Zoom ウェビナー 料金。 ZOOMのウェビナーとは?基本機能との違いと7つのメリット

ウェビナーへ参加するには?Zoomを使ったセミナー配信の方法

Zoom ウェビナー 料金

ウェビナー(Webinar)とは、「ウェブ(Web)」と「セミナー(Seminar)」を組み合わせた造語で、オンライン上でセミナー配信を行うシステムのことです。 商品・サービスの説明会や企業の研修・面接など様々な活用方法があり、近年急速に導入が進んでいます。 しかし、ウェビナーを浸透させるには、主催者だけでなく参加者がその仕組みや使い方を理解する必要があるでしょう。 ここでは、人気のウェビナーツール「Zoom」を例にして、参加の手順やメリットなどを解説していきます。 ウェビナーの導入を検討中の方、またウェビナーに参加してみたいとお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。 ウェビナーの特徴と参加方法 ウェビナーはインターネットを利用したセミナー配信となるため、利用環境や参加方法などが従来のセミナーとは異なります。 まずは、Zoomウェビナーの概要と参加の流れについて詳しく見ていきましょう。 Zoomウェビナーの概要 Zoomウェビナーでは、主催者(ホスト)と参加者(パネリスト・出席者)に分かれてセミナーが進みます。 パネリスト・出席者の切り替えを管理できるのは、ホスト権限を持つユーザーのみ。 この他、ホストは参加者の音声をミュートしたり、参加者からの共有を停止したりすることも可能です。 またパネリストになった場合はビデオや画像の共有を行えるようになりますが、通常の出席者は基本的にウェビナーの視聴のみの参加となります。 ウェビナーの途中で質疑応答タイムがある場合は、一時的にホストの許可を得て発言やチャットができることもあります。 ウェビナー参加に必要な環境 Zoomウェビナーの参加に必要なものは、インターネット接続のできるデバイスのみ。 新たに専用の機器を購入する必要はなく、既存のパソコンやスマホを使って参加することが可能です。 外出先からウェビナーに参加する場合はイヤホン・ヘッドホンなどを持っていると良いでしょう。 また参加者も発言する機会があるタイプのウェビナーなら、マイクやウェブカメラも必要となるケースがあります。 (パソコンの場合) ウェビナー参加の流れ Zoomウェビナーに参加する手順は以下の通りです。 Zoomのアプリケーションをインストール• アカウント作成(任意・無料)• ホストから届いた招待URLのリンクを開く アプリのインストールは先に済ませておくとスムーズですが、招待が届いてから操作することも可能です。 アカウント作成も任意なので、1回だけの利用であれば特に作成しなくても問題ありません。 ただし、自分が発言する可能性のある場合は、事前にインストールしておくのがおすすめ。 マイクやウェブカメラがうまく機能せず、思うように発言できなかったというトラブルを避けるためです。 Zoomのアプリでは設定画面から音声や映像のテストができるので、参加の前にチェックするようにしましょう。 オンラインのセミナーに参加するメリット 従来のセミナーと言えば、開催会場へ足を運んで対面で話を聞くというスタイルが定番でした。 この会場開催型のセミナーに参加する場合と比較して、オンライン型のセミナーにはどのようなメリットがあるのでしょうか。 続いて、ウェビナーに参加するメリットについて詳しく見ていきましょう。 どこからでも参加できる ウェビナーの大きな特徴は、インターネット環境さえあればどこからでも参加できる点です。 従来のセミナーは開催地となる会場まで出向く必要があり、近隣でないと参加が難しいというデメリットがありました。 例え興味のある内容だとしても、開催地が遠方の場合は参加をためらってしまいますよね。 一方ウェビナーなら自宅やカフェなど好きなところから参加することが可能です。 Zoomウェビナーはスマホからの利用ができるため、新たに専用の機器や設備を用意する必要もありません。 録画機能によって繰り返しチェックできる Zoomウェビナーには、配信された動画を録画しておく機能が搭載されています。 従来のセミナーは1回の参加で話を理解する必要がありましたが、ウェビナーなら同じセミナー動画を繰り返し閲覧することができます。 ネット環境のトラブルには注意 このようにメリットの多いウェビナーですが、インターネットの利用環境によって通信状態が左右されやすいという点には注意が必要です。 特にウェビナーは動画を利用するため、電波状況の悪い場所で利用すると思うように視聴できない可能性も。 ウェビナーに参加する際は、ネット環境が整った場所を選ぶと良いでしょう。 ウェビナーの活用事例 様々な機能が搭載されたウェビナーのシステムは、ビジネスシーンにおいて幅広い活用が可能です。 最後に、Zoomウェビナーのおすすめの活用方法を紹介していきます。 集客などマーケティングのために ウェビナーは新商品の発表会やサービスの説明会などに適しています。 リアルタイム配信(ライブ配信)を行うと、実際にその場で説明を受けているような臨場感を出すことが可能です。 また疑問や不安をその場で質問して解決することができるため、チラシやパンフレットなどよりも高い成約率が期待できるでしょう。 社内研修や採用説明会に 録画機能を活用して、繰り返し利用できる研修動画を配信するのも1つの方法です。 ZoomウェビナーはFacebookやYouTubeと連携してオンデマンド配信を行うことができます。 配信側は何度も同じセミナーを開催する必要がなくなりますし、参加者は繰り返し動画を確認することで効率的に学習できるというメリットがあります。 外部向けはもちろん、社内の業務効率化にもウェビナーは有効なツールと言えるでしょう。 企業のミーティングツールとして Zoomウェビナーはミーティングツールとしても非常におすすめです。 リアルタイム配信なら双方向のコミュニケーションが可能なので、本支店間の意見交換や会議に活用できます。 配信用の動画を事前に録画し、当日は質疑応答のみを行う「疑似ライブ配信」も便利です。 まとめ• Zoomウェビナーは既存のデバイスから参加できる• 招待用のリンクをクリックするだけなのでITリテラシーに不安のある方でも簡単• 外部へのマーケティングや社内の研修・会議など様々な活用方法がある ウェビナーは誰でも簡単に参加できる便利なITツールです。 今後ますます導入が広まっていくことが予想されるので、今から使い方を覚えて慣れておくことをおすすめします。

