指先 の 皮 が むける。 指の皮がむける原因!治し方あれこれをご紹介

指の皮がむける原因と治し方!秋や冬になると症状がでてくる

指先 の 皮 が むける

この前、「最近手の皮がむけてかゆいのよ。。 原因がわからないのよ。 」なんて職場の年上の女性に言われました。 確かにその女性の手を見たら、全体的に手の皮が細かくむけていました。 「痛くないんですか?」と聞いた所、 「あまり痛くはないけどかゆい。。 」「かゆいぐらいから特に病院には行っていないの。 」と言っていました。 私はそれでも心配なので、「早めに病院に行って診察してもらった方がいいですよ、原因が分からないと心配ですもん。 」と伝えました。 手の皮がむける!皆さんも同じような症状になった事はありませんか。 ただ単に 乾燥だけの問題なのか?または何かの病気なのか?とっても心配です。 実はこのような症状は季節の変わり目や環境の変化などで起こる事が多いみたいなのです。 まあそれにしても、手の皮がむけてしまってかゆい!ってとっても心配です。 特に女性のかたならいつでも美しいきれいな手を維持したいですよね。 という事で今回は、 手の皮がむける!かゆい!この症状の6つの原因とは!?についてご紹介して行きます。 では早速確認して行きましょうね。 癖で剥く 主にこの6つの原因が考えられます。 しかしこの6つとも似たような症状である事から原因を明確にするのが難しいのですが、今回の記事で どのような症状や原因で上記のような皮膚の問題が起きるのかを確認して少しでも心配な気持ちが楽になれば良いと思っています。 では早速6つの原因別にその症状や対策、治療に関して確認して行きましょう。 手湿疹(てしっしん)とは! 手湿疹は女性に多い病気の一つで、何かしらの 手のアレルギーや手の刺激によって皮膚炎などになってしまう病気なのです。 手のひらや指にかけて紅斑(こうはん)が出てくるかたもいて、手の皮のきめが粗くなり、手の皮がガサガサになってしまいます。 そして徐々に症状が悪化してくると手の激しいかゆみや手の亀裂による痛みなどが出てくる場合があります。 原因とは一体! 原因は手の乾燥によるもの、そして日常生活などで強い刺激を手に与えてしまう事によって起きる皮膚炎の一種であります。 季節的には乾燥しやすい季節である秋から冬にかけてこの症状が見受けられ、元々乾燥肌であったり、仕事で洗剤やシャンプーなどを使用する機会が多い方は、皮膚が徐々に荒れてきてこのような症状が起きやすくなります。 対策と治療! 対策としてはやはり肌への刺激を避けるために、刺激のある液体やションプーなどを使用する際には ビニール手袋やゴム手袋で極力刺激物から肌を守ってあげる事がとっても大切であります。 治療に関しては手に刺激のある液体などを使った際には、直ぐに ハンドクリームやワセリンなどを塗って、手の保湿を補いましょう。 ハンドクリームは常に携帯して小まめに塗る事が出来るようにしておくと手の皮がむける前に対処する事も出来ます。 汗疱(かんぽう)とは! 汗疱とは手のひらや指、または足の裏などに細かい水泡が現れて、次第に大きく膨れ上がってしまう病気であります。 手の周りに紅斑が出てくるとかゆみも伴い、肌の角質がはがれてきます。 原因とは一体! 汗をかきやすい人に多くみられる為、 夏場の暑い時期には慢性的にこの症状に悩まされるかたもいます。 また食べ物や金属アレルギーも一つの原因になっているようなのです。 対策と治療! 水泡が現れてきたら、出来るだけ早めの対策が重要であります。 水を長時間使用したりする場合はやはり ビニール手袋やゴム手袋で肌を保護してあげてください。 水泡が現れてきてかゆみが出てきたらすぐに初期段階からステロイド軟膏を患部に塗ると治りがとっても早くなります。 手水虫(手白癬「てはくせん」)とは! 水虫とは足の水虫が有名ではありますが、実は手に関しても水虫が発生する場合があります。 主に手の表面がカサカサしてきて、かゆみ自体は比較的軽いため、重症になるまで放置してしまう傾向にあります。 原因とは一体! 