パワポ 印刷 余白 なし。 【Power Point活用術】余白を狭くして印刷する方法

コンビニでA4の画像をフチなしで印刷したいのですが・・・

パワポ 印刷 余白 なし

パワーポイントのスライドは、初期設定では比較的余白部分が広めになっています。 そのためか印刷したときに余白部分が大きく表示されて、「肝心なスライド部分が見づらくて困る」という声も少なくありません。 この記事ではパワーポイントの余白部分を狭くしたり、なくしたりして見栄えのよいスライドの印刷方法をご紹介します。 なお、本文の設定方法はすべてOffice 2010の操作です。 余白を調整(狭く)する方法【基本編】 パワーポイントはデフォルトの設定で印刷すると、余白部分もそのまま印刷されてしまいます。 スライドの背景色が白なら余白がそのまま印刷されても大きな問題ではありません。 しかし、背景に色を設定した状態で印刷すると余白が目立つため、見栄えはあまり良くありません。 こうした問題は、パワーポイントの余白を調整したり、プリンターのフチなし設定を行ったりすることで解決できます。 印刷される余白を狭くしたり、なくしたりする方法を解説していきます。 設定前に印刷プレビューから余白を確認 余白を調整する前に、まずデフォルトの状態でどの程度余白ができるのかを確認しておきましょう。 「ファイル」タブの「印刷」をクリックします。 画面右側に表示される印刷プレビューで調整前のスライドの余白を確認します。 余白を調整(狭く)する方法• 「デザイン」タブの「ページ設定」をクリックします。 「ファイル」タブの「印刷」をクリックして、画面右側に表示される印刷プレビューでスライドの余白が狭くなっていることを確認します。 余白を無くす方法(フチなし) 余白をさらに狭くしたり、完全になくしたりする場合は次の操作を行います。 「デザイン」タブの「ページ設定」をクリックします。 「ページ設定」ダイアログが開いたら、「幅:29. 7cm 高さ:21cm(A4用紙の実寸サイズ)」を入力して「OK」ボタンをクリックします。 印刷する用紙サイズよりも大きい値を指定すると、スライドの端にある内容が切れてしまう場合があります。 なるべく印刷する用紙の実寸サイズより大きい値を指定しないようにしましょう。 「ファイル」タブの「印刷」をクリックすると、画面右側に表示される印刷プレビューでスライドの余白がさらに狭くなっていることが確認できます。 「デザイン」タブの「ページ設定」をクリックします。 「ファイル」-「印刷」を順にクリックして「プリンターのプロパティ」を開きます。 「用紙サイズ」と「出力用紙サイズ」を「A3」に変更して「OK」ボタンをクリックして、プリンターのプロパティを閉じます。 プリンターのプロパティの設定画面はプリンターの機種により異なります。 詳細な設定方法はプリンターに付属のマニュアルを確認してみてください。 画面右側に表示される印刷プレビューでA3用紙の状態で余白が調整されていることを確認します。 さらに余白を狭くしたいときは「デザイン」タブの「ページ設定」をクリックします。 「ページ設定」ダイアログが開いたら、「幅:42cm 高さ:29. 7cm(A3用紙の実寸サイズ)」に変更して「OK」ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。 「ファイル」タブの「印刷」をクリックすると、画面右側に表示される印刷プレビューでスライドの余白がさらに狭くなっていることが確認できます。 「ページ設定」でスライドの幅と高さを用紙の実寸大の値に設定しても、完全にスライドから余白が消えるわけではありません。 完全に余白を消したい場合は、プリンターのプロパティからフチなし印刷の設定を行います。 「ファイル」タブの「印刷」を開き「 プリンターのプロパティ」をクリックします。 「プリンターのプロパティ」ダイアログが起動したら「ページ設定」タブを開きます。 なお、プリンターによって「用紙設定」タブや「レイアウト」タブの場合もあります。 「フチなし」「フチなし全面印刷」「全面印刷」といった設定を選択して「OK」ボタンをクリックして、ダイアログを閉じます。 フチなし印刷の設定はプリンターの機種により異なるため、詳細な設定方法はプリンターに付属のマニュアルを確認してみてください。 