夜中 に 足 が つる 原因。 足がつるのはアノ栄養が不足しているかも?10個のポイント

夜中に激痛が……! 足がつりやすい人の原因と対策は?

夜中 に 足 が つる 原因

突然、足がつって痛くて悶えたという経験、ありませんか?夜寝ている時なんかに足がつることも、けっこうよくありますよね。 しばらくすれば治まるとはいえ、あの強烈な痛みは、できればあまり体験したくないものです。 このように、誰にでも起こり得る足の攣り(つり)って、いったいどうして起きるのでしょうか?よく足がつるという人には、何か特徴があるのでしょうか?また、頻繁に足が攣る場合はどんな病院に行けばいいのでしょう? 今回は、そんな「足の攣り」に焦点を当てて、原因や予防法、対策などを詳しく、分かりやすくお話していきます。 こんな人は足がつりやすい!?よくある状況や部位などを紹介! たまに足がつるという程度ならそんなに気にならないかもしれませんが、しょっちゅう足がつるとなると相当なストレスですよね。 でも中には、足がつりやすい条件の人もいるんです。 この章では、まず足がつりやすいのはどんな条件の人なのか、足の部位の中でもどこがつりやすいのかといったことについてお話していきます。 つりやすい部位 あなたは「足がつる」と聞いて、どこを連想しますか?人によって、その部位は様々なはず。 でも、比較的よく足がつる部位というのは存在します。 ふくらはぎ• 足の裏• 足の指• 足の甲• すね これらの部位で、よく足の攣りが見られます。 一般的にはふくらはぎが多いですが、「いつも足の指ばかり攣る」という人もいるように、人によっては全くつらないところと、よくつるところがあるというのも、有りがちなケースです。 また、いくつかの部位が同時につることもあります。 足の指がつったからマッサージしていたら、隣の指までつりはじめたなんてこともあり、これはかなり辛い痛みの体験となってしまいます。 足がつりやすい時間帯 足がつったときのことを思い出していただくと、おのずと足がつりやすい時間帯というのがうかびあがってきます。 具体的には、• 明け方• 運動中 が多いです。 明け方に起きようとして足を動かしたり、伸びをしたらその途端に足がつったという経験をした人は、意外と多いのではないでしょうか。 後にお話するように、冷えも足がつる原因のひとつです。 明け方に気温が下がって身体が冷えるため、この時間帯によく足が攣るのだと考えられています。 また、お布団の重みが原因になることもあります。 さらに、運動中もよく足の痙攣が起きるタイミングのひとつです。 泳いでいるときやランニングしているときに、ふくらはぎや足の裏が釣ったことがある人も少なくないはず。 この場合も、水中での足の冷えや運動による筋肉の疲労が、足の攣りを招くと考えられます。 足がつりやすい人 以下のような人たちは、そうでない人たちよりも足がつりやすいと言われています。 高齢者• 妊娠中の女性• 服薬中の人 筋力が弱まってくる高齢者の方は、足がよく攣ると言われています。 また、ありとあらゆるマイナートラブルが生じやすい妊娠中ですが、足がつることもよくあるトラブルのひとつです。 妊婦さんに足の痙攣が起きやすい理由として、冷えやすいことに加えて、赤ちゃんの重みで骨盤が緩んだり歪んだりしやすいことが挙げられます。 また、薬剤の影響で足が攣りやすくなることもあります。 高血圧・狭心症• 甲状腺疾患• 高脂血症• 糖尿病• ホルモン剤 足がつるのって、本当に突然だし、痛みも激しくてツラいよね。 女性は妊娠中だと特に足がつりやすくなるから、冷えには普段から気を付けてね。 それから、骨盤をサポートするために骨盤ベルトを使うのも効果的だよ! どうして足がつるの?そのメカニズムを知っておこう! 足が攣ることを、別名こむらがえりとも呼びますが、そんな足の攣りやこむらがえりは一体どうして起こるのでしょうか?ここでは、そのメカニズムや原因を探っていきましょう。 足がつるメカニズム 足が攣っているとき、その部位で何が起こっているのでしょうか。 それはズバリ筋肉の痙攣(けいれん)です。 筋肉は、脳や神経からの命令によって収縮します。 この命令の伝達には筋肉内の電解質やミネラルバランスが関わっているのですが、筋肉の疲労や様々な理由で、その電解質やミネラルバランスが乱れてしまうと、命令以上に筋肉が収縮してしまい、痙攣が起きてしまうのです。 