検察庁 法 改正 案 に 抗議 し ます 署名。 いったい検察庁法改正案の何に抗議しているのか|徐東輝(とんふぃ)|note

「#検察庁法改正案に抗議」した芸能人を叩いた者の正体は

検察庁 法 改正 案 に 抗議 し ます 署名

検察官の定年延長がフォーカス 国家公務員法等の一部を改正する法律案は、2020年3月13日に国会に提出され、5月8日から衆議院内閣委員会で審議されている。 平均寿命の伸長や少子高齢化の進展をうけて、国家公務員の定年を引き上げるというもの。 定年の段階的引上げ、役職定年制(管理監督職勤務上限年齢制)の導入、高齢期における多様な職業生活設計の支援などが検討されている。 可決された場合、施行日は2022年4月1日。 今回問題となったのはこれに併せて、検察官や防衛省の事務官等についても同様に定年の引上げ等を行う点である。 インターネット上では「検察庁法改正案」と呼ばれている。 検察官の定年問題に関しては、政府が1月31日、東京高等検察庁の黒川弘務検事長(当時62歳)の定年の延長を閣議決定して以来注目されていた。 こうした中でツイッター上では「#検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグが作成され、5月10日ごろからトレンドに入った。 幅広い業界の著名人らが声を上げている。 いきもの水野「根本のルールを揺るがしかねないアクション」 「いきものがかり」の水野良樹さんは、 「どのような政党を支持するのか、どのような政策に賛同するのかという以前の問題で、根本のルールを揺るがしかねないアクションだと感じています」 とハッシュタグを用いたツイートを行った。 同じくミュージシャンからは「AAA」の日高光啓さん、末吉秀太さんも。 俳優の城田優さんは、 「大事なことは、ちゃんと国民に説明してから、順序に則って時間をかけて決めませんか? そんなに急ぐ必要があるんですかね。 」 とツイート。 同じく俳優や女優からは、西郷輝彦さん、井浦新さん、浅野忠信さん、秋元才加さんもツイートを行った。 「あたしンち」で知られるけらえいこさんや、江口寿史さん、島崎譲さん、しりあがり寿さん、羽海野チカさん、ゆうきまさみさんら漫画家も声を上げた。 声優からは、緒方恵美さんや森久保祥太郎さんが。 そのほか、歌人の俵万智さんなど幅広い業界から声が上がった。 きゃりーぱみゅぱみゅは言及ツイートを削除 歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんも10日、ネット上で拡散していた解説イラストを、このタグとともに投稿した。 しかしファン同士のコメント欄での激論を見たくなかったとしてツイートを取り消し、翌11日、投稿の経緯を改めて説明するとともに、「今後は発言に責任を持って投稿します」とコメントした。 11日は、「きゃりーぱみゅぱみゅ」や「政治的発言」がツイッター上でトレンド入りした。 芸能人の政治的発言を議論するツイートも増加している。 著名人らのリプライ欄には、法案内容を読んでいるのかと尋ねるもの、政治発言をすることに失望したというコメントも。 反対に「芸能人である前に一個人」、「意見を表明するのはひとりの国民としての自由と権利です」と、意見を表明することに肯定的なツイートもある。 たとえば秋元才加さんには「内容が分かってるのか不安です」というコメントが寄せられたが、秋元さんは 「すみません。 大きなお世話です。 ありがとうございます。 」 と引用ツイートで返した。

次の

「#検察庁法改正案に抗議します」の裏側 総ツイート数は400万も

検察庁 法 改正 案 に 抗議 し ます 署名

300万tweet突破! 犯罪者が捕まりたくない一心で法律変えるような真似見過ごせないよね。 — hi-T hiT90715944 もうこれ以上、保身のために都合良く法律も政治もねじ曲げないで下さい。 この国を壊さないで下さい。 この国を壊さないで下さい」。 俳優の井浦新さんが10日朝に投稿すると、「いいね」が1万件以上ついた。 でも検察なら総理大臣でも逮捕し起訴することができる。 検察のトップが私物化されたら、もうやりたい放題です。 作家や漫画家、俳優、音楽家らが10日未明、疑義を唱える声をツイッター上で次々と上げた。 「 (ハッシュタグ)検察庁法改正案に抗議します」の投稿が相次ぎ、その数は午前8時過ぎには約150万件、同10時過ぎには200万件を超えた。 