イッツ マイ ライフ 意味。 フィロソフィーのダンス、4/23渋谷クアトロでの「イッツ・マイ・ターン」ライヴ映像公開。ライヴ会場限定DVDリリースも決定

『It’s My Life』Bon Jovi 歌詞和訳|『イッツ・マイ・ライフ』ボン・ジョヴィ

イッツ マイ ライフ 意味

この物語の主人公であるアストラ・ルドガー・ドゥームズデイは身長202㎝、体重109㎏という巨体の持ち主で、剣の達人です。 帝都ユースティティア聖騎士団に入団し、25歳の時には1番隊の隊長に就任し、そこから10年間隊長を務めていました。 その実力の高さから聖騎士団の副団長にならないかと声をかけられていたものの、あっさり騎士団を引退してしまいます。 まだまだ働き盛りの35歳で、彼が引退してしまったのはなぜなのでしょうか? 彼は若いころからマイホームで暮らすという夢を持っていました。 しかし、マイホームを購入するにはお金が必要です。 実のところ彼は、自分の能力を活かせる騎士として働いて資金集めをしようと騎士団に入団したのでした。 なかなかの変わり者です。 資金が集まり、無事にマイホームを購入することができたアストラ。 騎士団に対する未練はまったくなさそうで、意気揚々と新居へ向かうのです。 彼は常に騎士団の衣装をまとい、顔を仮面で覆っています。 そのいかつい風貌に似合わず、マイホームでの隠居生活に胸を弾ませる姿は可愛らしく、見た目とのギャップがたまりません。 見た目は怖そうな彼ですが、性格は至って温和で、優しい心の持ち主。 部下たちやノアに慕われています。 部屋に置くインテリアにこだわったり、家庭菜園を始めたりと家庭的な一面もあります。 しかし、家を大切にするあまり、家を傷つける者には厳しく、時には殺意すら覚えることもあるほどです。 家だけでなく、大切な友人であるノアを傷つける者にも容赦はしません。 とはいえ、心優しい彼は力で解決しようとするのではなく、相手に優しく教え諭すこともあります。 彼のその優しさは多くの人を惹きつけるのです。 魔法少女のノアとの出会いは引っ越し早々窓を割られ、そのうえ邪神と勘違いされ、ノアを狙う竜人たちが襲ってくるなど立て続けにトラブルが起こるという最悪なものでしたが、身寄りがなく友達もいない孤独なノアを「対等な友人でいてくれる同居人」として引き取ります。 それ以降ノアを大切に思い、彼女がピンチになると必ず助けに行きます。 ノアにとってかけがえのない存在であるアストラですが、彼自身にとってもノアの存在が癒しになっているのです。 元騎士のおじさんと魔法使いの幼女という不思議な組み合わせですが、2人のほほえましい関係は読者にも癒しを与えます。 アストラとノアの日常や、2人を取り巻くキャラクターたちとのギャグシーンが見どころの物語ですが、時折シリアスな展開が訪れます。 物語において重要なシーンであり、アストラやノアの過去が垣間見えます。 2人の過去は物語の核ともいえるでしょう。 特にノア自身の魔力には大きな謎が潜んでいるようです。 また、「アンティキティラ族」に関するエピソードは、ノアだけでなくアストラにも何らかの関わりがありました。 ノアは魔女でありながら魔法が苦手。 しかしそれはただ単に魔法をうまく扱えないからではなく、内に秘めた魔量が強大で制御ができないからだったのです。 