あしたでんき 九州。 あしたでんきとエルピオでんきの比較

【九州エリアの電力会社を比較】電力自由化で電気料金を安くする

あしたでんき 九州

あしたでんきの評判・口コミからわかるメリット 全体的にあしたでんきの評判はかなり良いと言えます。 特に『電気代が安くなった』と満足しているのが分かる口コミが多く、強くおすすめできます。 それでは見ていきましょう。 申し込み方法はこちらのからになりますが、検針票と支払い登録用のクレジットカードがあればすぐに終わります。 5分もかからず終わるので空き時間に申し込み完了します。 詳しい方法はページの最後の方で説明しますね。 電気を使う機会が少ない「空き家」やたまにしか滞在しない「別荘」などでは基本料金が0円だと、かなりお得になります。 そのような方はあしたでんきが1番おすすめです。 ちょっとまじめに電力会社乗り換えるかな… 夏は例えば7月が816kWhで¥24,121円 「あしたでんき」だと¥20,808円で3000円ちょい安い これが夏場3~4ヶ月だと年間1万円くらいお得かも。 夏場以外は 335kWhくらいだけど これでも ¥300円くらい安いから 得しか無い。 電気をそんなに多く使わない季節も安くなるならいいですよね。 「塵も積もれば山となる」ので、利用年数で考えれば、少しでも安い電力会社に切り替えた方がお得になりますからね。 ブレーカーが落ちにくくなる あしたでんきは低いアンペア数にしても高いアンペア数にしても基本料金がかかりません。 60Aなど高めのアンペア数を契約しておけば、ブレーカーが落ちる心配することなく電気を使うことが出来ます。 うちは あしたでんき とかいう基本料金無料なとこにした.. 料金が変わらないなら50Aや60Aで契約しておくのもいいですね。 解約時の違約金がないので切り替えやすい ちなみ最安値はピタでんでしたが、1年以内の解約で違約金がかかるので次点のあしたでんきに。 また安い会社が出てくるかもしれないし、引っ越すかもしれないし先のことは分からないので。 — ふう utopiannaa ピタでんも安いですが、1年以内の解約で2,000円 税抜き の違約金が発生します。 確かに電力会社はどんどん増えているので、もっと安い電力が出てくる可能性もあります。 解約金で結果的に節約にならないことも考えられるので、解約の可能性がある人はピタでんよりもあしたでんきの方が圧倒的におすすめです。 使用する電気の量を管理することで、節約にもつながります。 昨日からあしたでんきに切り替えたらから早速利用料の確認。 1日単位で消費量が見えるのいいなー このペースで使うとたぶん月9700円くらい。 東京電力のままだったら10800円くらいの計算なので1000円弱の節約になるはず。 — ぱぐ wurzen 日々の電気料金が確認できるので、月トータルでどれくらいになりそうか推測できるのもいいですね。 あしたでんきを今月3日から開始しました。 他社でもあると思いますが、時間別、日別、月別グラフをネットでログインして見ることが出来、早速3日の分が出ていました。 開始初日18. 2kwh、391. 3円でした。 — gk-papasan shotan1974 他の新電力会社ではより細かい30分単位での使用量を確認できる所もありますが、1日ごとでも十分そうです。 たっぷりプランでいつでも電気を使えるようになった あしたでんきのたっぷりプランにかえて何が良くなったかって深夜電力を気にしないで昼間でも電気を使うものを使えるところですね。 