漢字 読み。 【漢字】 「訃報」=「けいほう」…?大人が読み間違えると恥ずかしい漢字4選 │ 毎日まとめるニュース速報

【漢字】 「訃報」=「けいほう」…?大人が読み間違えると恥ずかしい漢字4選 │ 毎日まとめるニュース速報

漢字 読み

詳細は「」を参照 現代における日本語の一般的な表記法はであり、漢字と平仮名(昔の法令などでは)を交えて表記する。 漢字は実質的な意味を表す語に使われ、平仮名は主に やに使われる。 などでは漢字が主としてにしか使われないのに対し、日本語ではにも使われ、を除いてほとんどの語に使うことができる。 (タバコ)や(カッパ)など以降にから入った語彙には、であるにもかかわらず漢字が使われるものがある。 日本の事物を表したり、大航海時代だけでなく・に欧米諸国から入った概念・用語を日本語に取り入れたりするため、中国大陸にはないやも多数生み出された(後述)。 日本語における文字の使用は、一般にから頃の漢字の本格的輸入とともに始まり、漢字を日本語の音を表記するために利用したが作られた、とされている。 一方、は控え目に見てもから5世紀には日中両国で漢字が日本に入っていたことは確かであると唱えており 、もののには大抵漢字で文章が表されており、が銘文の内容を理解できたとすれば、漢字受容の歴史が大きく変わってくるとしている。 また、『』や『』における日中の外交記述からも、遅くとも2、3世紀には支配者層における文字の使用を想定する方が自然であるとの意見もある。 やがて、漢字の草体を元に初期に平仮名が、漢字の一部を元に片仮名が作られたとされる。 なお、仮名に対して漢字を真名(まな)と呼ぶ。 読み [ ] 日本語においては、一つの漢字に多くの異なる発音があることが多い。 また、同じ発音を持つ漢字が多数あることも珍しくない。 読み方は「」と「」の2種類に大別される。 音読み [ ] は、起源の読み方である。 、、、がある。 は、5-6世紀頃に伝わった漢字音である。 通説では、中国の南部の呉地方から直接あるいは朝鮮半島を経由して日本に伝わったとされるが、これを実証できる証拠はない。 実際には、などに基づく漢音以前の伝統的な読み方が、時代・地域などを考慮せずに纏めて 呉音とされてきた経緯がある。 は、からにかけて盛んに送られた(主な渡航先は西北部の)や留学僧が、の首都ので学んだ読み方が輸入された。 更にからにかけて、の留学や関連書の伝来、民間貿易により「」と呼ばれる読み方が伝わった。 このうち最も体系的なのは漢音で 『』や『』と対応関係が見られる [ ]。 は間違って定着したと分かったものや体系に合わないものなどを以降こう呼んでいる。 音読みと中国語 [ ] 日本漢字音の特徴は、中国語で全て1であるものが2音節化されるものが少なくないことである。 また語末の [p][t][k]()は日本語では「フ・ツ・チ・ク・キ」となった。 また古代中国語には()・()の対立とともに・の対立があったが、日本語にはこの対立がないため字音に反映されていない。 またも基本的に保持されていない。 これらのことにより、が多くなっている。 訓読み [ ] 絵図。 日本人の氏名は、基本的に漢字で記されることが多い。 は、個々の漢字が表す意味を既に存在していた日本語と関連づけることであり、日本語の表記にも用いた。 この際の漢字の読み方が、現在の訓読みの起源となっている。 「」とは、中国においては難解な語をわかりやすい語で説明したり、古語を現代語で置き換えたり、方言を共通語で説明するものであるが、日本では中国語は外国語であるため日本語に翻訳することを意味する。 