「もうこれ以上、保身のために都合良く法律も政治もねじ曲げないで下さい。 この国を壊さないで下さい」。 俳優の井浦新さんが10日朝に投稿すると、「いいね」が1万件以上ついた。 法改正案への抗議として、ハッシュタグ( 検察庁法改正案に抗議します)で賛意を示したのは、俳優の浅野忠信さん、秋元才加さん、芸人の大久保佳代子さん、漫画家のしりあがり寿さん、羽海野チカさんら。 小泉今日子さん本人によるものとみられる投稿もあった。 9日午後に10万件程度だった投稿数は、10日午前3時ごろに100万件を突破。 「三権のバランスをくずすこと、国を『国民』ではなく『自ら』の都合のよい形にするのはやめてほしいです」という声があがり、著名人に対しては「勇気あるツイートに感謝します」「とっても頼もしい」という賛意も寄せられた。 9日深夜から投稿数が急増したことについて、ネットメディア・言論に詳しいジャーナリスト津田大介さんは、「深夜にこれほど伸びるのは見たことがない」と驚きを隠さない。 「新型コロナウイルスへの政府の対応は緩慢な一方、『不要不急』にみえる定年延長の法改正は迅速に進む。 一般になじみがなく、わかりにくい問題だったが、政府に注目が集まる今だからこそ気づかれることになった」と読み解く。 自粛要請が続くなかでさまざまな情報を調べている人々が、著名人のツイートをきっかけに関心を持ち、大きなうねりになった可能性もあるという。 内閣の判断で検察幹部の「役職定年」を延長できるようにする検察庁法改正案の委員会審議は今月8日、与党が強行する形で始まった。 黒川弘務・東京高検検事長(63)の定年延長問題を追及する野党側は、森雅子法相の出席が必須などと求めているが、与党は応じず、与党は週明けの委員会採決をめざすとみられる。 安倍内閣は、1月末に政権に近いとされる黒川氏の定年延長を閣議決定。 検察トップの検事総長に就ける道を開くことになったため、「検察の私物化」との批判の声が上がっていた。 黒川弘務の正体 「つまり、審査員を何度も交代させ、場合によって、特定の傾向のある人物を入れ込むことで、絶対に起訴議決を出させないようにすることが、やろうと思えばシステム的に可能であるということが、実は、この時点で明らかになっていた。 」 「このとき、検察で、田代不起訴、つまり虚偽有印公文書作成事件潰しのために尽力したのが、黒川弘務官房長だったのである。 つまり、黒川広務氏は、検察、とりわけ特捜にとっては、お取り潰しやむなしの運命から救ってくれた巨大な功労者という顔を持っているわけだし、また「検察審査会で絶対に起訴議決を出させないテクニック」を熟知している人間といえる。 」 法治主義を曲げるテクニシャンだと。 法治主義国家および市民の敵だね。 : : [4] >たつみコータロー 前参議院議員 日本共産党 国会は裁判所ではないので、森友・加計・桜でどれだけ嘘を吐き続けても、最後に判決下す「裁判長」はいない。 でも検察なら総理大臣でも逮捕し起訴することができる。 検察のトップが私物化されたら、もうやりたい放題です。 >志位和夫 「検察庁法改正に抗議、ツイッターで200万超 著名人も」 日本社会の民主主義の底力を見る思いです。 思想・信条の違いは関係ありません。 でも志位・共産党は、小沢一郎冤罪事件で利権・腐敗の犯罪集団側に立ち、小沢一郎・有罪ありきの発言をしてきた。 そして他の野党と同じく、2012衆院選で(あるいはもっと前から)明らかになった改ざん選挙と不正選挙裁判を黙殺してきた。 だからグルの共産党は、2013選挙以降の選挙で大躍進できたんだ。 スターリン方式のインチキでさ。 だからずーっと前から「やりたい放題」の状態だ。 それを言わず、頬かむりし、何をいまさら・・・。 もし本気で三権分立と民主主義を守る意思があるなら、スターリン選挙を終わらせるべきだろうさ。 開票前の当確報道のウソを暴き、不正選挙裁判を取り上げ、開票不正を暴き、真に公正な選挙の実現を訴えるべきだろうさ。 犬丸勝子・白川勝彦・孫崎享の各氏らのように。 できる? それとも、言ってみただけ? あっそ! *ps、「〜しないでください」というお願いを聞き入れる相手じゃなく、そのような段階でもないんだよ。 だって、選挙結果を彼らが握ってるんだからさ。 だから選挙の正常化が無理なら、もはや「力」以外にないんだと思う。 