食洗機2台稼働とかタイマーで深夜やってたけどそういう必要がなくなるし、蒸留水器も朝方の冷え込む時間に動くように変えて暖房と兼用するようにできるしかなり便利。 — たとぽよ Tatopon5 電力会社のプランによっては深夜の電気料金が安くなるプランなどもあります。 そのようなプランでは昼間の料金は割高になるので食洗器や食器乾燥機を使うようにしていたようですが、基本料金がかかってもいつでも一律単価だと時間を気にしなくていいですね。 ちなみに契約プランや契約アンペアを変更は0円でいつでも毎月でも変更ができます。 電気を多く使う時期だけ『たっぷりプラン』にして、その他の時期は『標準プラン』を契約するということも問題ありません。 毎月24日までに手続きをすれば翌検針日から、25日以降は翌々検針日から適用になります。 大手老舗の東京電力がバックで信頼できる あしたでんきは大手の電力会社の「東京電力」の子会社です。 料金体系は全く異なり、より安く電気を利用することができます。 東京電力の子会社なので、電力会社をのりかえる際にも安心感があります。 新電力を探していた私にぴったりでした あしたでんきはいわゆる新電力の一つですが、東京電力の子会社なので他の電力会社と比較した時に信頼感がありました。 基本料金が無料であることに加えて、従量… — 電力会社Hack denryokuhack 基本料金が0円、従量料金が一律で安くて分かりやすいだけでなく、安心感が大きいことが「あしたでんき」申し込みの決め手だったみたいですね。 電気料金を安心して安く抑えたい人には、自信をもっておすすめできる電力会社です。 ポイントサービスや割引がなくても安いからALL OK 料金以外の特典がないことに対する不満の口コミはあまりなく、他のとにかく安いという点で満足度が高いようです。 とりあえず東京電力のセットは、電気代が高すぎて論外 東京ガスは電気代が安くてガス代が高い ニチガスは電気代ガス代も両方安い 別々であしたでんき+レモンガスにすればさらに安い 1社でまとめるならニチガス 別々であした+レモンが最強 東電は電気代安くしてからガスの宣伝するべきでは・・・ — ぴよねこ@節約ブログ運営 piyoneko2 東京電力や東京ガスには電気とガスのセット割引がありますが、もとの料金が高いのでまとめるよりも他の会社と契約する方が安くなります。 電気をあしたでんきに切り替えることにした。 ガソリンが割引になるとか駆け付けサービスとか不要だし、電気使用量も日別で見れれば充分なのでドンピシャなサービスだった。 でも東電子会社がこんな振り切ったサービス提供するのは競合他社としては最悪の展開だろうな。 — まさ pokanake ガソリンの割引も一見魅力的ですが、実は他のガソリンスタンドの方が安いという口コミもあるのでサービスや特典が色々あるからといってお得になるとは限りません。 あしたでんきの評判・口コミからわかるデメリット 他の新電力と比較してもあしたでんきにはあまり大きなデメリットはなく、不満の口コミも少ないです。 人によっては他の電力会社に申し込みを決める理由となる点も2つほどあるので紹介したいと思います。 利用開始後に後悔しないように確認しておきましょう。 契約中の特典が一切ない 電気料金ごとに毎月の貯まるポイントや電気のトラブルサポートなどの特典が一切ありません。 