漢字は外国語(中国語)を表す文字であるため日本語の語彙と一対一対応するべくもなく、一つの漢字に多くの字訓が作られたが、やがて漢文をで素読する習慣と相まって、日本語の一語では説明できない微妙な意味合いは切り捨て、一つの漢字につけられる訓はできるだけ少数の訓読みに限定するように固定化していった。 このように日本では漢字に訓読みが定着し、漢字によって日本語を表記する技術を発展させていった。 例えばを「たこ」、を「つばき」、沖を「おき」と読むが、中国語では全く違った意味である。 このように日本だけで通じる訓読みを「国訓」という。 動植物、特に魚の名前(「鮭」=本来は「」でなく「」の意、「鮎」=本来は「」でなく「」の意など)には国訓が多い。 重箱読み・湯桶読み [ ] とが1語の中で混用されることがある。 音読み+訓読みの順であるものを(ジュウ+ばこ)、訓読み+音読みの順であるものを(ゆ+トウ)という。 同綴異義語 [ ] 日本語では漢字の読みが複数あるが、場合によっては、漢字のみからなるある特定の語に複数の読み方がある場合がある。 例えば「仮名」という語には、「仮の名前を意味する(カメイ)」という読みと、「ひらがなとカタカナを総称する文字の分類語である(カナ)」という読みとがある。 「」も参照 中期におけるの勃興以来、の改革について議論があり、などが議論されていた。 (大正12年)に選定されたを皮切りとして、にが「兵器名称用制限漢字表」を決定し、の名に使える漢字を1235字に制限した。 にはが、各省庁および一般社会で使用する漢字の標準を示した合計2528字の「標準漢字表」を答申している。 の占領下の(昭和21年)、占領方針として漢字の廃止が政府決定され、廃止までの当面使用する漢字である1850字のを定めたが告示された。 (昭和24年)に告示されたによって俗字、略字、筆写体を多く採用したが使われるようになった。 ただし、は俗字や略字の採用であり、体系的な字体の簡略化ではないとして、漢字の体系を破壊した、と批判されることがある。 例えば、「竜(龍)」と「襲(襲)」と「滝(瀧)」、「仮(假)」と「暇(暇)」、「独(獨)」と「触(觸)」と「濁(濁)」などは、本来は同じ構成要素を持つにもかかわらず、字体の変更により別の構成要素に見えてしまうものである。 また、1948年に当用漢字のうち義務教育で教える881字を選んだ当用漢字別表が告示された。 これはと呼ばれ、1958年、この881字について便宜上統一したがから刊行された。 1981年内閣の表 1945字 からは漢字表は漢字制限を目指すものではなく目安となった。 さらに2010年改定の常用漢字表には2136字が定めれている。 そのうち教育漢字は1026字となった。 この節のが望まれています。 日本で編纂された最古の漢字は初期、が編纂したという『』であるといわれる。 次にによって『』といったが編まれた。 には『』が作られている。 これらは漢字を字形によって分類した字書『』の影響を受けているという。 室町時代には『』(和玉篇)という漢和辞典が編まれ、・を通じて流行し、「倭玉篇」が漢和辞典を指す代名詞であったという。 一方、『』の影響を受け、漢字を意味別に分類したものには、平安時代中期、によって編纂された『』がある。 また、漢字の字音を研究・分類したとして、の『』がある。 日本における漢字やその出典となるの研究は、が盛んだった江戸時代から、さらに近現代にかけて拡大・深化した。 戦前・戦後を通して編纂された『』は、用例がほとんどない漢字を含めて5万字以上を収録する世界最大の漢字辞典である。 2018年3月には「」(初代会長・)が設立された。 