エアコン 水が垂れる。 エアコンから水が出る!原因と修理法を解説!

【エアコン】 エアコン本体から水漏れする

エアコン 水が垂れる

エアコンから水が垂れる(もれる)原因 エアコンは夏に冷房運転を行うと湿気を吸いとります。 吸い取った湿気はエアコンのフィンに水滴として付着して、その後水受けからドレインホースを通って外に水を排出します。 夏になると、室外機の近くが水で湿っているのをよく見かけませんか? あれは室内の湿気(水)です。 そして、エアコンの水漏れのいちばんの原因は、湿気の排出がうまくいってないことにより、おこります。 うまく湿気が排出できない原因• 室内機の傾きがうまくできていない• ドレインホースが詰まっている 室内機の傾き(勾配)がうまくできていない 室内機がドレインホースと逆の方に傾いていると水がうまく排出されません。 エアコンをつけたときは傾きが正常でも、長年使用しているうちに傾きがおかしくなってしまう場合があります。 築年数の古い家では、家自体が傾いてきてしまい、勾配がくるってしまう場合もあります。 勾配が適正か調べるには、上の画像のような水平器をエアコンの上にのせて傾きをチェックすればわかります。 ドレインホースがエアコンの室内機の右側から出ているなら、エアコンは右に少し傾いているのが正常です。 逆にドレインホースがエアコンの室内機の左側から出ているなら、エアコンは左に少し傾いていなくて水が正常に排出されません。 傾きが正常でない場合の対処としては、エアコンの据付板の傾きを変える必要があります。 室内機は据付板にひっかけるだけになっているので、元の据付板の傾きを正常な向きに傾ければOKということです。 こちらの記事ではエアコンの取り付け方法を解説しています。 エアコンの据付板にもふれていますので参考にしてください この据付板の傾きの変更は無理にやると銅管からエアコンガスが吹きだしたりする可能性もある危険な作業です。 難しいと思ったらエアコンのトラブル解決をやっている専門の業者「テイクサービス・エアコン」に相談してみましょう。 まず室外機の近くにいきドレインホースの先がどのようになっているか確認します。 先端に「落ち葉、土、ゴミ」が詰まっていいて水が排出されない場合や、ドレインホースの奥の方が詰まっている場合など様々です。 先端が詰まっているだけの場合は、割り箸などでとるだけで大丈夫ですが、ドレインホースの奥が詰まっている場合は少しやっかいです。 その場合、よくやるやり方としては、 ・掃除機で吸い取る方法 ・ポンプを使う方法 この2種類です。 掃除機で吸い取る方法 掃除機で吸い取る時の注意点としては、水を吸い込まないようにすることです。 水を吸い取ってしまうと、最悪の場合掃除機が壊れてしまいます。 水を吸い込まないようにするには、 「冷房を数日使わないでホース内の水が乾燥してから行う」または「排出口に布を当てながら掃除機で吸い取る」こんな感じでやればいいと思います。 ただ絶対水が入っていない、という保障はないので、十分注意が必要です。 ポンプを使う方法 掃除機で吸い取るのは心配だという人は、専用のポンプをしようしましょう。

次の

エアコンから水が飛んでくる。降ってきたり垂れるのを防ぐには?

