ブログランキング アメーバ。 アメーバブログ

徹底比較!ブログランキングは結局どれにすべき?

ブログランキング アメーバ

ブログ会社が運営するもの 「」「」など それぞれのブログ会社が運営するランキングサイトです。 ランキングの対象はそのブログサービスを利用しているブログに限られます。 基本的に登録は不要で、 そのサービス内に自分のブログを開設することで自動的に登録・参加となります。 もしくは設定から参加・不参加を選ぶことも可能です。 独立運営されているもの どのブログサービスかは関係なく さまざまなブログがランキングされている一般のサービスです。 無料ブログはもちろん、WordPressサイトでも登録できます。 有名なものでは「」や「」などがあります。 こちらのブログランキングは登録制になっており サイトにユーザー登録し、審査に通過することで参加できます。 ブログランキング登録のメリット ブログランキングの登録には2つのメリットがあります。 アクセスが増える ブログランキングに登録する1つ目のメリットは集客ができること。 ランキングを見た人があなたのブログに訪れることでアクセスが増えるのですね。 ブログ開設初期は誰もあなたのブログを知りませんので、 このブログランキングからのアクセスが重要な集客導線となります。 ただ登録するだけで集客できるわけですから楽チンですよね。 SEO効果がある 2つ目のメリットは SEO効果があることです。 SEOとは、Yahoo! やGoogleなどの検索エンジンの検索結果に表示させるための対策のこと。 検索結果に表示されると、毎日たくさんの人があなたのサイトに訪れてくれるようになります。 しますが、 ブログランキングに登録することであなたのブログへリンクが貼られ(=被リンク)、 あなたのブログは 検索エンジンからの評価が得られるのです。 おすすめブログランキングBEST3 国内にはいくつかのブログランキングサイトがありますが、 登録は多ければ良いというわけではありません。 基本的には 2~3のサイトを選んで登録することを推奨します。 理由は後述しますが、 まずは筆者おすすめのブログランキングをいくつかか紹介いたしましょう。 まずは下記の「 ブログランキング比較一覧表」をご覧ください。 69 32. 38 31. 68 51. 72 34. 81 44. こちらは代表的なブログランキングサイトを筆者の独自調査で比較した一覧表です。 各種ツールで下記の項目を調査し、おすすめ度を決めています。 1位.にほんブログ村 「にほんブログ村」は 日本最大級のブログランキングです。 月間訪問者数は1800万人。 被リンク数もドメインランクも高く、検索エンジンからの評価も高いと推察できます。 ゆえに SEO効果にも期待できます。 登録サイト数やカテゴリー数も国内最大級。 トーナメントやアンケート機能、コミュニティ機能、キーワード検索や出身地・住所による検索など、 ランキング以外の機能も充実しています。 巷では 審査に厳しいといわれているようですが、 正当な方法で正当なブログを運営しているのであれば問題ありません。 逆に、不正なブログが排除されるのは安心材料でもあるはずです。 2位.人気ブログランキング 「人気ブログランキング」は3千以上のカテゴリ数と 130万以上の登録数を誇る超巨大ブログランキングです。 先にご紹介した「にほんブログ村」と比べて 訪問者数や被リンク数で劣ってはいますが 実力の差はほとんどありません。 一日一回まわせる「 ポイントルーレット機能」があり、 出た目に合わせてINポイントが獲得できるのが特徴。 出目は0ポイント~30ポイントの間で、私の経験上ほぼ10ポイントが出ます。 0ポイントは過去に1回しかなく、30ポイントは数回経験しています。 3位.FC2ブログランキング 「FC2ブログランキング」はFC2が運営するランキングサイトですが、 FC2以外のブログでも登録・参加することが可能です。 