チャウシェスクの最期みたいにね! ______________________________________________ >不正選挙の告発:政見放送 NHK 2013参院選 東京都選挙区 犬丸 勝子 >2016年の参院選と都知事選の不正選挙を告発した犬丸勝子さんが不審死!? 2017-02-07 18:17:02 >白川勝彦〜永田町徒然草〜選挙監視団を組織せよ。 >孫崎享氏「不正選挙の明白な証拠!選挙結果が操作されている。 報道の自由度世界72位の日本」 ワールドフォーラム2016年5月 >腐敗権力の手先犬HK ______________________________________________ [スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他 アラシやコメントはスレ主が処理可能 アラシ。 場違いコメント。 : : [85] tweetした人だけで、それもたったの1日や2日で、300万人も居るということは、 国民の中に、検察庁法改正を容認してる人はほとんどいない、と考えるのが自然。 大手マスコミが、安倍政権支持が30%もあると報道してるのは、どう考えてもおかしい。 世論調査で、電話をすぐ切られた件数を、無回答にさえ入れずに除外してるのでは? 例えば、本当は、1000人に電話して、 質問を聞いて支持と回答_ 30人 質問を聞いて不支持と回答 40人 質問が始まってから切った 30人 質問が始まる前に切った 900人 という感じなのに、この900人を除外して、100人の中の割合を報道してるとか。 自民党の利害関係者は、 自民党から不正な公金を貰うために自民党を権力の座に居座り続けさせることが仕事から全員が答える。 それ以外の膨大な数の人は、相手にしてるのが馬鹿らしくて答えない。 不支持だけど相手にしたくないから切る。 ちゃんと、この900人も入れて、 支持_ 3% 不支持 4% 無回答 93% という感じで報道してほしい。 : : [2] ドジ三はついでに刑法も改悪しちゃったらどうだい、鼬の最後ッぺだ、どさくさだ、強姦しても上司が無罪指示すりゃあワッパ掛けねえと、改悪どうだい。 やってきたことだ、あり得ねえこつねえよ、皆んな褒めるよ、テエシタもんだと。 7年半犯罪の連続で、どうせ降りたらお白州に引きずり出されるんは必定なんだ、そいだけは避けようと、今はなりふり構わず必死なんだ。 黒川だけが頼みなんだ、黒を総長に祭ろうちゅうんも、先が怖ええからなんだ、黒だけがガードなんだ。 最早、カッコや余裕なんざ、ねえんだ。 最近、枕元に赤木や松岡とか、その他多数が、出てきおってしゃあねえよ、オノレ、ヨクモ・・・、とか煩さくってしゃあねえよ。 先がシンペエじゃよ。 ワイも悪さヨーケしおったかんな、叩かないでも埃だらけだかんな。 下り坂になると、満州の曠野に沈む落日の太陽みてえに、沈むんは早えよ。 ワイのピークは何年前だったんだ。 : : [240] デモを主導している方が、 この阿修羅を読んでいるなら、 安倍首相を辞めさせる手っ取り早い 方法をお教えしよう。 参加者全員で、安倍首相が、 辞任表明をしている姿を 「同時に」イメージするのである。 意識レベルが高い人間なら、 100人程度でも現象化が可能であるが、 普通の人々でも、1000人以上が、 同時に同じイメージをすれば、現象化するだろう。 「安倍辞めろ」とプラカード持ってデモするよりも、 効果的に速やかに安倍を辞めさせることが、 出来るだろう。 皆が同じ姿をイメージする為に、写真があると良い。 これは、昔から知られている願望実現法であるが、 数が多いほど効果的である。 だが、いくら悪人とはいえ、 人が死んだりする様なイメージは、 絶対やってはいけない。 「人を呪わば穴二つ」 と言って自分に返ってくるからである。 やっても良いのは、 せいぜい、警察や検察に捕まるくらいまでである。 検察官の定年を段階的に65歳に引き上げ、内閣が認めれば定年延長を最長で3年まで可能にする、検察庁法の改正案は、今月8日から衆議院内閣委員会で審議されています。 これについて、ツイッター上では、9日夜から10日にかけて、俳優や演出家、漫画家などの著名人による抗議の投稿が相次ぎ、「#検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグをつけた投稿は10日午後3時半の時点で380万件を超えるなど、広がりを見せています。 