インスタバトンやり方。 インスタで幼少期リレーが大流行!詳細ややり方について徹底解説

インスタストーリーで流行の「リレー」投稿のやり方、バトンの回し方や注意点も解説

インスタバトンやり方

インスタで幼少期リレーが流行 全国に緊急事態宣言が発令されてしまい、全語句的に外出自粛をしなければならない状況です。 そんな中でも、フォロワーなどとコミュニケーションを取れる遊びとして「幼少期リレー」も流行しています。 ハッシュタグ「#幼い頃の写真」を使って投稿 幼少期リレーのルールは、幼いころの写真をストーリーズなどに投稿するというものです。 ハッシュタグ「 幼い頃の写真」をつけて投稿するのもルールの1つです。 ストーリーズなどでメンションをつけられて投稿された人は、次の人に自身の幼い頃の写真を投稿しなければなりません。 おうち時間を活用した遊びの1つといえるでしょう。 阪神タイガースの選手たちがきっかけとなっている 幼少期リレーがはやり始めたのは、阪神タイガースの選手たちがきっかけです。 阪神タイガースといえば、藤浪選手などがコロナウイルスに感染したことで、チームに自粛ムードが高まっていました。 ただ、これまでにストーリーズを利用した「絵しりとり」なども流行させています。 今だからこそできる、ファンサービスとして選手たちはこのようなコンテンツを流行らせています。 絵しりとりの詳細については、下記記事でも紹介していますので参考にしてください。 他にもさまざまなリレーやバトンが流行っている• 新生児チャレンジ• ニンジンリレー• 絵しりとり• 自撮りつなぎ• ドラえもんチャレンジなど インスタでは幼少期リレーだけでなく、さまざまなリレーやチャレンジ、バトンが流行っています。 名称こそ違いますが、どれもルールは変わりません。 下記記事で、リレーやバトンの詳細について説明していますので、参考にしてください。 幼少期リレーのやり方 幼少期リレーが回ってきたときは、次の人にメンションをつけて回してあげましょう。 また、話題性が欲しいのであれば自身から初めてみるのもおすすめです。 友達からまわってきた場合 友達から幼少期リレーが回ってきたときは、元の画像を使う必要があります。 メンションがついたストーリーズの投稿は、右上の紙ヒコーキマークが点灯しており、DMで通知が来ています。 DMを開いたら、自身がメンションをされている対象のアカウントからのDMを開きます。 「ストーリーズに追加」をタップして下さい。 ただ、相手が非公開アカウントの場合はこのボタンが表示されていません。 画面を開いてスクショをしてから、リレーに繋げていかなければなりません。 送られた来た写真と共にストーリーズが開かれます。 ピンチをして、送られてきた画像を後ろにもっていくと合成がしやすくなります。 自身の幼少期の写真を投稿するためには、端末のカメラロールから写真をコピーしておく必要があります。 コピーは左下のボタンから行えます。 写真をコピーをタップしたら、インスタの画面に戻りましょう、 しばらくすると、左下に先ほどコピーした写真がスタンプとして追加されるので「スタンプを追加」をタップします。 スタンプとして写真が追加されるので大きさなどを変えて好きなデザインにしてみましょう。 次に回す人を選択する必要があるので、スタンプマークをタップしてください。 「@メンション」をタップします。 回したい人のアカウント名を記入し、完了をタップしてください。 この際に、メンションされた相手がこのストーリーを自身のストーリーズにシェア出来るようにしておくために、キーボードの上にあるボタンをオンにしておく必要があります。 同じようにスタンプをタップして次は「ハッシュタグ」をつけます。 ハッシュタグを選択してください ハッシュタグに「幼い頃の写真」と記入し「完了」をタップします。 後は、送信先などを選べばリレーは完了です。 自身から発信する場合 自身から発信する場合も特にやることは変わりません。 ストーリーズを開いていきましょう。 左下のボタンをタップして画像を選びます。 投稿したい幼少期の写真をタップします。 次に回したい人にメンションをつけるため、スタンプを加えます。 メンションをタップします。 メンションされた相手がこのストーリーを自身のストーリーズにシェア出来るようにしておくために、キーボードの上にあるボタンをオンにしてユーザー名を記入します。 次に同じようにハッシュタグをつけていきます。 ハッシュタグをタップします。 「幼い頃の写真」と記入します。 後はストーリーズとして投稿すれば完了です。 ストーリーズを使わないで行う時 幼少期リレーは、ストーリーズを使わずに回している人もいます。 これは通常の投稿を使っているので、24時間限定ではないので自身で消さない限り写真は搭載されたままとなります。 自身の幼少期の頃の写真を選択します。 複数枚選択することもできます。 写真を選択し終えたら「次へ」をタップしてください。 任意でフィルターをかけたり、編集を行い「次へ」をタップします。 キャプションに任意でコメントなどを記入していきます。 そして、メンションで次に回したい人を指定し、ハッシュタグには「幼少期リレー」を記載します。 内容が完了したら「シェア」をタップすれば、リレーの投稿は完了です。 注意点 幼少期リレーはストーリーズを使って行う場合は、24時間以内に次の人に回さなければいけません。 ストーリーズは24時間たつと投稿が消えてしまうので、画像を保存していない場合は、利用することができなくなります。 もし、忙しくて今すぐ投稿が出来ない場合は、ダウンロードボタンをタップして端末に保存しておくことをおすすめします。 写真をフォロワー内だけで楽しみたい場合は、非公開アカウントにしておくことをおすすめします。 危険性について.

