空 から 降る 一 億 の 星 日本。 韓国版「空から降る一億の星」日本でのみんなの視聴感想・評価まとめ♡ │ おもろいドラマBLOG♡

the earth » 100 million stars falling from the sky

空 から 降る 一 億 の 星 日本

韓国の人気俳優ランキングにいつも堂々登場している【ソ・イングク】さんと、デビュー作から一気に人気になり、今や清純な美貌と言われる【チョン・ソミン】さんが主演の韓国ドラマ「空から降る一億の星」は面白いのか、つまらないのか、視聴率や感想を含めた口コミの評判を検証いたします! 韓国ドラマ「空から降る一億の星」は全16話です。 「空から降る一億の星」は北川悦吏子脚本の大ヒットドラマを韓国でリメイクし、全11話だったのを全16話で放送。 ドラマの内容もアレンジされ内容も深くなり、約16年の時を経て、放送されました! チョン・ソミンが演じるユ・ジンガンは幼い頃に両親を失い、年の離れた兄で刑事のユ・ジングクと2人で暮らしています。 実の兄妹ではないがとっても仲良し。 ある日、親友のペク・スンアの陶芸展に招待されたジンガンは、ビール会社の従業員キム・ムヨン(ソ・イングク)と出会います。 その陶芸展で、スンアの恋人の財閥御曹司チャン・ウサンが、有名教授の陶芸品を彼女の作品として展示してしまいます。 スンアは自分の作品ではないのに解説までさせられることになり、ウンザリして逃げ出したくなります。 その状況を知ったムヨンは偶然を装って作品を壊し、スンアが嫌がっていたトークショーを阻止することに成功し、スンアは驚きながらも嬉しさに舞い上がります。 スンアはたちまちムヨンに恋をして、ムヨンと付き合い始めます。 一方、ムヨンはジンガンに惹かれていました。 ジンガンは、ムヨンがスンアを愛しているように思えず、ムヨンに会うたびにケンカ腰になってしまいます。 そんな中、女子大生殺人事件を捜査していたジングクは、数々の手がかりからムヨンが事件に関与していることを突き止めます。 しかし、ジンガンと同じ火傷の後がムヨンの背中にもあることを知り・・まさかあの時の男の子では!?ジングクの胸騒ぎが起こります。 運命の歯車が回り始め・・心がえぐられるようなラブストーリーが幕を開けます。 韓国ドラマ「空から降る一億の星」感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック! まずは、韓国ドラマ「空から降る一億の星」のあらすじについての感想です。 危険な香りがして不気味すぎるムヨン後半、ジングクまで変貌し・・ ちょっと重い内容になりました。 しかし終盤には次々過去の状況が分かってきて納得というところ。 — MK• ジンガンが10代の少女みたいにオンマみたいにムヨンを受け入れると、止まった時間が一気に動き出す。 ムヨンの気持ちが全くわからないし、危険な香りがするのにどんどん惹かれていく心を止められないジンガンの葛藤が見ていると心がざわざわします。 とにかく見始めると、やめられない止まらない現象が・・あなたも不思議な運命の扉を開けてみませんか? キャストの感想 夏休みのストレスを癒すべく 、ただいま第4話。 色気が駄々洩れ 絶対好きになっちゃだめなやつ。 でも絶対に好きになっちゃうやつね。 かっこいいのに(!?)すんごく演技もお上手で・・その哀愁漂う素晴らしい演技にスタンディングオベーションして拍手喝采したいくらいです。 