エアコン 水が垂れる

Contents• エアコンから涼しい風が出る仕組み エアコンから水が出る、水漏れや水が垂れる症状の原因を突き止める前に、まずはエアコンから涼しい風が出る仕組みについて触れておきましょう。 そもそも、どうしてエアコンからあんなに快適な風が出るのでしょう。 エアコンから冷たい風が出る仕組みがいたってシンプルです。 エアコンは室内機と室外機がペアになっていて、この2つが部屋を効率よく涼しくしてくれるのです。 室内機と室外機はドレンというホースによって繋がれていてその中を 冷媒が循環しています。 室外機により冷えた冷媒が室内機に入り室内機の中にある熱交換器によって冷えた冷媒に 室内の熱が吸収されます。 そのとき、 熱交換器の中には熱い空気が冷されたことにより結露がおこるのです。 この結露水はドレンとを通じて外に流れます。 そして、熱交換器により吸収された熱い空気は外に放出されるのです。 だから、室外機からはとても暑い風が出ているのですね。 エアコンから水が出る原因 それでは、本題に入りましょう。 エアコンから水が出る、水漏れ、水がポタポタ垂れる原因についてです。 ・ ドレンホースの中に ホコリが溜まることによる水漏れ ・ドレンホースの入口付近に溜まる 枯葉やゴミ ・ エアコンフィルターにホコリが溜まっている エアコンから水が垂れる症状は意外にも単純な原因だったのです。 水が垂れる症状を見つけたらチェックすべき3つのこと! エアコンから水が出る場合は ドレンホースにトラブルがあり、水漏れをおこしているということはわかりましたよね? それでは、修理を頼む前に自身でエアコンのチェックをしてみましょう。 ・ドレンから水が出ているかチェック! ・ドレンホースのまわりや入口付近にゴミや枯葉などの詰まりがないかチェック! ・ドレンホースから水が出ている場合は、エアコンフィルターが掃除できているかチェック! ドレーンホースから快適に水が出ることが大切なのです。 水漏れを見つけたら先ずはドレンホースとフィルターチェックですね。 【スポンサードリンク】 自分で出来るエアコン水漏れ修理法 エアコンのドレンホースから水が出ることが確認できなかったら、ドレンホースが詰まっているということです。 修理業者に頼む前に自分で出来る水漏れ修理法を試してみてはいかがでしょう? ドレンホースの周辺をキレイにかたずけましょう。 自転車やプランターなどがあるとドレンホースから水が出ないで逆流し、部屋の中で水が垂れる原因になってしまいます。 次に、ドレンホースの中の掃除です。 簡単な方法は家庭用の 掃除機を使う方法です。 掃除機を使う場合はドレンホースの中を乾かしてから掃除機でゴミを吸い取ります。 湿っていると上手くゴミが散れないため乾かしてから吸い取るようにしましょう。 また、水が残っていると掃除機の故障にも繋がってしまいます。 ドレンホース専用のポンプを使って掃除する方法もあります。 ドレンホース専用ポンプは、インターネットなどでも購入できるため本格的にドレンホースをキレイにしたい人はこちらを使っても良いかもしれません。 プロにお願い!エアコン水漏れ修理 自身での修理法を試しても水漏れや水が垂れる症状が改善されない場合は、ドレンホースが問題ではないのかもしれません。 プロに修理を依頼することをおすすめします。 まとめ エアコンから水が垂れる水漏れの症状は、殆どがドレンホースの詰まりによるものです。 ドレンホースから水が出ることが確認できない場合はドレンホースないの掃除が必要となります。 掃除機や専用ポンプを使いドレンホースの中を掃除してみることです。 それでも、改善されない場合は専門業者に修理を依頼した方が良いかもしれませんね。