普段空を飛んだり、火や水を扱うような魔法はまったく使えませんが、身に危険が迫ったときは無意識に防御することができるようです。 さらに、アストラの身に危険が迫ったときも魔法を発動させることがありました。 人間であるアストラは魔法が扱えないため、魔法を扱う者と戦う時は敵に魔法を使われる前に倒していましたが、魔法で作られた神殿の守護者相手には苦戦を強いられます。 それを見たノアはアストラを守るべく魔法を発動し、守護者を倒しました。 アークティカは邪神を倒した聖女として祀られていますが、果たして本当にそうだったのか、という過去の出来事にスポットが当てられます。 アークティカと邪神の伝説の裏には悲しい過去が隠されていたのです。 その過去の謎が、ノアとアストラに関係していたことも判明します。 また、ノアと同じ姿をした「邪心」という少女、そしてカナンと名乗る少女の正体も明らかになりました。 一方アストラは捕らわれた先で、夢に現れるようになった謎の男に出会います。 彼は方舟となったアストラの家やアークティカについて何か知っているようです。 彼は一体何者なのでしょう?また、ノアたちは無事アストラを救出することができるのでしょうか……。 この巻ではさまざまな謎が解け、急展開を迎えることになります。 9巻では8巻の怒涛の展開を経て、これでもかというほどにオールスターが登場し、迫力のバトルを繰り広げます。 邪心はアストラを動力室のような場所に閉じ込めていましたが、彼はぱちりと目を覚まし、そのあと自らの物理的な力だけで制御を解きます。 すごすぎ。 そして考えるのではなく、まずは行動だ、とつぶやき、「平穏な生活を取り戻すために」と前を向いて歩き始めます。 ただし、裸。 かっこいいことを言っても、裸。 本作を読んでいる方ならば誰しも期待するところであろう、このサービスシーン。 アストラの筋肉隆々の体に、体毛がたまりません。 不思議な中毒性があり、どんどん心待ちにしてしまう作品の魅力のひとつです。 そして無事服を見つけた後は、家具ごと方舟(家)を取り戻すことを決意し、「家に帰るまでが遠足だ」とピクニック気分で邪心の舟内を歩き回るのでした。 残念ながら服は着てしまったものの、それ以外にもツッコミどころが多いです……。 一方ノアたちは邪心を止めるため、そしてアストラを取り戻すために方舟へと向かいます。 しかしその途中で邪心が登場。 竜騎兵団を一掃して彼らの前に現れた彼女は、ノアを見て「貴女(あなた)がいないと…わたしが完成しないもの」と意味ありげなことを言います。 そしてノア以外邪魔だと言って、大量の死んだ魔物に魔力を吹き込んで操り、一行を襲ってくるのでした。 一瞬姿を表したものの、そのあとすぐに方舟に戻ってしまった邪心。 こっそり舟に向かっていたもののバレてしまったので、一行は転送魔導で真正面から一気に舟内にたどり着きました。 そこからはオールスター勢揃いで、舟外と舟内での迫力満点の戦いが行われます。 特にドラゴンのごあごあと彼のパートナーとも言えるヤボヨーの戦い、リジイアの現役感溢れる立ち回りなどはかなり見ごたえあるもの。 涙と胸熱が止まらない内容、終盤にかけてどんどんスピード感をます展開をぜひ作品でご覧ください。

