エトワール dps。 エトワールの武器とPAの使い方

ダブルセイバー

エトワール dps

コンテンツ エトワール武器ごとにギアとアクションが異なる Et武器 特徴 効果 エトワールダブルセイバー ギア 敵への攻撃のみで溜まる 1ストック以上ある状態で攻撃を受けると自動的にゲージを消費して被ダメを軽減 エンハンスアタック ギアゲージを1消費して通常攻撃を長押しすると威力が高い攻撃ができる スキップ 方向入力を行わずにPAを使用すると、PAの後半部分から発動できる ディフレクト 武器アクション。 任意の方向に移動しながらガード。 ディフレクトコンボ ディフレクト後、武器アクションで敵へ接近しながらガードをする追加攻撃 エトワールデュアルブーレド ギア 敵への攻撃のみで溜まる ステップエッジ ステップ中にエッジを投擲する遠距離攻撃。 常時使えるジャストガードで攻撃を中断せずに使える エトワールウォンド ギア 攻撃以外にも移動やジャストガード成功で溜まる フォーカス タイミングよく武器アクションを押すと、攻撃範囲が縮小して敵単体に特化した性能に変化 プロテクト 武器アクション。 長押しでギアを消費しながらジャストガードを発生して延長 プロテクトリリース プロテクト中に武器アクションを押し続けてチャージ1弾階で話すと瞬間移動しながら遠距離攻撃 ギアゲージが1ストック以上で武器アクション押し続けてチャージ2,3段階で離すとゲージ量に応じて必殺技 武器の特徴とアクションをまとめました。 簡単に言うと、 どの武器もギア、特殊な派生、防御系がある感じです ヒーローのように3種武器の切り替えではなく、ファントムのような必ずすべての武器でシフトPAがあるわけではありません。 (フォーカスPAはシフトPAみたいな感じ) 全武器でギアとガード系はあるけど、ギアの溜まり方、管理も別、使い方や必殺技も異なります。 基本的には1つの武器種とメインにしつつ、サブでもう1本使うような戦い方になりそう。 フォトンアーツはどれも連続攻撃が出来る• 固有スキル「ダブルセイバースキップアーツ」でPAの前半部分を スキップして後半だけ出すアクションが可能• スキップは 方向入力を行わずにPA出すと発生• スキップしてセレスティアルコライド前の火力用 新クラス「エトワール」のダブセのPA、旧PSシリーズの武器ツインセイバーの「ブレードデストラクション」と似たような動きしてますね。 攻撃後に大きな隙が発生する スキップ 後半の大きなフォトン刃攻撃から発生 使い方 スキップしない場合は空中から少しだけ位置調整が出来る。 遠距離からでも大ダメージを狙う時に使う。 使った後の隙が多いので、コンボの〆で使う EtダブセのDPS 広範囲技、単体用と分かれてるので使い分け。 PPある限りスキップを混ぜて火力出したり、相手の攻撃をステップガードしつつエンハンスアタックを仕掛けたい。 フォトンアーツは使用すると エッジと呼ばれる追加攻撃が発生する• 攻撃中は怯まない エッジ 左右に出た2本のエッジが前方広範囲を切り裂く 使い方 消費PPも低く火力用、範囲技用として使える。 一瞬溜めてしまう欠点もあるがパリィしやすい ラディアントスティング 画像 項目 効果 威力 1650 消費PP 28 性能 前方へ大きく踏み込みながら連続攻撃。 ロックオンしていると移動速度が上昇 エッジ 周囲の広範囲を攻撃する4本のエッジが発生 使い方 EtDBの中なら一番相手に近づけるので移動しながら攻撃する時に使える バーティカルフロウ 画像 項目 効果 威力 1711 消費PP 25 性能 急上昇と急下降による攻撃を行うPA。 上下方向に強力な立ち回りを可能にする エッジ 敵を追尾する2本のエッジが発生 使い方 途中でキャンセルして空中にいるエネミーへの攻撃用、空中からの急落下で位置を調整するときに使える ライトウェーブ 画像 項目 効果 威力 3342 消費PP 32 性能 連続で4発の斬撃を撃ちだす。 攻撃中はゆっくりだが移動が可能が出来る エッジ 前方で交差する2本のエッジを射出する 使い方 高度を維持しながらの位置調整や少し離れた相手にも使える。 