コロナ 仕事 が ない。 コロナで仕事がなくなる職種7選。仕事がない時の対処法も解説|転職鉄板ガイド

新型コロナで放り出されるフリーランスたち!仕事ない、収入ない、補償ない: J

コロナ 仕事 が ない

【新型コロナウイルス】休職や失業で生活が苦しくなったら遠慮なく公的支援の利用を 本日(3月2日)から、多くの自治体において、小中高校の一斉休校が始まりました。 小中高校生は全国で約1300万人と言われていますから、家族や関係者も含めると、その影響は非常に大きいものでしょう。 特に、小学校低学年などのお子さんがいる家庭では、子どもを家に一人で一日中留守番をさせているわけにもいきません。 共働きやひとり親家庭などでフルタイムで働いている人は学童保育などをフル活用することも可能でしょうが、 パートタイムなどで働いている人で学童保育の利用が難しい人もいます。 (学校の教室等を開放する案も出ているようですが、どのような運用がされるのか現状では不透明です) そして、これは必ずしも 子どもたち(もしくはその家族)だけの問題ではなく、経済活動にも影響します。 小売店や飲食店などで、新型コロナウイルスの影響で、感染予防やお客さんの減少で営業時間を短縮したり、一時的に休業したりするところも出ていると聞きます。 しかし、今後は、お子さんがいる人がパートなどで多く働いている店舗等でも、子どもの保育のために出勤できないなどの理由で人手の確保ができずに営業できない、などがおこることも予測されます。 (すでに起きているところもあるでしょう) 新型コロナウイルスへの対応として、経済活動に影響が出て、会社や事業所の営業が縮小したり、休業したりすると、当然ながらそこで働いている人の生活にも影響します。 特に、 非正規で働いている人、そのなかでも時給や日給で働いているようなより不安定な働き方をしている人には最も大きなしわ寄せがいく可能性があります。 安倍総理は「休職にともなう所得の減少に手当をする」と言っているが… 2月29日におこなわれたにおいて安倍総理は、一斉休校にともなう保護者の所得の減少について、 「保護者の皆さんの休職に伴う所得の減少にも、新しい助成金制度を創設することで、正規・非正規を問わず、しっかりと手当てしてまいります。 」 と話しています。 そして、新型コロナウイルスによる影響を受ける企業側に対しても、 「新型コロナウイルスの感染が世界的な広がりを見せる中で、海外からの観光客の減少に加え、工場の製造ラインを維持できるのかといった不安も拡大しています。 業種に限ることなく雇用調整助成金を活用し、特例的に1月まで遡って支援を実施します。 」 と答えています。 また、同会見のなかで、「今後10日程度のうちに緊急対応策を政府として用意する」としています。 これらを考慮すると、 休職や休業等にともなう所得の減少への支援策を3月10日前後までに策定する、と考えることができます。 また、観光業などに限らず、業務の縮小や営業停止等を判断せざるを得なくなった企業、事業所への支援、そして、お子さんがいる家庭のみならず、影響を受けて休職等をした人には何らかの支援がおこなわれる、と考えてよいのではないかと思いますが、まだ 具体的な政策は明らかになっていません。 これらの対策が整うことを期待しつつも、問題は、こういった政府の具体的な支援策がスタートするまで 「待てない人がいる」ということです。 政策が始まる=すぐさま困っている人にお金が行き渡る、ではない 政策がスタートして 実際に困っている人の手元にお金が届くまでには当然ながらタイムラグがあります。 仮に安倍総理の説明の通りに、3月10日ごろまでに具体的な支援策が発表されたとして。 その後に制度利用の窓口なりが設置され、休職した本人か事業者側になるのかわかりませんが書類等を用意してその制度を申請し、申請が受理されたのちに審査を経て決定が出て、そこではじめて補償される金品が手元に届く、という流れが想定されます。 