ラクマ この 出品 者 の 商品 は 購入 できません。 ラクマで購入してみました

ラクマで購入してみました

ラクマ この 出品 者 の 商品 は 購入 できません

ラクマで商品を購入しようとしたらところ、 「この出品者の商品は購入できません」と表示されて、購入手続きができない場合があります。 この表示が出ると「自分が何かしたのではないか?」「自分はもしかしてラクマのペナルティが課されてしまったのでは?」と心配にもなってしまいます。 これは一体どういうことなのか?なぜ購入できないのか?など、購入できない原因について詳しくご紹介します。 ラクマで「この出品者の商品は購入できません」と表示される理由や購入できない時の対処法は? ラクマでは稀に「すぐに購入可」(購入申請なし)と書いている商品であっても、購入ボタンを押すと「この出品者の商品は購入できません」と表示されて購入できない場合があります。 その際、画面はこのように表示されます。 この画面の商品の場合は、すぐに購入可能な商品ではなく購入申請が必要な商品ですが、画面上部にこのように表示されてしまい、購入申請に進むことができませんでした。 購入できない理由とは? この「この出品者の商品は購入できません」とエラーになってしまう原因は、 出品者がペナルティを受けているからです。 購入の際にこのようにエラーが表示される場合、何らかの問題により出品者の利用が一部制限されている可能性があります。 ラクマでは、ユーザーに問題があった場合のペナルティとして、 利用停止・強制退会の2つがあります。 利用停止 利用停止とは、そのアカウントで一時的にラクマ自体を使えなくなってしまうことです。 具体的には、出品(販売)・購入・コメントができなくなります。 その利用停止期間はラクマ事務局の判断となるため、数時間で解除される時もあれば長期間に及ぶ場合もあります。 強制退会 強制退会はもちろんその名の通り、ラクマを強制的に退会させられてしまうことです。 強制退会になるとそのアカウントは一切使えなくなるため、利用停止で書いた出品・購入・コメントができなくなることはもちろん、売上金まで没収されてしまうという話もあります。 利用停止になってしまっても解除されればその後もそのアカウントは使えますが、一度強制退会になってしまうとそのアカウントは一切使えなくなる上に、売上金が抹消する可能性もあるので、強制退会は絶対に避けたいところです。 この場合は出品者が利用停止になっているかも? 「この出品者の商品は購入できません」と表示されてて購入ができない場合は、出品者は上のペナルティのうち「利用停止」の処分が下っていることが考えられます。 ラクマで利用停止になる原因としては、下記が挙げられます。 ・無在庫販売 ・出品禁止商品を何度も出品する ・一人で複数のアカウントを所持している ・支払いor発送期限を守らない ・購入後のキャンセルが何度も続く その出品者が具体的に何をして利用停止になっているのかは、ラクマ事務局と出品者にしかわかりません。 強制退会はペナルティになるとすぐに退会させられてしまうため、その出品者の商品はもちろん商品一覧には並ぶことはなく、出品者のプロフィールにも飛べなくなってしまいますが、利用停止の場合は、出品者自身が出品(販売)・購入・コメントができないというだけなので、商品自体は通常通り検索にもヒットしてしまうのです。 つまり、購入者からすれば「なんで商品は通常通り見れるのに購入ができないの?」ということが起こるのです。 これは購入者側すれば混乱を招きますし「今購入できないなら商品ページを検索にヒットさせないでよ!」と思ってしまいますが、いいね!はできるので販売が開始されたら購入ができるようにはしているようです。 ですが購入ができない期間中に商品コメントをしても、出品者の利用停止期間が終わるまでは 出品者はコメントの返信ができないので注意です。 いつ頃購入できるようになる? 一度「この商品欲しい!」と思い購入ボタンを押したほどの商品なので、購入者側からすれば、その商品はいつ頃購入できるようになるのかが気になるはずです。 ですが残念ながら、 出品者の利用再開日についてはラクマ事務局しかわかりません。 また、それについてラクマ事務局に問い合わせをしたところで回答をもらえるはずはありません。 急ぎでない商品の場合はこまめにその商品ページに飛び、購入できるかを確かめても良いでしょう。 ですが、もし急ぎで商品を購入したい場合はどれだけの期間待たなければいけないのかがわからないため、他の出品者の商品を購入するようにしましょう。 このケースは出品者に問題がある!購入を一度検討した方が良いかも? 以上が、ラクマで「この出品者の商品は購入できません」と表示される原因についてでした! このように表示されて購入手続きができないと「自分に何か問題があるのでは?」「この出品者にされてる?」と心配になってしまいますが、実は出品者自身に問題がありペナルティを受けていることが原因なのです。 販売が再開されればまた通常通り購入はできるので、その商品がどうしても欲しい場合は少し待ってみても良いでしょう。 ですが、 その出品者はラクマのペナルティを受けるようなことをしていたユーザーでもあります。 特に取引中のキャンセルや未払いが原因でペナルティを受けている場合は、トラブルにも発展しやすい要注意ユーザーかもしれません。 それを考えた上で「待ってでもこの出品者から購入するのか?」を一度検討した方が良いでしょう。