筆順 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2012年1月) を並べていく順番をという。 筆順は、、などにより異なっており、また同じ書体であっても何通りかの流派があり、統一されたものではない。 国家水準で比較すると、日本と中国とでは、政府によって規範化された筆順が異なっているものも多く見られる。 (昭和33年)、『筆順指導の手びき』がから出されて以降、でこれを絶対的に正しいものとして教えている傾向がある。 『筆順指導の手びき』では、多くは伝統的に古典などで多用された筆順が採用されたものの、一部には古典に全く見られず、「つくられた」筆順も見受けられ、問題がないとは決して言えない。 また、日本語では現在の両者が行われているが、徐々に横書きが優勢になりつつある。 しかし、『筆順指導の手びき』における筆順は縦書きに適したものであり、横書きの際に不都合が生ずる、という主張も中にはある。 活字やフォントにおける漢字表記 [ ] この節のが望まれています。 中国の漢字はとして、その成立の時代において既にやなど・的要素を含んでおり()、その造型性が支えられていた。 漢字は後に、、、、などの書体を完成し日本にも伝わり、日本においてもそれぞれの書体を通じて美の追求と創造が試みられている。 しかし、やのみを文字と考える現代の文化について、は『文字逍遥』に「漢字の本質からいえば、あの活字として図形式されたものは、むしろ文字の符号であり、装飾体であって、文字そのものではないともいえるのである。 文字を図形的に整形しようとするにおける字形観は、明らかにそのような頽廃と堕落のうちから生まれたものである。 」と記している。 筆画の省略 自分自身や仲間内にだけ見せる手書きのメモで、画数が多い漢字を簡略化して書くことは多い。 このほかにも従前から、自動車のや交通標識、外国映画のなどには、筆画を省略した独自の字体が採用されてきた。 これらの場合は高い視認性という要請がある。 またや機などでは、機器の多画字表示能力の低さ、表示画面の狭隘などから、漢字の筆画を省略した新たな字体が採用され、多くの日本語使用者の目にするところとなっている。 それらの新字体については「将来の日本語、さらには日本文化・日本人の精神に悪影響を及ぼすのではないか」と懸念するコメントを出している [ ]。 関連項目 [ ]• - - -• () -• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• いわゆるを含む 出典 [ ]• 文学部講義、「中国音韻学の諸問題」、1948年。 森浩一『日本神話の考古学』、1999年。 「第一章 戦後の神武天皇」『「神武東征」の原像』青垣出版、2006年。 『新明解国語辞典』三省堂「真名」より• Gunarto, Hary 2004-02. 立命館言語文化研究 国際言語文化研究所 15 03 : 177-185. 2020年4月4日閲覧。. 安岡孝一 2011年2月24日. WORD-WISE WEB. ことばのコラム 人名用漢字の新字旧字 第82回. 2020年4月4日閲覧。 2018年3月30日. 2018年6月2日閲覧。 白川(文字逍遥) PP.. 353-354 参考文献 [ ]• 『漢字と日本人』 文春新書、文藝春秋• 『文字逍遥』(、新版2010年(初版1994年))• 『日本の漢字』岩波新書991、岩波書店 外部リンク [ ]• (三省堂) - 日本語における漢語の歴史について• 無料漢字練習プログラム。 部首の意味の習得は多くの言語で(英語、ドイツ語、フランス語など)できます。