もしくは、事業者側が先に金品を休職した人などに支払い、あとで事業者側がその支援制度に申請する、という流れも考えられますが、これだと資金繰りが苦しい中小企業などでは実施が難しくなる、制度利用のハードルがあがる可能性もあります。 いずれにしても、 政策ができるイコール即座に必要な人にお金が行き渡る、とはいかない、ということです。 必要な人に支援が届くまでの 「つなぎ」をどうするのか、ということを考えなければなりません。 貯金がない、少ない世帯はどうしたらいいか 厚労省の国民生活基礎調査(2015年)によれば、 貯金がない世帯は全世帯で14. 児童がいる世帯でも14. 6%であり、母子世帯だと37. 6%となります。 もちろん、ここで「貯金がない」とされたすべての世帯が、今回の事態で休職等になり、収入が少なくなる、とは限りません。 しかし、新型コロナウイルスの影響により休職する人のなかに、 もともと所得が少ない人、ギリギリで何とか生活していた、という人は一定数含まれると考えるほうが自然でしょう。 特に、非正規で働いている人、時給や日給で働いている人のなかには、日常的に生活が苦しい、という人も少なくなく、 休職等をせざるをえない状況になってしまった際に、最も経済的な影響を受ける、と言えます。 彼ら・彼女らは、休職の際の 支援制度ができたとして、実際に手元に給付金や補償金等の支援が届くまでのタイムラグをまかなう貯えがありません。 では、その「つなぎ」をどうすればいいでしょうか。 1か月分の支出をまかなえなさそう…遠慮なく生活保護を申請しましょう 生活保護制度は働いている人でも健康な人でも、収入と資産が生活保護基準を下回れば利用できる制度です。 生活保護基準は年齢や世帯人数、住んでいる地域などによっても異なりますが、都内だと単身で約12万円ちょっと。 (生活費分と住宅費分を合わせて) この金額に満たない場合に、足りない分の支給を受けることができます。 生活保護制度の詳細についてはこちらをご参照ください。 厚労省HP もやいHP それこそ、 3月中に生活が立ち行かなくなる、と思う状況でしたら、生活保護制度の申請をご検討ください。 申請はお近くの自治体の窓口(福祉事務所)で可能です。 生活保護制度は、収入減などで一時的に利用し、収入が生活保護基準を超えて必要なくなったら利用をやめる、などのこともできます。 また、失業した方などの場合は、生活保護を利用しながら再就職へのサポートをしてもらうことも可能です。 遠慮せずに、 まず一度、公的機関へのご相談を検討してください。 しばらくは何とかなりそうだけど貯えが少なく不安だ…生活福祉資金貸付もあります 1か月はなんとかなりそうだが、手持ち金が少なくなるのは心配だ、貯金は少しあるのであと数万円あれば何とかなる、などの状況の人もいると思います。 そういった状況の人には、 生活福祉資金貸付という仕組みがあります。 これは、生活困窮した際に、 生活再建のための費用や次の収入までの「つなぎ」などを目的として貸し付けを受けられる仕組みです。 厚労省HP この生活福祉資金貸付についてはお近くの社会福祉協議会にて利用することが可能です。 こちらは申請してその日にすぐ必ず貸し付けを受けられる、というものではないので、少し余裕をもって申請に行く必要があります。 生活に困ったら公的支援を利用しましょう 新型コロナウイルスによる影響で、今後も、仕事を失ったり、休職等の対応を迫られる人が増える可能性があります。 安倍総理は記者会見のなかでここ1~2週間が拡大するか収束するかの瀬戸際である、と話していましたが、経済に及ぼす影響ははかり知れませんし、こういった状態がいつまで続くか現段階では予測がつきません。 低所得の人など生活が苦しい人は、 自分の生活を守ることを最優先に、遠慮なく公的支援の利用をご検討ください。 この記事で紹介した生活保護制度や生活福祉資金貸付以外にも、生活困窮者自立支援制度など、さまざまな支援制度があります。 お近くの自治体にご相談ください。 支援制度等の情報は今後随時アップデートされる可能性がありますのでご注意ください。