ランキング参加者数は50万人程度。 上位2サービスに比べてスペックはやや劣るものの、 それでもトップクラスの巨大ランキングサイトです。 アメーバやライブドアのブログランキングと違い、 どのブログサービスで運営していても参加できるのが特徴。 ぜひ登録しておきましょう! 4位.アメーバブログ 「 アメーバブログ」といえば 芸能人・有名人のブログがめちゃくちゃ多いサービスです。 ほとんどの芸能人ブログはアメーバを利用しているのではないでしょうか? (最近はLINEブログにかなり奪われてしまっていますけどね。。 ) だから 僕たちのような一般人が アメーバのブログランキングに上位ランクインすることはかなり難しいと言えます。 じつは僕もアメーバの「公式トップブロガー」という身分なんですけれども… 過去に数回しか100位圏内に入れたことがありません。 悲しい。 ちなみにアメーバのブログランキングは アメーバブログでブログ開設した人しか参加できませんのでご注意を。 5位.ライブドアブログ ブログサービスの老舗である「 ライブドアブログ」。 アメーバ、FC2と共に 日本を代表する巨大ブログサービスプロバイダーです。 ライブドアのブログランキングの上位に入っているのは、 いわゆる「 まとめブログ」が多いですね。 というか100位圏内はほとんどそんな感じ。 2ちゃんまとめ、ゲームめとめ、ニュースまとめ、芸能情報まとめ… みたいなまとめブログが多数ひしめいています。 僕もライブドアブログを持っていますが、一番いい時で50位くらいだったかな? とにかく一般のブログが総合ランキングで上位を取るのはかなり難しい感じがします。 ライブドアのブログランキングも、他サービスのブログは登録・参加はできません。 ブログランキング登録は2~3個を推奨 今回ご紹介したブログランキング以外にも、 小規模のところも含めればもっとたくさんのランキングサイトが存在します。 なぜなら単純に 票が割れてしまうから。 自分のブログに大量の応援バナーを貼りつけたとしても、 読者がクリックしてくれるのはせいぜいその内1つか2つ。 であれば貴重なクリックを分散させてしまうよりも、 効果の高いものだけにポイントを集中させて順位を上げた方が 総合的に考えるとメリットが大きいんですよね。 なので、あまり欲張らずに2~3つにしておくのが良いと思います。 この集客効果には2つあって、 1つは ランキングを見た人が直接あなたのブログに訪れてくれる効果です。 これは直接的にあなたのサイトのアクセスアップにつながりますが、 一方でランキングの順位が上がらないとアクセスも増えないという側面もあります。 2つめの集客効果としては、 ブログランキングへの登録そのものにSEO効果があるという点です。 SEOとは、Yahoo! やGoogleの検索結果の上位に表示させるための施策のことをいいますが、 検索結果の上位に表示されると毎日たくさんのアクセスが発生するので、 あなたのブログのアクセスアップにとても重要な役割を果たすのです。 ブログランキングへの登録がSEOに効果がある理由としては、 下記の3つの理由があります。 質の良い被リンクを得られる クローラーの巡回をよびこむ Ping送信によるインデックス促進 …なんのこっちゃ?だと思いますので…w ひとつずつ簡単に解説しましょう。 質のよい被リンクを得られる 被リンクとは 他のサイトからあなたのブログに対して向けられたリンクのこと。 被リンクはただリンクを貼られればいいというわけではなく、 できるだけ質の良いサイトからのリンクでなければSEO効果はありません。 Googleの検索エンジンから高い評価を得ている良質なサイトから被リンクを得られれば、 SEO対策として高い効果を期待できます。 しかし良質なサイトから被リンクを得られるなんて、めったにあることじゃないんですよね。 それが開設まもないブログであればなおさらです…。 しかしブログランキングはどうでしょう。 