ひぐらしのなく頃に どういうこと。 【ひぐらしのなく頃に】は怖くない?グロい?見どころについても

再び惨劇の夏が訪れる――。新プロジェクト決定の『ひぐらしのなく頃に』ってどんなアニメ?

ひぐらしのなく頃に どういうこと

ほいよ、これが竜宮レイナのアチアチ畜生発言集ね 「黙ってんじゃないわよ聞いてんの前原圭一ッ!!」 「うっさいなああぁぁぁッ! 黙ってろって言ってんでしょおおおぉぉッ!」 「背中に乳房のひとつも押し付ければ男なんて勝手に守ってくれる。 」 「圭一君の無神経な一言にたまにイラつく。 」 「こういう時はかぁいいモードで誤魔化せないだろうか。 」 「おしゃべりな圭一君と別れると、急に静かになった気がして頭の回転が冴える気がする。 」 「意識ト体ガ剥離シテイクヨウナ、ふわふわトシタ感覚ニ酔ッテイタ。 」 「こんなこと洒落でやるものか。 氏ね氏ね氏ね、死んでしまえ…!」 「死体を砕いて細かくして、この地上から抹消しなくては。 」 「……飼い主が死んでも、家畜は家畜、か。 」 「…こいつは、暴力は経験も豊富で手馴れしていただろう。 だが、殺スということに関しては、私の方が上手だった。 」 「圭一のバーカ、バーカ。 何いってんだか解んないや」 「…触るな、汚らわしい。 」 「小さな女の子ばかりを狙ってたんだって? 沙都子ちゃんと梨花ちゃんにも話しておかないとね。 」 圭一くん…魅ぃちゃんが駄目なら、他の裕福な家を探したら? 私…雛見沢に立派な豪邸立てて住んでる人…、知ってるよ。 白々しいよ。 あれだけ立派な家に住んでて…自分の家だけは蚊帳の外?仲間なんでしょ、救ってよ圭一君が。 魅ぃちゃんは駄目だってさ、冷たいから。 じゃあ仲間想いの圭一君がお手本示さなきゃ駄目だね。 あれだけ大きなお家に家族3人だけで住んでるんだっけ?じゃあ空き部屋なんかいくらでもあるよね。 余ってるお部屋、いくつか沙都子ちゃんに分けてあげればいいじゃない。 それでめでたく沙都子ちゃんの悩みは解決!あら何?これでもう終わり?あっけない話だったね!はいはい解決ご苦労様!じゃあもう今日はういい! ?私帰るねランランラン! 今日は久しぶりに宝探しにでも行こうかな!昨日まではずっと沙都子ちゃんことが心配で遊ぶ気になんかならなかったしぃ!今日はどんな宝物が見つかるかな、はうー……。 ………………何か言ってよ! ?私だけ喋り尽くめっ! ?黙ってんじゃないわよ、聞いてんの前原圭一ッ! ?」 なぜ体格も良くて喧嘩慣れしてる鉄平がただのガリ勉少年に過ぎなかった圭一にああも易々と殴り殺されたのか? もちろん素手と金属バットという差はあった。 でもそれは絶対的な差にはならなかったはずだ。 圭一が持ってたのは拳銃でもなく日本刀でもなくただの金属バットに過ぎないんだ。 大人と子供の力の差を考えればひっくり返せない程の不利ではなかったはず。 なのになぜかあいつは・・・鉄平は満足な抵抗一つ出来ずに・・・。 出来ずに・・・? 嘘だ・・・・!俺、覚えてるじゃないかよ・・・。 鉄平は抵抗出来なかったんじゃない・・・。 しなかったんだ・・・!! あいつは・・・金属バットで殴られて腕がひしゃげて額を割られてるにもかかわらず言い続けてたんじゃないか!! それを!怯えさせないように微笑みながら・・・次の一言こそ心に届くと信じて。 それを口にしていたんじゃないか・・・。 大丈夫、 「わしを、信じて」 でもね・・・、それでもね・・・!! 私ゃ刑事なんですよ、今の今まで、そして退職の瞬間までね!! いや、そんなのはどうでもいいのかもしれない。 私ゃ墓前で誓ったんですよ、おやっさんを殺した犯人を必ず挙げてやるって! それはつまり、おやっさんを殺した犯人を挙げるまで、私はいつまでも刑事でいるって誓いなんです! それはつまり、・・・私が警官かどうかってことじゃない!! 私が仇を取るその日まで、たとえ懲戒を食らったって刑事魂を忘れないっていうことなんです! その私が、・・・その私が、・・・懲戒免職が怖いって? 退職金がフイになるかもしれないのが怖いって? ・・・あぁ怖いですよ!!! 何千万ってカネが入ることを当てにした人生設計が全部パーになるんですよ?! 私の刑事魂は、・・・そんなもんだったんですかね・・・?! 雛見沢村連続怪死事件の真相を暴く! 夢にまで願った真相の扉が今ここにあるってのに・・・!! くそおおぉ、畜生おおぉ!! 警察手帳を叩きつけりゃいい! 警察なんていつでもやめてやるって、何で言えないんだッ!! くそくそ、畜生おぉおぉおお!! 「おめぇ、……戦略、戦術、…そして戦闘、…全て三拍子揃ってるぜ。 ……お前みたいなヤツが俺の役をやるべきなんだよ…。 山狗みてぇなクソどもの隊長をな…!」 「ははん。 ごめんだね、あんたらみたいな根暗そうな秘密部隊の隊長なんて!」 魅音が笑い捨てる。 小此木もそれを笑って受けた。 謙遜でなく、それは純粋な反応だと思った。 「……へへへ、そうだな。 お前ほどの器なら日本の不正規戦部隊長なんてもったいないぜ…。 SASでもデルタでもスペツナズでも、…どこでも最高の人材になれるだろうぜ。 何しろ、」 「はははは、あっははははははは!!! SASぅ? デルタフォースぅ? 下らないねぇ! そんな退屈なところじゃあ、私を飼いならせやしないよ!!」 「……へっへへははははは! そうだろうな。 そうだろうよ。 ……なら聞かせてくれ。 お前ほどのヤツなら、何の隊長を望む!」 「隊長なんて興味ないね。 部長でいいね。 」 「……部長…。 英国情報部辺りってとこか、…ふ、妥当だな。 」 「だめだめだめ、なってないね! あのねぇ、私がやりたい部長はたったひとつ!! 雛見沢分校の我が部の部長だけさッ!! 罰ゲームのない戦いなんてごめんだね! 口先の魔術師、前原圭一! かぁいいモードの竜宮レナ! トラップ使いの沙都子に萌え落としの梨花ちゃん!! そして期待の新人古手羽入!! これだけ揃ってりゃ、世界のどこだろうと退屈だねッ!!」 「…………勝てねぇ…。 ……勝てねぇよ……。 …こんなヤツが隊長だったんじゃ、 …勝てるわきゃねぇやな…。 へへへへはははははははは!!」.