次の

Zoomビデオウェビナー使い方まとめ

Zoom ウェビナー 料金

ZoomウェビナーとZoomミーティングの違いについて解説!それぞれのメリットや特徴、ZoomウェビナーやZoomミーティングの実際の使用例など Zoomとは? Zoomとは、スマホやパソコンで使用することができるWeb会議ツールです。 複数人とビデオ通話をすることができ、社外にいる相手とのコミュニケーションが可能なビジネスツールとして人気を集めています。 Zoomの利用手段はビジネスだけに限らず、個人で使用するビデオ通話アプリとしても注目されています。 Zoomにはバーチャル背景など、他のビデオ通話アプリにはないユニークな機能も備わっているため、こうした部分も注目される要因になっているようです。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた自粛規制により「Zoom」による会議や飲み会、ウェブセミナーなどを行う人も増えているようです。 ZoomウェビナーとZoomミーティングとは? 急速に普及しだしたZoomですが、Zoomには「Zoomウェビナー」と「Zoomミーティング」の2種類が存在しています。 Zoomウェビナーについて 「Zoomウェビナー」は、Zoomの有料プランを購入することで使用することができる大規模セミナーに特化したタイプのZoomです。 Zoomウェビナーを利用することで、最大で10,000人が会議に参加する事が可能になります。 利用方法としては、個人間の対話に使われるよりも、主催者 ホスト の講和などを聞くタイプの会議に使用されます。 Zoomミーティングについて 「Zoomミーティング」は、参加者一人ひとりとの対話を重視したタイプの会議に使用されるZoomです。 会議の時間や使用できる機能などによって無料プランと有料プランが存在します。 プランの種類は「無料、プロ、ビジネス、企業」の4種類となっています。 無料プランであっても100人までホスト参加する事ができるようになっています。 ユーザー管理などの細かい機能を使用する場合にはプロ以上を選択する必要があります。 プランそれぞれの特徴や機能面を把握した上であなたにあったプランを選択するようにしましょう。 ZoomウェビナーとZoomミーティングのそれぞれの特徴について Zoomウェビナーの特徴 最大で10,000人のユーザーが参加可能 Zoomウェビナーは、大規模なセミナーなどに向いているサービスです。 通常は100名まで参加することができますが、アップグレードを実施する事により最大で10,000人までのユーザーが参加することができるようになります。 大人数での会議やセミナー、講演などに使用されることが多いので、ビジネス向けの機能になります。 参加者は「パネリスト」と視聴者に分類される Zoomウェビナーでは、参加者が「パネリスト」と「視聴者」の2つに分類されます。 主催者 ホスト は、参加者をパネリスト、視聴者にそれぞれ指名する事ができるようになっています。 視聴者に指名された参加者は、基本的には視聴専門となり、カメラやマイクの機能を使う事はできません。 時間制限がないので長時間の会議やセミナーが開催できる 通常のミーティングには、40分の時間制限が設けられていますが、Zoomウェビナーを使用した場合には、時間制限がないので、長時間の会議やセミナーなどを開催することができるようになっています。 投票機能を使用することができる Zoomウェビナーでは、「投票機能」というものを使用することができます。 投票機能を利用することによって会議中に視聴者からの質問を受け付けたりすることができます。 注意点として、この機能は、ストリーミング配信(YoutubeやTwitter)では表示されないので覚えておきましょう。 Facebook・Youtube・Twitterのライブ機能と連携できる Facebook・Youtube・Twitterのライブ機能と連携させる事ができます。 この機能を使用することにより、Facebookを経由してユーザーが参加するといった形式を取ることができるようになります。 Zoomミーティングの特徴 最大で1,000人の同時参加が可能 Zoomミーティングでは、通常は100人までの同時入室が可能となっています。 しかし、アップグレードを実施することで、最大で1,000人の同時参加が可能になります。 3人以上のミーティングには時間制限が設けられる Zoomミーティングで、無料アカウントを使用している場合、1対1の個人での対話の場合には、時間無制限で実施することができますが、3人以上のミーティング(会議)は40分までという時間制限があります。 