ブログランキングに登録すると必ずあなたのブログへのリンクが貼られるので、 なんの苦労もなく被リンクを獲得することができます。 また、「にほんブログ村」や「人気ブログランキング」はドメインオーソリティ 権威性・信頼性 が高く、 それぞれのサイト自体も大量の被リンクを受けており、 どちらもGoogleからの評価が高い良質なサイトだといえると思います。 このチャンスを見逃す手はないですよね。 理由は書きませんが…効果の高い裏ワザです。 ) クローラーの巡回をよびこむ クローラーとはGoogleなどの検索エンジンがWebサイトをまわる際に使う 巡回プログラムのことです。 クローラーは世界中のWebサイトのリンクをたどりつつ巡回することで情報を集めて持ち帰り、 検索エンジンに整理整頓しながら取り込みます。 この作業を「 インデックス」とよびます。 あなたがいくら良い記事を書いたとしても、 このクローラーが来てインデックスしてくれないことには検索エンジンに認知されず、 この世に存在しないことと同じになってしまいます。 ブログランキングのように更新頻度が高く動きが多いサイトには、 クローラーも頻繁に訪れます。 つまり ブログランキングからリンクされているあなたのブログにも クローラーが訪れやすくなるというわけです。 良質なPing送信ができる Ping送信とは、ブログの更新情報などを自動的に送信し、 送り先のWEBサイトに通知する機能のことです。 Ping送信することでランキングサイトにあなたの最新記事が反映され、 いち早くリンクが生成されることになります。 つまり直接的な集客効果があると共に、 検索エンジンのクローラーをよびこみ インデックスを促進する効果があるということです。 さらにブログランキングのPing送信は他のPing送信に比べて質が良くしっかり管理されているため、 SEO効果が高いと言われています。 最後に|ブログランキングは開設初期だけでOK …ここまでに説明したとおり、 ブログランキングには意外なメリットが存在します。 まだブログランキングに登録していない人は、 絶対に登録しておくことをおすすめいたしますよ。 ちなみに… ブログランキングのバナーを貼ってクリック誘導するのは ブログ開設初期の頃だけで構いません。 なぜなら、実はブログランキングのアクセス自体はそんなに大きいわけではないから。 ブログが順調に成長し検索エンジンからの評価が得られるようになれば、 ブログランキングのアクセスに依存する必要はなくなるのです。 記事の中で読者にクリックされやすいスペースというのは限られています。 その限られた貴重なスペースとクリックをブログランキングの投票に使ってもらうよりも、 アドセンス広告やSNSシェアボタンをクリックしてもらった方が、メリットが大きいですよね? なので、自力で充分なアクセスが得られるようになったら、 ブログランキングのバナーは外してしまって構いません。 sugarさん、コメントありがとうございます! >今月ブログを開設して、ブログランキングとブログ村に登録したところ、両方のカテゴリで一位を取りました。 素晴らしいですね!おめでとうございます! >これは両サイトで一位をとった事によるものなのでしょうか? ブログランキングから実際にアクセス流入が発生しているのであれば、間違いなく良い影響を与えていると思います。 が、それだけが原因ではないですね。 検索エンジンは記事の中身を見て検索順位を決めるので、順位が上がってきたということであれば、内容が良くて評価されたということです。 アクセスが少ないのは、まだ検索順位が低かったり、そもそもそのキーワードの検索ボリュームが小さいことが原因ではないでしょうか。 >検索上位に来るようにするためには記事更新を怠らないことと、他にすべきことはありますでしょうか? ブログのSEOについては下記の記事にくわしく解説していますので、ぜひお手すきの時にでもお読みいただければ幸いです。

次の

徹底比較!ブログランキングは結局どれにすべき?

