それでも愛を誓いますか 43話 ネタバレ。 【ネタバレあり】それでも愛を誓いますか?のレビューと感想(43ページ目)

それでも愛を誓いますか?|第43話|ネタバレあらすじ|感想│漫画village

それでも愛を誓いますか 43話 ネタバレ

その意志を受け継ぐ一人の少女が、宮廷という名の戦場を駆け巡る。 ほとんどの医女たちが高血圧だと診断しましたが、ヨリだけがそれとは異なった診断を下します。 イクピルはこの点を指摘しますが、ヨリは高血圧と貧血の区別ができなかっただけだと言います。 妊娠に関する診断でミスを犯すなど言語道断として、イクピルはヨリを更迭すべきだとユンスに訴えます。 ヨリはここから恵民署へ送ったほうがいいだろう・・と。 チャングムはチェ女官長に伝えたいメッセージがありましたが、その伝言をヨリに頼みます。 チャングムがどうしても知りたかったことは、あのアヒル事件のとき、なぜ中宗が急に倒れてしまったのかです。 本当の原因がどこにあるのか、それを調べたいと思っています。 あのときはまだ医術を心得ていなかったチャングム・・しかし今は立派な医女になりました。 今の知識と経験をもってすると、あのとき中宗が倒れたのは誤診が原因だったのではないかと思われる・・。 王様の病歴の記録を閲覧することができれば・・チャングムはそんなことを考えますが・・。 王室のトップシークレットである病歴の記録簿は、チャングムの立場で閲覧することはまずできません。 しかし、チャングムはなんとしても見たいと思い、記録簿が保管された内書庫に入るための策を講じます...。 チャングムの誓い-第43話 チェ女官長はあと一歩のところまでチャングムを追い詰めますが、最後の最後で内侍府の長官に邪魔されます。 ユンスはチェ女官長に呼び出され、新たな作戦を考えるよう指示されます。 ユンスはチャングムが逃げ込んだ内侍府の人間をこちらに寝返らせればいいのではないかと、チェ女官長に提案します。 すぐさまオギョモに根回しをするチェ女官長・・内密に事が進められることになりました。 中宗は傷寒症と診断されていましたが、ユンスはこの診断に不安を覚えていました。 ヨリはユンスから指示を受け、別の薬を処方することを模索します。 誤診だったことを隠蔽しようとするユンスたちの動きに気づいたチャングムは、その前に病気の真の原因を明かす必要があると考えます。 しかし、まだ正しい診断を行うことはできていませんし・・病気の原因もどこにあるのか分かっていません・・。 チェ女官長はチャングムを追い出す口実を探していましたが、ついにその糸口をつかみます。 パンスルが画策をして内侍府の人間に証言させることに成功したのです。 チェ女官長はこの証言を引っさげて、ふたたび内侍府の長官のところに行きます...。 感想 ヨンセンに対するヨリの診断はたぶん誤診だろうなと思っていましたが、 やっぱりその通りでした。 ヨリは初歩的なミスを犯し、貧血と高血圧を見分けられなかったのです。 これは医女としてはありえない誤診だったのですが、 イクピルはヨリのミスを重大視しています。 なんたることか・・これで医女がつとまるか・・と。 私としては即刻更迭、いや、医女の資格を剥奪すべきだと思っていましたが、 それに近い処罰がなされました。 すなわち、恵民署への更迭です。 でも、ヨリがいなくなってもチャングムにとってはまだ問題が山積みです。 そういえば、アヒル事件の真相もまだ明らかになっていませんよね・・。 チャングムはこの問題に取り組みますが、 この事件も誤診の可能性が高いとチャングムは判断したようです。 チェ女官長は何度もチャングムを追い詰めるための謀略を仕掛けますが、 最後はことごとく打ち払われてしまいますね。 あるときはチョンホが、あるときは中宗が、 またあるときは内侍府の長官がチャングムを助けてくれます。 チェ女官長はユンスを動かして次の作戦に打って出ますが・・もう諦めてください。

