初盆 やること。 故人が亡くなって初めてのお盆。「新盆」にやることは?

初盆・新盆ではいつ何をしたらいい?故人が初盆を迎える時期と親族のスケジュール

初盆 やること

初盆とはどのような時期・行事なのか? 初盆を何のための時期・行事であるかについて簡単に見ていきます。 初盆の事前準備としてやることとは? 初盆に向けて準備としてたくさんあるやることについて詳しく見ていきます。 初盆の法要の流れとは? 初盆の際の法要がどのような流れで行われるかをご説明します。 初盆の参列者がやることとは? 初盆の法要に参列した方がやることについて見ていきます。 これから初盆を迎える方や、いざという時のために知っておきたいという方向けにわかりやすくまとめましたので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。 お坊さんを 安く手配したいという方は、をぜひご利用ください。 最初に 初盆がどのようなものなのかについて簡潔に見ていきましょう。 毎年夏の7月もしくは8月の中旬(13日から16日)になると迎えるのがお盆ですが、特に身内の方が亡くなって四十九日法要を終えた後に迎える場合を初盆といいます。 なお、初盆という呼び方は、関東のように新盆(にいぼん)と呼ばれることもありますので、お住まいの地域ごとの呼び方に注意すると良いでしょう。 基本的には初盆でも普通のお盆とやることは同じですが、お盆の期間中に行われる法要は普通のお盆の場合と違い、 故人ゆかりの方々を招いて盛大に行われます。 その分、普通にお盆を迎えるご家庭に比べてやることが増えるので、準備としてやることを早めに確認しておくのが良いです。 初盆 新盆 の事前準備としてやること 初盆について簡潔に見てきたところで、ここでは 初盆の際の事前準備としてやることについて詳しく見ていきましょう。 法事の日程を決定する 初盆を迎えた方にとって最も大切な行事といえるのが、初盆法要です。 そこでまず、初盆法要の日程を決めることが最初にやることとなります。 具体的には来ていただきたい故人のご親族や知人・友人の方に連絡して、都合の良い日を選びましょう。 この際に大まかな日時と場所も伝え、なるべく多くの方が参列できる日を選ぶのがポイントです。 ただ、参列していただきたい方々には 早めに連絡をした方が良いでしょう。 特に故人の知人や友人の方の場合は、ご自身のお盆での法事もあるため、その予定とかぶらないようにするためにも時間に余裕を持って連絡すべきといえます。 僧侶の手配 初盆の法事の日を決めることと並行してやることとして、法要の際にお経をあげていただく僧侶の方(基本的に菩提寺の僧侶の方)を手配しましょう。 なお、僧侶の方を手配する際にも、 なるべく早めに連絡した方が良いでしょう。 というのは、お盆の時期は法事の予定が重なるため、寺院にとっては1年で最も忙しい時期であるからです。 そのため、手配するのが時期としてあまりにもぎりぎりの場合になると、僧侶の方を手配できなくなることもあるため気を付けましょう。 会食の手配 初盆の法要の準備とともに重要なのが、 法要後の会食の手配です。 基本的に初盆の法要の後の会食は家(ご自宅)で行う場合と、寺院や料理屋で行う場合とによって準備でやることが異なってきます。 家で会食を行う場合 会食を家で行う場合は、参列者の方や僧侶の方(参加できる場合)の会食をどのように準備するのかが重要となってきます。 家で会食を行う場合は、ご遺族側で 料理を作ってお出しするか仕出し屋さんに依頼するかという選択肢が主です。 もし、仕出し屋さんにお弁当などを依頼する場合は早めの連絡が必要となります。 外で会食を行う場合 一方、外で会食を行う場合は 寺院や料理屋などが会場となります。 このため、寺院で行う場合は僧侶の方の手配と合わせてその旨を伝えましょう。 また、料理屋で会食を行う場合は、こちらも早い段階で料理屋に予約を入れましょう。 いずれの場合も参加人数を確定させたうえで連絡する方が、寺院や料理屋の方も準備がスムーズにしやすくなります。 特に料理屋での会食の予約の際には、初盆法要後の会食であることをあらかじめ伝えておけば、献立におめでたいものが出てくる間違いを未然に防ぐことも可能です。 案内状の送付 法事の正式な日程と場所が決まったら、参列者に案内状を送付します。 案内状には参加の可否を返信することができるように、 参加の可否の欄を印字した往復はがきも添えておくと良いでしょう。 なお、参加の可否については案内状とともに電話も活用すると良いでしょう。 いずれにせよ、会食やお返しの準備をするうえで、参列者の参加の可否の情報は重要となります。 精霊棚(盆棚)の飾りつけ お盆の時期に向けての精霊棚(盆棚)の飾りつけも重要です。 精霊棚とは仏壇とはまた別の、お盆の時期特有の祭壇のことで、あの世から戻ってきた ご先祖様の霊がお盆の間一緒に過ごすための場所を指します。 精霊棚そのものを組み立てたら、どんすを敷いたうえで位牌を安置し、そうめん・水・故人が好んだもの・お盆の季節の野菜・果物などをお供えしましょう。 ほかにも、ほおずきの飾りやまこものござ、水の子なども用意します。 なお、仏教の宗派の中でも浄土真宗の場合は精霊棚を用意しないだけでなく、この後で触れる精霊馬も作りませんので注意しましょう。 精霊馬の用意 お盆の時期特有のお供え物といえば、精霊馬と呼ばれる飾りも挙げられます。 具体的にはきゅうりで作った馬となすで作った牛のことで、いずれも故人の霊があの世から戻って来る際と、この世からあの世へと帰る際の 乗り物を表すものです。 地域によってはきゅうりの馬だけ先に作り、なすの牛は送り盆に間に合うように作る場合や、ゴーヤーを用いて作る場合というように、違いもいろいろ見られます。 このため、お住まいの地域でどのような精霊馬の作り方をするのかを事前に確認しておくと無難でしょう。 盆提灯の用意 お盆では盆提灯の用意も準備の際にやることの1つです。 一般的な盆提灯は 絵柄や家紋の入ったやや華やかなもので、基本的に仏壇や精霊棚の前に並べます。 