足の水虫の原因である白癬菌は、足が蒸れる事から菌が充満して、水虫といった症状を引き起こします。 しかし手に関しては露出している事が多いため、足に比べて蒸れる事がありません。 そのため、手水虫の原因は水虫である 足を直接触ったり、お風呂場のマットなどを掃除している際に、手に感染するケースがあります。 対策と治療! 足が直接触れることの多い、風呂場やトイレなどのマットには白癬菌が増殖しやすい環境でありますので掃除をする際には直接マットに触れる事は避けましょう。 手水虫も足の水虫と同様に、医者に相談をして内服液を患部に塗って治療を行いましょう。 乾燥肌とは! 乾燥肌とはそのままで乾燥しやすい肌の事であります。 現在では秋、冬など関係なく 1年中乾燥肌に悩まされているかたも増えてきています。 症状としては、手のかゆみ!カサカサして手の皮がむけてしまう!手が赤くなってしまう!などの症状があります。 原因とは一体! 肌は角質層によって水分保持や紫外線などから肌を守りますので、 正しいスキンケアを行っていれば、特に乾燥肌になる事はないのです。 しかし誤った解釈でスキンケアをしてしまっていたり、食生活が乱れていたり、ストレス、睡眠不足などからも肌の乾燥のトラブルに繋がってしまうのです。 対策と治療! 乾燥肌になってしまった場合はスキンケアを改善するために化粧品やメイクを刺激のない優しいものにしましょう。 そして、食生活を見直して、ストレスを溜めないように、自分の時間を作り、しっかりと寝るという事を心掛けましょう。 スポンサーリンク 自律神経とは! 自律神経とは私たちが生きるために必要な臓器などが、正常に動いてくれているとっても大事な神経であります。 正常な自律神経は2つの神経がバランスよく働いていますが、 ストレスや緊張によってこのバランスが崩れてしまうと、ホルモンバランスが崩れて肌トラブルになり、手のカサカサ、手のかゆみ、手の皮がむけてしまうといった症状が発生します。 原因とは一体! 自律神経のバランスが崩れる事によって、敏感肌になってしまい、手にも様々な症状が発生するようになります。 『緊張や、驚き、興奮、イライラ』などが溜まってくるとストレスが大幅に膨らみ、ホルモンバランスに影響を及ぼし、肌の保湿や肌の栄養が無くなってきてしまい結果的に敏感肌になって手に症状が現れはじめます。 対策と治療! 緊張やストレスによって神経バランスが正常ではなくなってしまった場合には、その日中にストレスを発散させて溜めない事がとっても大切です。 こんな日は自分の趣味の時間を作り、ゆっくりとお風呂に浸かり、いつもより早めに寝る事が大切であります。 癖で剥くとは! 癖で皮を剥いてしまうかたも意外と多いのです。 無意識のうちに癖で手の皮を剥いていたり、ストレスが溜まったり、緊張をしている際に、手の皮を剥いて気を紛らわすといった行為をしている方がいます。 原因とは一体! 原因は一種の癖ではありますが、緊張やストレスなどによって、 無意識に手の皮をむいてしまっている場合があります。 対策と治療! 手の皮や指の皮をむいてしまう癖があるかたは、その癖になってしまっている箇所に絆創膏をはって皮をむけないように対策をしてしまうのが良いでしょう。 治療に関しても同じく絆創膏をはって徐々に皮をむかないような癖をつける事が大切です。 そして無意識に皮をむいている自分が居たら、深呼吸をして気持ちを落ち着かせましょう。 最後に いかがでしたでしょうか? 今回は「手の皮がむける!かゆい!この症状の6つの原因とは!?」と題して原因から対処、治療方法をご紹介しました。 皆さんの症状に合てはまる原因や病気はありましたか。 この記事を読んで、症状や原因を確認して、出来る限り皆さんが現在の不安を取り除く事が出来たのなら、私はとっても光栄であります。 後はその 症状や原因に合わせて、医師の診察を受ける事をおすすめします。 原因が分かって一安心して、 放置してしまうと気づいたら重症になってしまう場合もありますので、手の皮がむけてしまったら早めの早めの治療を行いましょうね。