次の

コロナ禍で働けないパート主婦の収入を守る3つの制度(女性自身)

コロナ 仕事 が ない

提供 「イベントがなくなったから仕事も中止で……。 こんな状況だからさ、恨みっこなしで」 3月某日、春先に開催予定だったイベントの中止を、主催者から一方的に通告された筆者。 イベントの取材をして、それを元に各媒体に記事を書きわける。 例年はこの案件だけで約10万円の収入があった。 中止となったイベント取材はこれだけではない。 多くの大規模イベントの予定が消し飛んだ。 まさか自身が「新型コロナウイルス」の余波に巻き込まれるとは考えたこともなく、あまりのショックに呆然とするしかなかった。 中国を皮切りに、今や世界中が「コロナパニック」に陥っている真っ只中、筆者だけでなく、世界中がその影響を甘受せざるを得ない状況が続いており、我が国の政府は公共料金支払い期限に猶予を持たせたり、融資機会の拡充といった策を発表しているが、本音としては「現ナマをよこせ」というのが第一であり、その次に「減税せよ」というのが、庶民の切なる思いに違いない。 その一方で、騒動の渦中にありながら、まるでビクともしない人たちがいる。 極端な大金持ちが、物見遊山で庶民の暮らしを眺めているのかと言えば、そうではない。 むしろ、その逆である。 ビル内の業者が出社停止になり休業状態でも、ビルのメンテナンスは毎日欠かせない。 ということは、私には仕事があり続ける。 月収は手取りで20万円くらい。 むしろ残業が増えている」 こう話すのは、都内のビルメンテナンス業者に務める澤田豊彦さん(仮名・40代)。 地方の高校を卒業後に職を求めて上京するも、ギャンブルや夜遊びにハマり、多額の借金を抱えた。 高給業界には見向きもされず、人手不足のビルメン業界になんとか潜り込んで早15年。 給料が安く夜勤もあってキツいと言われる仕事。 だが、ここにきて「絶対になくてはならない仕事」であることが明らかになったのか、仕事がなくなることはないという。 「私が担当するビルに入居する一流企業は、多くがリモート勤務に移行して人が少ない。 今までほとんどもらったことがない残業代が支払われて……。 千葉県内の土木関係会社経営・福田隆さん(仮名・50代)が話す。 「土木関係ですが、人がいないということで様々な事業主からひっきりなしに声ががかかる。 休業中のテーマパークの補修など、普段は人が多すぎて簡単に補修ができないような場所での仕事が前年同月比で200パーセント、倍です。 これを機会に信用を勝ち取り、取引先になればと人員を増やして頑張っています。 コロナの影響……そうですね、災い転じて福となす、という言葉を噛み締めていますよ」(福田さん) 福田さんは自社の業務を振り返りつつ、「絶対に社会に欠かせない仕事だ」と再認識した。 そして、自信を取り戻すまでになったと喜びを隠さない。 「資本主義経済って弱肉強食なわけです。 誰かが富めば誰かは貧する、陣取りゲームですよね。 我々で言えば、同級生の誰々は大手銀行に入った、弁護士になった、なのに私はフリーター。 結局、勝ち負けしかない。 たとえどんな状況であれ、私たちは今、まずは眼前の困難に向き合うしかないのだ。 <取材・文/森原ドンタコス>.

