線香 あげかた。 お線香をあげる意味と正しいあげかた 毎日?どんな時に? | 知恵の焦点

浄土宗の焼香の回数・線香の本数は?

線香 あげかた

スポンサードリンク 仏壇にあげるお線香の香りと煙の意味とは? そもそも、仏壇や墓前の故人に、なぜお線香をあげるのでしょうか? 仏教発祥の地、インドでは高貴な人と接する際にはお香を焚くという作法がありました。 「仏」は高貴とされ、仏さまを前にした際は、お線香を焚くのが当たり前とされていました。 仏典によると、お釈迦様が、 「香は部屋の中で焚きなさい。 そしてその中へ入り、気を静めて無の境地になりなさい」 と説教したとあります。 気分をやすらげる鎮静作用があるといわれるお香は、「心を清める」ものとして、昔から使われていたようです。 現在も、 「俗塵(ぞくじん)を清める」 というお清めの意味合いでも、各宗派で利用されています。 俗塵というのは、浮世のちり。 日常(俗世間)の煩わしい事柄のたとえです。 いつのまにか汚れてしまう日常を、お線香で清めるという考えが背景にあります。 お線香の香りの意味とは? 線香をあげるのは、故人を供養するためだと言われています。 仏教経典のひとつ、「倶舎論(くしゃろん)」には、 「死後の人間が食べるのは匂いだけで、善行を積み重ねた死者は良い香りを食べる」 とあります。 また、倶舎論には 「悪行を重ねたものは悪臭しか食べない」 とも書かれているため、 お線香の香りによって悪霊を遠ざけるという意味もあります。 つまり、お線香の「香り」は故人の食事なんですね。 四十九日の間はお線香をずっと途切れなく焚くというのは、故人が仏の世界に旅立つまで、その香りが故人のお腹を空かせないための食べ物となると言われています。 お線香の煙の意味とは? 前述のように、仏壇にお線香をあげるのはお清めの意味もあります。 仏さまの前でお線香をたく事で、その煙が自身の心や身体、その場を清めてくれるという考え方です。 また、お線香の煙は「あの世」と「この世」を繋げてくれるツールの役割もあります。 お線香の煙が「あの世」と「この世」をつなぎ、故人やご先祖さまと話ができるとされています。 仏壇にお線香をあげるやり方 一般的なお線香のあげかたの順序をご紹介します。 線香の本数についてはのちに解説しますので、まずは流れをおさえてくださいね。 弔問で遺族宅に訪れるとまず挨拶をし、そのあと線香をあげさせてもらいます。 地域によって異なる場合などもありますが、概ね以下に示すとおりとなります。 お線香のあげ方の順序• 直接お線香に火をつけるのはNG• 線香は息を吹きかけて消すのはNG• 宗派によってお鐘(りん)を鳴らすのはNG 1. お線香に火をつける時は、お線香は本数に関わらずまとめて手に持ち、ろうそくの火でつけます。 ろうそくに火がついていればそのまま使い、ついていなければ自分でろうそくに火をつけます。 直接お線香に火をつけてはいけません。 線香に火をつけ、煙が出ていることを確認できたら、お線香を持つ逆の手であおぎ消すか、10cmほどすっと下に引いて消すようにします。 この際、口で息を吹きかけて消さないように。 口は悪業を積みやすいとされていて、吹き消すことはタブーとなっています。 下に引いて消すのが最良とされていますが、慣れていないと中々消えません。 上手く行かないと振り消しているようにも見えますので、不慣れな場合はあおぎ消す方をおすすめします。 浄土真宗本願寺派ではお線香をあげる時、お鐘(りん)は鳴らしません。 読経する時にだけ使うためです。 宗派よってはOKな場合もあるので、事前に確認できるといいですね。 仏壇にあげるお線香の本数は? 線香の作法は宗派によって異なる部分があります。 線香の本数、焼香の回数なども宗派によって変わってきます。 故人の信仰していた宗派に合わせられたほうがより丁寧です。 宗派が分からない場合には、ご自分が普段行っている作法でお線香をあげても、とくに失礼にはあたりません。 宗派によるお線香のあげ方 お線香の本数やあげ方は、同じ宗派でも、地域や各寺院の伝統などによっても少しずつやり方が異なることが多々あります。 以下はあくまで一般的な目安として参考にしてくださいね。 焼香回数は1回。 焼香回数は2回。 焼香回数は特ににこだわらない。 曹洞宗は一般的に2回。 焼香回数は1~3回。 自分から見て逆三角形になるよう、香炉には手前に1本、奥に2本の線香を立てる。 焼香回数は1~3回。 まとめ お線香をあげることは故人を想い、向き合うことです。 ご仏前では、真心を込めてお線香をあげ、豊かな香りを充分に召し上がっていただきながら、故人とお話をしたいものですね。