次の

「ひぐらしのなく頃に」ってどんな話なんですか!?

ひぐらしのなく頃に どういうこと

ひぐらしのなく頃に 祟殺し編 其の参「境界」 【この記事には「ひぐらしのなく頃に」のネタバレを含みます】 圭一に頭を撫でられたことで、過去がフラッシュバックする沙都子。 兄・悟史に頭を撫でられたこと。 叔父、叔母に虐待されたこと。 思い出したくないことを、次々に思い出し、錯乱する沙都子。 極度のストレスからか、嘔吐。 そのまま教室の隅のカーテンにしがみつき、泣きながら「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい…」 沙都子の精神状態が限界に近いであろうことは、容易に想像できます。 そんな沙都子の姿を見た圭一は、決心します。 友達も頼れない、行政も頼れない、でも、あんな沙都子を見過ごすなんてできない。 だったら、自分が何とかするしかない。 そう、自分が沙都子の叔父を殺すしかない。 放課後、自宅に帰った圭一は、推理小説が好きな母に聞きます。 「母さんが今まで読んだ中で、一番面白かった小説の事件は?」 「一番…難しいわね…」 「完全犯罪…とか」 「完全犯罪ね…真の完全犯罪は物語にならないわよ。 だって、『起承転結』の『起』の部分が起きないわけでしょ?事件が起きなければ捜査も始まらない。 だから、完全犯罪は物語にはならないの」 『事件が起きなければ…死体が見つからなければ、事件にならない!』 圭一が目指すべきところは「完全犯罪」。 そんなに容易なことではないと思いますが…。 ただ、確かにテレビや新聞で報道される「事件」は、何かが起こったから「事件」になっているわけですからね。 沙都子の叔父を殺したとしても、死体が見つからなければ事件にならない。 いなくなったことで「失踪」や「捜索願」はあり得ますが、自分の妻がオヤシロ様の祟りで亡くなった際、自分がターゲットになることを恐れて雲隠れし、ほとぼりが冷めたころに戻ってくる…。 そして定職にも就いていないようですし、昼間から麻雀しているくらいですから。 まともな人間ではないので、「誰かが探す」という可能性も低いでしょう。 「死体が見つからない」ことを前提に考えれば、圭一の着眼点は良いのかもしれません。 「殺人」自体を是とするかは、別の議論として…。 圭一は叔父殺害の準備を始めます。 獲物は「金属バット」。 沙都子の兄・悟史が雛見沢ファイターズに所属していたころ、使用していたものが、学校のロッカーにありました。 沙都子とを助けるための武器として、これ以上適したものはないでしょう。 圭一の移動手段は徒歩か自転車。 死体を埋めることを考えると、殺害場所と死体を埋める場所は、近くなければなりません。 殺害場所を決めた後は、更にもう一つの準備。 圭一は、決行の日を「綿流しのお祭り」当日に決めていました。 人がいなくなっても、「オヤシロ様の祟り」で済まされる日。 その綿流しのお祭り当日、沙都子を家から連れ出してもらわなければなりません。 魅音に電話し、当日沙都子をお祭りに連れて行ってほしいと頼む圭一。 「圭ちゃんは、来ないの?」 あたり前な質問です。 村中の人が(祟りを恐れて)参加するお祭りに、なぜ圭一は参加しないのか。 「その日はちょっと用事があって…」 ベタな回答です。 「圭ちゃんもか…」 「『も』って、どういうことだ?」 「昔、そっくりな電話を受けたことがあってね。 悟史から。 自分はお祭りに行けないから、沙都子を連れて行ってくれ、って。 」 圭一は気づきました。 沙都子の叔母が「オヤシロ様の祟り」に遭って死んだのは、悟史が殺したのだと。 叔母を殺害するから、自分は祭りに行けないから、沙都子を頼む。 圭一の行動は、悟史の行動をトレースしていました。 決行当日。 殺害した沙都子の叔父を埋めるため、あらかじめ穴を掘る圭一。 雛見沢に越してくる前の自分を思い出します。 