次の

手荒れ(進行性指掌角皮症)のおはなし

指先 の 皮 が むける

【スポンサーリンク】 指の皮がむける原因 季節の変わり目は自律神経がバランスを崩し、抵抗力や免疫力が弱って、体調を崩しやすくなります。 特に冬は、アトピーや紫外線でのダメージが手荒れや手の皮がむけるといった症状として出てきます。 ・ アトピー性皮膚炎 ・ 乾燥によるひび割れ ・ 水虫 ・ 汗疱 かんぽう 汗疱についてはあまり知られていませんが、 異汗性湿疹とも言われ、 手や足裏などに小さい水疱が現れます。 そのうちに皮が破れて剥がれます。 原因も治療法もハッキリしていません。 治し方 自分でできることは日頃のスキンケア スキンケア製品は 保湿を目的としたもの、保護を目的としたもの、主成分など 様々ですので、医師と相談して決めましょう。 また、 肌を清潔に保つことも重要です。 しかし、清潔を意識し過ぎで ゴシゴシと強く洗ったり、頻度が高過ぎると、皮膚の保護成分も失ってしまいます。 よく泡立てて柔らかいタオルや掌で洗い、症状が強い時はお湯で流すだけなどにします。 石鹸やシャンプーは 香料、合成添加物、界面活性剤の少ないものを選び、最後はよくすすいで取り除きます。 手の甲の洗い残しに注意しましょう。 入浴後の保湿は素早く丁寧に行ないます。 また日常生活でも、 肌に優しい服を選び、 洗濯洗剤も界面活性剤の含有量が少なく蛍光剤を含まないものを使い、すすぎを十分に行ないます。 室内の清潔、 温度と湿度を保つことも大切です。 そして、ついつい掻いてしまうことを予防するために、 爪を短く切っておくことも大切です。 アレルギー物質が特定できている方は、その 原因物質を避ける事も重要です。 アトピー性皮膚炎が原因の場合 皮膚科を受診しましょう。 ステロイド剤を出して貰うことが多いです。 乾燥が原因の場合 水仕事をする時はゴム手袋をし、 手が水に触れたら直ぐに良くタオルで拭き、ハンドクリームを塗ります。 尿素配合のクリームだとなお良いです。 水虫が原因の場合 市販薬もありますが、化膿している場合などは 皮膚科を受診することをオススメします。 また、感染症なので、家族に移らないように気を付けましょう。 自分で出来る民間療法としては、 お酢、緑茶、氷水などの冷水に浸すなどの方法があります。 にんにくをすりおろしたものを塗ると良いという人もいます。 ティーツリーなどの殺菌効果のある アロマも効果が期待できます。 また、 日光に充分に当てると太陽光の殺菌効果が期待できます。 汗疱 かんぽう が原因の場合 汗疱は夏場に多く見られます。 ストレスやアレルギーが関係していると思われますが、原因ははっきりしません。 また歯の詰め物などの 金属アレルギーやタバコとの関連があるようだという人もいます。 皮膚科に言っても診断がなかなかくだされずに痒み止めを貰うだけということも多く、沢山の方が色々な試みをしています。 まずは、 自分の症状に合う軟膏などを使うことかと思います。 放っておいて 乾燥させるのも有効なようですが痒いので苦しいです。 食事療法などで免疫力をUPする体質改善を試みている人もいます。 汗腺を開くために毎日運動して汗をかいたほうが良いという人もいれば、逆に汗がたまって水疱が出来てしまうということもあります。 汗をかけない人は利尿剤で体内の 水分調整をするという人もいます。 水分調整という意味では、 爪もみ療法、リンパマッサージや漢方も効果がある人が居るようです。 塩もみで、浸透圧の違いをつかって 水疱から水を出すという方法を使っている人もいます。 亜鉛不足が原因で亜鉛とビタミンCの サプリメントで改善したという報告もあります。 これという決定打がないのが現状です。 痒いというのは痛い以上に辛く、 指先などに出来ると水疱がつぶれてしまうために、仕事を見つけるのも困難ということもあります。 『掌蹠膿疱症でお悩みの方へ 岡山県倉敷市の漢方専門薬局です。