ブログランキング アメーバ

概要 [ ] 各種調査によると、日本で第1位の規模のブログサービスである。 アメーバ全体の会員数は2012年時点で2000万人。 その他の調査でも三強と言われている。 女性の比率が高い(約7割)といわれているが、実際の男女比率は5:5である。 2011年6月末時点で、会員数1,645万人が登録している。 などクロスメディアの手法を使ってと連携し、ユーザーやページビューを増やしてきた。 『』や『』はブログが書籍化され、後にテレビドラマ化された。 芸能人や有名人などタレントブロガーの多さも売り物である。 のブログ、芸能事務所ごとのブログスペースなどを設け、管理している。 また、原宿アメーバスタジオを持ち、毎回著名ゲストを呼んで公開生放送によるWEB配信を行ない、ブログと連動させている。 マイページ [ ] アメーバブログの管理ページに、マイページというものがある。 そこで、ブログのランキング、読者登録したブログの記事などを確認できる。 2012年5月15日、新マイページに強制移行。 沿革 [ ]• - サービス開始。 当初は賞金付きのランキングを売りにしていた。 ameblo. 既存会員の場合は自動的に新URLにリダイレクトされる。 - の『ヤフー・インターネット・ガイド』主催の""サービス部門で1位。 2006年12月 - ブログの普及に貢献した著名人を表彰する「」を開始。 2011年度をもって一旦終了したが、2015年度より再開されている。 3月 - 『』との「YS・アメブロ乙女学院」を開催。 10月 - を受賞。 2月 - 当サービスを同年に常時化(常時)化することを発表。 - 新機能「こえのブログ」をスマートフォンブラウザで先行リリースした。 機能・仕様 [ ] 通常のブログ更新機能の他に、利用者相互のコミュニティを図るために、様々な機能が用意されている。 機能のあるページは全てマイページよりアクセス可能。 ペタ [ ] 自分が記事を読んだことをブロガーに対して伝える方法である。 一度クリックするだけで自分のIDが名簿に追加される。 登録ユーザー達が作り出したコミュニケーションの中に、ペタのお礼として自分も相手の記事を読みペタを返すという方法が流通している。 ペタは自身のアカウントにもつける事が出来る。 ペタ帳のキャラクターは次のとおり。 1級:• 2級:• 3級:• 4級:• 5級:• 6級:• 7級:• 8級:• 9級:• 10級:• 11級:• 12級:• 13級:すんも(オリジナルキャラクター) 読者登録 チェックリスト [ ] 読者登録に関しては、自分が気に入ったブログを相手にメッセージを添えて読者になるという機能で、こちらも登録ユーザーが作り出した読者登録返しのコミュニケーションも頻繁に行われている。 また、読者機能と同じようなチェックリスト登録だけというのもある。 また、アメブロ以外にも更新状況を配信しているブログやニュースもお気に入り登録することができ、更新情報も届くようになるなどの機能もある。 アメンバー [ ] 記事や画像や動画を特定の人に限定公開する機能である。 2007年8月29日開始。 フォト [ ] 画像や動画をアップロードして、色んな人やアメンバーに公開する機能。 アップロードした画像をブログにも貼り付けることができる。 ただし、画像が正常に読み込めない、タイトルの編集を行おうとすると必ず一度は失敗する等、その他様々な不具合が発生しやすいという仕様になっている。 ランキング [ ] アクセス数などに基づいた、ブログランキングを実施。 月間ランキングの上位に入賞したブロガーには、報酬が支給される。 報酬の支給は、当初は現金(一部ランキングは賞品)だったが、後に換金可能なに改められた。 終了した機能・仕様 [ ] Amebaなう [ ] TwitterのようなAmeba用つぶやきサービス。 12月にスタート。 11月6日をもってサービス終了。 なう速アプリ [ ] Amebaなう用のスマホアプリ。 5月にスタート。 11月6日をもってサービス終了。 プロフィールの質疑応答欄 [ ] アメブロのプロフィールページには、長らく自己紹介用の質疑応答欄が設けられていた。 しかし、4月18日にプロフィールページが大幅にリニューアルされて簡素化。 これに伴い、質疑応答欄は全て撤廃された。 Amebaグルっぽ [ ] 2009年4月よりスタートしたコミュニティ機能。 2019年3月27日をもってサービス終了。 