平凡な成績だった圭一ですが、実はIQが高く、問題のとらえ方ひとつで難問も軽く解けてしまうことが分かった圭一は、ぐんぐん成績を伸ばします。 成績を伸ばす圭一への妬みから、周りの生徒が圭一に嫌がらせを行うようになります。 端的に「いじめ」ですね。 学校が嫌になり、家に閉じこもる圭一を見かねた両親が、田舎への引っ越しを提案します。 それが雛見沢でした。 みんなで部活をした。 沙都子が食事を作ってくれた。 楽しかった日々。 その日々を取り戻すために。 「 もうすぐ終わる。 全部終わる。 ひぐらしがなく頃に…全部終わる…」 夜、おそらくまだお祭りの最中でしょう。 学校に忍び込んだ圭一は、職員室から沙都子の家に電話をかけます。 興宮警察署員を名乗り、「北条沙都子さんを保護しています」と。 ブツブツと文句を言う叔父ですが、「詳しいことは署でお話ししますので」と言うと、渋々了承する叔父。 今度は殺害予定場所へ急行する圭一。 悟史のバットを握り、叔父が通るのを待ちます。 原付に乗り、ヘルメットのあご紐をとめず、くわえタバコ。 金髪のパンチパーマに金のネックレス。 「 ザ・チンピラ」です。 コミックス版「ひぐらしのなく頃に 祟殺し編」 1巻表紙の北条沙都子 最初の一撃でバイクから転げ落とすことに成功しますが、圭一の尋常でない表情を見て、叔父は逃げ出します。 追う圭一。 後ろを振り返り、撒いた、と安心した叔父を、先回りしていた圭一がバットで殴打。 そこからは逃げる隙も与えず、ひたすら殴り続けます。 ついに事切れたか、動かなくなる叔父。 最初の一撃を食らわせた場所で、そのまま殺害する予定だった圭一。 が、叔父の逃走により、場所がだいぶ変わりました。 死体を埋めるように、と掘った穴もだいぶ遠くなり、大人の死体を中学生が一人で運ぶには厳しい距離に。 止む無く、再び穴を掘る圭一。 叔父の乗ってきた原付を、鬼が淵沼に投棄。 途中雨が降り始め、びしょ濡れになりながら穴を掘り、死体を埋め、倒木で隠します。 疲労困憊の圭一。 しかし…やり遂げました。 楽しかった日々を、沙都子の笑顔を取り戻すために…。 雨の中、スコップを担ぎ、自転車を引きながら帰途につく圭一。 疲れ切った圭一は、すぐ横を車が通り過ぎた拍子に、道に倒れこんでしまいます。 車から降りてきたのは、「鷹野 三四(たかの みよ)」さん。 入江診療所の看護婦さんです。 思わぬ邂逅に驚く圭一。 「どうしたの?こんな夜中に」 あたり前の質問に対し、 「レナと宝探しに行ったときに、スコップを忘れて…」 雨の中、傘もささずに、スコップのために、しかもダムの反対方向から歩いてきているのに…。 どうやら足をくじいた様子の圭一。 鷹野さんが車に乗せてくれることになります。 走り出してすぐに、全身の血が逆流するような、高野さんの一言。 「 死体、上手に埋められた?」 前の記事: 次の記事:.

次の

【ひぐらしのなく頃に】は実話?モデルとなった事件についても

ひぐらしのなく頃に どういうこと

カテゴリー• 180• 297• 342• 311• 210• 356• 675• 337• 4761• 366• 599• 4359• 2256• 1748• 511• 469• 2902• 985• 1287• 1158• 1576• 4209• 8370• 310• 385• 360• 500• 373• 251• 644• 401• 140• 429• 309• 400• 548• 504• 481• 400• 542• 532• 182• 363• 439• 471• 310• 1415• 730• 1097• 3265• 1611• 658• 161• 488• 109• 276• 1517• 136• 688• 232• 705• 2164• 201• 4865• 307• 358 リンク TOP絵頂きました スポンサー.

次の