次の

新型コロナウイルスで仕事やバイトが休みになったら給料はどうなる?【新型肺炎】

コロナ 仕事 が ない

新型コロナウイルス騒動で影響を受けてない人はいないはず。 これまでも何度か金銭的に危機的な状況に陥ってきましたが、今回のことは少し違います。 リーマンショックのような、経済のシステムで被害を受けているわけではなく、「ウイルス」という生命そのものの危機によって、強制的に外出を自粛させられて人々の経済が半ば強制的な制限をかけられている状況なのです。 飲食店の営業が自粛することで、そこで働く従業員は仕事がなくなります。 4月7日から出された緊急事態宣言での煽りを受けた飲食店も多いでしょう。 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない今、仕事がなくなってしまった方がどのように収入を補填するか。 「仕事がない」とひたすら嘆いていても未来には繋がりません。 どうすれば今回のピンチを前向きに乗り切れるか、現実的に考えていくことにしましょう。 新型コロナウイルスで一番仕事がないのは非正規雇用の人 新型コロナウイルスで仕事がないと一番嘆いているのは、「非正規雇用」の人です。 例えば飲食店で働いているアルバイト・パートの皆さん。 例えば様々な企業で働く派遣社員の皆さん。 そうした「シフト勤務」を行う方々の多くは、新型コロナウイルスで最初に雇用を切られてしまうこともあり、早々に仕事がない状態になくなってしまいます。 非正規雇用では、企業が補償してくれることもないでしょうから、正規雇用の人と比べてかなり苦しい生活を強いられてしまします。 最悪のケースを想定すると、「アルバイトで生計を立てるシングルマザー」なんて、収入がなくなって生活できなくなり、育児に回すお金もなくなるという最悪のパターンです。 助けてくれる親など、別のコミュニティがあればまだマシですが、なかなかそうもいかない人も多いのです。 まるで「派遣村前夜」 リーマンショック直後も多くの企業で売上が落ちて、特に非正規雇用者の雇用が切られる事態になりました。 2008年年末に、職と家を失った費生雇用者が、日比谷公園に建てられた特設テントで生活する人が多くなってしまったのです。 これが当時夜を騒がせた「年越し派遣村」です。 専門家でなくても、私のような多くの一般人が、当時のことを思い出しています。 国からの補償もない、解決の見通しも見えない今、再び多くの人が職と家を失ってしまうことは目に見えています。 新型コロナウイルス感染拡大が止まるか、国から手厚い補償でも出ない限り、派遣村再びの状態は避けられそうにありません。 バス運転手も仕事がない 新型コロナウイルスで仕事がなくなっているのは、正規雇用でも同じこと。 分かりやすく経済的被害を受けているのが「観光バスの運転手」です。 言うまでもなく新型コロナウイルス感染拡大で、観光業界は大打撃を受けています。 以前より観光バスの運転手だった人は、観光客がいないことで「自宅待機」となり、収入は会社から出る最低限の補償のみ…。 その補償もいつまで続くかわかりません。 観光業界のバス運転手でなくとも、今後緊急事態宣言が強まることなどで、完全に交通網がストップしてしまうこともあり得ます。 そうなるとますます、交通に関わる人の生活は苦しくなる一方です。 航空会社のANAも、四半期決済の損益が大幅赤字が出ていると聞きました。 誰も移動しないわけですから、この結果も無理ないことかもしれませんよね。 参考: タクシー運転手の仕事はあるが…「収入がない」 タクシー運転手も新型コロナウイルスの被害を受けています。 タクシー運転手の商売相手の多くが外国人観光客だったことを思えば、タクシー運転手の収入がなくなってしまうのもわかるはず。 仕事事態はあっても、乗せる客がいなくなっていることで収入がなくなっているのです。 渋谷のスクランブル交差点のライブ映像を私はたまに見るのですが、普段は若者がたくさん映るこの映像も、今映るのは暇を持て余したタクシーばかり写ります。 タクシーの運転手は多くが歩合で収入を得ていますから、客足が途絶えるのは収入が途絶えるのと等しいのです。 新型コロナウイルスで仕事がない現状をどう乗り切るか とはいえ、いつまでも新型コロナウイルス騒ぎで「仕事がない」「お金がない」と言っていても仕方ありません。 現実的に、緊急事態宣言、新型コロナウイルスで社会機能が低下している現状をなんとか打破しなくてはいけません…。 「どうすれば新型コロナウイルスで仕事ない状態を乗り切れるか」 考えていきましょう。 とりあえず目先のお金を用意する 新型コロナウイルスで仕事がなくなっている人は、現状目先のお金がなくなっている状況です。 目先のお金を用意しないと、生活がままならない人は今すぐにでもお金を用立てる必要があります。 なるべくリスクがない方法で、生活に必要なお金を用意して下さい。 緊急小口資金で借りる 政府が新型コロナウイルス用の補償をしてくれないなら、もとからある制度でお金を借りるしかありません。 いますぐ生活資金が足りないなら、「緊急小口資金」でお金を借りるのがおすすめです。 そして緊急小口資金は、新型コロナウイルス被害を受けてからさらに利用ハードルが下がっています。 新型コロナウイルスで仕事がなくなっている、収入が減っているなら、すぐにでも緊急小口資金の申請をしてください。 参考: 家族に頼み込んで借りる やはり最後に頼れるのは肉親です。 子供が「新型コロナウイルスで仕事がなくなった」と言っているのを、何も助けてくれないことはないでしょう。 