タレントブログの管理について [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2009年2月) タレントブロガーの多さが売り物のアメーバブログでは、専門の検閲・監視チームが24時間体制で彼らのブログの管理にあたり [ ]、の原因となりうるコメントの削除やタレントが投稿した記事のチェックを行っている [ ]。 以下にアメーバブログでのコメント管理にまつわる主な事例を挙げる。 2008年5月29日、アメーバブログの利用者の一人でメンバーのが、自身のブログに「アメブロってコメント欄を勝手に削除してないか?」という記事を投稿。 自身のブログに書き込まれたコメントが、アメーバブログ側によって管理されていることを伝えた。 2008年8月14日、100kg級日本代表であり、アメーバブログで自身のコメントを綴っていたに対する批判コメントが、試合終了直後大量に削除されるという事態が発生した。 スポーツ選手のブログに関してはプレー批判も削除対象であるため 、試合展開について感想を述べたコメントも削除された。 フリーアナウンサーのが生前書いていたアメーバブログにて、彼女の自殺後に応援コメントが大量に書き込まれた。 自殺に関するコメントはアメーバブログ側が一律削除していたが、それらの不自然なコメントはしばらくの間残された。 アメーバブログ側は、コメントの自動書き込みについては否定している。 2009年5月31日付の記事に対して誹謗のコメントを書き込まれたは、翌6月1日付の記事で怒りをあらわにし、6月2日付の記事で「これからは嫌なコメントは消してもら(う)」と記している。 タレントのは2010年4月3日付のアメンバー限定記事でコメント自動削除の存在、良心的なコメントがなんらかの理由で削除されることについて説明し、自分がなにもできないことを謝罪し、理解を要求した。 政治家・作家のは、2010年6月にアメーバブログの一般ブログから「政治家ブログ」に移行したところ、コメントが監視チームにより勝手に削除されるケースが多発し、コメント欄での議論が成り立たなくなる事態に発展したため、「自分のブログのコメントは一切削除しないように」とアメーバ事務局に申し入れている。 芸能人ブログの情報流出 [ ] この節は更新が必要とされています。 この節には古い情報が掲載されています。 編集の際に新しい情報を記事にさせてください。 反映後、このタグは除去してください。 ( 2010年3月) 2010年1月1日未明に、アメーバブログ内の芸能人ブログ約450件のID、パスワードなどが外部に流出した。 複数の芸能人ブログに「お年玉」画像が表示され、そのリンク先にて当該情報が記されたファイルが配布されていた。 不正アクセスで5万人が退会状態 [ ] 2011年12月24日、第三者による不正アクセスによってブログ利用者の5万人のIDが退会状態になった。 それに伴い、ブログが消えてしまう、更新できないなどといった被害が発生した。 なお、サイバーエージェント側は不正使用や個人情報の漏洩はないと主張している。 殿堂入りブログ [ ] アメーバブログ側の審査を通過し「オフィシャルブログ」として登録されている著名人のブログについては、 から見ることができる。 殿堂入りしたブログはランキングの対象外となる。 - 殿堂入り第1号。 殿堂入り当時のブログは削除しているため、現在は殿堂入りの一覧には掲載されていない。 - アクセス数で認定。 現在は殿堂入り2号。 現在はに移行したため、殿堂入りの一覧には掲載されていない。 2009年7月17日にブログから移転、その日のうちに殿堂入り。 殿堂入り3号である。 - 殿堂入り第4号。 - 殿堂入り第5号。 2016年6月から。 MVB [ ] 殿堂入りと似た「MVB」(Most Valuable Blogger、当初はMost Valuable Blog)というものがあり、これに認定されたブログは殿堂入りと同じくランキングの集計対象外となるが、ランキングの上部に表示されるようになる。 - 初代MVB。 - 没後、夫である市川海老蔵に続き2人目のMVBとなる。 遺族と相談のもと、読者がコメントを残せるようにブログは継続公開される。 関連番組 [ ]• - アメーバブログの女性タレントブログランキングを放送している。 - ユーザーである、が司会を務める当ブログを取り扱う制作の番組。 現在は既に終了しており、アンタッチャブルのがのブログを使用している。 脚注 [ ] []• 2016年12月22日閲覧。 - サイバーエージェント 2009年4月7日• BlogFan. org 2009年. 2010年1月9日時点のよりアーカイブ。 2010年1月2日閲覧。 