梅雨明け 予想 2020。 【九州北部の梅雨明け予想】2020年はいつ?平年との比較を気象予報士が解説

【2020年】関西(近畿)地方の梅雨入りと梅雨明けの時期を予想!

梅雨明け 予想 2020

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が、当初の2020年5月6日までから、5月末日までに延長されました。 外出自粛、在宅勤務など、私たちの生活に大きな影響を与えています。 さて、6月の声を聞くと予想されるのが梅雨入り。 2020年はどうなっていくでしょうか。 1.関東甲信の梅雨入り予想 まず、そもそもの梅雨入り予想について、あるサイトには「気象庁が発表した2020年の梅雨入り」とありますが、気象庁のホームページを見ても、2020年4月28日現在で梅雨入りの予想について日付は明記されていませんでした。 参考 ここでは平年の梅雨入りと昨年の梅雨入りについて記載されています。 それによると、関東甲信地方では、平年は 6月8日ごろ、昨年は 6月7日ごろとなっています。 「~ごろ」と日付を明記していないのは、梅雨入り(梅雨明けも同じ)は、例年5日間くらいの幅をもって示されるもので、その真ん中の日をとって梅雨入りの日としているからです。 2.気象予報会社の梅雨入り予想 一方で気象予報会社では独自に梅雨入り予想を発表しています。 ウェザーニュース社によると、2020年の関東甲信地方の梅雨入りは例年より遅くなり、 6月中旬とされています。 昨年の梅雨入りは6月7日ごろでしたが、それより1週間程度遅くなるとのことです。 引用元 6月には新型コロナウイルスによる緊急事態宣言はどのようになっているでしょうか。 はたして収束の方向に向かうのか。 3.私の愛用している晴雨兼用傘 以前にこのブログでも紹介しましたが、私は晴雨兼用傘を持っています。 楽天で購入 >>関連記事 また今年も活躍してくれるでしょう。 4.関東甲信地方の梅雨明け予想 梅雨入り予想に続いて、梅雨明け予想です。 先ほどの気象庁のホームページによると、関東甲信地方の梅雨明けは、平年で7月21日ごろ、昨年は7月24日ごろとなっています。 5.気象予報会社の梅雨明け予想 2020年の関東甲信地方の梅雨明けは平年並みかやや早く、昨年と比べると 一週間ほど早くなります。 引用元 6.梅雨はなぜ起こるのか、子ども向けに説明があった 梅雨がなぜ起こるかということについて、子ども向けに説明しているサイトがありました。 オホーツク海気団と、先ほどの小笠原気団のふたつ……の間には、東西に梅雨前線(ばいうぜんせん)という境目(さかいめ)ができて停滞(ていたい)します。 冷たい空気とあたたかい空気のおし合いがおこり、これが、日本の上に、たくさんの雨をふらす原因(げんいん)となっているのです。 とても分かりやすい説明です。 お子さんに聞かれたら、このサイトをみて、説明してあげてくださいね。

次の

2020年の梅雨入り、梅雨明けはいつ?関東、関西、沖縄など地域ごとに傾向を解説

梅雨明け 予想 2020

中国地方・広島の梅雨明け2020年の時期を予想しようと、気象庁の過去のデータを元に傾向を考えました。 気象庁には昭和26年(1951年)から現在までの過去データが蓄積され、それを私たちも見ることができるので活用できるのですね。 そこから出た 中国地方・広島の梅雨明け予想は7月の半ばごろになります。 そして 中国地方・広島の梅雨明けの平年時期や、観測が始まって過去最速の梅雨明け日。 もしくは、過去最も遅かった梅雨明け日などもわかりました。 中国地方・広島は 沖縄が梅雨明けしてから一ヶ月ほどでやってくることが多く、2020年もそこまで変わらないと思います。 では、具体的に中国地方・広島の梅雨明けはいつごろになるのか、その予想をご覧ください。 この区分では山口県は九州北部に含まれており、中国地方ではなくなっています。 このようになっていますので、注意してください。 中国地方・広島の梅雨明け時期は平年いつから? 気象庁のホームページには、昭和26年(1951年)から現在までの過去データが蓄積されています。 それは私たちも自由に見ることができます。 そのデータには、 中国地方・広島の梅雨明け時期は平年でいつからかも出してくれています。 それを2000年以降でまとめました。 data. jma. html この表をまとめると、 中国地方【2000年~2019年】 スポンサードリンク あとがき 2020年中国地方・広島の梅雨明けの時期の予想ですが、これまでの結果を表にしてまとめました。 中国地方の梅雨 日にち、期間 梅雨明け予想 7月15日~7月24日頃 平年 7月21日頃 過去最も早い日 1978年7月3日頃 過去最も遅い日 1998年8月3日頃 あくまで予想ですので、その年の気象状況によっても大きく変化します。 ただ、毎年のデータからの予想ですが参考にはなると思います。 また、「梅雨明けしたとみられる」と気象庁から発表があっても、普通に雨が降り続く場合もあったりします。 そのくらいこの時期の天気の見極めは難しいのでしょうね。 梅雨の時期はジメジメしてうっとおしい日が続きますが、晴れの日でも雨に注意してレインコートや折り畳み傘など備えはしてくださいね。

次の

梅雨明けはいつ?2020の予測は?梅雨を決める方法や目安を解説☆|mamagirl [ママガール]

梅雨明け 予想 2020

グラフ付きで見やすい2020年関東甲信の梅雨明け予想 2020年の関東甲信の梅雨明けの時期を予想します。 気象庁発表の過去データからグラフを作成し、最近の傾向などが一目で分かるようにまとめました。 2020年の関東甲信の梅雨明けは7月10日から7月25日ごろと予想 2020年の関東甲信の梅雨明けは梅雨明けは7月10日から7月25日ごろであると予想します。 平年と直近5年の梅雨明けのデータは下記の通りです。 平年:7月21日ごろ• 2015年:7月10日ごろ• 2016年:7月29日ごろ• 2017年:7月6日ごろ• 2018年:6月29日ごろ• 2019年:7月24日ごろ 引用元: 関東甲信の梅雨明けの平年は7月21日となっていますが、実際の梅雨明けの時期はバラバラな印象を受けます。 過去のデータをグラフで見ましょう。 近年は記録的に遅い梅雨明けが多い 2018年は観測史上初めて6月中に梅雨が明けました。 かと思えば2016年は平年よりも一週間以上遅い7月29日の梅雨明けでした。 1993年にグラフが途切れていますが、この年は梅雨明けを特定できない年でした。 年によっては梅雨明けが8月にずれこむこともあるようですが、2007年以降は梅雨明けが8月になったことはないのでその可能性は低いでしょう。 近年では梅雨明けが記録的に早い年が多いこと、梅雨明けが平年よりも遅い年は遅くても数日程度であること。 以上のデータから当サイトでは2020年の関東甲信の梅雨明けは梅雨明けは7月10日から7月25日ごろであると予想します。 関東甲信地方に属する都県• 東京都• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 茨城県• 千葉県• 神奈川県• 長野県• 山梨県 関東甲信地方には上記の9都県が含まれています。 引用元: 以上、2020年の関東甲信の梅雨明け予想でした。

次の