このうち演出家の宮本亞門さんは「このコロナ禍の混乱の中、集中すべきは人の命。 どうみても民主主義とはかけ離れた法案を強引に決めることは、日本にとって悲劇です」と投稿しているほか、俳優の井浦新さんは「もうこれ以上、保身のために都合良く法律も政治もねじ曲げないで下さい。 この国を壊さないで下さい」と訴えています。 検察官の定年延長をめぐっては、政府がことし1月、これまでの法解釈を変更して東京高等検察庁の黒川検事長の定年を延長し、野党側や日弁連=日本弁護士連合会などから批判が相次いでいて、今後の法案の審議の行方が注目されています。 : : [5532] 検察庁法改正に抗議、ツイッターで470万超 著名人も 2020年5月10日 20時18分 朝日新聞 10日午前7時50分ごろまでに、ツイッターでは「 検察庁法改正案に抗議します」が約150万件以上投稿されていた 検察庁法改正をめぐる経緯と疑問点 俳優の浅野忠信さんも「 検察庁法改正案に抗議します」とツイートした 津田大介さんは「 検察庁法改正案に抗議します」をつけ、「左派右派関係なく法治国家、三権分立の問題」とツイートした 国会で審議が始まった検察庁法改正案への抗議が、ネット上で急速に広がっている。 政府の判断で検察幹部の定年を延長できる規定が「人事や捜査への政治介入を招く」と問題視され、ツイッター上では9日夜から10日朝にかけ「 (ハッシュタグ)検察庁法改正案に抗議します」という投稿が相次いだ。 コロナ禍が続くなか成立を急ぐ姿勢にも反発が出て、リツイートも含め、その数は10日夜までに470万件を超えた。 「もうこれ以上、保身のために都合良く法律も政治もねじ曲げないで下さい。 この国を壊さないで下さい」。 俳優の井浦新さんが10日朝に投稿すると、昼までに2万件以上リツイートされた。 歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさん、音楽グループ「いきものがかり」の水野良樹さん、俳優の浅野忠信さん、秋元才加さん、芸人の大久保佳代子さん、漫画家の羽海野チカさんらも同様に、ハッシュタグ付きで抗議の意思を示した。 「政治の話はいつもはしないけど、これは黙っておけない」「コロナのどさくさ」「国民が感染症で苦しんでいるのに」といった投稿も目立った。 安倍内閣は1月、政権に近いとされる黒川弘務・東京高検検事長の定年延長を閣議決定し、検事総長になれる道を開いた。 国家公務員法の延長規定を適用したとし、過去の政府答弁との矛盾を指摘されると、法解釈を変えたと説明。 その上で改正案を提出した。 野党側は森雅子法相が出席した形での審議を求めたが、与党は応じないまま8日に強行する形で委員会審議が始まった。 早ければ13日にも採決される可能性がある。 8日夜に、ハッシュタグを含んだ最初のツイートを投稿したのは東京都内の会社員女性(35)。 もともと政権に強い不満があったわけではないが、新型コロナウイルス騒ぎが見方を変えた。 「みんなが困っているのに対応できていない。 そういう政府の思うままになったら危ないと思った」 街頭デモの強い口調には違和感があり、冷静に議論できるようにハッシュタグの言葉づかいを選んだという。 「こんなに広がるとは思わなかった。 政治家たちがこれでも無視して強行採決をしたら、本当に恐ろしい国になる」と話した。 投稿は9日夜から急増し、10日午前2時には100万件を突破。 明け方になっても伸び続けた。 ネットメディアや言論に詳しいジャーナリスト津田大介さんは「深夜にこれほど投稿が伸びるのは見たことがない」と驚きを隠さない。 「新型コロナウイルスへの政府の対応は緩慢なのに、『不要不急』にみえる法改正は迅速に進む。 一般になじみがなく、わかりにくい問題だったが、政府に注目が集まる今だからこそ気づかれることになった」と読み解く。 外出自粛要請が続くなかでさまざまな情報を調べている人々が、著名人のツイートをきっかけに関心を持ち、大きなうねりになった可能性もあるという。 弁護士からも反対の声 検察庁法改正をめぐっては、弁護士からも反対の声が強まっている。 有志による「法の支配の危機を憂う弁護士の会」は先月22日から、「政府が恒常的に検察官人事に介入できる仕組みを制度化するに等しく、到底看過できない」とネット上で反対をアピール。 