初盆の場合は、盆提灯に加えて白提灯(1つ)も用意し、玄関の軒先や仏壇に吊るします。 白提灯は、初めてあの世から里帰りする故人の霊が迷わないための目印です。 多くの場合、白提灯に使われる火は13日の迎え火で使った火をそのまま使います。 返礼品の用意 初盆でやることとして、お供えを持参したり送ったりした方への返礼品(お返し)を用意することも挙げられます。 返礼品の内容として、 お菓子の詰め合わせやタオルセット、お茶などが一般的です。 なお、返礼品の相場は参列者1人につき3千円から5千円程度となります。 お布施の用意 初盆の法事の際にお経をあげていただいた僧侶の方に感謝の気持ちとして渡すお布施の用意も重要です。 初盆法要でのお布施の相場は 3万円から5万円とされており、普通のお盆の場合の5千円から2万円よりも少し多めに包みます。 お布施を包む際には、白い封筒に水引をつけない状態で、「お布施」または「御布施」という表書きで記しましょう。 また、僧侶の方が遠方から参加する場合のお車代や、会食に不参加の場合の御膳料も合わせて用意することも大切です。 お墓の掃除 お盆と聞くとお墓参りをイメージする方も多いでしょう。 初盆でも普通のお盆の場合と同じようにお墓参りを行いますが、迎え盆(13日)の日のお墓参りの際の お墓掃除も忘れてはいけません。 具体的にはご自宅の仏壇で精霊棚の飾りつけが終わってから、故人の眠るお墓を参ってきれいに掃除をします。 お墓の掃除は基本的に布などでの水拭きや周囲の掃き掃除が主です。 決してタワシのような墓石を傷つける道具で掃除しないように気を付けましょう。 お墓参りの時の掃除の仕方について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 初盆の場合の法要の流れとしてどのようなものが挙げられるのでしょうか? ここでは、 初盆を迎えた場合のお盆の過ごし方や法要の流れについて見ていきましょう。 迎え火 一般的にお盆の期間は 7月もしくは8月13日の迎え盆で始まります。 お墓参りを済ませた際のろうそくの火を提灯に移して帰宅し、その火を玄関先でおがらに移して迎え火を焚くのが習わしです。 初盆を迎えたご家庭では迎え火が終わった後、その火を白提灯に移したうえで、白提灯を玄関先や仏壇に吊るします。 これによって、故人の霊が初めて里帰りしてきたとみなす慣習です。 お墓参り お盆の期間はお墓参りも行われます。 お墓やその周囲をきれいにしたうえで、お花やお線香、 故人の好きだったものなどをお供えして一家そろって合掌するのが一般的な作法です。 初盆の場合であれば、最近亡くなった故人に対しても近況報告を心がけることも大切といえるでしょう。 お墓参りのあれこれについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 読経 お盆の期間中は故人をしのんで法要が行われますが、初盆の場合は故人のご遺族やご親族だけでなく、知人や友人の方も参列してより盛大に催されます。 僧侶の方に読経していただいたうえで、参列者一同で焼香し、法話を聞く時間が持たれるというのが、法要での一連の流れです。 喪主の方は 法要の最後などに参列者の方にご挨拶することを忘れないようにしましょう。 会食 法要が終わった後はご自宅、あるいは寺院や料理屋などで会食の時間が持たれます。 やはり、会食の時間の最後に喪主の方は改めて参列者の方たちにご挨拶をしましょう。 そして、参列者の方たちがお帰りになるタイミングで返礼品をお渡しします。 なお、僧侶の方が会食に参加できない場合は 御膳料をお渡ししますが、法要が終わった段階で僧侶の方の会食への参加の可否を聞いたうえで、お布施と一緒に渡すと良いでしょう。 送り火 お盆の最後の日にあたる 7月または8月16日(送り盆)の夕方に、故人の霊があの世へ戻るのを見送る送り火を玄関先で焚きます。 送り火を焚き終わった段階でお盆の期間が終了するため、翌日から仏壇に設けた精霊棚などの片付けを行うのが一般的です。 初盆 新盆 の参列者がやることとは? 最後にここでは、初盆の際に故人のご遺族のところに 参列した方たちがやることについて簡単に触れておきましょう。 香典を持参する 参列者がやることとして挙げられるのが、初盆法要の香典を持参することです。 香典の金額の相場は故人との血縁関係の有無や生前の故人との関係の深さ、ご自身の立場によっていろいろと異なってきますので、事前に調べておくと良いでしょう。 なお、香典の 表書きは「ご仏前」もしくは「御仏前」が一般的です。 お供え物を用意する 香典と合わせて用意すべきものにお供え物があります。 具体的には ろうそく・お線香・お花・故人が好んだもの・菓子折り・お盆の季節特有の果物・野菜などです。 また最近では、お供え物の代わりにお金を持参するケースも増えてきております。 お金を包んで持参する場合は香典とは別に用意しましょう。 なお、表書きは「御供」(現物を持参する場合)や「御供物料」(お供え物の代わりにお金を持参する場合)が一般的です。 初盆 新盆 でやることに関するまとめ• 初盆とは、故人の四十九日法要の後に迎える最初のお盆のことで、お盆の期間中に初盆法要を盛大に営む。 そのため、普通のお盆以上に念入りな準備が必要となる。 初盆の事前準備としてやることとして、法事の日程の決定や僧侶の方への依頼、会食の手配、法要の案内状の送付、精霊棚の準備、返礼品やお布施の準備、お墓掃除が挙げられる。 初盆の法要の流れとして7月または8月13日に送り火を焚いて故人の霊をお迎えし、14日や15日にお墓参りや読経・会食を行う。 16日の送り盆の際には送り火を焚く。 初盆の参列者がやることとして、初盆法要の香典の持参とお供え物の用意がある。 初盆の準備でやることを大まかにまとめますと、初盆法要の準備とご自宅の仏壇の準備であるといえるでしょう。 戸惑うこともありますが、時間に余裕をもって焦らずに行えば大丈夫です。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

