グ ヴェル オス ガール。 フレームアームズ・ガール 「フレズヴェルク」 レビュー

グウェル・オス・ガールとは (グウェルオスガールとは) [単語記事]

グ ヴェル オス ガール

今回はフレームアームズ・ガールより、フレズヴェルクをご紹介。 フレズヴェルクシリーズの元祖にして、今なお根強い人気を誇る一体で、 「フレズヴェルク」という新たなブランドを作り上げた偉大な存在。 それでは早速レビューへと参りましょう。 パッケージ 付属品一覧 パーツ総数はリリース当時はシリーズ最多ながら、それは現在でも変わらず。 組み立ても連続3~4時間と、かなり長丁場になりがち。 水転写デカールは一枚付属し、メガミデバイスと比べシンプル。 フェイスパーツはデフォルトでも安定した仕上がり。 胴体の脇部分が塗装済みパーツとして同梱。 フレズヴェルク ということで、 「フレズヴェルク」です。 キャラクターデザインは、 駒津えーじ先生が手掛けており、特に氏の趣向が反映されているのが特徴。 こつえー兄貴曰く、真面目系ヒロインとのことながら、そんな真面目系ヒロインのコスチュームが何故スク水なんですかね……(困惑) 既に数多くの姉妹機が同社から放出されており、アニメ版でも ライバルや ラスボスとして扱われる等、FAGシリーズにおいては 「フレズヴェルク」という一大勢力を築き上げた記念すべき存在。 基本構造は、これまでのフミカネ兄貴デザインのFAGとは根本的に異なり、数々の新たな試みが投入され、 素体状態と武装状態をコンパーチブル可能という点では、後の メガミデバイスに先駆けて採用された意欲的なキットとも言えます。 頭部 クリヤーパーツが組み込まれたヘッドギアが魅力的な頭部。 髪の毛は複数のパーツで構成され、シャープかつ立体感のある造形。 アイプリントは、こつえー兄貴のデザインをタンポ印刷で精密に処理。 首はダブルボールジョイント接続。 ショートヘアという関係で、可動範囲は良好。 上下にも大きく可動し、自由度は優秀。 反面、関節が外れやすいのが欠点なので、保持力強化のためにもパーマネントマットバーニッシュを用意しておきたいところ。 通常顔(左目線) 付属の通常顔は右か左に視線が寄っているので、人によっては気になる部分ですが、ここは完全に好みの問題。 叫び顔 付属のフェイスパーツでは唯一視線が正面を向いており、使用頻度が最も高い表情。 また、フェイスパーツにはタンポ印刷無しの表情が標準装備。 普通は特典パーツにされることが多い、タンポ印刷無しのフェイスパーツですが、このフレズヴェルクにみは例外で、一つのみとは言え、自由に表情を作れるのは嬉しいところ。 肩部 肩の関節は轟雷やスティ子と共通フォーマット。 肩が露出したデザインで、ショルダーアーマー等も無いため、可動範囲は広く取られています。 腕部 素体状態の腕部は、形状こそマテリアに近いものの、ディテールは完全に別物。 手首は球体ジョイント接続。 胴体 キット最大のセールスポイントである胴体。 アブノーマルノンケ(新語録)に受けそうなビキニではなく、スク水というチョイスな辺り、 なんていやらしい感性なのだ 明治の文豪 フミカネ兄貴デザインのガールとは異なり、肉感的な造形で仕上げられているので、フレズヴェルクシリーズが他のFAGと一線を画す象徴にもなっています。 うん、おいしい!(デザインセンス的な意味で) 胴体はボールジョイントを組み合わせた多重関節構造。 胸部を境に、左右へ可動可能。 上体を左右に振ることも可能。 前後への可動も優秀で、他のFAGにも見劣りしない自由の高さを誇ります。 反面、ボールジョイントが外れやすいので、ジョイントを太らせる等、何かしらの対策が必要。 下半身 脚部は優美な脚線美と、メカニカルな造形を両立。 色分けもある程度なされており、オレンジはガンダムマーカー等で追加塗装しても良いでしょう。 股関節はボールジョイント接続で、可動範囲自体はそれ自体は、従来より若干広め。 股関節は引き出し式で、可動域の拡大に一役買っています。 ちなみに、ある程度足を動かしても、ヒップラインが崩れないような配慮がなされ、関節や不自然な隙間が露出しない構造。 足首関節は軸関節で、左右の接地性は申し分無し。 前後にも大きく可動。 メガミデバイスには及ばないものの、総合的な可動性能に関しては必要十分なレベル。 オプション フレズヴェルク最大のウリは、こつえー兄貴渾身のスク水ではなく、その付属品の尋常ではないボリューム。 現在においても、バリエーションキットを除けばシリーズ中 「FAG グライフェン」と双璧を成す多彩なオプション内容。 ハンドパーツはPVC製。 全5種が付属。 また、装備の充実ぶりに加え、別売の フライングベースまで同梱。 明らかに他のシリーズより優遇されている気がするんですがそれは…… ちょっと待って、他のに入ってないやん!(クレーマー並感) こつえー兄貴愛されスギィ! といっても、 サイドワインダー形態と エアバイク形態でディスプレイするのに必要なので、当然の判断と言えます。 では、早速装備を換装して行きます。 武装状態 オリジナル同様、各部に配されたクリヤーパーツがその独特の存在感を演出。 煌びやかかつ、美しい外観がフレズヴェルクの人気を不動のものにしているといっても、過言ではありません、 EX-Sガンダム並みにモーメントが後方へ集中しているため、そのままでは後方へ倒れやすいですが、テールスタビライザーが補助脚として機能するので、フライングベース無しでも自立可能。 クリヤーパーツが魅力的なるも、ゲート痕を丁寧に処理行わないと、切り出した部分が白化したりと見栄えが悪くなります。 