また、プリンターによりフチなし印刷に対応していない機種もあります。 その場合は、余白が完全に消えた状態で印刷することはできません。 画面右側の印刷プレビューを見て、スライドの余白が完全に消えていることが確認したうえで「印刷」ボタンをクリックします。 余白を調整して印刷する方法【応用編】 1ページに複数スライドを印刷するときの余白の調整方法 会議などでプレゼン資料を印刷するときに、配布資料フォーマットを使って複数スライドを1ページにまとめて印刷することはありませんか。 配布資料フォーマットでスライドを印刷すると余白が大きくなってしまうため、「余白部分を狭くして印刷したい」という方も多いようです。 残念ながら、配布資料フォーマットで印刷する場合は、余白の調整は行えませんが、プリンターの割り付け印刷を使うことによって、スライドの余白を調整することができます。 「ファイル」-「印刷」をクリックして「印刷レイアウト」を「 フルページサイズのスライド」に変更。 「プリンターのプロパティ」をクリックし、「ページ設定」タブ(「用紙設定」タブ、「レイアウト」タブ)から「割り付け印刷」に変更します。 プリンターのプロパティ画面に表示されるページレイアウトが割り付け印刷の状態になっていることを確認して「OK」ボタンをクリックします。 割り付け印刷の設定方法はプリンターの機種により異なります。 詳細な設定方法はプリンターに付属のマニュアルをご確認ください。 「印刷」ボタンをクリックして1ページに複数のスライドが割り付け印刷されていることを確認してみてください。 ノートを一緒に印刷する場合 なかにはパワポのスライドに説明文を書いたノートも、一緒に印刷している方もいるのではないでしょうか。 スライドとノートを一緒に印刷するときに、それぞれ任意のサイズに調整して印刷したい場合は、以下の操作でサイズの調整を行ってみてください。 「表示」タブを開き「ノートマスター」をクリックするとノートマスタービューが表示されます。 スライド部分のサイズを変更するときはスライド部分にマウスポインターを持っていき、サイズ変更ハンドルをドラッグして任意のサイズに調整します。 ノート部分のサイズ変更する場合はノート部分にマウスを持っていき、サイズ変更ハンドルをドラッグして任意のサイズに変更します。 スライドとノート部分のサイズ調整が終わったら「マスター表示を閉じる」をクリックします。 手順2の操作を行っても、印刷プレビューでスライドとノートのサイズが変更されないことがあります。 その場合は、「表示」タブ-「ノート」を順にクリックして、「ノート」表示にします。 スライドの余白部分を右クリックして「ノートのレイアウト」をクリックします。 「ノートのレイアウト」ダイアログが開いたら「マスターと同じ」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックして閉じます。 手順2で調整したサイズに変更されたことを確認します。 「ファイル」タブの「印刷」をクリックして「印刷レイアウト」を「ノート」に変更して「印刷」ボタンをクリックして操作完了です。 なお、手順4と5の操作は手順3の「マスター表示を閉じる」でマスタービューを閉じて、手順2で調整したレイアウトサイズに変更された場合は不要です。 手順4と5を飛ばして手順6の操作に進んでください。 パワーポイントの余白を狭くして印刷する方法や余白なしの印刷設定のやり方は理解できましたか。 パワーポイントのスライドを印刷するときに、余白部分の調整に困っている方はぜひ試してみてください。 監修者:たくさがわつねあき(著者・インストラクター) パソコン教室を運営する傍ら、初心者への直接の指導経験を元に執筆活動を行う。 2008年「これからはじめるパソコン超入門の本」で著書デビュー。 代表作に「これからはじめるエクセル超入門の本」の他、「たくさがわ先生が教える」シリーズ(技術評論社)、「大きな字だからスグ分かる」シリーズ(マイナビ)がある。 内容はiPad、Excel、ショートカット、困ったを解決、デジカメ、安全対策など多岐にわたる。 いずれもメディアで紹介され、好調に売上を伸ばしている。 寄稿に、「孫育てのツボ — デジタル機器を使う」(毎日新聞)、「どうしてる?パスワード&暗証番号」(女性セブン)などもある。