足がつる原因 そんな筋肉の痙攣を引き起こす要因は、たくさんあります。 先にも少し触れましたが、もう一度詳しく、足がつる要因になるものを挙げておきます。 骨盤のゆがみ• 身体の冷え• 筋肉の疲労や衰え• 電解質バランスの乱れ• 水分やミネラルの不足• 薬の副作用 このような理由で、筋肉を正常に動かすための指令がうまく働かなくなってしまうのです。 また、この他にも、肥満も足の攣りやこむらがえりを誘発すると考えられているんです。 肥満傾向があって足がよく攣るという人は、まずは体重や脂肪を落とす努力をしてみると良いかもしれません。 足が攣ってる時って、筋肉がビクビクと動いてるのが見える時もあるくらいだし、やっぱり痙攣が起きているんだね。 女性は骨盤が歪んだり身体が冷えたりしやすいから、そこを改善するだけでも足がつる回数が減らせるかもしれないね! ひんぱんに足がつるなら病気の可能性も!?こんな病気に注意! 足がつる要因にはミネラル不足をはじめとする様々なものがあることを、前章でお話しました。 こういったものは、健康な人でももちろん起こり得るものです。 しかし中には、病気が原因になっているケースもあり得ます。 ここでは、こむらがえりが繰り返される場合、どんな病気が考えられるかをご説明していきます。 足がつることで疑われる病気 こむらがえりや足の攣りが頻繁な場合に疑われる病気としては、以下のようなものがあります。 糖尿病• 椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症• 動脈硬化• 下肢の静脈瘤 糖尿病が悪化してくると、合併症である神経障害によって、足が攣りやすくなります。 また、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症では筋肉の緊張が、動脈硬化や下肢静脈瘤は血行不良が元となって、足が頻繁に攣るという症状が起こることがあります。 このように、メカニズムには多少の違いがあるものの、よく足がつるという背景には病気があるケースもあり得るのです。 怖い閉塞性動脈硬化症 上記のように、頻繁なこむら返りには病気がかくれていることがあるわけですが、中でも閉塞性動脈硬化症という病気には注意が必要です。 酷いケースでは足を切断しなければならないこともあり得るのです。 よく足が攣るけど原因が分からないという人は、引用文中にあるように、両足を上に挙げて血行が悪くなっていないか確かめてみてはいかがでしょうか。 病院は何科へ行くべき? 病気が元となって頻繁に足が攣ってしまうという人は、その病気を治療している主治医に相談してみましょう。 特に思い当たる病気がないのに、よく足がつるという人は、やはり病気が隠れているかもしれませんので、一度受診することをおすすめします。 その場合は、内科か整形外科に相談すると良いでしょう。 必要に応じて一度にいろんな検査ができるよう、総合病院が便利です。 足の血行が悪くなったり、神経の障害が起きたりする病気によっても、足が攣るという症状が出てくるわけだね。 この場合は、数か月に1回なんていう頻度じゃなく、毎日という人もいるよ。 もしそうなったら、すぐに病院へ行ってね! 知っておくと助かるかも!足がつった時の対処法や予防法はこれ! 病気が原因になっている足の攣りなら、元となる病気を治療することが最大の対処法や予防法になります。 では、多くの健康な人が経験するこむら返りには、どう対処したらよいでしょうか?予防する方法や、実際に足が攣ってしまった時にどうしたら早く治るのかといった対処法をご紹介します。 どうすれば予防できる? こむら返りの激しい痛みを回避するためには、日頃から予防しておくことが肝心です。 以下に予防法をご紹介します。 バランスよく食事を摂る• 冷えを改善する• 適度な運動をする• 水分補給をしっかりする 運動中に足がつるのを防ぐには、運動前後にストレッチをしっかりやることです。 そうして、筋肉にかかる負担を少なくしてあげましょう。 睡眠中のこむら返り予防は、やはり温めることです。 寝る前にお風呂に入る、冷え性がある人は湯たんぽや腹巻きをして寝るなどしてみましょう。