素体状態では頭部のみだったクリヤーパーツも、上半身の至る所に配置され、より統一感のある印象へ変化。 胸部の柔らかな形状等、ブキヤ大先輩の技術が 無駄に遺憾なく発揮されており、ノンケ兄貴も納得の立体感。 すごくいやらしい造形だよ 海外の反応シリーズ クリヤーパーツはしっかりはめ込まれている構造ですが、 ショルダーアーマーだけはデフォルトでは外れやすく、説明書同様接着推奨。 但し、塗装時には接着部に塗料は乗せないように。 背部はバックパックを始め、刺々しいデザインと化し、情報量の多さも特徴的。 バックパックは、シャープな造形とモールドで再現。 ノズル内部も精密に造形化。 バックパック自体がフレキシブルに可動し、自由自在な動きが可能。 接地面に届く程の長大なテールスタビライザー。 先端部分は取り外し可能で、武器として使用出来ます。 スタビライザー部分は軸関節で可動し、非常に可動域が広いです。 バックユニットの造形も精巧で、 3mmジョイントが多数配置されているので、カスタマイズにも柔軟に対応。 大腿部のボリュームが増したため、グラマラスなプロポーションへ。 デザインに関しては、ほぼ原型機同様。 ライフルは大腿部に装備可能。 足回りにもクリヤーパーツが多く使用されており、ブレード状のつま先の再現率も高め。 可動域に関しては、ここまで武装を張り巡らしている関係で、素体状態より低下しているのはやむを得ないものの、それでもアクション性に関しては問題ないレベル。 接地性に関しては、素体状態よりも向上しており、接地面積も広いので安定性は高め。 前後にも大きく可動し、フライングベースを必要としない場面も多々有り。 「クロスフレーム・ガール ガオガイガー(製作途上)」と揃い踏み。 デザイナーは同じですが、雰囲気はかなり異なっています。 フレズヴェルクは表情が硬くなってんぜ。 やっぱこつえー兄貴の・・・デザインを・・・最高やな! サイドワインダー形態 詰めに詰め込んだ武装に加え、さらにライド形態へと変形可能。 至れり尽くせりの製品内容ですが、この状態を再現するのが若干難しく、初見ではこの状態を再現するのに30分は掛かったゾ。 それでも説明書の見本とは若干違うんですが、それは……。 エアバイク形態 また、このFAGフレズヴェルクは驚異の三段変形が可能。 といっても、一見しただけではサイドワインダー形態と殆ど変わりません。 間違い探しをするかのようですが、実は本体が素体状態になっているのが特徴。 一応、説明書見ながら組み上げたのですが、本当にこれが正解なのか、 これもうわかんねぇな(投げやり) アクション ということで、 「フレームアームズ・ガール フレズヴェルク」でした。 優れた造形もさることながら、 大ボリューム、多段変形というギミック面でも大きな魅力を備えているのが特徴。 原型機がデザイン性の面でも高い評価を得ていることもあり、それを巧みにデフォルメしつつも、より立体映えするアレンジがなされ、何よりこつえー兄貴ファンにはオススメな逸品。 クリヤーパーツがふんだんに使用された外観も、大変見栄えが良い反面、ニッパーによる切り出しは普段より慎重にならざるを得ないので注意。 また、変形の手順も説明書では如何せん把握し辛いため、最初のうちは結構手間取ります。 それ以外では、FAGの中でも特に個性的なこともあり、ユーザー諸氏からも定評得ています。 姉妹機と並べるも、後発のガオガイガーと並べるも、個人の好きな形でディスプレイしてください。 楽しいホビーライフを。 MIR様 MIR兄貴オッスオッス! コメントアリシャス! 胸が大きい=セクシー・・・エロい!という、ノンケ特有のガバガバ理論はほんと草。 尻派は、巨匠た ta氏が遺した終生の傑作「でりさくら」でイッて、どうぞ(直球) 最近はアオシマ兄貴がヒップラインにこだわっているので、買うならVFGがオススメだゾ~(マルチ商法) ランサーのバストダウンは、ランチャーと交換して実現しよう(提案) Oバック装備の美少女プラキットとか、明らかに常軌を逸した商品化でやべぇよ・・・やべぇよ・・・(公序良俗的な意味で) なんかもう、即販売禁止、されそうで怖いっすねなんかね 未来予知 やめろォ! 建前 やめろォ! 本音 でりさくらなら全然襲いたいですね 建前 襲いたくはない! 本音 ええ ワンフェスでVFGメサイヤもカラーのが出ていましたが、正直パワードスーツのワンパターンはあきますねぇ! まぁカイロスで十分かなぁとw ランサーの胸の為にランチャー買うとか、これもうわかんねぇな とりあえず8月はアリスギアのシタラを予約していますが、一郎さんの購入予定はどうですか? ワンフェスだとダークアドヴェントも延期続きで第2段の発表とか、メガミのスサノヲの新素体とか、チトセリウムの第2段も人気なようですね~ ソロソロ発売する?マントやオーダークレイドルも面白そうです あっそうだ 唐突 消えたコメント覚えてるなんて、こいつすっげぇ変態だぜ~ 褒め言葉…か?w 襲うのか、襲わないのかどっちなんだ・・・(困惑) そろそろVFGも新しい趣向で勝負して欲しいですねぇ。 ほら、デストロイドぐらい出せよ。 ランチャーとランサーはコンビで揃えないと・・・多々買いからは、ああ逃れられない! シタラは買いますねぇ! 買います買います!(当たり前だよなぁ?) 予算不足でレビュー出来なくなったら、許して亭ゆるして。 ダークアドヴェントはソフィアを二ヵ月も延期しながら、第二弾を開発中とか気が早スギィ!・・・こいついつも延期してんな。 オーダークレイドルは幅が太い・・・太すぎ!・・・全身まで揃えるとか部屋に入らないみたい。 >消えたコメント覚えてるなんて、こいつすっげぇ変態だぜ~ 褒め言葉…か?w そうだよ(自白) 嬉しいダルルォ!?.