次の

仏壇・お墓での線香のあげ方、正しい手順とNGマナーを解説

線香 あげかた

お線香の正しいあげかたは? お線香というのは日本人に馴染む深い分、ついつい正しいあげかたというのを 見失いがちです。 線香花火感覚で直接、ライターやマッチなどで直接、お線香に火を付けようと するお子さんがおられても不思議ではありませんが、意外にも大人の方でもおられる 事があります。 特に見られるのは通夜の時、お線香の火を絶やさないようにと寝ずの番をされますが 煙草を吸われる方なんか直接ライターからお線香に火をつける方もみられます。 ライターやマッチから直接、お線香に火を付けるのは正しいあげかたではありません。 正しいあげかたはロウソクから火をうつすのが正しいあげかたとなります。 様々な宗派がある中でもお線香をロウソクから火をうつすのは決まっている作法です。 またロウソクが2本ある場合は必ず右のロウソクから火をうつします。 ロウソクが1本しかない場合は必ず右側に置いてあります。 またお線香にうつした炎が燃え盛ってしまった場合は 息を吹きかけて消すのは正しいやり方ではありません。 正しくは手で仰いで消すはお線香を下へスッと引いて消す方法が 正しい消し方となります。 お寺には必ずロウソクがありますが ロウソクを灯すには2つ意味があるそうです。 1つ目は ロウソクの炎は「仏の知恵」を表します。 ロウソクを灯すと明るくなるように私の心を明るく照らしくれる「仏の知恵」を意味しています。 2つ目は ロウソクは人間の一生に例えられています。 火が付いた時が生まれた時。 ロウを燃やして消える時が寿命を終えた時を例えています。 また風が吹けば炎が消えるように病気や災難で命を終える事を例えています。 なんだか深いですよね。 お線香の本数 良く目にするのがお線香をあげる際、人によって本数が違うという事はないですか? 私が知る限りでは1本~3本で、これ以上あげている方は見た事がありません。 私は幼少の頃から2本と教わっていたので今まで2本上げていましたが どうして人によって上げる本数が違うのでしょうか? 本数が違うのはそれぞれ宗派が違うからです。 各ご家庭で宗派が違いその為、教わったお線香をあげる本数が違う為、そのような相違が 生まれてきます。 浄土真宗の場合はお線香を折って横に寝かせるのが正しい上げ方としており その為、手に取るのは1本となります。 スポンサーリンク お線香を1本だけに理由は真の教えは1つしかないという意味も ありますが「仏」「法」「僧」は3つ独立しておらず3位1体でると あるという考えからきています。 「仏」「法」「僧」を3本のお線香でしています。 お線香は香炉の中で逆三角形になるように立てます。 ただし天台宗や真言宗でも49日までは故人の枕元に立てるお線香は1本のみ と決められています。 理由として49日までは故人の霊魂はこの世におられますが、お線香の灯りが 進むべき道しるべになると教えられているからです。 決められていませんが、やはり4本以上あげる事はなく 1本~3本その中でも1本もしくは2本が多いようです。 立て方もとくに決まりはないようで、3本立てる際にも天台宗や真言宗のように 逆三角形にたてる必要はなく、横一列で立てても問題ありません。 「仏」は釈迦 「法」は教え 「僧」は僧迦 を意味しており仏の説いた教えを法とし法を学んだ仏弟子の集団を僧迦と 考えるのが一般的なようです。 他には 「仏」仏像 「法」経巻 「僧」出家者 という考えもあるそうです。 お線香を折る意味はなに? 私が実際に見てちょっと驚いたのがお線香を折るという動作をされた方を見た時です。 お線香を折る? それって良いの? お弁当の割りばしを食べ終わると2つ折るかたもおられますが なんだか不作法に見えてしまいますよね。 それと同じでお線香を折るというにはどうなのでしょうか。 先ほども書いていますが浄土真宗ではお線香を2つに折って2本とも 火をつけ香炉に横に寝せます。 実はお線香とのは江戸時代中期に考案された物で燃香という正式な作法を 略式にされたものです。 その為、お線香を使っても立てずに燃香に模して2つに折り横に寝かせて お供えします。 香炉が小さい場合は3つに折る事もあるそうです。 その為、決して不作法でもマナー違反でもないのです。 私が見た方も浄土真宗の方だったのでしょうね。 宗派は違いやり方もそれぞれ違うけどお線香を使う、またロウソクの決まりなど 同じ考えをもつところも深くて興味深いですよね。 お葬式や慰問にお伺いするときは相手に宗派を伺うのは失礼になります。 もし宗派を存じない場合は自分のやり方で行うのも礼儀になります。 作法よりも故人を偲ぶ気持ちの方が大事なのではないでしょうか。 参考になれば幸いです。