もちろん、親子関係がうまくいっている場合に限りますが…。 ともかく、頼れるところはすべて頼って乗り切りましょう。 トラブルを避けるためにも、近親者からお金を借りる際にも「借用書」を作っておくことをおすすめします。 クレジットカードを活用する 今手元にお金がないなら、クレジットカードを活用して支払うのがおすすめです。 カード払いなら、実際の支払いを後回しにできるので、今手元に現金がなくてもなんとか現状を乗り切ることができます。 一括払いができずとも、何回かに分けて支払うことで、新型コロナウイルスで収入が途絶えた現状を乗り切ることも可能です。 しかしクレジットカードで払って今はお金が減らないとしても、あとで実際にお金が引かれるのは同じです。 なんとか資金のやりくりをすることは忘れないようにしてください。 新型コロナウイルス騒動で仕事がなくなってもやってはいけないこと 新型コロナウイルス騒動で、仕事がなくなっている人は多いです。 特にアルバイトや派遣社員など、非正規雇用の人はわかりやすく仕事と収入がなくなっています。 しかしそういったお金のないピンチにこそ、頭を使って乗り切ることを求められるのです。 現状すぐはお得でも、後で金銭的に苦しくなるような行動はやめてください。 こういった人々のピンチに漬け込んで、お金を騙しとろうとする人にも気をつけてください。 リボ払い クレジットカードを上手に使えとは言いましたが、クレジットカードの支払い方法で「リボ払い」を行うのはやめてください。 リボ払いは支払い額を少額にする代わりに、支払いが基本的に終わらない方式です。 その形式は、キャッシングの返済と同じです。 リボ払いの返済が終わらない様は、時に「地獄」と言われるほど。 甘い誘い文句に乗らない この時期、様々な甘い誘惑があります。 しかし今の時期誰しも困っているのは同じ。 あなたに「儲かる」など甘い言葉をかけてくるのはあまりにも怪しいです。 基本的に今持ちかけられる甘い言葉は、すべて疑ってかかるくらいのほうが良いです。 新型コロナウイルスで詐欺被害も増えている 新型コロナウイルスで詐欺被害がすでに続々上がっています。 例えば、「マスクを無料で送付する」だったり、「コロナ関連の補助金が出る」だったり、お金なり個人情報を抜き取ろうとする人が多くなっており、すでに被害件数は1万件に登るそうです。 参考: 仕事がない、お金がないという状況では、ついつい助かる方に手を伸ばしてしまいがちです。 しかしそれは詐欺に引っかかる第一歩です。 気をつけながら、詐欺被害に合わない努力も必要ですね。 新型コロナウイルスで不安なときこそ落ち着いて 新型コロナウイルス騒動でお金がなく、収入もない今は「どうしよう」「どうなるんだ」と不安でいっぱいだと思います。 脳科学的にも、お金がない状況はIQが下がってしまうという研究結果があるほどです。 参考: しかし、新型コロナウイルス騒動で生活が困っているときこそ、落ち着いて自分の生活の改善策を考えるべきでしょう。 自分の生活を長い目でみる 新型コロナウイルスがおさまったあともあなたの生活は続きます。 ですから、わかりやすく言えば、今多くの借金をしたとしたら、返済するのは新型コロナウイルスがおさまった後です。 新型コロナウイルスで苦しくなっている生活を改善するための方法は、なるべく今後の未来を考えてください。 なるべくノーリスクで、生活に師匠がない方法で問題を解決しましょう。 働き方を変える検討をする 今あなたにお金がないのは、働き方にも問題があります。 収入源がひとつである今の働き方は、今回のようなことが起きた時に対応できません。 新型コロナウイルス騒動を機に、働き方を変えるのを検討してください。 別の職に転職する、または副業するなど、今以上にお金を得られる働き方を模索してください。 コロナウイルス前とコロナウイルス後で世界は変わる 今回のコロナウイルス騒動は、それまでの社会のあり方をすべて変えてしまうほどの衝撃があります。 コロナウイルスでこれから社会がどのように変わるのか? そこまで今回考えておきましょう。 政府のあり方 今回のことで、政府は国民を窮地で助けてくれないことがはっきりしました。 補償はしてくれず、くれるのはせいぜい虫がついたマスク2枚です。 国民は今後、今以上に政府への不信感でいっぱいになるでしょう。 人々はこれ以上に、政府なしで自分で助かる方法を模索するようになることでしょう。 仕事の需要 仕事の需要、働き方も今後変わってくるでしょう。 新型コロナウイルス騒動が治まっても、しばらくは贅沢品への需要は収まり、旅行のニーズもなりを潜めるでしょう。 そして今後ますますオンラインでできることへのニーズは高まるはず。 今以上に機械化、AI化が進む近代社会化がこれまで以上に進むでしょう。 教育のあり方 現在オンライン教育のニーズが高まっています。 セミナー、授業、そういった教育分野も遠隔化が進む…そんな世の中になっていくでしょう。 登校する、授業を受けにいく…そういった必要も今後なくなっていくでしょう。 新型コロナウイルスで仕事がない まとめ 新型コロナウイルスで仕事がなくなっている人は今後どうしていくべきなのか。 現状仕事がないということは、お金もなくなっていることでしょう。 新型コロナウイルス騒動でお金がなくなっているなら、現状とりあえず目先のお金を用意することにしましょう。 そして新型コロナウイルスが治まったあとの世界を生き残る生き方を、考えてください。

次の