パクソンウンさんの優しいお兄さんの演技から危機迫る迫真の演技も素晴らしくて!! あれ・・?褒めるところしか見つからない・・!! とにもかくにも素晴らしいキャストの皆さんだと思います! 土下座してお礼を申し上げます。 視聴率の感想 過去こんなドラマで泣いたことないくらい号泣した。 視聴率とか関係ない、間違いなく名作。 たしか、本国では10話が1番視聴率落ちてたけど、全体が重たい中でもほっこりしてていい回だと思うなぁ。 별, 우리 が流れるシーン。 字幕付けてくれてる。 — ぐっちゃん gutthan0414 空から降る一億の星 面白いのに視聴率良くないのね💦💦 — rg region1118 最高視聴率 3. 9% 最低視聴率 2. 2% 平均視聴率 2. 6% 韓国ではあまりこのような暗い内容のドラマは好まれないようです。 そして、日本で放送された際の視聴率が22%ととても良く、韓国でも話題になったドラマだったために、リメイクと聞いてあまり見たい気持ちにならなかったのではないかと思っています。 最終回が近づくにつれ涙の量も増えて、、 感動作です。 おすすめです — ゆゆ drama1346 「 空から降る一億の星 」 完走しました。 うーーん、余韻がすごいソイングク氏の演技の表現が大好きだし、役もすごくよかった!続きが気になってどんどん見ちゃうドラマでした。 — イリ BDWnzYAusMalRDa ううううう思い出すだけでウルウル・・。 今まで見たドラマで上位に入るほど泣きました。 星のようなキラキラした涙が一億個ほど流れました。 すみません私の涙はそんなに綺麗じゃなかったです・・鼻水も出ましたし・・(おい 号泣必死ですがとっても感動です。 俳優もスタッフもビックネームばかりなのに、観るのにしんどさすら感じる。 とりあえず完走はするけど。 最近私はラブコメばかり見ていたので、内容も全く知らずに見たこのドラマは衝撃的でしたが、とっても惹きつけられ、途中で飽きることもありませんでした。 悲しくて悲しくて泣けてしまいますが、全然面白くなかった!!時間がもったいなかった!!などという感想は一つもありませんでした。 実は最初のドラマの内容がよく分からなくて何となく見てたんです、それがどんどん引き込まれていって。 目と表情で沢山のことが伝わってくる演技をするやっぱりグクはやっぱり凄いです。 OSTも最高です。 ここで来るかぁ!と。 最高に泣けました — ゆゆ yu2guklove 空から降る一億の星完走〜 めっちゃ面白かったし、切なかった、 見てない人は是非見て欲しいー DVDでたら絶対買う、 次は屋根プリ終わらせて違うドラマに入らないと、笑笑 — とも tomo0606s2 ソ・イングク씨の 空から降る一億の星 全16話完走 切ない そして、目の演技がスゴいの… すんごい引き込まれるの。 おかげで久々猛スピードで完走。 ムヨンのおウチの ソファのところにあったテーブル ドンピシャで私好み。 買いたい…。 — きのめ LJSmgm. 韓国ドラマの作品数がダントツに多い• レンタル・CSよりも、安く・楽チン• 最新『韓国ドラマ』の配信が速い• 地上波・BSで放送中の作品も見れる• K-POP・ドラマ・映画・漫画・雑誌も見れる など 韓国ドラマを見るなら、U-NEXTをお試し下さい。 U-NEXTは「31日間」という長い『無料・お試し期間』があります。 無料登録は「2ステップ」、解約方法も簡単で無料です。