次の

エアコンから水が飛ぶ原因と解決策

エアコン 水が垂れる

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に 「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4人に1人以上は、エアコンの水漏れを経験したことがあるという結果に!案外たくさんいるのですね。 ただ、そんな水漏れも原因を突き止められれば、落ち着いて対応することができますよ! ということで、今回は、 水漏れの原因と解決する方法がカンタンにわかるフローチャートを作りました。 フローチャートを使って、原因を突き止めてみましょう! そして、エアコンが水漏れした時にどうするのか、原因別にそれぞれ解説しました。 水漏れに焦る方は必見ですよ! ・外のホースからきちんと排水されているか? ・お掃除をして水漏れが直らないか? この2つを確認するだけで、エアコンからの水漏れの原因と対処法がすぐにわかるんです! エアコン水漏れの原因は7つ エアコンからの水漏れには、 7つの原因が考えられます。 そして、その7つの原因は、次の 3つのパターンに分けることができるんです。 パターン1: ドレンホースに原因がある 原因1. ドレンホースの詰まり 原因2. ドレンホースのたるみ・劣化 パターン2: エアコン内部に原因がある 原因3. フィンの結露 原因4. ドレンパンの汚れ 原因5. 部品の故障 パターン3: 超例外 原因6. エアコン(室内機)の傾き 原因7. 実は、 暖房の時は、ほとんど水漏れしません。 暖房を使っていて水が漏れるとしたら 室外機。 ただ、室外機から水滴が落ちるのは 正常です。 故障ではないの安心してくださいね。 約8割の原因はドレンホースの詰まり エアコンから水漏れが……! 実は、その水漏れの原因の多くが「 ドレンホースの詰まり」なのです。 ・エアコン(室内機)の吹き出し口にタオルなどを当てておく ・ハンドルを押すときには、ドレンホースからポンプを取り外す 部品の交換 家の中以外でも、水漏れは発生しているんですよ。 具体的に言うと、ドレンホースの 屋外に露出している部分ですね。 プラスチックでできているドレンホースは、 紫外線により劣化していきます。 当初はやわらかかったホースも、時間が経てばカチカチに。 ふとした拍子にひび割れて、水が漏れてしまうなんてことも。 こうなると 交換するしかありませんね。 直径を意味する記号ですね。 こう聞くと、難しくないですよね。 ではどんな違いがあるのか、見ていきましょう。 ・排水の容量 上でもお話したように、一番の違いは 直径の大きさです。 ですが、エアコンの水はそれほど大量に流れる訳ではありません。 常に少しずつ排水されていきます。 あれ?大きさに意味が無いように思えてきましたね。 ・詰まりにくさ そう、 ゴミなどの詰まりにくさに関係しています。 通常運転の時もそうですが、お掃除の時にもゴミが出ますよね。 これらが詰まってしまうと、水がうまく排出されずに溢れてしまいます。 これが上でもお話した、 ドレンホース詰まりの水漏れ。 聞きなれない単語ですが、とても大切なポイントなので覚えておきましょう。 ・耐候性とは 読んで字のごとく、 気候変化に耐性があるということ。 直射日光に含まれる紫外線が、ドレンホースをボロボロにするとお話しましたね。 この 紫外線に対して強い作りになっているのが、耐候性と呼ばれる商品です。 他にも、温度変化や雨風にも強いと言った特徴があります。 ですが、ドレンホース自体にも大きな違いがあるので、そちらもご紹介。 ポイントはホースの 内側。 外側は白い素材なのに対して、内側には 黒い素材が使われています。 この 二重構造こそが耐候性の特徴なんです。 交換の時に見てみるのも、おもしろいかもしれませんね。 プロにエアコンクリーニングを頼む手もある ちなみに、ドレンホースは「 エアコンクリーニング」でも綺麗にしてもらうことができます。 自分でお掃除するのはちょっと…、という場合には、プロにお願いしましょう。 そこで 「ユアマイスター」では、エアコンクリーニングのプロに「」と聞いてみました! ドレンホースの劣化は自分で解決できない? ドレンホースの詰まりを解消したのに水漏れがする! そんなときは、 ドレンホースのたるみや劣化を疑いましょう。 ドレンホースがたるんだり、劣化したりしていると、そこに水が溜まって、水が流れなくなります。 そして、水が外に排出されないと、水が逆流してきて水漏れになってしまうのです。 劣化したドレンホースは、取り替えなければなりません。 自分で取り替えるのは難しいですよね… そのため、 エアコンの取り付け業者さんや、修理業者さんを呼びましょう! エアコン内部に潜む3つの原因も掃除で解決 外のホースからきちんと排水されているのに水漏れしてる! そんなとき、原因はエアコン(室内機)の内部にあると考えられます。 エアコン内部にある原因として考えられるのは、 3つ。 雨水の侵入 雨が降る時にばかり、水漏れが発生する場合、雨水が侵入していることが原因の可能性があります。 いわば雨漏りの一種ということですね。 雨水の侵入も、自分で解決するのは難しいです。 修理業者さんに連絡しましょう! まとめ 今回は、 エアコンが水漏れする7つの原因とそれぞれの解決方法を紹介しました。 水漏れする原因の圧倒的No. 1は「 ドレンホースの詰まり」。 お掃除で解決しましょう! 他にも、 フィンの結露や ドレンパンの汚れが水漏れの原因になっていた場合も、お掃除で解決できますよ。 ・自分でお掃除するのは、大変…。 ・お掃除する時間が作れない! そんな方には、 プロのエアコンクリーニングがおすすめです。 水漏れ以外にも、 カビや嫌なニオイもいっぺんに解決できますよ! これからエアコンが大活躍する季節です!突然の水漏れにも、焦らず対応できるようになりたいですね!.

次の