アップグレード プログラム。 auアップグレードプログラムは必要か!?メリット、デメリットを解説

auアップグレードプログラム(EX含む)を途中解約した体験談【返金は無いので注意!】|スマホル

アップグレード プログラム

アップグレードプログラムとは アップグレードプログラムの内容 アップグレードプログラムはau公式の説明によると次にようになります。 対象機種のご購入時に、「アップグレードプログラム」にご加入いただき、かつ機種代金を割賦契約(24回)いただくと12カ月間ご利用後、新たな機種に変更した際に、それまでご利用いただいた端末の分割支払金残額の一部(最大7カ月分)を実質無料とするサポートプログラムです。 うーん、いまいちよく分かりませんね。 図を用いて説明すると次のようになります。 まずアップグレードプログラムを利用するためには 端末代金を分割で支払う必要があります。 アップグレードプログラムの利用で得られる利益と費用は次のようになり、ここの比較が大事です。 購入する機種によってプログラムが異なります。 妻はEXに入ってました。 今の一押しはEXのようです。 ちなみに、ただの「アップグレードプログラム」はわかりやすくするために「アップグレードプログラム(無印)」とします。 アップグレードプログラムの3つの落とし穴 アップグレードプログラムを利用すると、次の3つの落とし穴があります。 auショップ店員もEX押しです。 通常の機種変更の場合は、古い端末は下取りに出したり、メルカリで売ったりできますよね? アップグレードプログラムを使わずにauで機種変更する場合でも下取り割引があるのに、アップグレードプログラムを利用すると古い端末タダでauに回収されてしまうんです! 【シミュレーション設定】• アップグレードプログラムが最も有利な13ヵ月目に機種変更する 当初端末の購入~13ヵ月目での機種変更までにかかる費用をシミュレーションするとこうなります。 違うのは、旧端末の下取り料と機種変更クーポンの値引きがないこと。 でも、トータル 4万円の損です。 トータル3万円の損です。 アップグレードプログラム(無印)利用のケースでは 4万円の損• アップグレードプログラムの契約をしても、アップグレードプログラムを使わないで機種変更した方が3. 5万円安い アップグレードプログラムの契約をしても、アップグレードプログラムを利用しないで機種変更をすることができます。 妻はアップグレードプログラムに入っていましたが、アップグレードプログラムを利用しないで機種変更しました。 どういうことかというと、• 旧端末をauにタダで回収させずに、下取りに出す• 機種変更クーポンを使う• その代わりアップグレードプログラムによる旧端末代の値引きを適用しない 結論から先に書くと、 アップグレードプログラムに入っていても、 アップグレードプログラムを利用しないで機種変更をした方が3. 5万円端末代が安くなります。 アップグレードプログラムに入っておきながら、アップグレードプログラムを利用しないほうが得をするなんて アップグレードプログラムは無駄としか言いようがありません。 内容に問題がなければページ最下部の「この内容で申し込む」をタップします。 以上でお手続きは完了です。 au公式サイトより引用。 連絡先:KDDIお客さまセンター au携帯電話から:157 au以外の携帯電話・一般電話から:0077-7-111 まとめ アップグレードプログラムを利用して得をするケースは皆無 アップグレードプログラムを利用して得をするケースというのは、• 機種変更時に旧端末の下取価格が0円に近い• 機種変更クーポンが全くない という場合だけです。 端末の下取価格の低下はiPhoneなら通常考えられません。 メルカリで売れば5~6万円で売れるので、シミュレーションよりもさらに得ができます。 機種変更クーポンが今後全くなくなるということも考えられません。 つまり、 アップグレードプログラムを利用して得をするケースは現時点では皆無と言っていいと思います。 アップグレードプログラムについて、すでに契約してしまった人はすぐに解約し、これから契約する人はショップ店員の言うまま契約しないように気を付けてください。 わが家ではこれからauをやめてマイネオを利用する予定です。 そちらについてはこれから記事を書いていきますね。