しかし、有料アカウントにアップグレードを実施する事で時間無制限で会議を行うことができるようになります。 ブレイクアウトルーム機能が使用可能 Zoomミーティングでは、「ブレイクアウトルーム」という機能を使用することができるようになっています。 これは、複数のグループに分けてミーティングやグループワークを行うことができる機能となります。 ブレイクアウトルーム機能により、最大で50の別々のセッションに参加者を分割することができるので、社内でのミーティングなどに最適な機能になっています。 有料アカウントはストリーミング配信を行うことができる Zoomミーティングでは、無料アカウントではストリーミング配信を行うことはできませんが、有料アカウントを使用することでストリーミング配信を行うことができるようになります。 また、Facebookなどと連携することもできるようになるので、有料アカウントを使用することで活用の幅が広がります。 ZoomウェビナーとZoomミーティングの違いについて 利用できる機能の違い Zoomウェビナーでは主催者とパネリストが画面を共有 Zoomウェビナーでは、主催者 ホスト とパネリストのみが、ビデオ・オーディオ・画面共有機能を使用する事ができるようになっているため、視聴者はビデオ・オーディオ・画面共有機能を使用することはできません。 Zoomミーティングでは全ての参加者が画面を共有 Zoomミーティングでは、参加者全員がビデオ・オーディオ・画面共有機能を使用することができるので、参加者全員が互いに顔を合わせて会議やミーティングを行うことができます。 画面に表示される人物の違い Zoomウェビナーでは主催者、パネリストが画面に表示される Zoomウェビナーの場合は、基本的に主催者 ホスト が画面に表示されています。 参加者を画面に表示させるには、主催者が参加者を「パネリスト」に指名する必要があります。 Zoomミーティングでは参加者全員が画面に表示される Zoomミーティングの場合は、基本的に参加者全員が画面に表示されます。 参加者が2人である場合には、それぞれが同じ大きさで表示されますが、人数が増えた場合には、表示切替機能を使って、メインの人物とその他といった形で表示させることができます。 この場合、メインの人物以外の参加者たちは小さく表示されることになります。 利用できるライブ配信機能の違い Zoomウェビナー Workplace by Facebook Zoomミーティング Facebook YouTube Workplace by Facebook Custom Streaming Service Zoomの各種プランの違い Zoomウェビナーは有料プランを購入する必要がある Zoomウェビナーを使用するには、ミーティングの「有料プランに追加する」という形で購入する必要があります。 「利用可能なアドオン」の所でシステムの追加を行うことができます。 Zoomミーティングには無料プラン・有料プランがある Zoomミーティングには、無料プランと有料プランが存在しています。 3人以上の会議を行う場合には無料プランだと40分の時間制限が設けられることになります。 ただし、1対1での対話である場合には、無料プランでも無制限で活用することができます。 無料プランでもファイル共有等の機能を使うことはできますが、スマホでの録画機能などを使用する場合には有料プランを購入する必要があります。 Zoomの各種プランの詳細 基本プラン 料金 無料 通話可能人数 最大100人 特徴 グループ通話は40分までの時間制限有り プロプラン 料金 2,000円 通話可能人数 最大100人 備考 ユーザー管理機能を使用することができる ビジネスプラン 料金 2,700円 通話可能人数 最大300人 備考 ダッシュボードがあるため利用状態の確認が可能 企業プラン 料金 2,700円 通話可能人数 最大500人 備考 導入する場合にはその都度相談が必要 ビデオウェビナープラン 料金 5,400円〜 通話可能人数 最大1万人 備考 導入する場合には別途で申し込みが必要 ZoomウェビナーとZoomミーティングのそれぞれのメリットについて Zoomウェビナーを使うメリット 制限時間がない Zoomウェビナーは、無料プランとは異なり時間制限がないことが大きな特徴になっています。 長時間の会議やセミナーなどを実施する場合には大きなメリットがあるでしょう。 大人数での参加が可能 通常は100人までの参加が可能となっていますが、アップグレードをすることにより、最大で10,000人のユーザーが参加することができるようになります。 