次の

【医師が解説】寝ているときに足がつるのはなぜ!?原因と対策

夜中 に 足 が つる 原因

足がつるとは? 足がつる状態を医学的には有痛性痙攣 有痛性筋痙攣:クランプ と言います。 足がつるの「つる」という部分も漢字で書くと『攣 つ る』となり、痙攣の『攣』という字を使います。 つまり足がつっている状態というのは有痛性=痛みを伴う筋肉の痙攣が起きている状態です。 3人に一人が日常的に足がつる経験あり アンケートによると20代から60代以上まで約半数以上の方が足がつった経験があるそうです。 50代以上の方では「毎日足がつる」、「週に数回足がつる」「週に2~3回足がつる」など日常的に足がつる方が約3割いることがわかります。 「毎日足がつる」は3%と低い数字ではありますが、あの足の痛みが毎日あるのは相当な苦痛であることが想像できます。 毎日足がつるようであれば、何かの病気が原因の可能性もあります。 気になる方は一度病院で診察をすることをおすすめします。 また、何の病気がなかったとしても、毎日寝ているときに足がつる方は寝不足にもなり、それが原因で体調を崩すことも考えられます。 20代、30代では若干比率は少なくなるものの約2割の方が日常的に足がつるという結果が出ています。 足がつる原因は主に、筋肉疲労、水分ミネラル不足、冷えなどがあげられます。 高齢者になると若い人に比べて足がつるリスクは高まりますが、若いからといって油断はできないようです。 アンケート協力 足がつる=こむら返りじゃない よく足がつることを指してこむら返り(こぶらがえりという地方もあるようです)といいますが、こむら返りはふくらはぎがつることを指します。 しかし、足がつるのはふくらはぎだけでなく• 足のすねがつる• 足の裏がつる• 足の甲がつる• 太ももがつる• 太ももの裏がつる• 足の指がつる など、ふくらはぎ以外の部位でも足がつることはあります。 足がつるのはどんな時? 夜中、就寝中に足がつる方が多いようですが、寝ている時に足がつるだけでなく、• 朝方に足がつる• 運動中に足がつる• 運動したあとに足がつる• ゴルフの最中に足がつる• ランニング中に足がつる• 伸びをした時(足をのばした時)に足がつる など人によって足がつる個所も時間や状況も様々です。 睡眠中にこむら返りが起きる人もいれば、スポーツをしている最中にこむら返りを起こす人も良くいます。 準備運動をしないでプールにいきなり入って足がつっている人を見たことをある方もいるのではないでしょうか? 足がつるのは病気の可能性も 足がつるということ自体は健康な人でも起こることがあります。 長時間運動をして疲れていたり、運動不足や立ち仕事の多い方、お年寄り、また妊娠中にもおこりやすいようです。 しかし、あまり頻繁に起こるようだと病気が原因の可能性もあります。 足がつる病気で代表的なものには下記のようなものがあります。 糖尿病• 脊柱管狭窄症• 閉そく性動脈硬化症• 椎間板ヘルニアや変形性腰痛症などの腰痛• 腎疾患(腎臓病)• 肝硬変 などがあげられます。 上記のような病気が原因で足がつる場合は、病気を治すことや病気の治療を行うことが足のつりの予防につながっていきます。 足がつる場合病院は何科? ふくらはぎがつるこむら返りなど、足がつるのは、冷えや筋肉疲労などで健康な人や若い人にもおきるものです。 その多くは一過性のものなので治療の必要は特にないようです。 ただ、頻繁に足がつるようでしたら上記に挙げた病気の可能性もあるので、病院で診てもらいましょう。 そこで何科を受診すればよいかということになりますが、 整形外科、神経内科、内科が良いそうです。 足がつるのに加えて、腰やおしり、下肢に痛みやしびれがあるときには整形外科を受診するのが良いかもしれません。 外科的な病気が原因で足がつる 外科的な病気で考えれるのは• 変形性腰椎症• 椎間板ヘルニア• 下肢静脈瘤 などがあります。 特に腰痛や下肢の痛みやしびれがないようであれば、まず神経内科や内科を受診してみましょう。 