新盆(初盆)に必要な準備は? 時期やお供え、当日の流れを確認しよう

初盆 やること

新盆の準備は? 人が亡くなってから初めて迎えるお盆のことを「新盆(にいぼん)」又は「初盆(はつぼん)」と呼びます。 故人が仏になって初めて里帰りするということで、故人の近親者は 盆提灯 ちょうちん を贈り(現在では住宅事情などでちょうちんを贈るより現金を贈る事が一般的になってきています)、初盆を迎える家では身内や親しい方を招いて僧侶にお経(棚経:精進棚の前で読経してもらうので棚経といいます)をあげてもらい盛大に供養します。 お経(棚経)がすんだら茶菓子などでもてなし、お布施を渡します。 また、ちょうちんですが、最近では使う事がない場合や、家族にそろえていただくことが多いので1万円から2万円の現金を贈ることが多くなっています。 この時のちょうちん代へのお返しは不要です。 【参考】 四十九日の忌明(きあ)け前にお盆を迎える場合は新盆は翌年になります。 新盆の香典・お供え物の贈答様式• 金封 水引/黒白か黒白銀か黄白(5本か7本)・双銀の7本か10本 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御佛前」「御仏前」か「御供物料」「御ちょうちん代」• のし袋 水引/藍銀(蓮絵入り・なし)か黄銀(5本か7本) 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御佛前」「御仏前」か「御供物料」「御ちょうちん代」• のし紙 水引/藍銀(蓮絵入り・なし)か黄銀(5本か7本) 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御供」か「御供物」• お返しは必要ある? 一般的にはお返しは必要なく、簡単な食事などでもてなします。 また、近所の方など「御供物」などを頂いた方には「志」と表書きした引き物を渡します。 引き物の品ですが、不祝儀でよく使うお茶、タオルセット、ハンカチなどが多いようです。 読経謝礼(僧侶)の贈答様式 読経をして頂いたあと、精進料理でもてなしますが、僧侶が辞退される場合は「御膳料」を包みます。 また、「お布施」は地方や宗派によって違いますので詳しい方にお聞きください。 また、自宅に僧侶を招いた場合は「御車代」を包みます。 金封 水引/黒白か黒白銀か黄白(5本か7本) 双銀の7本か10本 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御布施」(お車料もつける場合があります)• のし袋 水引/藍銀(蓮絵入り・なし)か黄銀(5本か7本) 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御布施」(お車料もつける場合があります 【関連記事】•