Google Ad Planner 2009年. 2010年1月2日閲覧。 Unique visitors users• Japan. Internet. com 編集部 2009年4月2日. 2010年2月21日時点のよりアーカイブ。 2009年12月27日閲覧。 サイバーエージェント. 2010年8月20日時点のよりアーカイブ。 2019年1月4日閲覧。 サイバーエージェント 2004年9月16日. 2006年2月10日時点のよりアーカイブ。 2019年1月4日閲覧。 - サイバーエージェント 2008年10月8日• サイバーエージェント. 2019年6月20日閲覧。 - JCN Newswire(Infoseek NEWS)2007年8月30日• スタッフブログ. 2018年12月7日閲覧。 スタッフブログ. 2018年12月7日閲覧。 Amebaスマホ スタッフブログ. 2018年12月7日閲覧。 スタッフブログ. 2020年5月10日閲覧。 asahi. com 朝日新聞社. 2008年8月22日. の2008年8月23日時点におけるアーカイブ。 - 日刊スポーツ 2008年5月28日• - 新世紀のビッグブラザーへ・2010年6月17日• MSN産経ニュース 産経新聞社. 2010年1月2日. の2010年1月4日時点におけるアーカイブ。 - マイコミジャーナル 2010年1月2日 [ ]• 日テレNEWS24 日本テレビ. 2010年1月2日. の2010年3月25日時点におけるアーカイブ。 スタッフブログ. Ameba 2016年6月1日. 2019年4月18日閲覧。 2014年4月17日. 2019年4月18日閲覧。 プレスリリース , サイバーエージェント, 2017年7月3日 , 2019年4月18日閲覧。 関連項目 [ ]• (配信サービス)• (当サービス利用者を表彰するコンテスト) 外部リンク [ ]•

次の

着物・和装 人気ブログランキングとブログ検索

ブログランキング アメーバ

ブログ会社が運営するもの 「」「」など それぞれのブログ会社が運営するランキングサイトです。 ランキングの対象はそのブログサービスを利用しているブログに限られます。 基本的に登録は不要で、 そのサービス内に自分のブログを開設することで自動的に登録・参加となります。 もしくは設定から参加・不参加を選ぶことも可能です。 独立運営されているもの どのブログサービスかは関係なく さまざまなブログがランキングされている一般のサービスです。 無料ブログはもちろん、WordPressサイトでも登録できます。 有名なものでは「」や「」などがあります。 こちらのブログランキングは登録制になっており サイトにユーザー登録し、審査に通過することで参加できます。 ブログランキング登録のメリット ブログランキングの登録には2つのメリットがあります。 アクセスが増える ブログランキングに登録する1つ目のメリットは集客ができること。 ランキングを見た人があなたのブログに訪れることでアクセスが増えるのですね。 ブログ開設初期は誰もあなたのブログを知りませんので、 このブログランキングからのアクセスが重要な集客導線となります。 ただ登録するだけで集客できるわけですから楽チンですよね。 SEO効果がある 2つ目のメリットは SEO効果があることです。 SEOとは、Yahoo! やGoogleなどの検索エンジンの検索結果に表示させるための対策のこと。 検索結果に表示されると、毎日たくさんの人があなたのサイトに訪れてくれるようになります。 しますが、 ブログランキングに登録することであなたのブログへリンクが貼られ(=被リンク)、 あなたのブログは 検索エンジンからの評価が得られるのです。 おすすめブログランキングBEST3 国内にはいくつかのブログランキングサイトがありますが、 登録は多ければ良いというわけではありません。 基本的には 2~3のサイトを選んで登録することを推奨します。 理由は後述しますが、 まずは筆者おすすめのブログランキングをいくつかか紹介いたしましょう。 まずは下記の「 ブログランキング比較一覧表」をご覧ください。 69 32. 38 31. 68 51. 72 34. 81 44. こちらは代表的なブログランキングサイトを筆者の独自調査で比較した一覧表です。 各種ツールで下記の項目を調査し、おすすめ度を決めています。 1位.にほんブログ村 「にほんブログ村」は 日本最大級のブログランキングです。 月間訪問者数は1800万人。 