内科の病気が原因で足がつる 内科の病気で足がつる原因となるものには、主に• 糖尿病• 肝臓病• 腎不全 などがあげられます。 これらの病気は代謝異常がおこるため、足がつりやすくなります。 このホームページでは病気が原因ではないけど、足がつって困っている方になるべくわかりやすい表現で足がつる理由(原因)や治し方、予防、対処法を紹介していきたいと思います。 自分の足がつってしまう原因を考えて、自分にあった治し方、予防、対処法を見つけてください。 足がつる理由(原因) 足がつる原因は主に水分不足、ミネラル不足、疲労、冷えなどがあげられます。 しかし、足のつりは人によっておこる場所も時間も様々です。 足がつる原因を足がつる状況から調べてみました。 足がつる体のメカニズム それではまず、足がつるとは体の中でどのような作用が起きているのか考えてみましょう。 いわゆる足がつるという現象は医学的には有痛性痙攣 有痛性筋痙攣:クランプ と言います。 つまり足がつるのは痛みを伴う筋肉の痙攣ということになります。 筋肉の痙攣は筋肉の収縮が無意識に起こることですが、痛みを伴わない痙攣はピクピクと収縮と弛緩を繰り返す場合で、痛みを伴う場合は弛緩する時間がなく、収縮だけが続く場合です。 これが足がつっているときの状態です。 少し難しくなりますが、こちらの「」のページでより詳しく説明しています。 それでは足がつる原因を状況別に見てみましょう。 夜中に足がつる理由(原因) 夜中や朝方に足がつる方は多く、就寝中にこむら返りの激痛で目をさまし寝不足になる方もいるようです。 日ごろの食生活(ビタミン・ミネラル不足など)、夜間に気温が低下することや布団による重み、日中の足の疲労などが関係してくるようです。 こちらの「」のページで睡眠中のこむら返りについてもう少し詳しく説明しています。 妊娠中に足がつる 妊娠中にはじめて足がつるのを経験する人もいるように、足がつるのは妊娠中のマイナートラブルです。 妊娠による骨盤のゆがみや鼠蹊部を圧迫されることにより足の血流がわるくなることが関係しているようです。 こちらの「」ページでもう少し詳しく説明しています。 スポーツ・運動中に足がつる 日ごろから運動をしている人が試合の最中に足がつることもあれば、普段運動不足のお父さん方がゴルフの時に足がつったり、日ごろの運動量にかかわらず運動中に足がつることはあります。 筋肉疲労をはじめ、汗をかくことにより水分とミネラルが急激に不足することなどがあげられます。 こちらの「」ページでもう少し詳しく説明しています。 薬の副作用 薬の副作用が原因で足がつる場合もあります。 副作用でこむら返りが起こる可能性がある主な薬には下記のようなものがあります。 カルシウム拮抗薬• 抗甲状腺薬• フィブラート系の高脂血症治療薬• 女性ホルモンおよび男性ホルモンなどのホルモン剤• インシュリン• 利尿薬 など 薬を服用していて、寝ているときなどに頻繁に足がつる、こむら返りが起こるようなら一度医師や薬剤師に相談してみましょう。 こちらの「」のページで薬剤師さんが薬の副作用と足のつりについて詳しく説明しています。 冷えが理由で足がつる ミネラル不足や筋肉疲労以外にも足がつる原因に冷えも関係しています。 体の冷えは血行不良の原因となり、筋肉を収縮させます。 さらに血流が悪くなることによりミネラルのバランスも崩れます。 そのために足がつりやすくなります。 こちらの「」のページでもう少し詳しく説明しています。 足がつる予防 足がつるのを経験している方は、あの激痛が起こらないようにと願っているはずです。 日ごろどういったことに気をつければ足がつらなくなるのか調べてみました。 足がつるのを予防するのに大事なのは ミネラル・水分をしっかり摂る 日頃から適度な運動をする 足腰を冷やさない などがあげられます。 バランスの良い食生活で足のつりを予防 足がつることに限りませんが、バランスの良い食生活というのは健康な体作りの基本です。 