10日午後6時までに、日本弁護士連合会の会長や副会長経験者を含む1600人以上の弁護士が賛同を表明した。 呼びかけ人で元日弁連事務総長の海渡雄一弁護士はツイッターで「権力から独立した検察を市民の力で守り抜こう。 日本を政治腐敗の裁けない独裁国家にしてはならない」「コロナ危機に紛れて、こんな法案を審議成立させることは許せません」と訴える。 日弁連の荒中(ただし)会長も先月6日、「内閣や法相の裁量で人事への介入が可能になる。 検察官の政治的中立性や独立性が脅かされる危険があまりに大きい」との声明を出した。 全国の弁護士会でも反対声明が相次ぐ。 : : [2] >すべての公務員が定年65歳に延長決ったのに何が問題なのかサッパリわからん! だったらもっとお勉強してからコメントしたら? 東京高検検事長は検察庁法で63歳が定年となっています。 黒川弘務検事長は2月で63歳になりますが、安倍政権は法律の解釈を変えたことにして8月まで定年を延長することを決めました。 検察のトップである検事総長は65歳で定年です。 今の稲田伸夫検事総長は65歳まであと1年以上ありますが、今年7月に就任2年になり、最近の検事総長は2年をメドに交代しているので、7月末で交代するという観測がもっぱらです。 そうなると、退官しないですんだ黒川検事長が検事総長になることが可能になります。 だからこの定年延長は黒川検事長を検事総長にするためだとみられているわけです。 黒川検事長は安倍政権と良好な関係なのだそうです。 つまり、安倍政権はお気に入りを検事総長にして、政権にダメージを与えるような捜査を手控えてもらうことを狙っているのではないか、という疑念を呼んでいるわけです。 この通りのシナリオを政権が描いているのだとすると、日本の民主主義の危機です。 自分の都合が良いように解釈を変え、憲法も法律も捻じ曲げては民主主義が成り立ちません。 憲法も安倍の新しい解釈とかで「個別的自衛権には」集団的自衛権も含まれる、とか勝手な解釈をして、自衛隊を海外派兵出来ない筈だった日本の憲法さえ、安倍の一存で変えて、自衛隊を海外派兵できるようにしてしまいましたね。 日本の憲法にある「戦争は放棄しても個別的自衛権までは放棄しない」、には「集団的自衛権」など含まれません。 「個別的自衛権」とは、日本は憲法で戦争を放棄しても、もしどこかの国から日本が攻撃された時は「個別的自衛権」でそれに交戦できる、というものです。 アメリカに加担して海外まで自衛隊を送り多国を攻撃できる、と言う「集団的自衛権」は日本国憲法では認めていません。 アメリカが世界のどこかで戦争を始めたら、日本はアメリカに加担し、その戦争に参加できる、と言うが、国連の「集団的自衛権」とは似て非なるものです。 それを独断でごり押しして自衛隊を海外へ派兵できるようにしたのが安倍晋三なのです。 安倍の好き勝手に憲法も法律もアベノカイシャクで変えられたら、たまったもんじゃない! 81. asahi. ちょうど10年前の記事がこちら。 でも明日からワイドショーでは自民党が検察人事の聖域に初めて踏み込んだように強調します。 お楽しみにねー 毎日 2011年5月13日「法相、更迭と認める…福島地検検事正の異動」 江田法相は17日の閣議後の記者会見で、中村明・福島地検検事正が16日付で最高検検事に異動したことについて、「事実上の更迭という見方もある」と述べ、東日本大震災後の福島地検の不手際を問題視したうえでの更迭だったと認めた。 福島地検は震災後、勾留中の容疑者31人を処分保留で釈放したが、釈放された女がコンビニ事務所に侵入し、建造物侵入容疑で現行犯逮捕されるなどした。 江田法相はこの日、「違法行為の責任を問うて処分するものではないが、この際、人心を一新した」と述べた。 5ch. : : [3626] <クラスター満員電車通勤> 「」 >「もうこれ以上、保身のために都合良く法律も政治もねじ曲げない で下さい。 この国を壊さないで下さい」。 俳優の井浦新さんが 10日朝に投稿すると、「いいね」が1万件以上ついた。 上記の様に、クーデター政権(政令官僚様+官僚機構)の違憲塗れ のケツを舐めたい人間の屑たちがピーチク・パーチク吼えている のですが、 人間の屑の誰も、主権者皆様が保有する常識(「憲法>法律」の 優先順序)に一切言及しません。 