出し切るまでに時間かかる欠点もあるがパリィしやすい EtDBのDPS 4種のPAは似たような攻撃力なので場面ごとに使い分けながら、ギアMAXに溜まったらフルコネクトを狙いたい。 フォトンアーツは敵との位置取りを意識して使えるものが多い• 通常攻撃も含めてすべてのアクションを 移動しながら使える• ボタンを長押しすることで光を纏いながら移動し続けることが可能 肩越し視点の方向に移動できるので高度を自由に変えることが可能 フォーカス 近距離の強力な攻撃に変化し、射程が短くなるが威力が上がる 使い方 ウォンドの移動用、前方攻撃用 グリッターストライプ 画像 項目 効果 威力 1550 消費PP 20 性能 上昇しながら下方向に一定の距離も場所に攻撃するPA。 飛び上がるときに無敵時間がある フォーカス 攻撃範囲が縮小し、強力な攻撃に変化 使い方 空中に移動したい時、当てにくいがフォーカスは威力が高いため火力用 ブラックホールラプチャー 画像 項目 効果 威力 2261 消費PP 30 性能 持続時間は短いがエネミーを吸引しつつ 2ヒット 、爆発による持続攻撃 5ヒット。 空中で使うと下方向に移動しつつ攻撃する フォーカス 持続攻撃がなくなり威力が上がる 使い方 複数を吸引する時、フォーカスは威力が高いため火力用、空中から落下し位置調整用 ルミナスフレア 画像 項目 効果 威力 3292 消費PP 40 性能 前方に約2秒持続するフォトンの射程の長いレーザーを放つ。 レーザー中はジャンプやキャンセル不可 フォーカス 射程距離が短縮し、強力な攻撃に変化 使い方 雑魚用の広範囲で使う時、フォーカスして火力として EtウォンドのDPS すべて移動しながら使えるがPAによって高低差が変わってくるので使い分け。 フォーカスは火力高いのでボス用にしつつギアMAXに溜まったら2段階溜めたプロテクトリリース。 エトワールコンボ例 武器種 状況 コンボ例 Etダブルセイバー 対雑魚• アブソリュートクエーサー• セイバーデストラクション テックアーツ狙いのためどちらか連打ではなく広範囲の組み合わせ 対ボス• アブソリュートクエーサー 距離が離れてた場合• シューティングスター• セレスティアルコライド アブソリュートで近づきシューティングスターとセレスティアルコライドで〆 対ボス• セイバーデストラクション スキップ• セイバーデストラクション スキップ• セレスティアルコライド スキップ 威力の高い組み合わせ。 接近した状態でスキップを使いセレスティアルコライドで〆 Etデュアルブレード 対雑魚• ラディアントスティング• ディストーションピアス ラディアントで近づく&位置調整してディストーションで広範囲攻撃 対ボス• ラディアントスティング 距離が離れてた場合• ディストーションピアス ロックしてる弱点箇所が他の部位に吸われない場合• ライトウェーブ ラディアントで近づきディストーションやライトウェーブ。 相手が通常攻撃の踏み込みでも届かないならバーティカルフロウをキャンセルして空中にいくのもあり 対ボス• ラディアントスティング 距離が離れてた場合• ライトウェーブ• ブラックホールラプチャー• ルミナスフレア or プリズムサーキュラー 吸引してからまとめて攻撃。 ボーナスキー金などの雑魚ならルミナスフレア連打 対ボス• グリッターストライプ フォーカス• ブラックホールラプチャー フォーカス 威力の高い組み合わせ。 グリッターで上に飛びあがるのをラプチャーで落下して調整できる 対ボス• プリズムサーキュラー フォーカス• ルミナスフレア フォーカス サーキュラー使いつつ位置調整して近づいてルミナスフレアを当てる 一例ですが、試してよかったのがあったら追記します! むしろおススメあれば教えてください! まとめ エトワールのPAとアクション• ダブルセイバー、デュアルブレード、ウォンド• 武器ごとにアクションとギア、必殺技に違いがある• 各武器4つのPA• どの武器でも範囲、ボス向け、高低差を調整するPAがある いずれも別のアクションを持っているので別物でした。 エトワールは非常に硬いし、独特の動きに慣れればPAは一通りそろってるので使いやすい印象。

