ローカル通信 あつ森 エラー。 インターネット通信などの荒らし対策【あつ森攻略】

エラーコード「2219

ローカル通信 あつ森 エラー

ローカル通信は2種類 ローカル通信の種類と特徴 遊び方 特徴 友達と遊ぶ ・遊ぶ人数分のSwitchとソフトが必要 ・最大8人まで おすそ分けプレイ ・Switchは1台でOK ・遊ぶ人数分のJoy-ConかProコンが必要 ・最大4人まで ローカル通信のやり方は2種類。 Switch複数台を用いる友達と遊ぶやり方と、Switchは1台だが、Joy-Conが複数個必要になるおすそ分けプレイだ。 Nintendo Switch Onlineは不要 ローカル通信の場合は、 Nintendo Switch Onlineへの加入は必要なく、無料で遊べるぞ。 一方、インターネット通信には必要なので覚えておこう。 友達と遊ぶ 遊びに来てもらう側の手順 おすそ分けプレイ中にフォロワーが入手したものは、案内所内のリサイクルBOXに預けられる。 自分のアカウントで回収するのを忘れないように。 エラーが起きる場合の対処法 【可能性高】ソフト更新をしてみる エラーの原因として可能性が高いのが、 お互いのソフトのVerが違う、というケース。 あつ森はアップデートでゲーム内容が変わるゲームなので、同じVerでないと遊べない作りになっている。 Verはゲーム起動画面の右上で見れるので、お互いに確認してみよう。 もしくは、「近くの人とバージョンを揃える」でもOK。 機内モードをOFFにする 機内モードがONだとそもそも一切の通信プレイができない。 機内モードがONになっていないか確認してみよう。 機内モードのメニューは、電源ボタン長押しで現れる。 本体の距離を近づける エラーが起きるのは単純に通信状況が悪い可能性もある。 できる限り近づいてみよう。 関連記事 スマホ関連リンク.

次の

今さら聞けない!「あつ森」ローカル通信とインターネット通信の違いは?

ローカル通信 あつ森 エラー

症状 前に「」という記事を書いた通り、うちにはスイッチAとスイッチBの二台のスイッチがあります。 さて先日、スイッチAの村からスイッチBの村にローカル通信で遊びに行こうとした所、エラーコード:2203-0020が出て行けなくなってました。 ぴえん。 二台のスイッチ 二台のスイッチの内訳は、• スイッチA(いつも遊ぶ本体)• スイッチB(「いつも遊ぶ本体」ではない本体) となっております。 スイッチAにはダウンロード版のあつ森をインストールしてます。 スイッチBにはパッケージ版のあつ森を入れています。 ニンテンドースイッチ オンライン 今回家族4人であつ森を遊ぶ運びとなり、タヌポータルが使いたいが為に、ニンテンドースイッチオンラインのファミリープランに加入しました。 ファミリープランは、12カ月で4500円で最大8アカウントまで利用できるお得なプランです。 2アカウント以上ならこちらのプランの方がお得なやつです。 ニンテンドースイッチオンラインのゲーム連携サービスで、「スマホでタヌポータル」が使える様になりました。 これでネットからマイデザインがダウンロード出来ます。 あとニンテンドーショップから、「たぬきかいはつのスクエアラグ」をダウンロード出来るとの事で、スイッチAとスイッチBにそれぞれダウンロードしてみました。 エラー さて、それからです。 あつ森でスイッチAの島とスイッチBの島間でローカル配信をしようとするとエラーが出るようになりました。 エラーコード:2203-0020 エラーが発生しました。 購入したダウンロードソフトや追加コンテンツは、同時に1台の本体のみであそべます。 くわしくは、Nintendo Switchサポートをご覧ください。 問い合わせ こういう場合はニンテンドーサポートに問い合わせるのが早いです。 エラーの原因はネットを調べてもFAQにも載ってませんでしたので。 ニンテンドーサポートからの返事によると ご記載のエラーコード「2203-0020」は、ローカル通信ができなかった場合に表示されるエラーです。 ニンテンドーeショップでご購入いただいたダウンロードソフト(追加コンテンツ含む)は、ニンテンドーアカウントで管理されています。 お問い合わせの状況の場合、特典アイテムなどの追加コンテンツを購入したアカウントを複数の本体に連携しており、そのアカウントが購入した追加コンテンツを含むソフトを使用している可能性がございます。 パッケージ版ソフトであっても、追加コンテンツをダウンロードされた場合は、ダウンロード版ソフトと同じ扱いとなります。 そのため、パッケージ版ソフトとダウンロード版ソフトの組み合わせであっても、同じアカウントが購入した追加コンテンツを両方の本体にダウンロードしている場合は、同時に複数の本体でローカル通信を行うことはできません。 ローカル通信を行う場合は、それぞれのアカウントで追加コンテンツの引き換えや購入をされることをご検討ください。 との事でした。 重要なのはこの「パッケージ版ソフトであっても、追加コンテンツをダウンロードされた場合は、ダウンロード版ソフトと同じ扱いとなります。 」って所ですね。 つまり、追加コンテンツの「たぬきかいはつのスクエアラグ」を両方の本体にダウロードされている場合は、同時に複数の本体でローカル通信が出来ないって事でした。 解決方法 各々のアカウントで追加コンテンツの「たぬきかいはつのスクエアラグ」をダウンロードすれば良いのですね。 という事で、スイッチAの父、母、息子のアカウントを確認したとろ、「たぬきかいはつのスクエアラグ」はダウンロード済みになっておりました。 次にスイッチBの父と娘のアカウントをチェックしたところ、父のアカウントはダウンロード済みでしたが、娘のアカウントは未ダウンロードでした! これだ! 早速、娘のアカウントでも「たぬきかいはつのスクエアラグ」をダウンロードしたところ、うまくローカル通信ができる用になりました。 これにて一件落着。 関連記事•