次の

萩原ケイクさん「それでも愛を誓いますか?」インタビュー 子どものいないミドサー女性の心情、繊細に|好書好日

それでも愛を誓いますか 43話 ネタバレ

純は子供を望みますが、もう5年間体の関係はありません。 35歳という年齢から焦りが出ますが、仕事が忙しい武頼とはすれ違いの日々。 自分に自信を取り戻そうと、パートを辞め派遣社員として忙しい会社に入社。 2人の気持ちがすれ違い始めた時、武頼は高校の同級生である1人の女性と会いました。 周りと自分を比較し、どんどん落ち込んでしまう純。 ちゃんと自分達に夫婦の絆がある事は実感していました。 しかし、もし誰かが武頼を誘惑したら繫ぎ止めるものが無い、と不安です。 高齢の母の元へ行くのは気が滅入りましたが、月1回の義務として欠かさない純。 そして帰る途中、武頼と沙織が一緒にいるところを目撃してしまいます。 沙織の子供をおんぶしている武頼。 親子にしか見えないその光景に、純は怖くて逃げ出してしまいました。 純は内心気になりながらも、何も無かったように過ごします。 しかしある日、我慢できずにSNSで調べると「足立沙織」に辿り着きました。 調べたことを後悔していると、真山から『今から会えませんか?』とメッセージが届いたのです。 関わっていた企画が大成功をおさめ、久しぶりに社会人としての嬉しさを感じていました。 しかし武頼とは相変わらず雰囲気の悪いまま。 子供の話をすると、お互い大きな声を出して喧嘩してしまいました。 そのまま出て行った武頼。 取り残された純は一人で泣き崩れます。 その時、沙織と2人で会っておりキスをしてしまいます。 純は、仕事面では派遣社員から直接雇用へと順調。 その一方で、帰ってこない武頼を思う気持ちと体調不良も重なり、心も体もボロボロでした。 純が寝てから帰宅した武頼ですが、涙を流しながら自己嫌悪に陥ります。 武頼の優しさも感じる反面、イライラもしてしまう純。 喧嘩の発端はいつも自分の発言だと気付いた純は、イライラには蓋をして黙ってようと決めます。 真山からは、気になっている、と告白された純。 なんと返事を返すのか?! 恋愛感情では無いと誤魔化します。 告白かと思いドキドキした純も、家に帰ると武頼のことを思い冷静になりますが、真山と話してたくさん笑ったことを思い出していました。 クビ、離婚、慰謝料、など現実的だと自覚した真山は、純に告白するのは覚悟がいる事だと思い知ります。 しかし、それを考えた上でも、純への気持ちは変わりません。 来るか分からない待ち合わせの場所で、ただ純を待つ真山。 純は嬉しかった反面、真山と距離を置こうとします。 沙織からのメッセージには、『この前しちゃってごめん』と書かれていました。 辛い気持ちのまま仕事に行きますが、表向きはいつも通り振る舞います。 離婚するつもりは無いけれど、自分の足で立って歩こうと、強い気持ちで仕事をこなしました。 武頼は、沙織からの電話に出てしまい、泣きながら助けを求められます。 そこで、武頼のことが好きだと、告白されます。 冷たく断った武頼。 しかし今度は純に接触しようと、SNSのアカウントを探し出す沙織。 また、子供が欲しい理由を真山に尋ねられた純は『自殺防止』だと話しました。 それぞれが抱える闇は、この先どうなっていくのでしょうか?! ただ、感謝の気持ちや結婚した時の喜びは忘れていません。 純も仕事が忙しくなり、さらにすれ違うようになってしまった2人。 その時、ほとんど更新していない純のSNSに、通知が来ます。 開いて見ると、沙織からのアクションが。 パニックになった純は、武頼ではなく真山に連絡をしました。 また沙織と会って話をしますが、冷たく突き放す武頼に抱きつく沙織。 一方純も、停電になった社内の会議室で真山に抱きしめられました。 純も武頼も心が揺れますが、抱きしめ返すことはありません。 会議室で抱きしめられた後、連絡先を交換してしまいます。 一方、武頼は話をするためまた沙織と二人で会ってしまいました。 罪悪感が膨れ上がる武頼と、疲れ切った心に真山の優しさが染みていく純。 純は、真山と飲みに行く約束をしていた日の朝、武頼からも食事に誘われてしまいました。 少し黙って考える純ですが、その時、武頼が純にキスをしようとします。 とても驚きましたが、純は嬉しくなり、やっぱり武頼と向き合おうと、真山との約束は断ることにしました。

次の

かりそめの公爵夫人|ネタバレ!24話から25話までの感想も!|漫画Plus!

それでも愛を誓いますか 43話 ネタバレ

それでも愛を誓いますか?・第43話のネタバレ 武頼は昔、純にした話を思い出していました。 それは、自分は窓が好きだから建設業に携わっていると言う内容。 窓は建物の境界線にもなるし、建物が大きければ窓も必然的に大きくなる。 それを夜に上空から見下ろせれば、星に見えると言うこと。 少し照れ臭そうにそんなロマンチックなことを話す武頼。 そんな武頼を付き合いたての彼女である純はきっとすごくきれいだと笑顔で受け入れてくれます。 昔の純の笑顔を思い出して、純が帰ってくるのを目を閉じながら待ち遠しく感じる武頼。 その頃、無理やり誘われた飲み会から帰っている途中の真山。 相変わらずマスクで顔を覆いながら人混みを潜り抜けます。 そんな時、真山はスマホを見て目を疑いました。 『純は既婚だし、他人が入り込む隙なんて無い』という先輩の言葉が頭を過ります。 しかし、真山はそれに対して 『向こうから来てくれない限りはそうかもしれない』と答えていた自分を思い出します。 焦って誤字を送ってしまうほど、真山はメッセージに飛びつきます。 どうしたのかと送っても返信は無し。 電話をしたいと思っても真山は純の電話番号すら知らないのでした。 それでも愛を誓いますか?・第43話の感想 惜しくも純と真山はタイミングが合わずにすれ違ってしまいました…。 真山が飲み会に行かずにいたら、展開は変わっていたのかもしれません。 もしくは、純は真山の返信に気が付いたものの、頼るのを辞めてしまったのかも…。 純の性格ならなんだかあり得ますよね、人に甘えずに我慢強い純なので。 そして、武頼の元に帰りはするものの、ここでもすれ違い。 武頼が出勤で何も言わずに、出ていってしまった事は純の今の心境なら耐え難いくらい辛いはず。 出ていったシーン 出勤しただけですが はなんだか純と武頼の心が離れていくようでとても胸が痛んでしまいました泣 次回はどのような展開を見せるのでしょうか、真山頑張れ~~~!! 叫 「それでも愛を誓いますか?」はめちゃコミックで読むことが出来ます! 是非チェックしてみてくださいね!!.

次の