次の

【4年縛り?】auのアップグレードプログラムEXは必要?メリット・デメリットを解説

アップグレード プログラム

au新機種は全てにおいて、端末購入の割引が薄くなってしまい、結果としてユーザーの端末購入負担金が高騰しています。 どうにかして、お得に新機種へ切り替えたいものですよね。 そんな時におさえておきたい特典が アップグレードプログラムEX/EX a です。 対象機種を購入する時に、手ごろな掛け金を毎月支払う契約をすることでかんたんに加入できます。 イメージとしては 分割支払い途中でauの新機種へ変更する際に、利用中のスマホをauへ回収に出せば、残っている分割金の半分を免除されるという感じです。 かなりお得な購入プログラムです。 しかも、 特典を利用しない/分割支払いが終了して機種変更する場合、掛けていたお金はau Walletポイントとして返還されるので、損がありません。 これまでも、これからもauを利用していくファンにとっては、損のない特典です。 それでは、オトクなアップグレードプログラムEX/EX a の内容について、しっかり確認していきましょう。 Contents• アップグレードプログラムEXは2種類存在する アップグレードプログラムEXには、2種類準備されています。 4G LTEスマートフォンとiPhone向けの「 アップグレードプログラムEX」とiPhone向けの「 アップグレードプログラムEX a 」の2つです。 掛け金は 毎月390円(不課税)です。 新しく機種を購入する時に加入するか否か選択できます。 いずれも、分割支払い途中で機種変更時にスマホをauへ回収に出すことで、分割金の残債の半分を支払い免除されるという特典は同じです。 違いは、 対象機種と 分割支払い回数の違いだけです。 覚え方としては「 分割48回で AndroidとiPhone対象のアップグレードプログラムEX」と「 分割24回で iPhoneのみ対象のアップグレードプログラムEX a 」と覚えておくとカンタンです。 アップグレードプログラムEX加入においては、 分割回数の選択の幅が多いiPhoneがやや有利ですね。 iPhoneの本体代金って高額ですからね。 2年間か4年間の長いスパンの利用で考えるのか、購入時に考えるのは非常に悩みどころ。 分割回数とアップグレードプログラムの選択の自由があるのは嬉しい点です。 アップグレードプログラムEX/EX a の加入条件は、対象機種を所定の分割回数で購入し、さらに下記のプランに加入する事で対象となります。 「auピタットプラン(s)」• 「auピタットプラン(2019年6月30日受付終了)」• 「auフラットプラン30(2019年6月30日受付終了)」 アップグレードプログラムEXはiPhoneと4G LTEスマホ対象 分割48回 と覚えましょう アップグレードプログラムEXの対象機種は、 auの4G LTEスマホとiPhoneが対象です。 iPhoneまたは Androidスマートフォンを購入する場合は 48回分割購入のみアップグレードプログラムEXに加入できます。 48回払いの分割購入で割賦契約を組み、毎月390円掛け金を支払っていくことで、25か月目以降に新しい機種へ機種変更した場合、残っている約2年分の残債を帳消しにしてくれるプログラムです。 例えば、100,000円のスマホを48回の分割契約すると、毎月約2083円です。 購入後25カ月支払ったとすると、約52,000円の負担ですよね。 この時点で機種変更する時に本来であれば残りの48,000円の割賦金残債を支払う必要がありますが、アップグレードプログラムEXの恩恵を受けることで、その48,000円の残債が支払い不要になるわけです。 ですが、相殺して考えても 残債48,000円-掛け金10,000円=約38,000円分の得が生まれるからくりです。 アップグレードプログラムEX a はiPhone対象 分割24回 と覚えましょう アップグレードプログラムEX a の対象機種は、auの iPhoneが対象です。 iPhoneを購入する場合は 24回分割購入のみアップグレードプログラムEXに加入できます。 24回払いの分割購入で割賦契約を組み、毎月390円掛け金を支払っていくことで、13か月目以降に新しい機種へ機種変更した場合、残っている約1年分の残債を帳消しにしてくれるプログラムです。 例えば、100,000円のスマホを24回の分割契約すると、毎月約4166円です。 購入後13カ月支払ったとすると、約55,000円の負担です。 この時点で機種変更する時に本来であれば残りの50,000円の割賦金残債を支払う必要がありますが、アップグレードプログラムEX a の恩恵を受けることで、その50,000円の残債が支払い不要になるわけです。 ですが、相殺して考えても 残債45,000円-掛け金5,000円=約40,000円分の得が生まれるからくりです。 特にiPhoneは例年秋ごろに新モデルが発表・発売されます。 毎年iPhoneの新モデルを利用したいユーザーにとっては、このプログラムは利用しない手はないでしょう。 また、iPhoneは24回払い・48回払いどちらでもアップグレードプログラムEXの選択が出来る点がありがたいですね。 特典を利用せずに機種変更しても掛け金は返還される アップグレードプログラムEX/EX a の 掛け金の390円は掛け捨てではありません。 プログラムを利用せずに新しい機種へ機種変更しても、きちんと積み立てた掛け金分は返還されます。 今後も長くauを利用する予定があるユーザーや、新機種に短いスパンで機種変更を検討しているユーザーは大きな得をもたらします。 逆を言うと、今後もauを継続利用するユーザーは、損をしないプログラムです。 ただし、アップグレードプログラムEXの特典や還元は全てau Walletポイントで返還されます。 利用用途が限られますので、その点には注意しましょう。 故障していると20,000円の負担が増えるので、大切にキレイに扱いましょう こんなにお得な買い替えプログラムですが、回収に出す端末が故障していると厄介です。 故障というのは、以下の場合• 電源が入らない• 充電ができない• 外装やディスプレイに破損やヒビ割れがある• 水濡れ反応している 以上のいずれかの故障症状がある場合は、アップグレードプログラムEXに特典額に対して、ユーザー負担が 20,000円(不課税)増しします。 ただし、 故障していても端末補償サービスに加入している場合は、ユーザー負担額が軽減されます。 Androidスマホ向けの「故障紛失サポート」に加入していれば 2,000円(不課税)負担。 スマホをキレイな状態で利用し続けることは、将来の資産価値を高めることに繋がるので、大切にキレイに扱っていきたいところです。 アップグレードプログラムEX/EX a は絶対加入した方がオトクと言い切れるワケ 結論から言うとアップグレードプログラムEXは必ず加入した方がオトクと言い切れます。 色んな角度からアップグレードプログラムEXの内容を確認しましたが、特徴をまとめると以下の通りです。 しかし、今後au以外のキャリアへ移る予定があるなら要検討しましょう。 また、破損や水濡れなどにはぜひ注意して、この記事をご覧いただいているユーザーの方には 損をしないモバイルライフを送ってほしいと願います。 また、auのスマホをさらにオトクに購入するには「 au オンラインショップ」をしっかり活用しましょう。 auショップ店頭で購入する際の、待ち時間や手続き時間もかからず、さらに店頭で発生する頭金も不要で、2,500円以上の購入であれば送料も無料ですから。 損することなく、お得にauを利用し続ける方法は、いろんなところに隠されているのです。