次の

どうぶつの森でエラーコード「2203

ローカル通信 あつ森 エラー

コンテンツ• Nintendo Switch ローカル通信プレイとは Nintendo Switch のローカル通信プレイとは、近くにある Nintendo Switch 本体同士で通信を行い、複数人で一緒に遊ぶマルチプレイのことを指しています。 ニンテンドー3DSやDSを持ち寄って遊ぶ、携帯機感覚のマルチプレイですね。 Switch ではオンラインプレイに関して Nintendo Switch Online 加入が必要となり、大半のソフトはオンラインプレイが有料化されています。 しかしローカル通信で遊ぶときはインターネット接続環境を必要としないため、通信料金はかかりません。 ローカル通信プレイを遊ぶのに必要なもの Nintendo Switchのローカル通信プレイを遊ぶには何が必要となるでしょうか。 必要なものは次の通り。 こうして環境が揃えばインターネット接続ができない場所でも、携帯型ゲーム機のように、気軽に対戦プレイや協力プレイといったマルチプレイを楽しめます。 何台まで本体を接続して遊べる? ローカル通信のマルチプレイは、最大8台までSwitch本体を接続して参加が可能。 たとえば『 』では、8人集まって4対4のチーム戦でバトルを楽しむことができます。 『スプラトゥーン2』でローカル通信プレイを遊ぶ時は、ゲーム内施設の「イカッチャ」から。 ここから「プライベートマッチ」や「サーモンラン」を楽しむことができます。 また『 デラックス』のローカル通信プレイは、1台のSwitch本体から最大2人まで参加して、最大8人まで同時に遊ぶことができます。 なおソフトによっては、ローカル通信プレイを楽しむために、事前にNintendo Switchユーザーとしてフレンド関係になっておく必要があったり、起動時に認証が必要になるなどする関係で、プレイ前にインターネット接続環境が必要となる場合があります。 ローカル通信プレイなら、本体を持ち寄って、インターネット環境がなくてもマルチプレイを楽しめる• 基本的に、参加する人数分の本体とソフトが必要• ソフトによっては、事前にフレンド登録や認証が必要な場合も.

次の