ポイント還元がある楽天でんきと比較してもあしたでんきの方が安くお得ですが、特典重視の人によっては他の電力会社を選ぶ理由にもなります。 あした電気ってのが価格的には最も安いみたいだった。 でも楽天ポイントの兼ね合いとか、楽天経済圏に近づきたいなあと思って、結局楽天でんきに乗り換えた。 支払い方法がクレジットカードのみ クレジットカードが持てない人や口座振替希望の人にはデメリットといえるでしょう。 あしたでんきという、電気に変更? してみたよ! 東京電力の子会社とかなんとか…。 他の新電力の口コミでは、クレジットカードが持てないので口座振替がないと不便という声もありました。 口座振替がいい方は『親指でんき』をおすすめします。 単価はあしたでんきよりも0. 5円ずつ高いですが、基本料金0円で一律単価になっています。 平均の使用量 一人世帯 239. 7kwh 二人世帯 367. 3kwh 三人世帯 431. 8kwh 四人世帯 444. 3kwh 五人世帯 525. 3kwh 料金体系は親会社の東京電力とは全く異なり、ずっと安く電気を利用することができます。 88円 26円 21. 5円 120~300kWh 26. 48円 300kWh~ 30. 57円 『標準プラン』は基本料金0円、料金単価が一律になっています。 一方、『たっぷりプラン』では基本料金3,000円で一律単価が割安になっています。 あしたでんきは電気使用量が多いほど、お得になる特徴があります。 問題は電気代がいくら安くなるのかです。 エリアごとにシミュレーションをしていくら節約できるのか確認してみましょう。 一人暮らしの方や2人世帯でも使用量が少ない家庭の場合は、必ずシミュレーションをしましょう。 3人世帯以上は問題なくお得になるのであしたでんき切り替えを検討してみてください。 3~4人世帯だと年間で約14,000円も節約できる計算になりました。 電気使用量が増える前に早めに切り替えることをおすすめします。 年間約2万円も安くなるのはかなり大きな差になります。 あしたでんき切り替えを強くおすすめします。 一人暮らしでも電気使用量が増えればあしたでんきがお得ですが、少ないと割高になってしまうようです。 電力会社は申し込みすると、翌検針日からの変更になります。 1円でも安くしたいご家庭は早めにあしたでんきに申し込みしましょう。 むしろ切り替えないと損です。 切り替えには費用もかからないので早めに切り替えた方が絶対にお得ですし、大幅な節約ができます。 あしたでんきはLooopでんきや楽天でんきと比較しても安い! あしたでんきの料金は他の新電力と比較しても安く、トップクラスの良心価格です。 (現在) 例えば超人気の『Looop ループ でんき』やお得なポイントが魅力的の『楽天でんき』も同じ料金体系ですが、 あしたでんきはすべてのエリアで0. 4円~0. 5円ずつ、さらに安い料金設定になっています。 あしたでんき 標準プラン Looopでんき ガスも契約する場合 楽天でんき 関東エリア 26円 26. 4円 26円 26. 5円 東北エリア 26円 26. 4円 26円 26. 5円 中部エリア 26円 26. 4円 26円 26. 5円 関西エリア 22円 22. 4円 22円 22. 5円 中国エリア 24円 24. 4円 24円 24. 5円 九州エリア 23円 23. 4円 23円 23. 5円 0. 4~0. 5円違うだけでも長い目で見ればかなり差はひらきます。