足がつる予防においても栄養バランスは重要になります。 特にミネラル不足は足がつる原因となりますが、ミネラルだけでなく、水分、ビタミンも足がつる原因となるので、しっかり摂れるような食生活を心がけましょう。 特に足がつる予防に役立つビタミン・ミネラルは下記のようなものがあります。 マグネシウム(アーモンド、ひじきなど)• カルシウム(牛乳、切干大根など)• ビタミンB1(卵、豚肉など)• ビタミンE(ナッツ類、抹茶など) サプリメントを活用して足のつりを予防 仕事が忙しく外食やインスタント食品を食べる機会が多くある方や、食べ物に好き嫌いが多いなど、なかなかバランスの良い食生活が難しいという方はサプリメントを活用するのも一つの方法です。 上記に挙げたビタミンやミネラルのサプリメントを上手に活用しましょう。 適度な運動とストレッチ どんなに日ごろから運動をしている人でも足がつることはあります。 運動することにより汗をかき、ミネラルや水分が不足することに加えて筋肉の疲労もおきることから足がつりやすい状況になるからです。 スポーツ、運動中の足のつりを予防するにはこまめな水分補給、できればミネラル分を含むスポーツドリンクなどが良いでしょう。 また、運動前と運動後の準備運動も足がつる予防にとても役立ちます。 普段、運動をしない人が、急に体を動かすと、普段から運動していない人に比べて足はつりやすくなります。 これは筋肉疲労に関係しています。 普段から筋肉を使っていないので、すぐに筋肉が疲労し足がつりやすくなるのです。 ですから、日頃から適度な運動というのは足がつる予防に役立ちます。 また、ただ運動をして筋肉をつけるのではなく、ストレッチも取り入れて柔軟な筋肉をつけるよう心がけましょう。 足がつる予防についてはこちらの「」のページで詳しく説明しています。 足がつる治し方・対処法 日ごろから予防をしても足がつってしまった時に、少しでも早く足がつるのを治したいものです。 足がつった時に少しでも早く治す対処法を調べました。 足がつった時の対処法の基本は下記の2点です。 ゆっくりストレッチ(つった場所を伸ばす)• 足がつった箇所を温める。 ストレッチと温める以外には漢方薬と消炎鎮痛剤を使用する方法もあります。 足がつった時の治し方、対処法については「」のページで詳しく説明しています。 足がつる原因人気記事• 夜中や朝方など就寝中に足がつって目が覚めた!という経験は誰にでも1度はあるのではないでしょうか。 運動中... 29,172ビュー• 足がつるのは夜寝ている時が多いかもしれませんが、運動をしている時にも足はつりやすくなります。 妊婦さんや... 14,791ビュー• 夜間就寝中に突然足がつって目が覚めるという体験を、成人であれば誰もが一度は経験をしたことがあるかと思います。... 14,374ビュー• 病気の治療を目的に服用する薬の副作用が原因で足がつる、こむら返りが起きる場合もあります。 ここで気になる... 9,955ビュー• なんだか最近、足をつることが多い...そういったことでお悩みではないでしょうか。 突発的にこむら返りで起こる激痛... 7,753ビュー 足がつった時の対処法人気記事• ひざ下の前側にある、脛 すね は後ろ側にあるふくらはぎと同様につりやすい部分のひとつです。 下肢前面から足先... 29,860ビュー• 太ももの前側はふくらはぎと比較して、つる頻度としては多くない方です。 しかし、筋肉が広範囲にわたっているため、つ... 23,919ビュー• 太ももの裏は、筋肉の総称であるハムストリングスと呼ばれる3つの縦に長い有名な筋肉から構成されています。 これらは... 19,532ビュー• 日頃からどんなに足がつる予防を心がけていても、足がつってしまうことはあるでしょう。 足がつってしまったら... 18,756ビュー• こむら返りはふくらはぎがつることを言います。 ふくらはぎ以外でも足の裏や足の指、太ももなどがつることもありますが... 13,233ビュー.

