コーク ミュール。 キューバリブレとラムコークの違いはなんですか?飲食店に勤めていて、お店...

バグース 銀座店 パーティ|BAGUS公式サイト|ダーツ・ビリヤードゲームならバグース

コーク ミュール

キューバリブレの 名前の由来を紹介します。 キューバリブレは、国名の 「キューバ」と、スペイン語で 「自由」という意味の 「リブレ」を併せた造語が由来と伝えられています。 キューバリブレの歴史を紹介します。 第二次キューバ独立戦争の合言葉 「ビバ・キューバ・リブレ」(キューバの自由万歳)が語源という由来があり、1902年にキューバがスペインから独立したことを祝う為に生まれた歴史があるカクテルです。 キューバ独立戦争のときに、キューバ支援のアメリカ軍人が、 誤ってラム酒にコーラを落としたら、美味しかったということが、 キューバリブレの歴史の始まりといわれています。 やがて、 果実のライムを絞り、混ぜて味わうようになり、現在のキューバリブレのベースになりました。 モンスター・キューバリブレが 発売されて、もうすぐ約一年になります。 モンスターエナジーファンや、コーラ好きのなど、たくさんの方がモンスター・キューバリブレを味わっており、ここでは、 口コミやレビューを紹介します。 「味としては、思った以上にコーラに近いです。 いわゆるコカ・コーラやペプシ・コーラ風ではなく、 ちょっと薄いコーラの味がします。 甘さ控えめで飲みやすいです。 」 「香りはライムの爽やかな感じで、 あっさり控えめなコーラ味です。 プルタブが赤色で、キューバリブレを意識しているのがわかります。 」 「普通のコーラより炭酸は強くないですが、 普通のモンスターよりは炭酸が強いような気がします。 」 「コーラとガラナにライムの柑橘系を加えた味わいです。 他のに比べて、 甘すぎないし、スッキリしてるので飲みやすいです。 」などがあります。

次の

カクテルの一覧

コーク ミュール

何も違いません。 言い方の問題です。 カクテルの名前としては、「キューバリブレ」(キューバリバー、クバリブレ等)がより正当な名前です。 由来は有名な話ですがキューバが独立した際バックについてくれたアメリカに対し友好と感謝の意を示し キューバを代表する「ラム」にアメリカを代表する「コーク」を混ぜたことに起因。 意味は「キューバ万歳」 ラムコークは単純にベースの酒+割り物で示した表記。 ラムのコーラ割りだからラムコーク。 要するにモスコミュールが一般的だけどウォッカジンジャーって言えば間違ってるのかと そういうわけでもないと、そういうお話です。 補足:レモンやライムは一般的な規定ではなく、レシピや店によってさまざまです。 ライムが入るからリブレ、入らなければラムコークなわけでは決してありません。 逆も当然あります。

次の

カクテルの一覧

コーク ミュール

由来 [ ] 初頭、のジャック・モーガンというがのである「 NO. 1」を使ったカクテルのために大量に仕入れた()の在庫を処分するために考案したとされている説と、にブランドのウォッカの販売促進のため、スミノフを使った手軽に作れるカクテルを製造元のヒューブライン社が紹介したため広がったという説、あるいはジャック・モーガンとヒューブライン社が組んで広めた、とされる説が有名。 また、本式ではのに入れて提供されるものである。 今日でも本格的なバーではそのようにして出されているのは、ジャック・モーガンの友人が器を銅のマグカップにすることを提案し、それが広まったとされているからである。 バリエーション [ ] ウォッカをに替えると メキシカン・ミュールに、またに替えると ジャマイカン・ミュール(スージー・テーラー)に、に替えると マミー・テーラーに 、に替えると マミーズ・シスターに 、に替えると ワイルド・ミュールとなる。 その他、ウォッカを他の酒類で置き換えたバリエーションと呼称に次のようなものがある。 ベース 名前 ケンタッキー・ミュール または ホースファーザー バーボン・ウイスキーと ニュー・オーリンズ・ミュール ジン・ミュール、 ロンドン・ミュール、 ミュンヘン・ミュール または フォッグホーン バンダバーグ・ラム() オージー・ミュール アイリッシュ・ミュール ブレンデッド・スコッチ・ウイスキーとサンジェルマン() グラスゴー・ミュール ボヘミアン・ミュール アブサンと・ デッドマンズ・ミュール とアンゴスチュラ・ フレンチ・ミュール リキュールとポワール・ウィリアム() プリッキー・ペア・ミュール サザン・ミュール トゥアカ() トスカーナ・ミュール オスロ・ミュール 付け合せにと ミスルトウ・ミュール 他のバリエーションとして、ジンジャー・ビアの代わりにジンジャー・シロップやジンジャー・エールを用いるものがある。 副材料としてのジュースやアンゴスチュラ・ビターズを追加するアレンジもある。 シロップまたはを加えるとモスコー・ミュールからフロラドラ([[:en:]])になる。 ジンジャー・ビアの代わりにを使うとモスコー・モールになる。 標準的なレシピ [ ]• 45ml• ・ジュース 10ml• 120ml• ライム・スライス 1枚 ジンジャー・エールを用いたレシピ [ ] など、ジンジャー・ビアが一般的に流通していない地域ではジンジャー・エールを用いる。 この場合、等の辛口のジンジャー・エールを使う場合もある。 次のレシピは日本における標準的なレシピである。 ウォッカ 45ml• ライム・ジュース 15ml• ライム・スライス 1枚 飲み口はやや甘くアルコール度数も高くないカクテルになっている。 日本ではジンジャー・ビアの入手が難しいため代用としてジンジャー・エールを使用したレシピが広まったと言われている。 作り方 [ ]• 材料をグラス(本来は銅のマグカップだが、でも可)に入れ、軽くする。 ライム・スライスを飾り完成。 関連項目 [ ]• - ライム・ジュースとジンジャーエールを使った。 脚注 [ ]• 桑名伸佐 監修 『カクテル・パーフェクトブック』p. 135 発行• 桑名伸佐 監修 『カクテル・パーフェクトブック』p. 136 日本文芸社 2006年2月25日発行• 山本祥一朗 監修 『カラー図解 カクテル』 成美堂出版• 北村聡 著『定番から人気の焼酎カクテルまで 基本のカクテル』(、発行、)によるとマミー・テーラーのレシピはスコッチ・ウイスキー45ml、ライム・ジュース15ml、ジンジャーエール適量となっており、モスコー・ミュールのベースをスコッチ・ウイスキーに替えてつくられるカクテルと考えられる。 北村聡 著『定番から人気の焼酎カクテルまで 基本のカクテル』世界文化社 2005年12月1日発行• Graham, Colleen 2019年5月24日. The Spruce Eats. 2020年6月22日閲覧。 2020年6月22日閲覧。 Hines, recipe: Nick. VinePair. 2020年6月22日閲覧。

次の