次の

あしたでんきの評判は?契約して分かった全情報【2020年7月】

あしたでんき 九州

あしたでんきの特徴やメリット&デメリット あしたでんきってどうなのかな?電気の小売事業を開始して以来、加入者が増えている人気の新電力って聞いたけど…。 あしたでんきってね、東京電力グループなのよ。 東京電力ホールディングスが設立したTRENDE株式会社っていう会社のサービスなの。 2017年設立と、新電力の中では若い会社ね。 そうなんだ!東京電力グループの会社なのか。 なんとなく歴史のない企業はちょっと不安が残るけど、東京電力のグループ会社だったら安心感が高いや! 確かに確かに。 あしたでんきってプランがすごくシンプルだし、電気代もなかなか優秀だから人気を集めているみたいね。 どんなプランがあるの? 一般家庭向けのプランが「標準プラン」。 なんとこの 標準プランは基本料金が0円なの!最近基本料金0円のプランがちらほら出てきたけど、0円ってやっぱり嬉しいわよね。 うんうん。 基本料金0円は嬉しいね。 標準プランの 電力量料金(従量単価)は一律だから、電気使用量によって変化することがないの。 例えば東京電力エリアだと1kWhあたり25. すごくシンプルよね。 東京電力エナジーパートナーの基本プランは電気使用量0~120kWhが20円以下と安いけど、120~300kWhまでが26円、300kWh超えは30円以上だから、電気使用量が多い人はあしたでんきでお得になるんじゃないかしら? だって東京電力エナジーパートナーのプランは、基本料金もかかるんだもんね。 そうね。 そう考えるとかなりお得になりそうよね。 で、もうひとつのプランっていうのは? 電気使用量がかなり多めな家庭向けプラン「たっぷりプラン」よ。 家族多い家庭やペットがいる家庭にはいいかもね。 こっちも基本料金0円なの? いいえ。 たっぷりプランは 基本料金が3,000円かかるの。 え!!!3,000円って一般的な基本料金の倍くらい高いよね!? そうなの。 ただ電気料金って別に基本料金だけが全てじゃないでしょ?トータルの安さが重要じゃない。 たっぷりプランはどれだけ電気を使用しても一律1kWhあたり21円(東京電力エリアの場合)。 標準プランと比べて4. 5円も単価が低いのよ。 他のエリアも同じように単価はかなり安い設定なの。 21円か!しかもどれだけ使用しても21円だもんね! そうよ!電気代に困っているって家庭は月に600kWh、800kWh、1,000kWh…と電気を使用しているから、単価が安いのはすごく魅力的じゃない?基本料金の3,000円を考慮したって安くなるんじゃないかしら。 そうだね!ちなみにあしたでんきってセット割引とかポイント付与とか、電気代以外の特典はないの?電力自由化の醍醐味だもんね!付帯サービスって! 残念ながらないのよ。 シンプルに電気料金が安くなるだけなの。 でも私はしっかり電気料金が下がるならそっちの方が簡単で好きよ。 そういう意見もあるだろうね。 確かに電気料金が単純に安くなれば、お財布から出てくお金が減るんだもんね。 そうそう。 ちなみにあしたでんきには、オール電化住宅向けのプランがないから、 オール電化住宅に住んでいる人は基本的に選択肢には入らないのよ。 そっか。 オール電化向け住宅に住んでいる人はあしたでんきのグループ会社、東京電力エナジーパートナーのオール電化向けプランでもいいかもね。 契約期間は1年の自動更新だけど、 解約金や違約金が発生することもないし、なかなか魅力的な電力会社だと思うわよ。 公式サイトにはシミュレーションもあるから、ぜひ試してみたらいいんじゃないかしら? なにはなくともシミュレーションだよね! あしたでんきのシミュレーションは、東京電力や関西電力といった地域の電力会社との比較だけじゃなくて、いろいろな新電力と比較することもできるから、すでに新電力に切り替えた人でさらに切り替えを検討している場合にも便利よ。 それはかなり良心的!気になった人もそうでない人も、とりあえずシミュレーションしてみたら? ちゃぼ さんの口コミ 年齢:30代 お住まいのエリア:東京電力エリア|同一世帯の人数:5人 |1年間で1番高い時の1ヵ月の電気料金:約23000円|重視している点:料金の安さ |契約切り替え:既に切り替えた シミュレーション結果が安かったので 夫婦2人+小学生2人+3歳1人の5人家族です。 節電しているつもりでも、ちょっとした工夫くらいでは電気料金が下がらなくて困っていました。 家族も5人と割と多いですし、またこれまで夏は冬の半分くらいの電気料金だったのですが、この猛暑で電気代がかなり高くなってしまい、かなり家計にダメージが。 ちまちま節電対策をするより電力会社を変えたほうが電気料金が下がるといった話を聞いて、あしたでんきに切り替えました。 切り替え後、電気使用量はそれほど変わっていませんが、電気料金が安くなったんです!!千円程度ですが年間で考えたら1万2千円ですからね。 切り替えて良かったです!! サクライ さんの口コミ 年齢:50代 お住まいのエリア:東北電力エリア|同一世帯の人数:2人 |1年間で1番高い時の1ヵ月の電気料金:約18000円|重視している点:料金の安さ |契約切り替え:既に切り替えた 電気代ダウンに成功 子どもたちは独立し、夫婦2人で住んでいます。 共働きなので日中は留守にしますが、犬を飼っているために夏冬は最低限の設定温度でエアコンをつけっぱなしにしています。 そのせいで電気代も高めに。 娘夫婦が電力会社を変えて光熱費が下がったと教えてくれたので、うちも娘夫婦が契約したあしたでんきに切り替えました。 シミュレーションでも電気料金が安くなるという結果出ましたが、実際切り替えたらしっかり電気代ダウンしました。