被リンク数もドメインランクも高く、検索エンジンからの評価も高いと推察できます。 ゆえに SEO効果にも期待できます。 登録サイト数やカテゴリー数も国内最大級。 トーナメントやアンケート機能、コミュニティ機能、キーワード検索や出身地・住所による検索など、 ランキング以外の機能も充実しています。 巷では 審査に厳しいといわれているようですが、 正当な方法で正当なブログを運営しているのであれば問題ありません。 逆に、不正なブログが排除されるのは安心材料でもあるはずです。 2位.人気ブログランキング 「人気ブログランキング」は3千以上のカテゴリ数と 130万以上の登録数を誇る超巨大ブログランキングです。 先にご紹介した「にほんブログ村」と比べて 訪問者数や被リンク数で劣ってはいますが 実力の差はほとんどありません。 一日一回まわせる「 ポイントルーレット機能」があり、 出た目に合わせてINポイントが獲得できるのが特徴。 出目は0ポイント~30ポイントの間で、私の経験上ほぼ10ポイントが出ます。 0ポイントは過去に1回しかなく、30ポイントは数回経験しています。 3位.FC2ブログランキング 「FC2ブログランキング」はFC2が運営するランキングサイトですが、 FC2以外のブログでも登録・参加することが可能です。 ランキング参加者数は50万人程度。 上位2サービスに比べてスペックはやや劣るものの、 それでもトップクラスの巨大ランキングサイトです。 アメーバやライブドアのブログランキングと違い、 どのブログサービスで運営していても参加できるのが特徴。 ぜひ登録しておきましょう! 4位.アメーバブログ 「 アメーバブログ」といえば 芸能人・有名人のブログがめちゃくちゃ多いサービスです。 ほとんどの芸能人ブログはアメーバを利用しているのではないでしょうか? (最近はLINEブログにかなり奪われてしまっていますけどね。。 ) だから 僕たちのような一般人が アメーバのブログランキングに上位ランクインすることはかなり難しいと言えます。 じつは僕もアメーバの「公式トップブロガー」という身分なんですけれども… 過去に数回しか100位圏内に入れたことがありません。 悲しい。 ちなみにアメーバのブログランキングは アメーバブログでブログ開設した人しか参加できませんのでご注意を。 5位.ライブドアブログ ブログサービスの老舗である「 ライブドアブログ」。 アメーバ、FC2と共に 日本を代表する巨大ブログサービスプロバイダーです。 ライブドアのブログランキングの上位に入っているのは、 いわゆる「 まとめブログ」が多いですね。 というか100位圏内はほとんどそんな感じ。 2ちゃんまとめ、ゲームめとめ、ニュースまとめ、芸能情報まとめ… みたいなまとめブログが多数ひしめいています。 僕もライブドアブログを持っていますが、一番いい時で50位くらいだったかな? とにかく一般のブログが総合ランキングで上位を取るのはかなり難しい感じがします。 ライブドアのブログランキングも、他サービスのブログは登録・参加はできません。 ブログランキング登録は2~3個を推奨 今回ご紹介したブログランキング以外にも、 小規模のところも含めればもっとたくさんのランキングサイトが存在します。 なぜなら単純に 票が割れてしまうから。 自分のブログに大量の応援バナーを貼りつけたとしても、 読者がクリックしてくれるのはせいぜいその内1つか2つ。 であれば貴重なクリックを分散させてしまうよりも、 効果の高いものだけにポイントを集中させて順位を上げた方が 総合的に考えるとメリットが大きいんですよね。 なので、あまり欲張らずに2~3つにしておくのが良いと思います。 この集客効果には2つあって、 1つは ランキングを見た人が直接あなたのブログに訪れてくれる効果です。 これは直接的にあなたのサイトのアクセスアップにつながりますが、 一方でランキングの順位が上がらないとアクセスも増えないという側面もあります。 2つめの集客効果としては、 ブログランキングへの登録そのものにSEO効果があるという点です。 SEOとは、Yahoo! やGoogleの検索結果の上位に表示させるための施策のことをいいますが、 検索結果の上位に表示されると毎日たくさんのアクセスが発生するので、 あなたのブログのアクセスアップにとても重要な役割を果たすのです。 ブログランキングへの登録がSEOに効果がある理由としては、 下記の3つの理由があります。 質の良い被リンクを得られる クローラーの巡回をよびこむ Ping送信によるインデックス促進 …なんのこっちゃ?だと思いますので…w ひとつずつ簡単に解説しましょう。 