次の

寝ているときに足がつる人必見。足がつる原因と対処法と予防法について解説

夜中 に 足 が つる 原因

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 妊婦さんの多くは、「足がつる(=こむら返り)」を経験します。 妊娠前は足をつったことがほとんどなかった人でも、妊娠をきっかけに起きやすくなります。 なぜ妊婦さんは足がつりやすいのでしょうか?今回は妊娠中に足がつる原因と対策、予防法についてご紹介します。 妊婦の足がつる!妊娠後期に起きやすい原因は? 「足がつる」とは、足の筋肉が異常に収縮した状態で硬直してしまう現象です。 主にふくらはぎにある「腓腹筋(ひふくきん)」で起こることから、「こむら(腓)返り」とも呼ばれます。 筋肉が収縮した状態になると、激しい痛みが現れます。 妊娠中に足がつりやすくなる原因として、以下3つが考えられます。 血行不良 妊娠中は運動量が制限されるので運動不足になり、血行が悪くなりがちです。 血行が悪くなると体が冷えて、足の筋肉も固くなり、収縮を起こしやすくなることもあります。 ミネラル不足 血液中のカルシウムやマグネシウムといったミネラルが不足すると、神経や筋肉が興奮しやすくなり、異常収縮を起こすことがあります。 妊娠中はママの体よりも赤ちゃんの方に優先的に栄養が送られるので、ミネラル不足になって足がつりやすい状態になります。 骨盤の歪み 妊娠後期になるにつれてお腹の赤ちゃんが大きく、重くなります。 大きくなったお腹を支えようと歩き方や背筋の筋肉の伸ばし方も無意識に変わり、その影響で緩んだ骨盤がゆがみやすくなります。 骨盤・背筋・腹筋などに負担がかかると、間接的につながっている足の筋肉にも悪影響を与えて、つりやすくなると考えられます。 関連記事 妊婦が足をつったときの対策は? こむら返りを起こしたときは腓腹筋が収縮している状態なので、反対に伸ばしてあげる必要があります。 腓腹筋を伸ばすには、つま先をつかみ、すねの方に引き上げてください。 引き上げた状態を8~10秒ほどキープして元に戻すという作業を痛みがなくなるまで続けましょう。 お腹が大きくなってきたら自分でつま先をつかむのが難しくなってくるので、旦那さんを起こして足の裏からつま先を押すようにして伸ばしてもらうのが一番です。 サポートしてくれる人がいないときは、タオルを足の裏にかけて伸ばしたり、壁に足の裏をくっつけて上半身を起こすようにして伸ばしたりする方法もあります。 こむら返りはいつ起こるかわからないので、どんなときでも対処できるように足の伸ばし方を練習しておきましょう。 妊婦の足がつるのは生理現象です 足がつったときの痛みは、なった人しかわからないつらさがありますよね。 つりやすくなると「また足がつったら嫌だな…」と心配になってストレスがたまってしまうかもしれません。 夜中に足がつって何度も目覚めるようになったらなおさらです。 しかし、妊娠中に足がつるのは生理現象ともいえるので、仕方ないことでもあります。 深刻に考えすぎずに、予防法をしっかりと実践することが大切ですよ。 そして、足がつってしまってもすぐ対処できるように、自分一人でも足を伸ばせるようになっておくと安心ですね。

次の