次の

【切り替えでAmazonギフト券5000円当たる】あしたでんき:電気料金プラン紹介・申し込み方法・会社概要

あしたでんき 九州

TRENDE株式会社の『「」』には、基本料金0円の「標準プラン」と電力を多く使用する方向けの「たっぷりプラン」の2つがあり存在します。 また一般的に、使用量に応じた料金(従量単価)は、3段階となっていますが、ここも「あしたでんき」ではシンプルに、1段階のみとなっているので、その料金の仕組みもわかりやすく、そして安さも維持するという仕組みとなっています。 それでは、それぞれの2つのプランの違いと、大手電力会社の標準的な従量電灯プランとの違いについて解説いたします。 あしたでんき「標準プラン」 「標準プラン」の特徴は、基本料金が0円であること!まず基本料金がないので安くなります。 また電気使用量も標準的な家庭で安くなるように設定してあるので、お得なプラン内容だといえます。 基本料金0円は、ただ料金が安くなるという事だけでなく、例えば同じ電気使用量であっても30Aより40A契約の方が高くなりますが、「あしたでんき」をなら同じ電気料金で使用できることとなり、アンペア数を上げるかどうか悩んでいた方にもおすすめといえます。 では、どのくらいお得となるのか、東京電力の一般的な契約である「従量電灯B」プランからの乗り換えた場合について、タイナビスイッチのシミュレーション事例で、節約額を確認してみたいと思います。 1.4人家族で電気料金の多いご家庭(月の平均電気料金:10000円前後) 電気代1か月分相当となる年間10000万円の節約が可能となる結果となりました。 ただし、あまり電気使用量が少ない場合(30Aの契約で、月の金額が7500円を下回る月がある場合)は、月により使用量の波があるかと思いますので、従来のプランの方がお得な月も出てきてしまいますので、その点を考慮すると月の平均額が7500円前後を上回る方がお得といえるかと思います。 ご自身の具体的な割引額を知りたい方は、を試すのが一番です。 ぜひご活用ください。 あしたでんき「たっぷりプラン」 たっぷりプランは、一般的な電力会社のプラン同様に、基本料金はありますが、その分電気使用量に対する料金(従量料金)が、かなり安くなっているといえます。 そのため電気を多く使うほど、お得となるプランといえます。 東京電力の一般的な契約である「従量電灯B」プランからの乗り換えで、どのくらい電気料金を節約できるのか、こちらもタイナビスイッチのシミュレーション事例で、確認してみましょう。 1.4人家族で電気料金の多いご家庭(4月の電気料金:20000円) 電気代1か月分以上となる年間20000万円の節約が可能となる結果となりました。 ご自身の具体的な割引額を知りたい方は、を試すのが一番です。 ぜひご活用ください。 途中解約による違約金なし! TRENDE株式会社が提供する『あしたでんき』は、途中解約による解約金や違約金はかからないので、急な引っ越しなど、やむを得ない場合のにも安心です。 今後にも期待!まとめ 『あしたでんき』では、すでに全国の再生可能エネルギー発電所と契約をし、持続可能な社会を目指す方針を掲げていますが、さらに今後太陽光パネルや蓄電池、そして電力の買取などを進め、その方針を強めていくことが示されています。 なぜこのようなことができるのかというと、『あしたでんき』のTRENDE株式会社は、東京電力ホールディングス株式会社が出資する、新たな電気事業だからといえ、今後の展開にも期待されるところです。 今後の展開も気になりますが、それは置いておいても、電気料金がかなり安くなり、シンプルで分かりやすい料金体系は、電力自由化による電力会社の選択肢としては、かなり魅力的ではないでしょうか。 全国展開を広げている「あしたでんき」に注目です。

次の