そのため、大人数での企画を考えている方には大きなメリットがあるでしょう。 主催者は登録フォームを使ってある程度の人選を行うことができる Zoomウェビナーでは、登録フォームを使うことによって、参加者を自動で承認したり、主催者の承認制にしたりすることができます。 そのため、ある程度参加者の人選が可能になります。 また、フォームに登録した人に対して送る自動のリマインドメール機能も使用することができるので、主催者(ホスト)にとっては大きなメリットがあると言えます。 質問などに対して投票機能を使用することができる Zoomウェビナーでは質問などに対して投票機能を使用することができます。 投票機能を利用することで、セミナー中に参加者からの質問を受け付ける事ができるので、しっかりとコミュニケーションを取ることができます。 視聴者のプライバシーが確保される Zoomウェビナーで画面上に表示されることになるのは基本的には主催者とパネリストのみになります。 ホストとパネリストは参加者を確認する事ができますが、参加者同士は基本的にお互いを確認することはできません。 自分の顔を不特定多数の人に知られることがないので、プライバシーの面からも気軽に参加することができるというメリットがあります。 Zoomミーティングを使うメリット 無料アカウントでも十分に楽しめる Zoomミーティングは、無料で簡単に始めることができるというのが大きなメリットになっています。 無料アカウントの場合には、複数人の参加者がいる場合、40分の時間制限が設けられていますが、個人利用という観点から見れば、機能面も含めて十分楽しめる内容になっています。 Zoomのアカウントがなくても参加できる 参加者については、Zoomのアカウントがなくても参加することができるというメリットがあります。 アプリさえインストールしていれば気軽に参加することができるのでとても始めやすいものになっています。 動画を保存して配信を行うことができる 動画を保存して配信を行うことができるので、会議の内容を他の参加者に共有したりすることができます。 ブレイクアウトルームを使って細かくグループ分けを行うことができる ブレイクアウトルームを使用することができるので、会議などにおいて細かくグループ分けを行うことができます。 参加者全員が画面共有機能を使用することができる 参加者全員が画面共有機能を使用することができます。 会議やミーティングで利用する場合において、参加者との間で画面を共有することで、デスクトップ上の操作案内や参考資料の共有などをスムーズに行うことができます。 ZoomウェビナーとZoomミーティングの実際の活用例について Zoomウェビナーを活用した様々なケース 行政が主催するイベント等の中継 Zoomウェビナーは、行政イベント等の中継に用いられたりしています。 Zoomウェビナーで中継することにより、遠く離れた地域で開催されている行政イベントなどにおいても、自宅から気軽に参加する事ができるようになります。 会社説明会 会社説明会などもZoomウェビナーを使って開催する会社が出てきているようです。 やはり自宅から参加することができるというのは大きなメリットになります。 企業主催の講演会やセミナー、個人で開催する講座など Zoomウェビナーは、講演会・セミナーといったイベントに利用されることも多くあります。 企業が開催するセミナーに加えて、個人で開催する講座などにおいてもZoomウェビナーが使用されているケースがあります。 Zoomウェビナーを使ったセミナーや講座では、参加者が自宅から気軽に参加する事が出来るというメリットがあるので、自宅に居ながら知識の習得をはかることができます。 Zoomミーティングを活用した様々なケース 会議・ミーティング Zoomミーティングの一般的な活用例としては会議・ミーティングなどが主なものになります。 やはり、離れていても会議・ミーティングを行えるというのはとても魅力的なポイントになります。 オンライン飲み会 Zoomミーティングは、インターネット上での飲み会、いわゆるオンライン飲み会にも活用されることがあります。 普段は会うことができない友人や家族であってもZoomのビデオ通話を使用することで顔を見ながら晩酌を楽しむことができます。 社内研修 社内研修などでも、Zoomミーティングが活用されることがあります。 Zoomミーティングを使うことで、社内研修の様子をクラウド上に保存することができるので、保存したビデオや音声のデータを研修に参加していないユーザーに対してURLで共有したりといったことが可能になります。