次の

『空から降る一億の星』韓国版と日本版との違いは?あらすじやキャストも

空 から 降る 一 億 の 星 日本

ソ・イングク 「応答せよ1997」「ショッピング王ルイ」「元カレは天才詐欺師~38師機動隊~」 チョン・ソミン 「この恋は初めてだから」「適齢期惑々ロマンス~お父さんが変!? ~」 パク・ソンウン 『新しき世界』『スウィンダラーズ』「リメンバー~記憶の彼方へ~」 韓国を代表する実力派俳優が豪華共演! 抗いがたい魅力を放つミステリアスな男、キム・ムヨンに扮したのは、「応答せよ1997」「ショッピング王ルイ」のソ・イングク。 確かな演技力と独特の存在感を発揮し、善人なのか悪人なのか判断のつかない孤独な青年という難役を見事に演じ切った。 「この恋は初めてだから」のチョン・ソミンは、明るくしっかり者のヒロイン、ジンガン役を透明感たっぷりに好演。 幼い頃に両親を失い、大きなやけど痕を抱えながら育ったジンガンは、同じ傷を持つムヨンといつしか惹かれ合っていく。 ジンガンの兄、ジングク役には『新しき世界』のパク・ソンウン。 ぞっとするような悪役やカリスマあふれる弁護士など幅広い役を個性的に演じてきた彼が、本作では妹ジンガンを溺愛する心温かい刑事役に挑戦。 お茶目な姿も披露しつつ、ムヨンを警戒してジンガンに近づかせまいと必死で阻止する兄の姿を熱演し、ソ・イングクと演技対決を繰り広げた。 さらに、イケメンぞろいのブルワリーで働くヒジュン役を演じたVIXXのホンビンも必見!ムヨンと児童養護施設で共に育ち、彼をよく知る唯一の友人という重要な役どころを担った。 ハマったら 絶対に抜け出せない、 危険な男ムヨン ソ・イングクのミステリアスな眼差しから 目が離せない! ソ・イングクのミステリアスな眼差しから目が離せない! 愛を知らず、まるでゲームのように他人の心をもてあそぶムヨン。 人懐っこく近づいてきたかと思うと、手のひらを返したように突然冷たい態度を取る。 ムヨンに片思いする22歳のユリ(コ・ミンシ扮)が「ムヨンさんにハマった女は絶対に抜け出せない」とジングクに告げたように、彼は女性たちの心を惑わす魔性の男だ。 財閥御曹司ウサン(ト・サンウ扮)と結婚を前提に付き合っていた純粋無垢なスンア(ソ・ウンス扮)は陶芸展で出会ったムヨンに一瞬で魅了され、ウサンの姉セラン(キム・ジヒョン扮)までもがムヨンに接近する。 ムヨンはその誰にも本心を見せないが、ジンガンだけには親近感を抱き、自分を哀れむ彼女の言葉に初めて心をかき乱される。 感情を持たないかのような冷たい視線を放つ一方で、子猫を抱き上げて優しく微笑み、ジンガンと出会ったことによって人間らしさを取り戻していくムヨン。 ソ・イングクは一作の中でいくつもの表情を見せ、これ以上のキャスティングはないと思えるほど完璧にムヨンを演じ切った。 ドラマ「ミセン-未生-」「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」「ミスター・サンシャイン」「アルハンブラ宮殿の思い出」をはじめ、数々の名作を世に打ち出してきた韓国の制作会社STUDIO DRAGONがリメイク版をフジテレビと共同制作した。 演出は「ナイショの恋していいですか!? 」「ああ、私の幽霊さま」のユ・ジェウォン、脚本はドラマ「マイ スウィートソウル」、映画『メモリーズ 追憶の剣』『愛を歌う花』などを手掛けたソン・ヘジン。 日本中を熱狂させた切ないラブサスペンスとしての世界観を生かしつつ、原作の全11話よりも長い全16話の中で登場人物の心の動きがより詳細に描かれる。 韓国版ならではの新たな展開も盛り込まれ、原作を知る人はもちろん、知らない人でも楽しめる完成度の高いドラマに仕上がっている。 孤独な男が初めて知った 愛と 幸せ。 数奇な 運命に翻弄される男女。 少しずつ明らかになっていく真実に 胸が締めつけられる、悲しくも美しいラブストーリー 少しずつ明らかになっていく真実に胸が締めつけられる、 悲しくも美しいラブストーリー 児童養護施設で育ち、孤独や他人からの拒絶に慣れきっているムヨンにとって、ジンガンは初めて自然に心を開くことのできた相手だった。 ジンガンはムヨンの積極的なアプローチに戸惑い、危険だと思いながらもしだいに彼に惹かれていく。 ムヨンの殺風景な部屋を見て驚き、一緒に家電や調味料をそろえるジンガン。 冷えびえとしていたムヨンの部屋と心がジンガンによって温かく変わっていく様子が微笑ましくも切ない。 しかし2人の距離が近づくにつれてジングクの反対も激しくなり、ジンガンは自分を大切に育ててくれた兄と愛するムヨンの間で板挟みになって苦しむ。 ジングクの心から消えることのないつらい過去、ムヨンが失った幼い頃の記憶、そしてムヨンとジンガンの腕に残るやけど痕。 ある日、親友ペク・スンア(ソ・ウンス)の陶芸展に招待されたジンガンは、パーティーのスタッフとしてやってきたビール会社の従業員キム・ムヨン(ソ・イングク)と出会い、彼の失礼な発言に憤慨。 兄のジングクもまた陶芸展に向かう途中でムヨンとすれ違い、彼の眼差しになぜか胸騒ぎを覚えるのだった。 一方、スンアは恋人である財閥御曹司チャン・ウサン(ト・サンウ)が有名教授の陶芸品を彼女の作品として展示したばかりか、作品解説のトークショーまで準備していることを知ってウサンを責める。 2人の会話を耳にしたムヨンは偶然を装って作品を壊し、スンアが嫌がっていたトークショーを阻止。 スンアはたちまちムヨンに夢中になり、彼と付き合い始める。 しかしムヨンが別の女性と映画館にいる姿を目撃したジンガンは、スンアへの気持ちが本気だとは思えず、ムヨンに会うたびにケンカ腰になってしまう。 そんな中、女子大生殺人事件を捜査していたジングクは、数々の手がかりからムヨンが事件に関与していると直感するが・・・。