次の

インスタで幼少期リレーが大流行!詳細ややり方について徹底解説

インスタバトンやり方

通知の設定をしてない人は、バトンが来る前に設定しておくんじゃ! バトン お題 の内容を確認 インスタの通知を見てタップすると、その人の写真を見ることができます。 写真をみたらだいたいの内容はわかるかもしれませんが、念のため説明欄に書いてある内容を確認しておきましょう。 〇〇バトンと書いていますよ。 もちろんたくさん写真をストックしてある写真好きな人は、その中からチョイスしてもいいですよ。 僕はまだまだ素人なので写真を撮りに行きました。 とくに決まった定義はないと思うので、その中からお気に入りの写真を選ぶとたくさんいいねをもらえます! この選ぶ時は1番楽しかったな。 人気のバトンを一部紹介 バトンのことも紹介しておきます。 もし自分がバトンを使うときの参考にでもしてくださいね。 コミュニケーションがとれてインスタが面白くなっちゃいますよ。 バトンに合った写真を選んだあとにバトンを渡す人を選びましょう。 それにはタグ付けをする必要があります。 インスタに投稿する前に画面まで進めばわかりますよ。 「タグ付けする」という欄をタップ• 投稿したい写真をタップ• フォロワーさんのアカウントが出てきたらタップ 表示されていなければ検索フォームがあるので、そこに直接入力すれば表示されます。 説明欄にアカウント名を書いてもよし それだけでも相手に通知がいくので確認されますが、 説明欄にアカウント名を入れても大丈夫だと思います。 ちなみに僕はやったことがないので、自己責任でお願いします 適当だな。 バトン名をお忘れなく 最後に説明欄に渡すバトンの名前を入れてあげると、相手に伝わりやすいですよ。 忘れずに表記してくださいね。 ついでに 「スルーしてもいい」という内容を書いておくと相手も気軽にバトンに参加できます。 【追記】ストーリー機能でのバトンが流行中 今インスタではストーリーという機能があり、写真だけでなく、動画まで投稿できるようになっています。 その投稿は24時間以内で消滅するという特徴から、気軽に楽しめるようになっているようです。 その機能を使ってバトンのやり取りもできるようなので、やり方を紹介しますね。 基本上のようなやり方と同じで簡単じゃから、バトンが回ってきたら挑戦してみるんじゃ!• ストーリー上の画面をタップ• バトンを渡したい人のタグをセット• 画面上にそのタグを書き入れる• ペンなどで装飾したら完成 ただ中にはストーリーは24時間で消えてしまう特徴から、あまり好きでないという人もいるようです。 バトンを渡す人をよく考えて、楽しく活用してみてくださいね。 バトンの受け取り方まとめ• バトンに合った写真を撮る• 説明欄に受け取った人のアカウント名を表記• そのバトンをどうしたいか表記• 気が向けば受け取った人にコメント バトンを受け取ったときは、インスタになれていない僕からしたら、意味が分かりませんでしたね。 しかしこうやってまとめてみると、すごく単純なことだったんだな…なんて思いました。 時代についていくのがやっとな年齢なのか…。 書き忘れていましたが、バトンをもらって写真を投稿した前でもあとでも、その バトンを渡してくれた人にコメントを書くと交流が簡単にできておすすめです! インスタのバトンをおすすめする理由 僕がなぜ記事にまでしたのかというと写真が好きだからです。 インスタは写真で交流するSNS。 このバトンを通じて 写真好きにはたまらない魅力でいっぱいだったことに気付かされたからです。 写真を撮る練習になる バトンは普段写真を撮るときにはない環境であるお題をもらえます。 ということは写真を撮る練習にもなりますよね。 本当はバトンをもらう前には写真を撮る気はなかったのですが、 無理に時間を作って写真を撮ろうと機会を与えてくれました。 バトンをもらう側も渡す側もいつもよりも違う刺激があって、 写真を撮ろうという情熱がもらえるのがバトンのすごいところです!.