次の

【漢検】漢字検定WEB問題集

漢字 読み

正しく読めていると自信満々に使っていたその言葉、実は全然違う読み方かもしれません。 今回はそんな間違えがちな漢字の読み方をご紹介していきます。 あなたは、「訃報」はなんと読むかわかりますか…? (1)「訃報」の読み方は「けいほう」? 「訃報」は誰かが亡くなったときに使われる言葉ですよね。 しかし、この漢字の読み方は、「けいほう」ではありませんよ…!この漢字の読み方の正解は「ふほう」です。 正しく使えている人も多い言葉ですが、意外と読めない人も多いんです。 人前で読み間違えてしまうと、反感を買ってしまう可能性もあるので十分に注意してくださいね! (2)「愛猫」の読み方は「あいねこ」? これも簡単そうで読めていない人が多い漢字です。 「愛猫」は「あいねこ」と読んでいる人はいませんか?この漢字の読み方は、正しくは「あいびょう」です。 なんでこんなに難しい読み方をするの!と思う方もいるかもしれませんが、「愛犬」は「あいけん」であって「あいいぬ」ではありませんよね。 そう考えると納得できます…! (3)「他人事」の読み方は「たにんごと」? 「他人事」はなんと読んでいましたか?「たにんごと」と読んでしまっている人は間違えています…!この漢字の読み方は「ひとごと」です。 「他人」とあるのになぜ「ひと」と読むのか不思議ですよね。 なぜこういう漢字になったのかというと、「ひとごと」を「人事」と書いてしまうと、「じんじ」と読んでしまうことから「他人事」という書き方をするようになったんだとか! (4)「貼付」の読み方は「はりつけ」? 「貼付」の読み方はなんでしょうか?「はりつけ」と読みたくなりますが、違います。 この漢字の読み方は「ちょうふ」です。 しかし、ひらがなが入っていると「貼り付け」となるので、「はりつけ」と読みたくなりますよね。 ひらがながないときには「ちょうふ」という読み方になるので注意してくださいね…! 読めないと恥ずかしい思いをしてしまうかも…! 簡単そうに見える漢字でも、意外と読めていなかった…。 使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。 著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。 また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。 当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。 また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。 直ちに対処致します。

次の

読みかたがわからない漢字はどうやって入力するの?