次の

Zoomウェビナーとは?使い方、価格、機能などを解説

Zoom ウェビナー 料金

クラウドインテグレーション本部シニアコンサルタントの岡田亜希子です。 リモートワークへの取り組みが加速する昨今、web会議やウェビナー配信のツール選びに苦戦しているITご担当者様も多いのではないでしょうか? この記事は次のようなことを比較して理解していただけるように書いています。 自分の会社にとって、ZOOMが良いかTeamsが良いか分からない• 使い勝手は?• 料金は?• セキュリティは大丈夫? みなさんの快適でセキュアなリモートワークのスタートに寄与できれば幸いです。 Teams VS ZOOM いきなり結論! 結論を先にお話ししますと、私個人の考えて「どっちが良いよ!」ということは無理だと思いました。 そのため、ここはひとつ冷静にですね、それぞれの機能や良いところを比較していきたいと思います。 TeamsとZOOM機能を徹底比較 まずはTeamsとZOOMで出来ること、出来ないことを比較していきましょう。 実際に毎日のようにどちらも使用していて感じる機能差としては、主に4つですね• Teamsは相手のパソコンを操作可能• ZOOMは挙手が可能• ZOOMはウェビナー機能が充実• Teamsの背景ぼかし機能が神 それぞれどのような機能なのか解説していきますね。 Teamsは相手のパソコンを操作可能 これは、社内でありがちなリモートワークのお悩みを解決してくれます。 通話相手のパソコンの操作の許可をもらって、直接操作が可能になる機能です。 使い方が分からない方への説明や、新しいアプリのインストールをしたいときにとても重宝します。 対面で仕事をしているときは「ちょっと教えてよ~」と言われたときに、ササっとヘルプできるかと思うのですが、リモートになると画面を見ながら説明するのもなかなか大変。 「右上の〇〇をクリックしてください。 」 「え、どこどこ?」 「あー、その隣です!1cm上!それそれ!」 代わりに操作することさえできれば、このような会話にならず、あっと言う間に解決できてしまいます。 ZOOMは挙手が可能 いわゆる授業中やセミナー中に、「質問がある方はいますかー?」と問いかけたときに挙手ができる機能です。 会議よりもセミナー形式で多く使われている機能ではないかと思います。 ZOOMはウェビナー機能が充実 ZOOMではウェビナーの出席者管理やアンケートを設定する機能があります。 Teamsでもライブイベント機能でウェビナーは可能ですが、こういった細かい管理が可能なのはZOOMの方ですね。 Teamsでウェビナーを開催する際にアンケートが必要になった場合には、Fromsなど他のOffice365の機能で実現可能かと思います。 Teamsのライブイベント機能については、Office365 E3以上のライセンスがあれば、使用可能になります。 Teamsの背景ぼかし機能が神 web会議の場合、カメラをONにした方が相手の表情が分かり、リモート会議の手ごたえが良いと感じています。 しかしながら、「自宅の様子が見えてしまう」という理由で、カメラをONにしてくれない人が多いのも事実です。 そんなときは、背景をぼかす機能を使えばOK! これは弊社の実際の会議風景。 会議に入るときでも、会議中でも、簡単な操作で自分の背景をボカすことが可能です。 TeamsもZOOMも似た機能としてバーチャル背景を使うことができます。 事前に背景画像を設定しておくことで利用可能になります。 これは自宅にいるときに海のバーチャル背景を設定した画像です。 それぞれ背景に設定する画像が違って個性が出て面白いですが、リモートワークの用途で考えると、不自然な背景よりもボカす程度の方が好まれるようです。 料金は?無料でどこまで使えるの? 料金が気になる方は多いと思います。 ここではTeamsとZOOMの無料版と有料プランの中で一番安いプランを比較します。 