次の

手の平や指の皮が丸くむける

指先 の 皮 が むける

指の皮がむける原因って? 基本的には指の皮がむけるということはありません。 それなのに指の皮がむけてしまうのはいくつかの原因が考えられます。 乾燥 -指の皮がむける原因- まず指の皮が乾燥していると皮がむけてきます。 皮膚がカサカサに乾くと水分がなくなり、まるで乾燥した新聞紙のようにパリッとしてしまうためです。 乾燥しやすい時期である、秋や冬におおくみられます。 これはハンドクリームをぬって乾燥を防止することが大事です。 ストレス -指の皮がむける原因- ストレスによって指の皮がむけることがあります。 厳密に言うと自律神経の乱れによって、指の皮がむけてしまうのです。 対策としてはストレスの解消や、睡眠を十分にとって自律神経を整えることが大事です。 日光を体全身であびて、規則正しい生活を続ければ治ります。 手湿疹 -指の皮がむける原因- もし指がかぶれて、指がかゆい場合は手湿疹の可能性があります。 これは指や手の甲にまで湿疹ができてかゆくなったりします。 主に洗い物のときの合成洗剤が原因です。 やはり安物は何か訳があるのです。 対策は洗剤をナチュラルな洗剤に代えましょう。 廃油石けんとよばれる、廃油をリサイクルした石けんがいいですね。 環境に優しく手にも優しいものです。 アトピーの方も愛用者がいらっしゃるくらいです。 多汗症 -指の皮がむける原因- もし多汗症の自覚があるなら、指の皮がむけるのも無理はありません。 多汗症の症状として指の皮がむけることがあるためです。 これは専門のお医者さんに相談しましょう。 まずは皮膚科にいってみてもらうことが大事です。 そして多汗症かどうかを診察してもらいます。 多汗症は手術もあるようですがおすすめしません。 お薬を飲み続けることで徐々に改善できます。 汗疱 多汗症ではない -指の皮がむける原因- 汗疱(かんぽう)は汗がつまって皮がむけてしまう症状です。 これは汗をかくと一時的に皮がむける症状です。 多汗症の方でない方でもなります。 ゴルフやテニスなど手や指を使いながら汗をかくとなりやすいです。 厚手の手袋で汗をかく作業をしてもなりやすいですね。 手汗をこまめに拭くなどして、汗がつまらないように工夫しましょう。 汗疱(かんぽう)は病気ではなく一時的なものなので、放置すればなおります。 皮がむけたところはなるべくかかないようにしましょう。 どうしてもかゆい場合は皮膚科にいってみましょう。 手の水虫 -指の皮がむける原因- 最後に、手の水虫で指の皮がむけることがあります。 一見すると手湿疹と同じように思えますが、一番の違いは水ぶくれ(水泡)があるかどうかです。 もし水泡があり、手が痒いなら手の水虫が疑われます。 皮膚科に行って水虫の菌があるかどうか見てもらいましょう。 そしてお医者さんにお薬を処方してもらいます。 指の皮がむける時の薬って? さて、指の皮がむけるときの薬について紹介します。 まず皮がむけるというのは大したことではなく、 自然に治ることであり薬はいりません。 むけているのはいわゆる薄皮であり痛みなどは無いはずです。 乾燥しているならハンドクリームを塗ったりするくらいです。 そしてストレスが原因ならストレス解消、合成洗剤が原因なら洗剤を変える…というのが先決です。 ただしこれは、手に菌が繁殖していない前提です。 手の水虫のように菌が繁殖した場合はお薬が必要です。 まずは皮膚科に行って水虫菌がいないか診てもらいます。 水ぶくれ(水泡)があるかどうかが判断の目安です。 そして水虫菌がいた場合はお薬をもらうのですが、これは市販薬ではなくお医者さんに処方してもらう薬になります。 また、水ぶくれ(水泡)がなくてもかゆくて仕方がないなら、やはり皮膚科に行ってみましょう。 かゆすぎるわけではなく、水ぶくれ(水泡)もない場合は皮がむける原因を改善しましょう。 まとめ はい、まとめますと• 指の皮がむける原因は乾燥、ストレス、多汗症など• 薬は基本的に不要、原因改善を。 水ぶくれとかゆみがあるなら病院へ行き、お薬をもらう。 参考になればと思います。

次の