次の

新盆・初盆の準備と過ごし方 [通夜・葬式・火葬の手順] All About

初盆 やること

初盆・新盆を家族だけで行う 四十九日が明けて、亡くなった人が初めて迎えるお盆が、 新盆 初盆 です。 普通のお盆とは違って、親戚やお坊さんを自宅に呼ぶという、少し大がかりな行事。 親戚が高齢で来るのが難しいケースや、金銭的・時間的に余裕がないケースなど、「新盆 初盆 を簡単に済ませたい」と思っている方は多いのではないでしょうか? いろいろと悩んでしまうとは思いますが、安心してください! 初盆・新盆を家族だけで簡単に行っても、大丈夫! 家族だけでもOK!とは言いつつも、親戚付き合いもありますし、連絡しないのはマナー違反。 親戚を呼ばない場合は、事前に連絡を入れておきましょう。 また、昔からの伝統を重んじる家もあります。 心配ならば、親戚に確認してみてください。 ちなみに、新盆 初盆 に決まりはないと言っても、さすがに何もしないのはNG! 家族で法要を行って、亡くなった人をお迎えしてあげてくださいね。 スポンサーリンク 初盆・新盆でやること 特に初めて新盆 初盆 の法要を取り仕切る方は、何をするかもわからないかもしれません。 親戚を呼ばずに家族だけで行う場合でも、最低限の慣習に則って行いたいですね。 そこで、初盆・新盆でやることを解説していきます。 お盆の時期 まず、お盆の時期からです。 お坊さんの手配 一番大事なのが、 僧侶の予約です。 お盆は、お坊さんが一年で一番忙しい時期。 最低でも1ヶ月前には、予約を押さえておかなければなりません。 初盆・新盆ですから、お盆の期間中に法要をしたいですね。 白提灯・精霊棚・お供え物の用意 法要を行う日までに、白提灯・精霊棚・お供え物の準備をします。 ネットで買う場合には、お届け日数も要確認。 お盆に間に合うように手配する必要があります。 白提灯は、亡くなった人の霊が家に帰ってくるときの目印。 玄関や縁側の軒先に飾ります。 精霊棚は、亡くなった人の霊がお盆の期間に一緒に過ごす場所。 精霊棚に飾るものは、たくさんあります。 例えば、ハス、まこも、おがら、精霊馬、初盆提灯、盆提灯…などなど。 用意する時間がなければ、全てそろっている精霊棚セットを買ってしまうのも良いと思います。 お供え物は、食べ物やお花です。 季節の果物やお菓子、亡くなった方の好物を用意しましょう。 暑い季節なので、日持ちのするものを選ぶのがオススメ。 服装について 家族だけで簡単に済ませる場合でも、ジーパンにTシャツではマナー違反。 フォーマルな喪服や礼服がなければ、黒などの地味な色の平服でも問題ありません。 家族だけで簡単に新盆 初盆 を行う場合でも、やはり準備することはたくさんありますね。 ドタバタしないように余裕を持って、スケジュールを組みましょう! まとめ 事情があって、家族だけで簡単に新盆 初盆 を済ませなければいけないこともありますよね。 親戚を呼ばなくても、新盆 初盆 は迎えられますので安心してください。 ご家族が笑顔で亡くなった人の霊を迎えることができるのが一番良いことです。 ぜひ、穏やかな気持ちで新盆 初盆 に臨めるといいですね。

次の