次の

【PSO2】エトワールの通常攻撃とPAの解説

エトワール dps

【PSO2】エトワールのLv95おすすめスキルツリー エトワールはパーティ支援スキルや、自身の防御、生存能力を高めるスキル、武器ごとの特徴、長所を伸ばす固有スキルなどを持ちます。 この記事では、エトワールの基本となるスキルツリーの型や特殊な型、スキルの効果を紹介します。 【基本型】テックアーツカウントボーナス型• HPリストレイトは1で完全に捨てるか、振るなら9~10程度にはしたい。 S2:瞬護の与型にするならHPリストレイトは3~4振り。 ダメージバランサーはデメリットが固定なので10振りたいところ。 テックアーツカウントボーナスは常に異なるPAでコンボしないといけないわけではなく、 途中に異なるPAを挟むと乗るような効果なので、火力を求める場合基本的にはこちらの型となる。 基本的にはこちらの型をアレンジすると良い。 【特殊型】セイムアーツPPセイブ型• ひたすら同じPAを連打するので楽しくはない。 テックアーツのダメージボーナスを乗せない型なのでPA一回あたりの火力は当然ながらかなり落ちる。 PP軽減効果が高くなるまでにかなりの段数が必要なため、PPが尽きてしまう事も。 スキル一覧と効果 スキル 効果 優先度 セイムアーツPPセイブ 最大Lv. 10 コンボ中に同じPAを連続で使用した回数によって消費PPを減少する。 消費PPの減少には上限がある。 (最大まで振ると減少率上限が80%になるが、1回辺りの消費PP減少率は減っていく。 ) テックアーツ運用:2振り セイム運用:10振り テックアーツカウントボーナス 最大Lv. 10 コンボ中に異なるPAを連続で使用すると、そこから一定回数のPAに対してPP消費が軽減されダメージボーナスを得る。 (威力115% 最大持続回数3回 最大でPP消費10%減少) 必須 フラットアタックボーナス 最大Lv. 5 ジャストアタックに失敗した時の通常攻撃とフォトンアーツのダメージにボーナスを得る。 ほぼ不要 エトワールブースト 最大Lv. 1 ダメージを受ける度にダメージ軽減にボーナスを得る。 時間経過で徐々に軽減率が減少。 微妙! スタンディングマッシブ 最大Lv. 1 静止した状態の時、打ち上げや吹き飛ばしを防ぐ。 エトワールHPリストレイト 最大Lv. 10 HPが一定以下になるとHPが徐々に 2. 5%回復。 前提分 必須 オーバードライブ *アクティブスキル 最大Lv. 1 パーティメンバーのPP最大値が一定時間上昇。 発動時HPとPPが全回復。 ストック数 2回まで 最初は使用不可、240秒経過ごとにストックが1溜まり、1ストックを使用すると20秒間最大PPが50増加 *メインクラス限定 必須 ハイレベルボーナスEt 最大Lv. 5 プレイヤーが与えるダメージにボーナスを得る。 最大で威力105% 必須 Etウェポンボーナス1,2 最大Lv. 10 エトワール武器を装備した時、威力が上昇する。 最大で威力155% *メインクラス限定 必須 リキャストセイブ 最大Lv. 1 エリア内にいるエトワール以外のパーティメンバーのクラスが持つアクティブスキルのリキャストを10%軽減。 *メインクラス限定 必須 ジャストガードPPエール 最大Lv. 1 ジャストガードに成功するとパーティメンバー全員のPPが10回復。 (リキャスト1秒) *メインクラス限定 必須 アラウンドメイトアップ 最大Lv. 1 エリア内にいるメンバーが回復アイテム使用時、HP回復量上昇とPP回復効果が追加される。 *メインクラス限定 必須 エトワールウィル SP不要 戦闘不能となるダメージを受けた時、一度だけ無敵時間が発生し、全回復 *メインクラス限定 必須 ダメージバランサー 最大Lv. 10 自分が受けるダメージを大幅に軽減するが、アイテムやオブジェクト、エトワールのクラススキル以外からのHP回復効果が減少する。 最大で被ダメージを70%軽減、レスタやメギバースなどのHP回復効果を100%減少(1回復)。 メイト系や料理はこの減衰効果を受けない。 必須 エトワールマグ SP不要 装備しているマグの全攻撃力の合計を打・射・法撃力にそれぞれ変換する 初期習得 エトワールJAボーナス 最大Lv. 10 ジャストアタックにダメージボーナスを得る 最大で威力115% 必須 JAクリティカル 最大Lv. 1 ステップ中に再度ステップを使用すると滑らかな動作で一定距離を移動する (ステップスライド中に攻撃すると強化された攻撃が発生。 ) *メインクラス限定 DS好み ダブルセイバークイックテイク 最大Lv. 1 特定タイミングで行う通常攻撃と武器アクションのアクションが変化 *メインクラス限定 DS必須 ダブルセイバーステップガード 最大Lv. 1 ロックオン中に敵の攻撃に合わせて前方へステップすると特殊な反撃が発生 *メインクラス限定 DS必須 ダブルセイバースキップアーツ 最大Lv. 1 方向入力を行わずPAを使用すると前半部分をスキップする *メインクラス限定 DS必須 DBロックオンチェイス 最大Lv. 1 通常攻撃にロックオンした敵へ近づく挙動が追加される *メインクラス限定 DB必須 Dブレードギアヒートアップ 最大Lv. 1 コネクト、フルコネクトを使用すると一定時間ギアの上昇にボーナスを得る *メインクラス限定 DB必須 ウォンド特殊能力プラス SP不要 ウォンド装備時のみ武器の特殊能力の打・法撃値の高い値を参照する *メインクラス限定 初期習得 ウォンドFダッシュ 最大Lv. 1 フォーカスPAを使用すると一定時間移動速度が上昇する *メインクラス限定 短杖必須 ウォンドテレポート 最大Lv. 1 武器アクションを短時間押し続けて離すと入力方向に応じて一定距離を移動し攻撃する *メインクラス限定 短杖必須 スキル振りの順番(目安) Lv36~70前後• ジャストガードPPエール• エトワールJAボーナス• JAクリティカル• アラウンドメイトアップ• セイムアーツPPセイブ• テックアーツカウントボーナス JAボーナスやJAクリティカルなど、より火力の上がるスキルだったり、まだ取れてないスキルを取得したり、前提分の1振りしかしていなかったスキルに振りたい分振っていきます。 セイムアーツPPセイブ Lv Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5 消費PP減少率 10% 9% 8% 7% 6% 消費PP減少率上限 10% 15% 25% 35% 45% Lv Lv6 Lv7 Lv8 Lv9 Lv10 消費PP減少率 5% 消費PP減少率上限 55% 60% 65% 70% 80%• コンボ中に同じPAを連続で使用した回数によって消費PPを減少する。 消費PPの減少には上限がある。 Lv6までは、ファントムのロードオブソーンのように、振るポイントを多くするとデメリットも増えていく。 振るポイントは慎重に考えたい。 コンボ運用例 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 PA PA1 PA2 PA2 PA2 PA2 セイムアーツPPセイブLv1での 消費PP減少率 - - 10% 10% 10% セイムアーツPPセイブLv2での 消費PP減少率 - - 9% 15% 15% セイムアーツPPセイブLv3での 消費PP減少率 - - 8% 16% 24% テックアーツカウントボーナスLv10での消費PP減少率 - 10% 10% 10% - テックアーツカウントボーナスLv10でのダメージボーナス - 15% 15% 15% -• コンボについて、 セイムアーツPPセイブと テックアーツカウントボーナスは、まるっきり真逆の性質というわけではなく、 テックアーツカウントボーナスは「 異なるPAを連続で使用」のあとは異なるPAである必要がなくそこから一定回数のPAに効果がのる。 