要するに、日本には憲法が存在しない前提で、人間の屑たちが三権分立 がーという 如何にも日本には三権分立が存在しているかのような憲法知的障害 症状丸出しコメントで溢れ返っているのですが、 日本にはクーデター政権ケツ舐めメディアしか存在しませんので、 主権者皆様には人間の屑たちに同調する術しかありません。 で、憲法14条1項が;あらゆる形態の差別を厳禁としています。 そして、強制退職制度は;雇用者が被雇用者を年齢を理由とする 差別制度ですから、 「The Age Discrimination in Employment Act ADEA forbids age discrimination against people who are age 40 or older. 」 米国には「ADEA」がありますので、強制退職制度は違法行為ですが、 日本では差別厳禁条項(憲法14条1項)がありますので、強制退職制度 は違憲行為ではなく、違憲行為と成りますので、 経営者には牢屋に入る罰を与える法律が必須ですが、未だに立法 されていないという国会および地方議会の不作為が70年以上も続いて います。 根本原因は、日本には、民主主義に欠かせない自治が存在しないこと に加えて、 三権分立に欠かせない内閣令行政が存在しない上に、国会が「財布の 権力」を行使しようとしないという 無い無い無い尽くしの三権分立です。 上記を適切に理解できる様に成ると; 検察官の定年年齢を明記した検察庁法22条は;憲法14条1項と整合性 が取れませんので、 違憲審査の上で、定年年齢箇所を削除すべきであったことを理解する ことが出来る様に成ります。 しかしながら、民主国家で日本だけは、憲法81条が保障する違憲審査 制度を活用できませんので、 他の代替制度が必須と成っています。 それが、日本独自の特別法(検察庁法)>一般法(国家公務員法) という優先順序です。 法律間で優劣を創り出す手法は、自治を十分に享受している欧米では 通用しません。 なぜなら、自治とは自分達の地域の代表が法律を作成して自分達の 地域を治めることだからです。 要するに、自治には法律作成権力が欠かせないという事です。 所が民主主義条項(憲法1条)が保障する自治が;日本の何処にも 存在しません。 で、そもそも、検察の組織運営が;憲法92条「公的機関の組織運営 は中央集権型ではなく権力分散型でなければならない。 」と真逆の 中央集権型組織運営と成っています。 同様に、裁判所の組織運営、警察の組織運営、弁護士の組織運営も 憲法92条違反の中央集権型と成っているという憲法92条違反状態が 70年以上も続いてしまっています。 : : [97] >三権分立の意味を分かってないんじゃないか?検察や法務省は行政の一部なんだが わかっていないのは君の捉え方じゃないか?君の言い方が浅いように感じるが。 「三権分立」とはあくまでも「権力分立」の原理の重要性を問うた言い方だろう。 「権力分立」とは、権力が一つの機関に集中することによる権利の濫用を抑止し、国民の権利・自由の確保を保障しようとするシステム。 その権力分立である三権分立を成立させるには、各機関の独立性が担保されなければ成り立たないだろう? 例えば、司法内だけで考えた場合、高等裁判所と最高裁判所の裁判長がそれぞれ癒着して同じ判決をしようと裏で決めていたら、二人とも司法の一員だが、三権分立自体も意味をなさなくなる訳だ。 三権分立とは三権さえ独立していれば良いというもんじゃないんだよ。 その内部組織それぞれの独立性が成立していないと成り立たないんだよ。 しかも、検察庁のホームページにもこう書いてある。 「検察官及び検察庁は,行政と司法との両性質を持つ機関であるため,その組織と機構も両者の特徴を併有しています」 そりゃ検察は行政だが、司法の性質もある事ということだ。 また、政治家の逮捕もできることから、より独立性が必要。 司法的性質も内包しているからこそ三権分立の精神を尊重しなければならないし独立性が非常に重要だという訳だ。 検察官は、起訴権限を独占するという強大な権限もあるし、刑事司法に大きな影響を及ぼしているから、政治的な圧力を受けない様に、ある程度の独立性が認められている。 例えば、法務大臣による指揮権の制限もあるくらいだ。 政治側が勝手に検察の事を決められないということだ。 同じ行政だから内閣が決めていいという事にはならない。 つまり、検察の人事権を安倍が勝手に決めることに対して、「権力分立」である「三権分立を守れ!」と言ってもおかしくないんだよ。 : : [243].

