イラン 飛行機 墜落。 テヘラン空港 ウクライナ機墜落の動画現れる

【墜落の瞬間映像】事故?撃墜?イランでウクライナ機(ボーイング737型機)が墜落、乗員乗客176人全員死亡…原因はエンジン火災?【動画】

イラン 飛行機 墜落

ウクライナ航空機の乗員乗客176人全員が死亡したテヘラン郊外の墜落現場に記者が10日に訪れると、乗客らの遺品が数百メートルにわたって散乱していた。 地面には至る所に血のりが残り、油や焦げた臭いで満ちていた。 現場はイマーム・ホメイニ国際空港から北西に約20キロの民家や工場が点在する地区。 同機は、離陸した直後の8日午前6時過ぎにサッカー場がある空き地に墜落した。 隣接する公園の遊具やブロック塀も焼け焦げ、破壊されていた。 地元住民は「墜落後は、そこら中が炎に包まれて地獄のようだった」と口をそろえた。 墜落直後に現場に駆けつけた男性(44)は「私が見た中で、人の形が残っていた遺体は2人だけだった。 墜落場所がずれていれば、私たちが犠牲になっていたと思う」と話した。 墜落事故は、イランがイラク国内の米軍拠点を8日に攻撃した約5時間後、米・イランの緊張が極限まで高まっている最中に起きた。 現場近くに住む女性(50)は「米国からのミサイル攻撃で航空機が撃墜されたのだと思った」と振り返る。 当初は、墜落は「技術的な問題….

次の

イラン政府、ウクライナ航空機を「人的ミス」で撃墜と認める

イラン 飛行機 墜落

カナダのトルドー首相(写真)は8日、イランの首都テヘランの空港近くでウクライナの旅客機が墜落、搭乗のカナダ人63人が死亡した事故について、イランと外交関係がないものの、カナダとして事故の原因究明捜査に向け大きな役割を果したいとの姿勢を示した。 ウクライナ国際航空の米ボーイング737型機は8日、イランの首都テヘランのエマームホメイニ空港を離陸した直後に墜落した。 イランの報道やウクライナ指導者らによると、乗員乗客176人全員が死亡した。 ウクライナのプリスタイコ外相は、犠牲者について、82人がイラン人、63人がカナダ人、ウクライナ人11人、スウェーデン人10人、ドイツ人と英国人が各3人と明らかにした。 [nL4N29D1A7] トルドー氏は記者会見で、事故機でテヘランからキエフに向かっていた176人中138人は、その後飛行機を乗り継いでカナダに向かう予定だったと明らかにした。 カナダは2012年にイランと断交しているが、トルドー氏は、シャンパーニュ外相がイランのザリフ外相と8日に電話会談を行い、適切な捜査の必要性を伝えると述べ、「同盟国を通じた関与や直接働きかけることで、事故の捜査に大きく貢献することを確実にする」と説明した。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

ウクライナ機墜落は「イランのミサイルによるもの」 西側諸国が主張

イラン 飛行機 墜落

ミサイル発射、旅客機墜落、地震。 イラン、今日の出来事まとめ 日本時間の8日午前7時半ごろ、イラクに駐留するアメリカ軍などに対して、イランが弾道ミサイル十数発を発射したことが明らかになった。 NHKなどによると、イラク西部のアサド空軍基地と、イラク北部のアルビルの基地の、少なくとも2か所が狙われたとしているが、アメリカの複数のメディアは、政府関係者の話として、これまでのところアメリカ軍兵士の犠牲者は、確認されていないと伝えているという。 一方、イランの革命防衛隊は国営テレビを通じて声明を発表。 攻撃の作戦名を「殉教者ソレイマニ」だとした上で、「われわれは傲慢なアメリカに警告する。 アメリカがさらなる挑発行為をとれば、一層激しく、破壊的な報復に直面することになる」としつつ、「緊張の激化や戦争は望んでいないが、あらゆる攻撃に対して自衛の措置を取る」としている。 これに対し、アメリカのトランプ大統領はTwitterを更新し、「すべて順調だ。 イランからイラクにある2か所の基地にミサイルが発射された。 いま被害の状況を確認している。 今のところ非常によい」と述べ、8日朝(日本時間の今夜)に何らかの声明を出すと明らかにした。 一気に緊張状態となったアメリカとイラン。 しかし、この日イランで起きたのはこれだけではない。 偶然なのか、それとも何かしら関係性があるのか、不可思議な出来事が立て続けに起こっている。 首都テヘランで飛行機が墜落 共同通信などによると、イランメディアは8日、イランの首都テヘランの空港近くでウクライナの旅客機が墜落したと報じた。 約180人が乗っていたとみられる。 墜落したのは、ウクライナ国際航空のボーイング737型機で、テヘラン近郊のイマームホメイニ国際空港を出発し、ウクライナの首都キエフに向かっていたが、離陸直後に墜落したという。 現地の消防当局の責任者は、イランの国営テレビに対し、墜落した現場では救助活動を行っているものの、旅客機の機体は激しく燃えていて生存者がいる可能性は低いという見通しをNHKが伝えている。 旅客機が発信する位置や高度の情報をもとに飛行コースを公開している民間のホームページ、「フライトレーダー24」によると、墜落した飛行機は予定より1時間ほど遅れて、現地時間の午前6時すぎにイマーム・ホメイニ国際空港を離陸。 その後、北西方向に飛行したが、離陸からおよそ30分後に航跡が途絶えたという。 墜落した原因について、イマームホメイニ空港の広報担当者は、地元のメディアに対し、「墜落の原因は、技術的な問題の可能性が高い」とし、イランによる米国への報復攻撃とは無関係だと主張しているが、詳しいことはわかっていない。 救助チームが墜落現場に派遣されていて、「機体は炎上したが、われわれは要員を派遣した。 生存者を救出できるかもしれない」と望みを託したが、現地では「飛行機は火の玉となって墜落」「乗客全員が死亡」との報道もあるようだ。 9の地震が発生 また、イランのペルシャ湾岸付近で、M4. 9の地震が発生した模様。 詳しい情報はまだ明らかになっていないが、偶発的な地震なのか、それとも今回の攻撃による何かしらの因果関係があるのか、ネット上では心配する声が挙がっている。 このタイミングで技術的な問題の飛行機墜落とかある? イラン軍の誤射だったら、まーたカオスが深まるな。 どこ行きだったのよ。 — Ayuyu Ayuyu27437251 January 8, 2020 イランがイラクの米軍基地を攻撃したにも関わらず、トランプが「順調だ。 」って言ってたり、ウクライナの飛行機が何故かイランの首都に墜落したり、イランで大きな地震が何故か発生したり、今日は恐ろしいニュースだらけですね。 image by:Shutterstock MAG2 NEWS.

次の