漢字 読み

詳細は「」を参照 現代における日本語の一般的な表記法はであり、漢字と平仮名(昔の法令などでは)を交えて表記する。 漢字は実質的な意味を表す語に使われ、平仮名は主に やに使われる。 などでは漢字が主としてにしか使われないのに対し、日本語ではにも使われ、を除いてほとんどの語に使うことができる。 (タバコ)や(カッパ)など以降にから入った語彙には、であるにもかかわらず漢字が使われるものがある。 日本の事物を表したり、大航海時代だけでなく・に欧米諸国から入った概念・用語を日本語に取り入れたりするため、中国大陸にはないやも多数生み出された(後述)。 日本語における文字の使用は、一般にから頃の漢字の本格的輸入とともに始まり、漢字を日本語の音を表記するために利用したが作られた、とされている。 一方、は控え目に見てもから5世紀には日中両国で漢字が日本に入っていたことは確かであると唱えており 、もののには大抵漢字で文章が表されており、が銘文の内容を理解できたとすれば、漢字受容の歴史が大きく変わってくるとしている。 また、『』や『』における日中の外交記述からも、遅くとも2、3世紀には支配者層における文字の使用を想定する方が自然であるとの意見もある。 やがて、漢字の草体を元に初期に平仮名が、漢字の一部を元に片仮名が作られたとされる。 なお、仮名に対して漢字を真名(まな)と呼ぶ。 読み [ ] 日本語においては、一つの漢字に多くの異なる発音があることが多い。 また、同じ発音を持つ漢字が多数あることも珍しくない。 読み方は「」と「」の2種類に大別される。 音読み [ ] は、起源の読み方である。 、、、がある。 は、5-6世紀頃に伝わった漢字音である。 通説では、中国の南部の呉地方から直接あるいは朝鮮半島を経由して日本に伝わったとされるが、これを実証できる証拠はない。 実際には、などに基づく漢音以前の伝統的な読み方が、時代・地域などを考慮せずに纏めて 呉音とされてきた経緯がある。 は、からにかけて盛んに送られた(主な渡航先は西北部の)や留学僧が、の首都ので学んだ読み方が輸入された。 更にからにかけて、の留学や関連書の伝来、民間貿易により「」と呼ばれる読み方が伝わった。 このうち最も体系的なのは漢音で 『』や『』と対応関係が見られる [ ]。 は間違って定着したと分かったものや体系に合わないものなどを以降こう呼んでいる。 音読みと中国語 [ ] 日本漢字音の特徴は、中国語で全て1であるものが2音節化されるものが少なくないことである。 また語末の [p][t][k]()は日本語では「フ・ツ・チ・ク・キ」となった。 また古代中国語には()・()の対立とともに・の対立があったが、日本語にはこの対立がないため字音に反映されていない。 またも基本的に保持されていない。 これらのことにより、が多くなっている。 訓読み [ ] 絵図。 日本人の氏名は、基本的に漢字で記されることが多い。 は、個々の漢字が表す意味を既に存在していた日本語と関連づけることであり、日本語の表記にも用いた。 この際の漢字の読み方が、現在の訓読みの起源となっている。 「」とは、中国においては難解な語をわかりやすい語で説明したり、古語を現代語で置き換えたり、方言を共通語で説明するものであるが、日本では中国語は外国語であるため日本語に翻訳することを意味する。 漢字は外国語(中国語)を表す文字であるため日本語の語彙と一対一対応するべくもなく、一つの漢字に多くの字訓が作られたが、やがて漢文をで素読する習慣と相まって、日本語の一語では説明できない微妙な意味合いは切り捨て、一つの漢字につけられる訓はできるだけ少数の訓読みに限定するように固定化していった。 このように日本では漢字に訓読みが定着し、漢字によって日本語を表記する技術を発展させていった。 例えばを「たこ」、を「つばき」、沖を「おき」と読むが、中国語では全く違った意味である。 このように日本だけで通じる訓読みを「国訓」という。 動植物、特に魚の名前(「鮭」=本来は「」でなく「」の意、「鮎」=本来は「」でなく「」の意など)には国訓が多い。 重箱読み・湯桶読み [ ] とが1語の中で混用されることがある。 音読み+訓読みの順であるものを(ジュウ+ばこ)、訓読み+音読みの順であるものを(ゆ+トウ)という。 同綴異義語 [ ] 日本語では漢字の読みが複数あるが、場合によっては、漢字のみからなるある特定の語に複数の読み方がある場合がある。 例えば「仮名」という語には、「仮の名前を意味する(カメイ)」という読みと、「ひらがなとカタカナを総称する文字の分類語である(カナ)」という読みとがある。 「」も参照 中期におけるの勃興以来、の改革について議論があり、などが議論されていた。 (大正12年)に選定されたを皮切りとして、にが「兵器名称用制限漢字表」を決定し、の名に使える漢字を1235字に制限した。 にはが、各省庁および一般社会で使用する漢字の標準を示した合計2528字の「標準漢字表」を答申している。 の占領下の(昭和21年)、占領方針として漢字の廃止が政府決定され、廃止までの当面使用する漢字である1850字のを定めたが告示された。 (昭和24年)に告示されたによって俗字、略字、筆写体を多く採用したが使われるようになった。 ただし、は俗字や略字の採用であり、体系的な字体の簡略化ではないとして、漢字の体系を破壊した、と批判されることがある。 