以上のことから、 テックアーツカウントボーナス型運用の場合でもセイムアーツPPセイブには 2振りまでして良い。 のコンボを意識する必要はある。 3振りでも良いが、常に テックアーツカウントボーナスを乗せる運用であれば2振りとPP消費減少率が同じため、3振りは保険の意味合いが強く、あまり意味はない。 例えば、移動PAを連打する際はテックアーツカウントボーナスを乗せる意味はそれほどなく、むしろ同じPAを4回以上連打したいシーンなので、そういうシーンでは活きてくるし、デメリットも3振り以内であればそれほど大きくはない。 テックアーツカウントボーナス Lv Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5 威力 115% PP消費率 100% 99% 98% 97% 96% 持続回数 1回 2回 Lv Lv6 Lv7 Lv8 Lv9 Lv10 威力 115% PP消費率 95% 94% 93% 92% 90% 持続回数 2回 3回• コンボ中に異なるPAを連続して使用すると、そこから一定回数のPAに対してPP消費が軽減されダメージボーナスを得る。 同じPAを連続で出す場合でも一旦別のPAを打ったあと目的のPAを打った場合に3回分のPAに対してダメージが15%上がるので基本的には10振り推奨。 持続回数は、 異なるPAを使用した時点で回復 (復活)し、そのタイミングで1消費する。 削るのはセイムアーツPPセイブ型運用したいがどうしてもSPが足りない場合くらい。 このスキルにポイントを振るデメリットはSPを使う事以外は無い。 したがって、 セイムアーツPPセイブを何振りにしようと、 テックアーツカウントボーナスにSPを振るのが全くの無駄になるといったことはない。 メイト使用中も静止状態なので、S8:服薬強身で無敵にするわけでなければ取っておくといいだろう。 アラウンドメイトアップ(メインクラス限定) アラウンドメイトアップ HP回復量上昇 エリア内にいるメンバーが回復アイテム使用時、HP回復量上昇とPP回復効果が追加される。 HP回復量 110% 回復アイテム PP回復量 モノメイト 5PP ディメイト 10PP トリメイト 15PP ソルアトマイザー 30PP スターアトマイザー 30PP ムーンアトマイザー 30PP コスモアトマイザー 30PP エリア内にいるメンバーが回復アイテム使用時、HP回復量上昇とPP回復効果が追加される。 回復アイテム使用時、 使用者本人のみPP回復する。 PP回復量はアイテムによって変化する。 また、料理ではPP回復効果追加はない。 エトワールブースト ダメージバランサー1 エトワールブースト1 — まかぽ PSO2ブログ makap0 ダメージを受ける度にダメージ軽減にボーナスを得る。 時間経過で徐々に軽減率が減少。 1HIT目にはこのスキルによるダメージ軽減は乗らない。 マグマのスリップダメージ程度では軽減が上昇していかないほどに、秒間軽減減少率による軽減の下がり幅の方が大きい。 マグマだけでもラグや処理落ちといった時に軽減が一時的に発動することはある。 その場合、通信が正常になると秒間軽減減少により徐々に元の状態に戻る。 makapo-oekaki.