質のよい被リンクを得られる 被リンクとは 他のサイトからあなたのブログに対して向けられたリンクのこと。 被リンクはただリンクを貼られればいいというわけではなく、 できるだけ質の良いサイトからのリンクでなければSEO効果はありません。 Googleの検索エンジンから高い評価を得ている良質なサイトから被リンクを得られれば、 SEO対策として高い効果を期待できます。 しかし良質なサイトから被リンクを得られるなんて、めったにあることじゃないんですよね。 それが開設まもないブログであればなおさらです…。 しかしブログランキングはどうでしょう。 ブログランキングに登録すると必ずあなたのブログへのリンクが貼られるので、 なんの苦労もなく被リンクを獲得することができます。 また、「にほんブログ村」や「人気ブログランキング」はドメインオーソリティ 権威性・信頼性 が高く、 それぞれのサイト自体も大量の被リンクを受けており、 どちらもGoogleからの評価が高い良質なサイトだといえると思います。 このチャンスを見逃す手はないですよね。 理由は書きませんが…効果の高い裏ワザです。 ) クローラーの巡回をよびこむ クローラーとはGoogleなどの検索エンジンがWebサイトをまわる際に使う 巡回プログラムのことです。 クローラーは世界中のWebサイトのリンクをたどりつつ巡回することで情報を集めて持ち帰り、 検索エンジンに整理整頓しながら取り込みます。 この作業を「 インデックス」とよびます。 あなたがいくら良い記事を書いたとしても、 このクローラーが来てインデックスしてくれないことには検索エンジンに認知されず、 この世に存在しないことと同じになってしまいます。 ブログランキングのように更新頻度が高く動きが多いサイトには、 クローラーも頻繁に訪れます。 つまり ブログランキングからリンクされているあなたのブログにも クローラーが訪れやすくなるというわけです。 良質なPing送信ができる Ping送信とは、ブログの更新情報などを自動的に送信し、 送り先のWEBサイトに通知する機能のことです。 Ping送信することでランキングサイトにあなたの最新記事が反映され、 いち早くリンクが生成されることになります。 つまり直接的な集客効果があると共に、 検索エンジンのクローラーをよびこみ インデックスを促進する効果があるということです。 さらにブログランキングのPing送信は他のPing送信に比べて質が良くしっかり管理されているため、 SEO効果が高いと言われています。 最後に|ブログランキングは開設初期だけでOK …ここまでに説明したとおり、 ブログランキングには意外なメリットが存在します。 まだブログランキングに登録していない人は、 絶対に登録しておくことをおすすめいたしますよ。 ちなみに… ブログランキングのバナーを貼ってクリック誘導するのは ブログ開設初期の頃だけで構いません。 なぜなら、実はブログランキングのアクセス自体はそんなに大きいわけではないから。 ブログが順調に成長し検索エンジンからの評価が得られるようになれば、 ブログランキングのアクセスに依存する必要はなくなるのです。 記事の中で読者にクリックされやすいスペースというのは限られています。 その限られた貴重なスペースとクリックをブログランキングの投票に使ってもらうよりも、 アドセンス広告やSNSシェアボタンをクリックしてもらった方が、メリットが大きいですよね? なので、自力で充分なアクセスが得られるようになったら、 ブログランキングのバナーは外してしまって構いません。 sugarさん、コメントありがとうございます! >今月ブログを開設して、ブログランキングとブログ村に登録したところ、両方のカテゴリで一位を取りました。 素晴らしいですね!おめでとうございます! >これは両サイトで一位をとった事によるものなのでしょうか? ブログランキングから実際にアクセス流入が発生しているのであれば、間違いなく良い影響を与えていると思います。 が、それだけが原因ではないですね。 検索エンジンは記事の中身を見て検索順位を決めるので、順位が上がってきたということであれば、内容が良くて評価されたということです。 アクセスが少ないのは、まだ検索順位が低かったり、そもそもそのキーワードの検索ボリュームが小さいことが原因ではないでしょうか。 >検索上位に来るようにするためには記事更新を怠らないことと、他にすべきことはありますでしょうか? ブログのSEOについては下記の記事にくわしく解説していますので、ぜひお手すきの時にでもお読みいただければ幸いです。

次の