次の

コトブキヤオンラインショップマスターファイルBOX フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=ルフス: プラモデル

グ ヴェル オス ガール

製品説明 アニメ「フレームアームズ・ガール」に登場した「フレズヴェルク=インバート」の商品化! 「フレズヴェルク=アーテル」の仕様を元に、成形色の変更で、劇中登場カラーを再現。 肌色については劇中準拠のものと、フレズヴェルク=アーテルと同じ肌色が2種付属。 クリアパーツについては赤色偏光メッキになっております。 【商品詳細】 ・フレズヴェルクの最大の特徴であるクリアーパーツは、偏光メッキで再現。 ・肌色については劇中準拠のものと、フレズヴェルク=アーテルと同じ肌色が2種付属。 ・特徴である大型武器「ベリルスマッシャー」が付属。 大型武器を支える腕ラックパーツも追加。 ・通常状態、サイドワインダー形態、エアバイク形態の3形態への変形が可能。 ・4種類の顔パーツが付属。 (叫び顔正面向き、不敵顔右向き、嘆き顔正面向き、タンポ印刷なし顔) ・3種の表情パーツは塗装済みなので組み上げただけでも設定に近い仕上がりになります。 ・特徴的なラインパターンと共に瞳や表情などのデカールが付属。 ・引き出し式の肩関節と上腕部の可動軸により、広範囲な可動を実現。 ・股関節のスライド可動を併用させる事で、広範囲な可動を実現。 ・手首は軸可動の球体関節を採用する事で表情豊かなポージングが可能。 ・PVC製の手首が左右それぞれ5種付属。 手首は関節を含め、既存のフレームアームズ・ガールシリーズの手首と組み換えが可能です。 ・「フライングベースR」が付属。 ・3mm径に対応した2種のグリップが付属。 ・一部差し換えにより、素体状態を再現可能。 ・腕、足に配置された3mm径の穴により既存M. Gシリーズ、フレームアームズシリーズの武装の併用が可能。 ・腰後ろの尻尾状パーツは、手に持たせることでキャノンとしても使用できます。 ・尻尾状パーツの左右に付くブレードパーツは、取り外して手持ちの武器としても使用可能。