次の

イッツ・マイ・ライフ / it's my lifeの歌詞和訳

イッツ マイ ライフ 意味

この物語の主人公であるアストラ・ルドガー・ドゥームズデイは身長202㎝、体重109㎏という巨体の持ち主で、剣の達人です。 帝都ユースティティア聖騎士団に入団し、25歳の時には1番隊の隊長に就任し、そこから10年間隊長を務めていました。 その実力の高さから聖騎士団の副団長にならないかと声をかけられていたものの、あっさり騎士団を引退してしまいます。 まだまだ働き盛りの35歳で、彼が引退してしまったのはなぜなのでしょうか? 彼は若いころからマイホームで暮らすという夢を持っていました。 しかし、マイホームを購入するにはお金が必要です。 実のところ彼は、自分の能力を活かせる騎士として働いて資金集めをしようと騎士団に入団したのでした。 なかなかの変わり者です。 資金が集まり、無事にマイホームを購入することができたアストラ。 騎士団に対する未練はまったくなさそうで、意気揚々と新居へ向かうのです。 彼は常に騎士団の衣装をまとい、顔を仮面で覆っています。 そのいかつい風貌に似合わず、マイホームでの隠居生活に胸を弾ませる姿は可愛らしく、見た目とのギャップがたまりません。 見た目は怖そうな彼ですが、性格は至って温和で、優しい心の持ち主。 部下たちやノアに慕われています。 部屋に置くインテリアにこだわったり、家庭菜園を始めたりと家庭的な一面もあります。 しかし、家を大切にするあまり、家を傷つける者には厳しく、時には殺意すら覚えることもあるほどです。 家だけでなく、大切な友人であるノアを傷つける者にも容赦はしません。 とはいえ、心優しい彼は力で解決しようとするのではなく、相手に優しく教え諭すこともあります。 彼のその優しさは多くの人を惹きつけるのです。 魔法少女のノアとの出会いは引っ越し早々窓を割られ、そのうえ邪神と勘違いされ、ノアを狙う竜人たちが襲ってくるなど立て続けにトラブルが起こるという最悪なものでしたが、身寄りがなく友達もいない孤独なノアを「対等な友人でいてくれる同居人」として引き取ります。 それ以降ノアを大切に思い、彼女がピンチになると必ず助けに行きます。 ノアにとってかけがえのない存在であるアストラですが、彼自身にとってもノアの存在が癒しになっているのです。 元騎士のおじさんと魔法使いの幼女という不思議な組み合わせですが、2人のほほえましい関係は読者にも癒しを与えます。 アストラとノアの日常や、2人を取り巻くキャラクターたちとのギャグシーンが見どころの物語ですが、時折シリアスな展開が訪れます。 物語において重要なシーンであり、アストラやノアの過去が垣間見えます。 2人の過去は物語の核ともいえるでしょう。 特にノア自身の魔力には大きな謎が潜んでいるようです。 また、「アンティキティラ族」に関するエピソードは、ノアだけでなくアストラにも何らかの関わりがありました。 ノアは魔女でありながら魔法が苦手。 しかしそれはただ単に魔法をうまく扱えないからではなく、内に秘めた魔量が強大で制御ができないからだったのです。 普段空を飛んだり、火や水を扱うような魔法はまったく使えませんが、身に危険が迫ったときは無意識に防御することができるようです。 さらに、アストラの身に危険が迫ったときも魔法を発動させることがありました。 人間であるアストラは魔法が扱えないため、魔法を扱う者と戦う時は敵に魔法を使われる前に倒していましたが、魔法で作られた神殿の守護者相手には苦戦を強いられます。 それを見たノアはアストラを守るべく魔法を発動し、守護者を倒しました。 アークティカは邪神を倒した聖女として祀られていますが、果たして本当にそうだったのか、という過去の出来事にスポットが当てられます。 アークティカと邪神の伝説の裏には悲しい過去が隠されていたのです。 その過去の謎が、ノアとアストラに関係していたことも判明します。 また、ノアと同じ姿をした「邪心」という少女、そしてカナンと名乗る少女の正体も明らかになりました。 一方アストラは捕らわれた先で、夢に現れるようになった謎の男に出会います。 彼は方舟となったアストラの家やアークティカについて何か知っているようです。 彼は一体何者なのでしょう?また、ノアたちは無事アストラを救出することができるのでしょうか……。 この巻ではさまざまな謎が解け、急展開を迎えることになります。 9巻では8巻の怒涛の展開を経て、これでもかというほどにオールスターが登場し、迫力のバトルを繰り広げます。 邪心はアストラを動力室のような場所に閉じ込めていましたが、彼はぱちりと目を覚まし、そのあと自らの物理的な力だけで制御を解きます。 すごすぎ。 そして考えるのではなく、まずは行動だ、とつぶやき、「平穏な生活を取り戻すために」と前を向いて歩き始めます。 ただし、裸。 かっこいいことを言っても、裸。 本作を読んでいる方ならば誰しも期待するところであろう、このサービスシーン。 アストラの筋肉隆々の体に、体毛がたまりません。 不思議な中毒性があり、どんどん心待ちにしてしまう作品の魅力のひとつです。 そして無事服を見つけた後は、家具ごと方舟(家)を取り戻すことを決意し、「家に帰るまでが遠足だ」とピクニック気分で邪心の舟内を歩き回るのでした。 残念ながら服は着てしまったものの、それ以外にもツッコミどころが多いです……。 一方ノアたちは邪心を止めるため、そしてアストラを取り戻すために方舟へと向かいます。 しかしその途中で邪心が登場。 竜騎兵団を一掃して彼らの前に現れた彼女は、ノアを見て「貴女(あなた)がいないと…わたしが完成しないもの」と意味ありげなことを言います。 そしてノア以外邪魔だと言って、大量の死んだ魔物に魔力を吹き込んで操り、一行を襲ってくるのでした。 一瞬姿を表したものの、そのあとすぐに方舟に戻ってしまった邪心。 こっそり舟に向かっていたもののバレてしまったので、一行は転送魔導で真正面から一気に舟内にたどり着きました。 そこからはオールスター勢揃いで、舟外と舟内での迫力満点の戦いが行われます。 特にドラゴンのごあごあと彼のパートナーとも言えるヤボヨーの戦い、リジイアの現役感溢れる立ち回りなどはかなり見ごたえあるもの。 涙と胸熱が止まらない内容、終盤にかけてどんどんスピード感をます展開をぜひ作品でご覧ください。