次の

エトワール

エトワール dps

スポンサーリンク エトワールとは フランス語で星。 後継クラス。 ダブセ・DB・ウォンドを扱える。 テクニック使えない。 攻防一体化を目指して作られたクラスだが現状は 火力不足がやや目立つ感じ。 コンセプトの為、スキルにより防御力が大幅に上昇するが回復手段がなくなる。 一部武器アクションがなかなかのDPS(秒単位ダメージ、Damage Per Second)が出るが、 タイミングを要し、 結構シビアなのでガチでやる場合は PSを要する。 尚、全ての武器に移動PAがある為、スピード感は困らない。 各武器特徴 ダブセ 全体的なPAの DPSが高め。 武器アクションがカウンターになっており、うまく決めることで更にDPSは上がる。 クイックテイク(接近アクション)による貼りつきながらの戦闘もできる。 ゲージを使用することで被ダメージを減少させる(自動)若しくはDPSが高めの攻撃を出すことができる。 オーバードライヴ:同エリアPTメンバー全員が対象。 PP最大値が20秒上昇。 時間経過(4分毎)で2ストックまで貯まる。 リキャストセイブ:同エリア自分以外のPTメンバーが対象。 アクティブスキルのリキャストを軽減。 ジャストガードPPエール:同エリアPTメンバー全員対象。 JG成功時PP10回復。 アラウンドメイトアップ:エリア内全員対象(乙女も)。 メイト類を使用すると効果うp。 エトワールDSギア:ゲージ消費で被ダメ減。 若しくはゲージ消費でエンハンスアタックを強化。 使い分け。 ダブルセイバースキップアーツ:方向キーを押さない場合、各PAの前半部分をスキップ。 ダブルセイバーステップガード:前方からの攻撃に対して前方へのステップ回避成功時強力なカウンター発生。 DPSトップ。 ダブルセイバーステップスライド:ステップ二回でスライド移動する挙動に。 特に速くない。 てか遅い。 ダブルセイバークイックテイク:Phの刀の様な挙動が追加。 エトワールDBギア:ステップエッジ中に武器アクでコネクト、フルコネクトが使用可能に。 DBロックオンチェイス:DB使用時全ての行動でロックオンしている部位に近づくように。 エトワールウォンドギア:ゲージ消費で長時間JG状態。 消費量に応じて強攻撃(2段階範囲攻撃)。 ウォンドFダッシュ:ォーカス発動時短時間移動速度アップ。 ウォンドテレポート:短時間 0. 8秒位? 武器アク押して離すと瞬間的に消える挙動。 方向は抑えている方向キーに従う。 ほんと一瞬。 方向キー無しで使うと高度が一気に下がる。 ウォンド特殊能力プラス:装備しているウォンドの打法値大きい方を参照する。 初期取得済み。 各武器使用感 ダブセ 全体的にPAのDPSが高めであり、 ディフレクトを成功させることでDPS、DPP共に優秀に。 スキップアーツのみを活かした戦い方ではなく、 セイムアーツをうまく組み合わせることでDPSが出しやすい。 全体的にタイミングがシビアだが DPSの出しやすい武器。 DPSについて DSステップガードが圧倒的であり、エンハンスアタックやクイックテイク、ディフレクトカウンターによる火力も凄まじい。 攻撃を食らってしまうとゲージが減ってしまう為、ディフレクトをうまく成功させる必要がある。 又、ディフレクト成功後の行動・クイックテイクの発動方法は、 通常か武器アクどちらを使うかで威力や効果も変わってくる。 DB 武器アクションが常に使えるJGアクションである為、常に 手を止めずに攻撃し続けられる。 ゲージを使用することで強烈なDPSを出すことも可能。 ステップキャンセルやステップエッジでのキャンセル行動も重要になっている。 ウォンド 動き回りながらの通常攻撃がなかなかの範囲で PP回収もしやすい。 フォーカスによる咄嗟の使用用途変更もとても便利で対雑魚・ボス両方対応できる。

次の