次の

コトブキヤオンラインショップマスターファイルBOX フレームアームズ・ガール フレズヴェルク エレメンタル・フェアリー: プラモデル

グ ヴェル オス ガール

フレズ素体 つま先 つま先パーツは靴パーツ(J13、J14)に甲パーツ(E4)を挟み込む構造です。 ここは下記写真を参考に(E4)の後側、 オレンジ丸部をニッパーでカットしてあげればOKです。 先端( 紫丸部)は切らなくても差し込めますが、取り付けにくい場合は先端を1mm弱カットしてあげましょう。 取説58番で製作する武装 この武装(名前なんて言うんでしょうか)は下記の オレンジ丸部を参考にクリアーパーツO9の丸穴をU欠きにしてあげればOK。 うまく調整できれば、接着剤不要でパチンとはめられます。 フレズのクリアーパーツは硬いので、ニッパーでやると割れる可能性がありますから、エッチングソーの利用をオススメします。 塗装したら下記の写真のように組み立てます。 ちなみにこの写真でも分かりますが、この武装は左右で使いますがパーツに向きはありません。 つまり組み上げると、切り欠いた部分が左右どちらかにかたよってしまうのです。 これでは左から見た時と右から見た時で丸部の見た目が異なってしまいます。 じゃあどうするか。 下記の写真を見てください。 左右で見た目が揃っています。 これは加工しなかった(J16)側もタガネで彫り込んでスミ入れしてあります。 こうしてあげれば左右の見た目をそろえることができますよ。 ベリルショットランチャー ベリルショットランチャーのクリアーパーツも綺麗に後ハメできます。 パーツ構成は上記写真のようになっていますが、クリアーパーツ(P1)(P2)を加工します。 まずは(P1) オレンジ丸部は取説58番の武装で紹介したようにエッチングソーを使ってU欠きにします。 紫丸部は3箇所とも写真を参考に1. 5mmほど斜めにカットしてあげます。 続いてP2 上記の写真を参考に オレンジ丸部は半分程度にカット、 左側の紫丸部は0. 5mmほど残してカット、 右側の紫丸部は1. 5mmほど斜めにカット、緑部分は加工せずそのままにします。 それぞれの部品は上記の写真位置を起点にはめ込めば取り付け可能です。 上手く加工すれば接着剤不要で組み付け可能です。 僕のフレズはベリルショットランチャーを一本しか使わなかったので、余ったクリアーパーツをシルバーに塗装し、組み替えることで実体剣バージョンにもできるようにしています(あんまりカッコよくないですが) 背部ユニット 背部ユニット(I11、I14、I19)の部品が(I3)(I4)に挟まれる構造になっています。 ここは下記の オレンジ& 紫丸部のように切り欠き加工で後ハメできます。 ただしこの(I3、I4)に挟まれる(I18、I22)は後ハメのしようがないので挟んだまま塗るなどして切り抜けてください(笑) 武装脚のつま先 (K29)(K34)に挟まれる(J5)パーツも後ハメ可能です。 (J5)の 青丸部のピンをわずかにカット。 さらに(K29)(K34)は写真の オレンジ丸部をUカットすれば後ハメ加工可能です。 さらにクリアーパーツ(O10)は単純にUカットすればOK。 Uカットしすぎるとパチンとはめ込めなくなるので、エッチングソーで切り欠いた後にナイフで少しずつカットして調整しましょう。 スポンサーリンク 武装脚のブースターユニット これがフレズの後ハメ最難関! まずは取説39で製作する武装 ここは簡単。 クリアーパーツ(O4)を切り欠けば対応可能。 さらに上記写真の右側 オレンジ丸部を39番で組んだ部品がハマる太さまで切り欠いておきます。 続いて取説40で製作するバーニア これが難しいです。 写真の丸部を下側の加工後パーツようにカットします。 (L26)は大胆にカットしても(L27)で隠れますのでナイフとノコで思い切ってカットします。 (L16)はピンとリブをニッパーでカット。 知恵の輪のようにねじりながら(L26 がはめ込めるように微調整していきます。 リューターがあると干渉部を削りやすく大変便利です。 安い電動タイプが一つあると色々使えますよ。 SPTA• こんな風に(L26)をはめ込んで… (L27)でカバーして爪を組みます。 (L16)は綿棒等を使って塗装を傷つけないように押し込みます。 できあがり。 言葉では説明しきれないので実践してみてください。 その他のパーツ FAガールは関節部等様々な個所で後ハメしたくなりますが、今回紹介した箇所以外は基本的に後ハメせずに塗り分けたほうが強度も出ますし仕上がりの見た目も綺麗です。 ヒザやヒジ関節は先に塗ってから組み込むなどしてあげれば塗り漏らしなく作業を進められます。 僕のフレズのヒジ関節はこの画像のように塗り分けしています。 これはヒジ関節の濃いグレーを塗装してからマスキングして前腕を組み立て、前腕と上腕のグレーを塗ってからマスキングを剥がすという結構面倒な技で塗装しています。 フレズヴェルクは後ハメをクリアーすれば、とてもカッコいい全塗装作品が作れるのでおすすめです!.

次の