嫌 な こと が 頭 から 離れ ない。 嫌なことが頭から離れない。切り替えが下手な私が楽になる方法。

嫌な人のことを気にしない15個の方法!イライラするだけ無駄!

嫌 な こと が 頭 から 離れ ない

補足イヤ~な記憶が頭をよぎったら、そのままその記憶を思い出し続けるのではなくて、 他に没頭できることをする、楽しく集中できることを探すのです。 例えば漫画を読んだりゲームをしたり、料理でも何でも、できるだけ頭を使うもの、ボーっとした状態ではできないものを選ぶと良いです。 最初は難しいかもしれませんが、こちらも何度も繰り返すことで慣れてきて、次第に思い出す回数が減っていきますよ。 本当に辛い・整理できない記憶は医師に任せよう 前述したような方法ではなかなか解決できない記憶というものあります。 とても辛すぎる経験だったり、忘れたくても感情の整理がつかないものだったり…。 それは私達がどうにかしようと思ってもなかなか難しいことが多いです。 私の友人に何でもすぐに忘れてしまう子がいます。 彼女は学生の頃から忘れ物ばかりしていました。 ゆき 彼女は 「忘れっぽい」ということがコンプレックスだったようですが、ある日 「私は忘却力があるから強く生きていけるんだ!」と話していました。 なんでも、 通知表に 「忘れ物が多い」と書かれることを気にしていた彼女に、彼女のお父さんが 「お前は忘却力があるから強く生きていける!気にするな!」と言われたそう。 確かに、彼女はとても強く生きています。 彼女の口癖は 「大丈夫でしょ?」です。 何か失敗したり、嫌なことがあっても、大抵のことは 「大丈夫でしょ?」と言ってサッパリ忘れている様子。 自分の失敗談を明るく大笑いしながら話す彼女を見ていると、小さなことでくよくよしている自分がちっぽけに思えます。

次の

嫌なことを繰り返し思い出す、嫌なことが頭から離れないときの対策

嫌 な こと が 頭 から 離れ ない

このたび日本に上陸した彼の著書『』 には、「孤独」「トラウマ」「罪悪感」「挫折」ほか心の症状ごとに、痛みの程度の判断の仕方と、自分自身でできるケアが、最新のエビデンスとともにまとめられています。 その中から、内容をピックアップして紹介します。 「話せばラクになる」は間違いだった 日常生活の中で、ある悩みを何度も思い出してしまう、どうしても嫌な思い出がループしてしまう、ということがあります。 困ったことに、こうして頭にこびりつくのは、悪いできごとにかぎられているようです。 上司にほめられた経験よりも、みんなの前で怒鳴りつけられたことのほうが、強烈に頭に残るでしょう。 この、ネガティブな思考のループ(心理学用語で「反芻(はんすう)」といいます)は、心身にさまざまな害をもたらすことが知られています。 たとえば、気分が落ち込み、気分転換ができなくなる。 アルコール依存や摂食障害の危険が増す。 考え方がどんどん暗くなり、問題解決能力が低下する。 精神的・肉体的なストレス反応が増加し、心臓や血管の病気になりやすくなる、などです。 こういった悩みに対して、一般に心理療法では「話す」ことが治療になると考えられてきました。 カウンセリングに行くと、頭から離れないできごとをもう一度、詳細に話すように言われるでしょう。 ところが、最新の研究によって、そのやり方が逆効果になる可能性がわかってきたのです。 脳科学の研究によると、私たちは「思い出す」ことによって、記憶を少しずつ書き換えているそうです。 悲しい気持ちで思い出した記憶には、それだけ悲しい色がつきます。 ですから、心の痛みが癒えない段階で詳細を思い出すというやり方は、できごとの記憶と心の痛みをセットにして脳に書きこんでいるようなものです。 このやり方では、忘れたいのにまた思い出さねばならず、思考のループをむしろ強めてしまいます。

次の

嫌な言葉が頭から離れない。嫌味を言われた時でもさらっと聞き流す方法をご紹介。

嫌 な こと が 頭 から 離れ ない

これは結構難しいのですが、出来るようになるとかなり便利な技です。 嫌な感情を感じた出来事に対して、別の考え方や捉え方はないか検証していくのです。 最初の1回で効果が出るものではないので、毎回取り組むように心がけることをおすすめします。 例えば、下記のような出来事があったとします。 【出来事】 なにか目標に向かって頑張っている時に、友人から「あなたにそんなこと出来るわけ無いでしょ」と否定的な事をいわれて、腹がたち、悲しい気持ちになった。 そんな時、私達は「なんであんなこと言うんだ」「何も知らないくせに」「理解してほしかったのに」「あんなひどいやつだと思わなかった」「あいつは性格が悪い」、、、みたいな感じにマイナスの感情で色々なことを考えて、自分の気持を暗くしてしまいます。 そこで、違う考え方はできないのかを考えてみるのです。 いくつか例をあげてみます。 【違う考え方】 ・もしかして、友人はなにかに向かって頑張ってる自分のことが羨ましくて反発しちゃったのでは? ・友人のおかげで悔しくて余計やる気が湧いてきた!今以上に努力しよう! ・自分は、「できるわけない」って人を否定するような人間にはなるまい! ・友人だったけど、自分が成長して、考えるレベルが変わっちゃたのかも。 などなど。。。 これ、別に友人に言うわけではないのですよ!笑 でも、誰かの無責任な発言で、あなたが暗い気持ちになったり、やきもきしたり、イライラしたりするなんて、とっても理不尽じゃないですか。 だから、自分で自分を楽しくさせたり、成長させるような考え方に置き換えるのが一番なのです。 ちょっと別の話ですが.

次の