どのような違いがあるのでしょうか。 (2020年4月9日現在の料金・機能です) ZOOM 無料 ZOOM プロ (月額2000円) Teams 無料 Teams Office 365 E1 (月額870円) 会議参加人数 100人 100人 ー 250人 会議時間 40分 24時間 ー 無制限 ストレージ なし なし 1ユーザ2GB 1ユーザ1TB Teamsの無料プランは、ビデオ通話・会議ができないため、注意が必要です。 それぞれのプランの違いの詳細は以下のリンクをご参考にしてください。 Office365をご利用中の方は、既にTeamsが利用できる可能性があります。 Teamsのプラン ZOOMのプラン ただし、Teamsは2020年5月現在、6か月間は有料プランを無料で使えます。 マイクロソフトがCOVID-19の発生の影響によるリモートワーク拡大に対応できるように、Office365E1を特別に無料にしているからです。 これを使えば、Teamsのフル機能が無料で6か月間利用可能です。 もちろん、ビデオ通話・会議もOKです。 いつまでこのE1ライセンスが発行されるかは未定のようです。 Teamsの使い勝手が気になっている人にはチャンスですよね。 もちろん、Microsoft GoldPartnerの弊社でも、この無料のライセンスをスピード発行しております。 (自動で有料に更新することはありませんのでご安心ください。 ) 詳しくはこちらをご覧ください。 セキュリティはどうなの? ZOOMの脆弱性が発表され、話題になりましたがあっという間に修正されました。 そのため「ZOOMは安全じゃない!」という声が聞かれましたが、個人的にはこの判断は早すぎると考えております。 ZOOMやTeamsなど、アプリケーションの脆弱性は、日々発見されています。 そのため、「どちらが安全」と言い切ることはできません。 脆弱性情報を日々確認し、自分たちの利用環境に影響があるものが発見された場合に、可及的速やかに対応する体制を整備しておくことが良いでしょう。 JPCERTのサイトでは、随時情報がアップデートされ、登録すれば無料で脆弱性情報のメール配信を受け取ることが出来ます。 JPCERTのサイト ZOOMとTeams、どちらを利用する場合も、会議への参加を承認制にするなど、不正な参加者を防ぐ設定が必要です。 Teamsの設定については、弊社技術ブログの過去記事で取り上げていますので、参考にしてください。 ZOOMの設定については、こちらを参考にしてください。 (英語です) 参考までに、ZOOMはユーザから見えない観点でもセキュリティの問題が取り上げられました。 話題になった問題の記事のリンクをご紹介します。 どんなアプリケーションも、利用者が急増すると色々と問題になりがちですね。 「Zoom、北米のWeb会議の暗号キーを誤って中国データセンター経由にした問題について説明」 まとめ 東京では緊急事態宣言が発令され、働く環境がリモートワークへ大きくシフトしています。 弊社は2020年2月20日より原則リモートワークを実施しており、3月30日からは完全に全社員がリモートワークに切り替えております。 社内のみならず社外のお客様ともTeamsでコミュニケーションを取り、リモートワークに、切り替える前と変わらずにプロジェクトを進行できています。 テレワーク未導入だったにも関わらず、全面テレワークに急速に舵を切った弊社は、全社員が試行錯誤しながらテレワーク環境を整備してきました。 そんな私たちだからこそ、たくさん共有できるノウハウが積み重なってきたな、と感じております。 Teamsやテレワーク環境の整備のことでお悩みでしたら、無料キャンペーンをお気軽にご活用頂けましたらとても嬉しく思います。 無料のOffice 365 E1を活用したテレワーク導入支援Wキャンペーンはこちら.

次の