次の

Bon Jovi

イッツ マイ ライフ 意味

ニュージャージー出身のロックアーティストといえばブルース・スプリングスティーンを思い浮かべる方も多いでしょう。 しかし2015年に地元紙app. comが行った人気投票において、 ジョン・ボン・ジョヴィは僅差ながらもスプリングスティーンを凌ぐ支持を得ました。 もちろんボン・ジョヴィの人気は地元だけでなく世界的に不動の地位を確立しており、アルバムのトータルセールスは2016年時点で 1億2000万枚以上と言われています。 今回はそんな彼らのブレイクスルーとなったアルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』からのシングルヒット、「 リヴィング・オン・ア・プレイヤー」の歌詞から、その成功の要因を探っていきます。 祈りながら生きてきたから 一見すると、まるでブルース・スプリングスティーンの縮小再生産のような歌詞です。 ボン・ジョヴィとおなじくニュージャージー出身のブルース・スプリングスティーンはこのような労働者層の若者の夢と現実をモチーフとすることで、圧倒的な共感と大きな成功をおさめていました。 しかしこの曲は、偉大な地元の先輩の凡庸な模倣とは言い切れません。 そこには ボン・ジョヴィの熱い野心と類まれな才覚が隠されています。 ボン・ジョヴィの野心と才覚 ボン・ジョヴィはこの曲を含むアルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』の制作にあたって、バンドを成功へと導くためにさまざまな手を打ちました。 一つは、プロデューサーの ブルース・フェアバーンの招聘、もう一つはデズモンド・チャイルドという 外部ライターとの共作を受け入れたことです。 彼らのブラッシュアップによって、ボン・ジョヴィはあの特A級のキャッチーさを手に入れることができたと言っても過言ではありません。 この人事はどちらもボン・ジョヴィ自ら手配したものといいます。 つまり 彼らは自らの素質を最大限に拡張する手段を、自らの手で探し当てたのです。 こうした彼らの鋭い才覚こそが、当時乱立していた同タイプのハードロックバンド群と大きく画するところでありました。 そうした一群ではまず歌われることのない、シリアスな労働者層についての歌詞を書いたのも然りです。 むしろ同郷の成功モデルとして、あえてスプリングスティーンに倣ったとみてもよいかもしれません。 とは言え、 歌詞のわりにはサビのメロディーに悲壮感が微塵も感じられないのがこの曲の大きな特徴として挙げられますが、このあたりがスプリングスティーンとの大きな違いであり、彼らのユニークな魅力でもあります。 そんな彼らの試みは奏功しました。 先行シングルの「禁じられた愛」、そして本曲は立て続けにNo. 1ヒットとなり、アルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』はアメリカだけで 1200万枚、全世界では 2400万枚以上のメガヒットとなり、その後の彼らは単なるハードロックバンドにとどまらない地位と名声を得て現在に至るのは、周知のとおりです。 「イッツ・マイ・ライフ」で振り返る「リヴィング・オン・ア・プレイヤー」 ところで、2000年発表の「イッツ・マイ・ライフ」の歌詞をみると、捉えようによっては「リヴィング・オン・ア・プレイヤー」の意味するところを振り返っているようにも思えます。 分かりやすいところでは以下のライン。 This is for the ones who stood their ground It's for Tommy and Gina who never backed down これは意思を貫き通した人達へ捧ぐ 決してくじけなかったトミーとジーナへ捧ぐ またそのほかにも、スプリングスティーンよりさらに偉大な同郷の大先輩、フランク・シナトラの「マイ・ウェイ」の引用があります。 歌詞全体も言ってしまえばシナトラの「マイ・ウェイ」や「ザッツ・ライフ」のボン・ジョヴィ版といった趣きです。 その意味で「イッツ・マイ・ライフ」は、スプリングスティーン風だった「リヴィング・オン・ア・プレイヤー」と構造的な相似関係にあると言ってよいでしょう。 最後に「イッツ・マイ・ライフ」の冒頭の歌詞を抜粋して終わります。 ボン・ジョヴィがあのとき「リヴィング・オン・ア・プレイヤー」に込めた、そのメッセージの真意がここで明かされているように思えてなりません。 「It's My Life」の歌詞 Bon Jovi This ain't a song for the broken-hearted No silent prayer for the faith-departed I ain't gonna be just a face in the crowd You're gonna hear my voice When I shout it out loud It's my life こいつは心が折れたやつへのための歌じゃない 信念をなくしたやつへの静かなる祈り(prayer でもない 群衆のなかのただの一人になんかなりたくない 俺の声が聞えるはずだ 俺が大きく叫んだとき それが俺の人生 TEXT:quenjiro.

次の