次の

ラクマで購入してみました

ラクマ この 出品 者 の 商品 は 購入 できません

今回の記事の目次• 商品を探す 1、キーワードで探す 2、カテゴリから探す 3、好きなブランドから探す などで物色して、ちょうど切らしてたリキッドがあったので購入してみる事にしました。 購入の流れ 商品をポチってみた 初回のみ、住所等の登録が必要です。 楽天会員だとしても求められます。 フリック入力を駆使すれば1分でいけます。 商品をポチった時にに出品者が「購入申請の有無選択」において、「無」を選択していれば下記の画像になり、すぐに支払い選択画面に勧めます。 「購入申請の有無選択」において、「有」を選択していれば下記の購入申請画像になり、出品者の承認待ちになります。 支払い方法の選択 出品者の承認が出るか、最初から購入申請無用となっていれば支払い選択に移ります。 支払い方法は上の画像の他に、ラクマでの売上というのもあります。 また、各種の支払い画面で楽天ポイントが使えます。 注意というか他に豊富に選択肢があるので避けましょう。 お勧めは楽天Pay払いです。 商品の発送待ちの状態 支払いを済ませると、後は商品の発送を待つ状態です。 出品者とコメントのやり取りができるようになるので、気になった事などを質問できます。 普通のネットショップなら安心して待つだけの状態ですが、フリマやネットオークションでは利用者同士の売買ですので、まだ油断はできません。 商品が届いて且つ、開封してイメージ通りの商品かを確認するまでが取引です。 商品が届いてからの流れ 商品が届くのは、即日とはいきません。 購入者が入金し、それを出品者が確認してからの発送です。 なのでコンビニ支払いや振り込みは他の支払い方法より届くのが遅いと言えるでしょう。 購入者がすぐに手続きを済ませれば、他の支払いと同日に届きはするでしょうけど。 発送の目安は支払い確認後、1~2日だったり3~4日だったりと出品者によって違います。 常に自宅待機できる相手なら早いでしょうけど、相手が仕事をしている社会人の場合は2~3日の場合が多いです。 (気のせい 商品が届いたら イメージ通りの品物か傷、不具合などをチェックしましょう。 基本的に「良い出品者」として評価しましょう。 迂闊に「悪い出品者」や「普通の出品者」とすれば、報復されます。 購入者が出品者を評価してから受取り通知のみが出品者に届きます。 そこから出品者が購入者を評価する順番です。 それが終わるまで、相手がどんな評価にしたかは見れません つまり、取引が完全に終わってから、お互いの評価が見れるようになる平等なシステムになってます。 ラクマでの評価の注意点 一度した評価は訂正できません。 今後の取引に影響してきます。 評価の悪い人は警戒されます。 当サイト管理人さんも「良い評価」を頂きました! これで安心! この「良い評価」をつけてもらうまで遠足です! 商品購入のさいに気を付ける事 一番大事なのは、商品もそうですが、出品者の判定です。 この出品者なら大丈夫かなと思える相手とだけ取引しましょう。 「良い評価」の数を基準に判断しましょう。 新人さんだとあまり評価がついてないので判断が難しいですが、新人さんは丁寧に対応してくれるはずで、気持ちの良い取引が期待できます。 ですが、新人さんではなく、垢BANされて作り直した転生垢の場合もあります。 慣れるまでは「良い評価」の数がそれなりにある人とだけ取引しましょう。

次の

ラクマで「この出品者の商品は購入できません」と表示される理由や購入できない時の対処法は?