次の

「#検察庁法改正案に抗議します」の裏側 総ツイート数は400万も

検察庁 法 改正 案 に 抗議 し ます 署名

検察庁法改正案とは? 検察庁法改正案とは、検察官の定年を63歳から段階的に65歳へ引き上げていくというものです。 これがなぜ問題になっているかというと、 首相官邸と検察庁との忖度とも言われています。 安倍首相と言えば、 森友問題、 桜を見る会など 政治不信を招く騒動を起こしています。 これも全てウヤムヤにしているといわれるのが、 黒川弘務東京高検検事長といわれています。 官邸よりの人物の定年を延長することで、安倍首相自身の保身に走っていると批判されています。 もう一つは、コロナ禍で大変な時期に国会で、「この法案を審議している場合なの?」ということです。 もの凄くわかりやすいイラストとともに、紹介されていました、 そのイラストがこちらです。 (黄色文字は加工されています) 法改正案に抗議した芸能人は? この検察庁改正案に抗議した芸能人をまとめてみました。 まず、歌手の 小泉今日子さんです。 小泉さんは自身が代表を務める㈱明後日のツイッターにて繰り返し投稿しています。 — 株式会社明後日 asatte2015 動画入りで投稿しており、リツイートが100万件を超え、「 この目に焼き付けました。 」と締めくくっています。 — 水野良樹 mizunoyoshiki 元格闘家の 高田延彦さん 黒川氏誕生日の一週間前に閣議決定で氏の定年延長決定。 森法相曰くゴーン被告の捜査に支障をきたすからと。 被告の管轄は東京地検で高検は関係ない。 定年に関して検察庁法22条に謳われている。 安倍氏と近い関係性、コロナ直前までモリカケやら桜を見る会、多々疑惑あり。 この国を壊さないで下さい。 多くの芸能人や著名人の方が、『検察庁法改正案』について抗議をしていますが、 今後の芸能活動については大丈夫なのでしょうか? 最近では、 アベノマスクをインスタ動画で批判した、 森公美子さん、 笠井アナが炎上しました。 アベノマスクについては、 ウーマン村本さんや『遊戯王』の作者漫画家の 高橋和希さんも同じく、批判を浴びましたね。 芸能人や著名人が政治的発言をして叩かれるもう一つの理由は、 「有識者でもないのに、政治の話をするな!」 との意見が多くあるからです。 発言力の高い芸能人や著名人が、公の場で政治的な発言をしてしまうと世論に影響が出ると思われているのでしょう。 一方、アメリカでは、著名人が政治的発言をすると、逆に称賛されるようですね。 これも日本との文化の違いなのでしょうか!? 以上の理由から 、 日本では芸能人が政治的発言に消極的なのです。 ただ、今回の件に関しては多くの芸能人や著名人の方々が発信しているため、 大きな炎上騒ぎにはならないでしょう。 結局のところ、 芸能人が政治的発言をしても 炎上 することはありますが、 業界から 干される ということは、罪を犯さない限りないようですね! 個人的には、「一定の良識さえあれば、何を発言しても自由だと思いますがね笑」 とにかく、今回の発言をした芸能人や著名人のかたの今後の活動に影響がでないことを願います。 皆さんはどう思われますか?.

次の