次の

インスタグラムのストーリーって何?使い方を徹底解説!(iPhone・Android)

インスタバトンやり方

インスタのバトンのやり方のポイント そもそものバトンってなんなのでしょう。 バトンとは、 最近インスタで流行っている イベントのような小さなゲームです。 指定された質問に回答して 『最後にこれを〇〇に回します。 』 と、そのバトンを繋いでいくことをさします。 ではそのバトンってどうやるのでしょう? 1.バトンに指定される・どこかで拾ってくる インスタのバトンは 自分からDMを送って始める or 誰かからバトンに指定されるところから 始まります。 自分から始める場合、 バトンテーマもやりやすいもので、 バトンの輪も小さく始めましょう。 2.バトンのテーマになっている写真を撮影する ペットバトンなら犬や猫などの動物 ブルーバトンなら青いもの ピンクバトンならピンクのもの など、そのバトンの テーマに合わせた写真を撮影をします。 間違ってもテーマに外れてしまうような 写真を送ってしまってはNGなので 特に気をつけてください。 4.次にバトンをつなぐユーザーをタグ付け ここがバトンの重要なポイントです。 バトンを回すためには この『タグ付け』をする必要があります。 タグをつけなければ、 バトンと同じハッシュタグをつけた 投稿と同じです。 回したい人をタグ付けして どんどん回してもらいましょう。 そのタグ付けに関しては 分かりやすい記事がありましたので ご紹介します。 インスタのバトンのそもそもの目的は? ここまでバトンのやり方について ご紹介してきました。 そもそもバトンをする目的とは なんなのでしょう? 1.友達を増やす バトンをもらうことで、 共通の友人が発覚します。 受け取ったバトンを見るのをきっかけに その人の投稿を見るようになります。 そこから趣味が合う人や 興味のある人はいれば さらに自分の友達を増やすことが できるのです。 2.投稿へのアクセスを増やす 今まではフォロワーとの交流は いいねを押したり、 ごく稀にコメントを残すくらいでしたが、 バトンを回すことで、 必然的に交流することができるのです。 こんな交流法があるとは驚きです。 3.何かを訴える方法にも 自ら何かを発信したいと思っても 何をすればいいか… そんな時にバトンがくることで テーマに合ったものの中から、 自分のオススメなどを 発信することができるので、 何かを訴えるのにぴったりな場だと思います。 インスタで人気のバトン3選 たくさん種類のあるバトン。 どれもオススメなので、 全てご紹介したいのですが、 種類がありすぎて無理なので その中から特に人気の高いバトンを 3つ厳選してご紹介します。 1:幸せポーズバトン まずはこちら! 『幸せポーズバトン』です。 インスタのバトンは 交流を広めるのに大変役に立つ イベントのような小さいゲームです。 そのバトンのテーマに合わせた写真を撮り タグをつけて投稿するだけと とても簡単にできるものなので、 普段の投稿と同じように 投稿してみてはいかがでしょうか? 今回はバトンを利用しての交流が取れると ご紹介してきましたが フォロワーの増やし方についての 記事がありましたので、一緒にご紹介します。

次の