ラクマ この 出品 者 の 商品 は 購入 できません

ラクマ初心者さんが商品を出品する際、様々な面で不安な点があります。 例えば、「個人と個人のやり取りとなるから個人情報は教えなければいけないの?」ということや、「発送まで全て自分でやるなら事前に何が必要?」「配送方法は何を使えばいいの?」などと思うでしょう。 ラクマで商品を出品をするということや、出品だけでなく発送や個人情報の管理、さらにしっかり利益が残るか(マイナスにならないか)までしっかり考えた上で出品をしなければいけないのです。 そこで、ラクマ初心者さんが商品を出品する前に知っておくこと・準備しておくことについてご紹介していきます。 ラクマ出品初心者さんが知っておくべき4つのポイント 上でもご紹介した通り、ラクマに商品の出品するということは「やったー!売れた!」というだけではダメなのです。 売れた後に商品の梱包や発送もあるため、商品を購入者に無事に届けるまでが仕事となります。 そんなラクマで初めて商品を出品する際、事前に知っておくべきことや準備しておくことがあります。 これを知らないと売れてから「間違えた!」「聞いてないよ!」ということにもなり得るので、しっかり把握しておきましょう。 個人情報が心配ならかんたんラクマパックを利用する ラクマ初心者さんがまず思うことは「ラクマって個人間取引だよね?じゃあ個人情報を相手に教えるってこと?大丈夫?」ということでしょう。 実際にこの個人情報を教え合うということがネックで、今までフリマアプリを利用しなかったという人は多いと思います。 ですが、ラクマでは出品者・購入者お互いの個人情報を教えあわない匿名での取引が可能です。 それは、ラクマ独自の配送方法 「かんたんラクマパック(日本郵便)」を利用した場合のみ、匿名での取引となります。 ただし、「かんたんラクマパック(ヤマト運輸)」を利用した場合は匿名配送ではないので注意が必要です。 また、かんたんラクマパックは通常の配送方法よりも送料が格安になり、手書きで宛名書きをしなくても良いため、出品者からしても嬉しい点ばかりです。 下記でかんたんラクマパックについて詳しくご紹介していますので、事前にどんな配送方法なのかや使い方を知っておきましょう。 ・ ・ ・ 購入申請機能は使わない ラクマには購入申請機能というものがあり、商品を出品する際に「購入申請あり」「購入申請なし」を出品者が選ぶことができます。 その際、「購入申請あり」にし設定しているとユーザーが商品を購入したいと思った時に、出品者へ購入の意思表示をすることができます。 購入申請が来ると、出品者はどんなユーザーから購入申請が来たのかを確認することができるため、事前にユーザーのプロフィールや評価を見ることができます。 それを見た上で出品者が購入の許可・拒否ができるのです。 これは一見「変な人から購入されたくないし、購入前に自分で購入者を選べるのはいいかも!」と思うかもしれませんが、この 購入申請ありに設定することはおすすめしません。 その理由は、急いで購入したいと思っているユーザーにとってみれば、購入申請をしてから出品者の許可が下りるまで購入ができないため、その待っている時間はストレスでしかありません。 また、ラクマではでポイントがもらえたり、定期的にラクマ事務局からが発行されたりしますが、それには必ず有効期限がついています。 そのラクマポイントやクーポンの期限が迫っているから商品を探しているのに「購入申請あり」と設定されていれば、「この商品すごく欲しいけど購入できるまでに時間がかかりそうだからやめよう」と思われて、機会損失にもつながってしまいます。 そのためにも「購入申請なし」にしておき、ユーザーがすぐに購入・決済できる状態にしておきましょう。 梱包資材(用品)をしっかり揃える 売れた時のことを考えて、出品前にしっかり梱包用品は揃えるようにしましょう。 梱包に必要なものが揃っていなければ「あれがない!これがない!」となってしまい、急遽買いに行くことにもなります。 そうなると発送が遅れてしまったり梱包が汚くなってしまうこともあるので、事前にしっかり揃えておきましょう。 必要となるのアイテムは下記があればOKでしょう。 もちろんネットでも購入できますが、基本は100円ショップで揃えられるものばかりです。 また、商品によってはプチロールがいらなかったりしますし、段ボールが必要な商品の場合でも、のでそこで調達しましょう。 別記事で必要な梱包用品について詳しく書いているので、下記の記事も参考にしてください。 商品を発送する際の送料を計算しておく 商品が売れたら必ず発生するのが送料です。 ラクマでは送料を購入者負担にすることもできますが、送料を購入者負担にすると購入率が確実に下がる上に、でさらに送料が格安となるが利用できなくなるため、送料は必ず出品者負担にしましょう。 ですがその場合、ラクマで販売した価格から 販売手数料と送料が差し引かれることとなり、いくつかの点で不都合が出てきしまいます。 (商品代金1000円- 販売手数料35円(3. 5%)-送料900円= 利益65円) ラクマでは販売手数料が安いのが特徴ではありますが、このように送料を考えた上で出品をしないと、赤字になってしまうこともあります。 事前に送料を把握し販売価格を上げる、もしくは出品はしないという選択も大事です。 かんたんラクマパックでは日本郵便・ヤマト運輸どちらも、下記の金額を下回って販売した場合は利用ができません。 ・ネコポス:販売価格300円以上 ・宅急便コンパクト:販売価格555円以上 ・宅急便:販売価格1,560円以上 ・ゆうパケット:販売価格300円以上 ・ゆうパック:販売価格1,560円以上 それを防ぐためにも、 商品ごとに送料がどの程度かかるのかを把握した上で商品の価格をつける必要があるのです。 下記ページにラクマで利用できる発送方法のおおよその送料をまとめていますので、その商品をどの配送方法を使って配送するのかを予め決め、送料を考慮した上で利益がきちんと出るのかを考えてから出品するようにしましょう。 ラクマで売れた後のことを考えてしっかり準備を 以上が、ラクマの出品初心者さんが事前に知っておくべきこと4つについてでした! ラクマでは残念ながら、出品時は気づかなくても売れた後に気づくということは、出品初心者さんならよくあることです。 ですが、上でご紹介した事だけでも事前に知っておくと、売れたらスムーズに動くことができ「あれがない!これがない!」「こんなはずじゃなかった!」ということが防ぐことができます。 不用品販売でお金を稼ぐにはしっかりと準備も必要なので、初心者さんはこの3つを把握し準備できることはしておきましょう。

次の