケットなどの普通のアクセサリー電源、またはレーダー探知機からの電源共有で使うことができる(ケーブルは別途購入必要だが)。 駐車監視機能のバッテリー問題については、商品サイトに記載されていなにので、楽天のレビューを見ると筆者48R同様に駐車監視を諦めるひともいた。 7インチ大型イメージセンサーを搭載。 カメラやっている人ならわかると思うが、センサーサイズの大きさは画質にとって正義。 また、HDR補正も優れているので、夜間、逆光時でもわりと綺麗な絵を取ることができる。 7はコンパクトデジカメ同等のサイズなので、綺麗な絵が取れるのだ。 状況証拠記録として使うのが目的なので、なるべく広角のほうが斜め前方からの衝突でも写すことが出来て良い。 広すぎて、画像の湾曲はひどい。 ドライブの思い出用に映像を見るには結構不自然な絵になる。 自分はそういう使い方はしないので問題はない。 とにかく、情報記録優先では画角が広いほうが望ましい。 そんなこんなで、HDR-352GHPを購入した。 開封の儀 作りは悪くない。 ゴープロより質感は上だ。 問題の駐車監視機能のユニット。 今回は使用せず。 これだけヤフオクに出そうかな。。。。 取り付け方法 電源の配線方法は3通り コムテックのドライブレコーダーは次の3通りの電源供給が可能。 どんな車でもシガーソケットは付いているし、ソケットが既に使用済みでも、アマゾンなんかで増設キットを買えば問題なし。 ただ、自分が購入した駐車監視付きの「HDR-352GHP」はシガーソケット用の電源コードがついてない。。 (「HDR-352GH」なら付いていたのだが。 配線方法は、駐車監視ユニットを常時電源に接続し、監視ユニット経由でドラレコ本体に給電ケーブルを接続する。 もし使うとしたら、ドラレコは消費電力が低いので、ナビの常時電源とACC電源にエレクトロタップで接続かな。 レーダー探知機と連携で電源供給 結局これにした。 レーダー探知機からケーブル一本で電源供給できるので、 配線がスッキリするのがメリット。 それ以外は、いろいろと機能もあるが、レーダー探知機で映像を映したり操作ができるようになるが、「だからどうした?」という感じの機能。 頻繁に操作するものでもないし、映像の確認も事故時以外はしないので。 あと、 相互通信ケーブルで余計な出費が発生するのがデメリットです。。。 48Rはコムテックのレーダー探知機も先日取り付けたので、この方法で繋いだ。 48Rの場合はルームミラーの左側につけることにした。 運転席から視界に入らないのでうざくないし、カメラも十分な視界を確保することができる。 固定方法は付属の両面テープで貼っつけるだけだ。 フロントピラーはアシストグリップのメクラ蓋を外してネジを2本外すと、簡単に外れるようになっている。 天井の内装は、ケーブルを通す隙間さえ確保できれば良いので、完全に取り外す必要はなく、一部の固定を外すだけでOK。 まずは運転席のバイザーの固定ネジを外す。 運転席の室内灯も、下に引っ張ると固定が外れる。 この部分も外すと、天井の内装の真ん中あたりも隙間を確保することができるので配線作業が楽だ。 天井へは、天井内装の固定を外して隙間ができているので、隙間から配線を押し込んでいく。 通信ケーブルは4mもあって余るので、天井内に適当につっこんだ。 最後はルームミラーの根元から配線を車内に引き込む。 ドラレコに結線して完了! ピラーも元どおりに。 奥がドラレコへの相互通信ケーブルで、手前がレーダー探知機に繋がるOBD2アダプターケーブルだ。 これにて作業完了! ドラレコの設定 初期設定は高画質になっていないので、 下記の3つを設定変更しなければもったいない。 白飛びなら救いようがないが、暗いぶんには、PCの編集ソフトの露出変更で明るくすることができるからだ。 まとめ&インプレッション 映像に関しては、さすが大きめのセンサーサイズということもあって、 厳しい夜間の雨天走行でも想像以上にキレイ! 白飛びもなくばっちり「証拠映像」として使えるクオリティだ。 これからは相手の過失はもちろんのこと、 自分の過失もバレバレなので(優良ドライバーだけど)より安全第一で運転しよう。 今回は駐車監視ユニットは使わなかった。 ある程度バッテリーに負荷がかかるし、毎日乗る人以外は使用を推奨されていなかったからだ。 というわけで、駐車監視機能が必要なければ、自分が購入した「HDR-352GHP」から駐車監視機能を省略した 「HDR-352GH」がオススメです。