次の

空から降る一億の星(日本版)第1話あらすじネタバレ!

空 から 降る 一 億 の 星 日本

予告編第1弾はストーリーにフォーカスしたもので、「空から降る一億の星」が纏うミステリアスで不穏に満ちた世界観を舞台に、繰り広げられる複雑な人間模様をスリリングに表現している。 一方、予告編第2弾はソ・イングクとチョン・ソミンの切ない愛にフォーカスしたもので、ソ・イングクが演じる孤独な男ムヨンと、チョン・ソミンが演じる本当の愛を未だ知らないヒロインのジンガンが、運命に翻弄されながらも抗いがたく惹かれ合う切ない愛を抒情的に表現する内容に仕上がっている。 13万回視聴を超える予告編第1弾に続き、ドラマのもう一つの魅力であるムヨンとジンガンの切ない愛にフォーカスした第2弾にも期待が高まるところだ。 本作は、「ロングバケーション」「半分、青い。 」など、数々の高視聴率ラブストーリーを描いてきた北川悦吏子による原作脚本で、2002年に平均視聴率22. 約2年ぶりに本作が待望のドラマ復帰作となったソ・イングクが演じるのは、人懐っこく近づいてきたかと思うと、手のひらを返したように突然冷たい態度を取る孤独な男ムヨン。 これまでの出演作でも話題となったソ・イングクのロマンティックなキスシーン他、ミステリアスな眼差しからも目が離せない。 抗いがたい魅力を放つミステリアスなソ・イングクの脇を支える、韓国を代表する実力派俳優の豪華共演にも注目。 日本でも大ヒットした「赤と黒」出演から数年、大人になったチョン・ソミンが数奇な運命に翻弄されるヒロインを熱演。 また、シリアスからコミカルまでをこなす実力派俳優パク・ソンウン、「黄金の私の人生」出演で注目のソ・ウンス、韓国アイドルグループVIXXのホンビンの豪華共演も見どころだ。 50676 ¥15,000+税 DVD PCBP. 」 <あらすじ> 広告デザイナーのユ・ジンガン(チョン・ソミン)は幼い頃に両親を失い、20歳年の離れた兄ユ・ジングク(パク・ソンウン)と2人で暮らしている。 ある日、親友ペク・スンア(ソ・ウンス)の陶芸展に招待されたジンガンは、パーティーのスタッフとしてやってきたビール会社の従業員キム・ムヨン(ソ・イングク)と出会い、彼の失礼な発言に憤慨。 兄のジングクもまた陶芸展に向かう途中でムヨンとすれ違い、彼の眼差しになぜか胸騒ぎを覚えるのだった。 一方、スンアは恋人である財閥御曹司チャン・ウサン(ト・サンウ)が有名教授の陶芸品を彼女の作品として展示したばかりか、作品解説のトークショーまで準備していることを知ってウサンを責める。 2人の会話を耳にしたムヨンは偶然を装って作品を壊し、スンアが嫌がっていたトークショーを阻止。 スンアはたちまちムヨンに夢中になり、彼と付き合い始める。 しかしムヨンが別の女性と映画館にいる姿を目撃したジンガンは、スンアへの気持ちが本気だとは思えず、ムヨンに会うたびにケンカ腰になってしまう。 そんな中、女子大生殺人事件を捜査していたジングクは、数々の手がかりからムヨンが事件に関与していると直感するが…。

次の