次の

お線香のあげ方のマナー、本数や消し方、宗派の違いは [法事・法要の手順] All About

線香 あげかた

「線香をあげる」ことは故人を想い、真摯に向き合うこと。 先祖を供養する風習が今も引き継がれています 日常生活で当たり前のように仏壇に「お線香をあげる」。 普段の生活習慣だから別に何の疑問もなく過ごしておられる方は多いでしょう。 ですが、なぜあげるの?と、ふっと思われたことありませんか? その理由について、簡単にわかりやすく説明しましょう。 まず、お線香の香りは 故人の食事。 亡くなってから49日間は7日ごとに僧侶を呼んで読経をしてもらい、お線香をずっと途切れなくたきます。 仏の世界に旅立つまで、その香りは故人がお腹を空かせないようにと食べ物となるのです。 次に「人間という生き物は人生を送っていくうちにいつのまにか汚れてしまっている」と考えがあります。 そのため、仏様の前でお線香をたく事でその煙が 自身やその場を清められるというのです。 そして三つ目はお線香の煙で 仏様と話ができるのです。 つまりその煙は「あの世」と「この世」を繋げてくれる大事なツールなのです。 その原料は椨(たぶ)の木の樹皮の粉末を基に、さまざまな香木や香料を調合して作られます。 また炭を原料にした煙が少なく、匂いも気にならない線香が最近のトレンド。 【杉線香】その字のごとく、杉の葉を粉末にして作られた線香で、杉独特の香りがします。 一般的にお墓参りに使われています。 お線香をあげるときの基本的なマナー 線香を立てる?寝かせる?焼香回数は宗派によって違ってきます。 迷ったら自分の家の宗派でOK。 お線香をあげる時の正しい流れを知っておくことは、大人として最低限のマナーのひとつです。 ぜひこの機会に覚えておくとよいでしょう。 案外お線香をあげる機会は多いものです。 2.線香の火はロウソクでつけ香炉に立てます。 ロウソクの本数は1本が一般的。 2~3本の場合もありますが、そのときは、1本ずつ離して立てます。 宗派によっては、線香は立てずに香炉の大きさに合わせて2、3本に折って寝かせてたく場合もあります。 3.線香を立てたら合掌。 遺族に一礼して戻ります。 そして故人の好物だった菓子・果物などをお供えし、ろうそくとお線香を手向けます。 火をつけたろうそくを少し傾けて地面にたらし、そこにろうそくを立てると安定します。 ろうそくの火でお線香をつけるとよいでしょう。 2.合掌礼拝の前に水桶からひしゃくで水をすくって、墓石にかけます。 この時に墓石の下のほうに気持ち程度に水をかける方がいますが、たっぷり墓石の上から水をかけて下さい。 仏教の教えでは、死後の世界の1つに「餓鬼道」があり、福徳を失った生類が落とされる世界とされているようです。 なかなか水が飲めない餓鬼が、唯一お墓にかけたお水だけが飲めます。 その餓鬼をあわれんで、お水を与えようと言うところから墓石に水をかける習慣の始まりだそうです。 やりがちだけど、じつはNGなこと お線香をあげる際にも正しい作法があります。 ついやってしまいがちな行為ですが、ふだんから気をつけて最低限のマナーは覚えておいてください。 お線香を持つ逆の手であおぎ消すか、すっと引いて消すようにします。 ・直接お線香に火をつけない。 ろうそくに火をつけてからお線香に火をつけます。 なお、ライターや着火マンを使用するのはOKですが、手間を省こうと直接お線香につけるのはNG。 必ずろうそくに火をつけてからに、を心掛けましょう。 ・浄土真宗本願寺派ではお線香をあげる時、お鐘(りん)は鳴らしません。 なぜなら読経する時にだけ使うからです。 しかし宗派よってはOKな場合もあるので、迷ったら時は鳴らしておくと間違いありませんね。 宗派によるお線香のあげ方の違い 焼香の回数や線香の本数などは宗派によって変わってきます。 もし焼香の仕方がわからなかったら、仏式の場合はご自分の宗派の焼香回数だけご焼香されればよいのです。 必ず覚えておかなくても大丈夫です。 焼香回数は1回。 ・浄土真宗大谷派(東) 1本を火をつけないで折って供える。 焼香回数は2回。 ・浄土宗、曹洞宗、臨済宗 香炉の真ん中に1本立てる。 焼香回数はとくにこだわらないが、曹洞宗は一般的に2回。 ・日蓮正宗 折って上に置く。 焼香回数は1~3回。 ・天台宗、真言宗 3本(高炉の中に座る方に1本、仏壇の方に2本立てる。 逆三角形。 )焼香回数は1~3回。 お線香に関する疑問 知らないと損をするお役立ち情報。 覚えておいて損はありませんよ。 季節や体調によって種類を変えたりしてリラックスできますね。 最近はアロマのお香も人気です。 一方、お線香はだいたい仏事に使われます。 その香りや煙は自身やその場を清める意味合いがありますので、香りを楽しむものではありません。 使う環境によって香りは変化するものなのです。 重要なのは保管する場所。 熱に弱いので、直射日光はNG。 日陰になる場所で保管するのがベストです。 また湿気によりカビの発生や香りが劣化しますので、水回りにも注意しましょう。 【関連記事】•

次の