次の

ドライブレコーダー取り付け工賃~オートバックス/イエローハット持ち込み比較

ドラレコ 取り付け

ドライブレコーダーのメリットは? ドライブレコーダーの大きなメリットは、事故の際の原因究明に役立つことです。 お互いが青信号を主張した場合でも交差点の状況はしっかり記録されています。 当て逃げに合った際でも、相手の車種やナンバーが記録されていることにより犯人を捜す手掛かりになるでしょう。 もちろん事故の過失割合を算出する際にもドライブレコーダーの映像は役立ちます。 また装着していることで安全運転への意識が高まり、結果として事故率の低下につながる可能性も。 自分の運転状況が記録されるというだけでも緊張感がでて、運転に対する意識も高くなるでしょう。 ドライブレコーダーでは、まず有効画素数とGセンサーをチェック インターネットで格安のドライブレコーダーを探すと、今では3,000円以下の製品も見つかります。 実際のカーショップでも、品揃えがいいお店なら3,000円台のものがあるはずです。 このような安価な製品でも画素数は100万画素カラーで動画は30コマ/秒を記録できるものは多く、スペック的には問題ありません。 最低限の記録ができれば十分だから、なるべく安いものを使いたいという方であればこのような製品をチェックしてみてはいかがでしょうか。 格安品を選ぶ場合は、G(加速度)センサーがついているかも事前に確認してみてください。 G(加速度)センサー付きのドライブレコーダーであれば衝撃を検知すると、衝撃前後の映像をマイクロSDカードに保存できます。 常時録画でも記録は残りますが、Gセンサーが付いているとより映像を探しやすくなります。 もう少し良い商品だと駐車中も記録できるタイプもあり、当て逃げやイタズラに対応することが可能です。 ちなみにこのタイプはシガー電源の他に常時電源が必要になります。 ドライブレコーダーで大きく違ってくるのは夜間の映像です。 たとえば、ユピテルの場合は「ハイダイナミックレンジ」と呼ばれていますが、格安品の夜間映像は信号の状況はわかるが、他は黒くつぶれて見えにくい場合がほとんどです。 早朝や夜間に運転することが多い人にとっては、特に重要な機能でしょう。 ドライブレコーダーの選び方で悩んでいる方は、「」も合わせて参考にしてみてください! ドライブレコーダーの取り付け方法 初めての方は、購入した商品の公式サイトや説明書などを手元に置きながら取り付けましょう。 たとえばユピテルのドライブレコーダー DRY-mini50cの場合だと、公式サイトに取り付け方が紹介されているほかPDFのクイックガイドも用意されています。 出典 : カメラ本体は両面テープを使ってフロンドガラス上部に取り付けます。 運転の妨げにならないように取り付けるのがポイントで、フロントガラスの上部20%以内に取り付けることで視界は確保されるので参考にしてください。 ドライブレコーダーの種類によっては吸盤で取り付けるタイプもあります。 ただし吸盤で取り付けるタイプは劣化し落ちる可能性があるので定期的に本体を取り換えたい人や、簡単に装着するのを優先したい人向けです。 電源は12Vシガーライターから取るタイプが一般的です。 上記の写真には配線がありませんが、電源まで目立たないように配線を行うのがポイントです。 ドライブレコーダーの配線もETC車載器の配線同様に処理して問題ありません。 写真で丸く囲っている部分は天井の内張りです。 そこに隙間があり、コードを落とし込むスペースがあります(写真はC26型日産セレナ)。 Aピラーマで押し込みましょう。 天井にスペースが無い押し込めない車種の場合は、コードを抑え込む金具を両面テープでフロントガラス上部に取り付けコードを這わせます。 Aピラーは爪で取り付けられているので、爪を折らないように注意して浮かせましょう。 最終的には、どちらを通しても写真右の位置にコードが来ます。 