例えば、「竜(龍)」と「襲(襲)」と「滝(瀧)」、「仮(假)」と「暇(暇)」、「独(獨)」と「触(觸)」と「濁(濁)」などは、本来は同じ構成要素を持つにもかかわらず、字体の変更により別の構成要素に見えてしまうものである。 また、1948年に当用漢字のうち義務教育で教える881字を選んだ当用漢字別表が告示された。 これはと呼ばれ、1958年、この881字について便宜上統一したがから刊行された。 1981年内閣の表 1945字 からは漢字表は漢字制限を目指すものではなく目安となった。 さらに2010年改定の常用漢字表には2136字が定めれている。 そのうち教育漢字は1026字となった。 この節のが望まれています。 日本で編纂された最古の漢字は初期、が編纂したという『』であるといわれる。 次にによって『』といったが編まれた。 には『』が作られている。 これらは漢字を字形によって分類した字書『』の影響を受けているという。 室町時代には『』(和玉篇)という漢和辞典が編まれ、・を通じて流行し、「倭玉篇」が漢和辞典を指す代名詞であったという。 一方、『』の影響を受け、漢字を意味別に分類したものには、平安時代中期、によって編纂された『』がある。 また、漢字の字音を研究・分類したとして、の『』がある。 日本における漢字やその出典となるの研究は、が盛んだった江戸時代から、さらに近現代にかけて拡大・深化した。 戦前・戦後を通して編纂された『』は、用例がほとんどない漢字を含めて5万字以上を収録する世界最大の漢字辞典である。 2018年3月には「」(初代会長・)が設立された。 筆順 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2012年1月) を並べていく順番をという。 筆順は、、などにより異なっており、また同じ書体であっても何通りかの流派があり、統一されたものではない。 国家水準で比較すると、日本と中国とでは、政府によって規範化された筆順が異なっているものも多く見られる。 (昭和33年)、『筆順指導の手びき』がから出されて以降、でこれを絶対的に正しいものとして教えている傾向がある。 『筆順指導の手びき』では、多くは伝統的に古典などで多用された筆順が採用されたものの、一部には古典に全く見られず、「つくられた」筆順も見受けられ、問題がないとは決して言えない。 また、日本語では現在の両者が行われているが、徐々に横書きが優勢になりつつある。 しかし、『筆順指導の手びき』における筆順は縦書きに適したものであり、横書きの際に不都合が生ずる、という主張も中にはある。 活字やフォントにおける漢字表記 [ ] この節のが望まれています。 中国の漢字はとして、その成立の時代において既にやなど・的要素を含んでおり()、その造型性が支えられていた。 漢字は後に、、、、などの書体を完成し日本にも伝わり、日本においてもそれぞれの書体を通じて美の追求と創造が試みられている。 しかし、やのみを文字と考える現代の文化について、は『文字逍遥』に「漢字の本質からいえば、あの活字として図形式されたものは、むしろ文字の符号であり、装飾体であって、文字そのものではないともいえるのである。 文字を図形的に整形しようとするにおける字形観は、明らかにそのような頽廃と堕落のうちから生まれたものである。 」と記している。 筆画の省略 自分自身や仲間内にだけ見せる手書きのメモで、画数が多い漢字を簡略化して書くことは多い。 このほかにも従前から、自動車のや交通標識、外国映画のなどには、筆画を省略した独自の字体が採用されてきた。 これらの場合は高い視認性という要請がある。 またや機などでは、機器の多画字表示能力の低さ、表示画面の狭隘などから、漢字の筆画を省略した新たな字体が採用され、多くの日本語使用者の目にするところとなっている。 それらの新字体については「将来の日本語、さらには日本文化・日本人の精神に悪影響を及ぼすのではないか」と懸念するコメントを出している [ ]。 関連項目 [ ]• - - -• () -• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• いわゆるを含む 出典 [ ]• 文学部講義、「中国音韻学の諸問題」、1948年。 森浩一『日本神話の考古学』、1999年。 「第一章 戦後の神武天皇」『「神武東征」の原像』青垣出版、2006年。 『新明解国語辞典』三省堂「真名」より• Gunarto, Hary 2004-02. 立命館言語文化研究 国際言語文化研究所 15 03 : 177-185. 2020年4月4日閲覧。. 安岡孝一 2011年2月24日. WORD-WISE WEB. ことばのコラム 人名用漢字の新字旧字 第82回. 2020年4月4日閲覧。 2018年3月30日. 2018年6月2日閲覧。 白川(文字逍遥) PP.. 353-354 参考文献 [ ]• 『漢字と日本人』 文春新書、文藝春秋• 『文字逍遥』(、新版2010年(初版1994年))• 『日本の漢字』岩波新書991、岩波書店 外部リンク [ ]• (三省堂) - 日本語における漢語の歴史について• 無料漢字練習プログラム。 部首の意味の習得は多くの言語で(英語、ドイツ語、フランス語など)できます。

次の