次の

auの「アップグレードプログラムDX」徹底解説。旧アップグレードプログラムEXとの違いは?

アップグレード プログラム

アップグレードプログラムEXとは? アップグレードプログラムEXには2種類があります。 12回払いが完了した時点で、機種変更ができ、 機種変更をすると残りの支払いが免除されます。 つまり実質的に、機種代金が半額になります。 こちらはプログラム料として、月額390円が課せられます 24回払いが完了した時点で、機種変更ができ、 機種変更をすると残りの支払いが免除されます。 実質的に、機種代金が半額になります。 アップグレードプログラムEXでは旧機種は回収される アップグレードプログラムEXでは、これまで使っていたスマホは回収されてしまいます。 アップグレードプログラムEXって割引ではなく実は、下取りなんです。 そう考えると半額まで値引きされるのって、あんまり大きな金額ではありません。 中古で売ったとしても半額を回収するのは難しくありません これでは、わざわざキャリアの値引きを受ける恩恵が何もありません。 アップグレードプログラムEXは何年縛り? アップグレードプログラムEXは抜け出せない お気づきの方もいるかもですが、アップグレードプログラムって他のキャリアへ抜け出せない仕組みになっています。 アップグレードプログラムの割引を受けるために機種変更する。 機種変更が割引の条件になっているから、いつまでもauを使い続けることしかできません。 どこか途中で解約すると、機種代金の少なくとも半額を支払うことになります。 分割で払うと一度に請求されませんが、割引がない以上は、支払う金額は一括で払うのと変わりません。 安いスマホで契約している場合ならまだいいですが、iPhone8、iPhone Xなど高額のスマホで契約している場合が要注意です。 半額でも、4万~5万円になるからです。 2年契約の途中で、契約解除料(違約金)がかかる場合には、さらに+1万円で、乗り換え時に支払う額は、 5万円~6万円にものぼります。 「解約して格安SIMとかに乗り換えようかな?」って思っても、結局は解約時に5万~6万円の支払いがあるという現実を前にすると、乗り換えを諦めてしまう人が多いと思います。 これこそが大手キャリアの2年縛りです。 こうした仕組みを見ると2年縛り以上の強い縛りになっているという印象を受けます。 それでも格安SIMの乗り換えた方が安くなる? 大手キャリアから格安SIMに乗り換えると、月額利用料はだいたい半額ぐらいになります。 機種代金を除いて月額7000円ほどで契約している人なら、3000~4000円ぐらいで「同等のデータ容量・通話」のサービスを利用できます それなら、何か月で解約時にかかる5万円、6万円といった金額を取り戻せるのでしょうか。 ・・・ アップグレードプログラムEXを抜け出すために、6万円支払って解約したとしましょう。 7000円だった月額利用料が、月額4000円になったとすると、毎月3000円の節約になります。 20か月後からは、毎月3000円得をする計算です。 長い目で見ると、格安SIMの方がお得であるとわかります。 もし20か月後からさらに5年間使ったとすると、18万円も得をする計算になります。 まとめ アップグレードプログラムEXについて解説しました。 アップグレードプログラムEXは、基本的には 機種代金が大幅に値引きになるお得なプログラムです。 ただその一方で、格安SIMなどへの乗り換えを考えると、簡単には抜け出せない、ちょっとしたハードルになっています。 もし、格安SIMへの乗り換えを考えているならば、 高額な機種代金の残債をさっさと支払ってしまうのが賢明なようです。

次の