下の写真は助手席側のドアを開けてグローブボックスを開けた状態です。 シガーソケット電源なら、コードをフロアマットの下に通して電源まで運ぶ方法が一番楽です。 ヒューズ電源とオーディオ電源ならグローブボックスの中を通します。 3つの電源の取り方 電源の取り方については3つの方法があります。 シガーソケットから電源を取る方法 一番簡単な電源の取り方がシガーソケットから取る方法です。 特に加工する必要も無く、付属のコードを差し込むだけです。 大抵の車には1か所しかシガーソケットの電源はありません。 そのためスマートフォンの電源に利用したりレーダー探知機やポータブルナビの電源に利用していれば、差し込み口が足りなくなる可能性もあります。 そのような場合にはカー用品店で販売している3つ又のタイプの電源を利用するなどして、対処してください。 シガープラグから電源を取る方法は簡単な反面、デメリットもあります。 ドライブレコーダーの電源の影響で、ETCや地デジにノイズが入る場合があるのです。 ETCの場合にはゲートが開かないこともあります。 またコードが丸見えで見た目はスッキリしません。 ノイズに関してはノイズ対策がしっかり施されているドライブレコーダーを選ぶと問題ありませんが、格安品を選ぶ場合はノイズが出る可能性があることを踏まえておきましょう。 ヒューズから電源を取る方法 コードが見えずスッキリ取り付けることができるのがヒューズから電源を取る方法です。 過電流を防止するためのヒューズにも電気が当然流れているので、キーを一段階回した状態、プッシュ式ならブレーキを踏まずに押した状態で電源が入る「アクセサリー電源」を探します。 ただし上述した通り一番簡単なのはシガーソケットから電源をとる方法です。 車の取扱書などでヒューズの位置を確認すればどのヒューズか見つけることができますが、初めての方には少し難易度が高いかもしれません。 電源をとる際はまずヒューズが平型ヒューズかミニ平型ヒューズかを確認し、その形に合ったコードと電源ソケットがセットになったパーツを用意します。 は必要なパーツなどを具体的に紹介しているので合わせて参考にしてみてください。 ヒューズの型を確認し、実際にヒューズを差し替えます。 ヒューズボックスは大抵ダッシュボードとエンジンルームの間にあるので、その付近の車体に接しているビス、ナットからマイナス電源のアースを取ります。 その後、ドライブレコーダーの電源を差し込み完了です。 同時に監視用の常時電源を取る場合には、万一トラブルがあっても走行に影響のない電源を選びましょう。 ベストはルームランプ用のヒューズ電源です。 アクセサリー電源同様にヒューズを差し替えて完了です。 オーディオから電源を取る方法 オーディオやナビゲーションの裏にもアクセサリー電源のコードがあります。 オーディオから電源を取る方法もスッキリとした配線になりますが、その反面簡単にナビが外せない、樹脂のフレームを破損する恐れがある、ドライブレコーダーに電源コードが付属していないなどハードルが高いです。 少々年式の古い車の場合は簡単にオーディオが外せたり、グローブボックスの裏から楽にコードが運べたりしましたが最近の車は、隙間も少なく簡単に個人で作業ができないような造りになっています。 オーディオ電源にコードを接続したいあまりに、シガーライター用の電源コードを切断して接続しようとすることはやめておきましょう。 切ることにより、12V電源が取れなくなり作動しなくなります。 また、メーカー保証がその時点で受けられなくなるので注意が必要です。 高いと感じる方もいるかもしれませんが、自分で取り付ける場合にも必要な部品は購入しなければならず、手間がかかります。 格安購入品なら多少はあきらめがつくかも知れませんが、高性能品なら失敗しづらいでしょう。 どうしても不安という方や絶対に失敗したくたいという方は、自分で取り付けるよりも費用はかかりますがプロにお願いすることを考えてみてはいかがでしょうか。

次の