次の

パワーポイントを印刷する際の余白の設定について

パワポ 印刷 余白 なし

「役員への新規事業企画発表プレゼン」、「事業部メンバーへの四半期売り上げ発表」、「重要顧客への営業プレゼン」など、、マネジメント業務をしていると、重要なシーンでパワーポイントを使ったプレゼンをする機会が多くあると思います。 しかし、パワーポイントの知識や経験がない中で取り組むと見やすい資料が作れなかったり、カンタンな発表作成でも数時間掛かってしまうこともあるでしょう。 そこでマネたまでは、「」として、マネジメントの皆さんにとって役立パワーポイントの使い方をたっぷりご紹介していきます。 今回ご紹介するのは「印刷の余白」についてです。 パワーポイントはパソコン画面上やプロジェクターで映し出す資料の作成を目的としていますが、聞き手に配る配布資料としても使用できます。 印刷時には見やすいように余白を設定する必要があります。 今回は印刷時の余白設定について、ご紹介いたします。 なお今回の解説は、パワーポイントの2016バージョンにて行います。 2016 印刷時に気をつけたいパワーポイントの余白設定について どれだけわかりやすく、伝わる資料を作成したとしても配布資料として配る印刷物が見にくいようであれば、元も子もありません。 資料を見る人の視点に立って、印刷した資料もチェックしましょう。 また、新人や部下にも印刷時には余白を考慮するように予め指示することで、無駄なフィードバックを省くことができます。 パワーポイントはスライド全体を使って、資料を作成することができます。 その反面、配布資料として印刷した場合、想定していたよりも見難い、わかりづらいという場合もあるので、印刷するまで気を抜かないようにしましょう。 パワーポイントの配布資料での印刷は余白調整ができない? プレゼン用のスライドを配布資料として、印刷する場合は注意が必要です。 そのまま印刷すると余白が多くなり、とても見にくい資料となってしまいます。 特に外側の余白や一段目と二段目の間に余分な余白が存在します。 これらの余白を可能な限り狭くし、スライドを大きく表示させるにはどうすればよいのでしょうか。 また、以下のように「配布資料」として、印刷テンプレートを選択すると余白を埋めることができないので、事前にスライド自体の余白を調整する必要があります。 パワーポイントの余白調整はスライド形式で印刷を! 配布資料の設定のように1枚の用紙に6つのスライドを収め、かつ余白を埋める作業をする方法をご紹介いたします。 このように印刷するにはスライド自体の設定が必要です。 「デザイン」タブの「スライドのサイズ」で「ユーザー設定のスライドのサイズ」をクリックします。 次に表示されたウィンドウで「最大化」を選択します。 するとスライド画面がA4サイズ、めいいっぱいまで広がります。 次に「印刷」側で設定を行ないます。 「ファイル」の「印刷」をクリック。 「クイック設定」タブの中にある「ふちなし全面印刷」にチェックを入れ、 「普通紙」を選択します。 すると、余白が埋まり、配布資料として印刷が可能となります。 このように配布資料として配布する、新人や部下の添削用として 印刷する場合は余白を埋めるような設定を行ないましょう。

次の

パワーポイントを余白なし・フチなしで印刷する方法

パワポ 印刷 余白 なし

プリンターを正しくパソコンに接続します。 [Word]または [Excel]を起動します。 上部にあるファイルメニューをクリックします。 メニューが表示されるので、左にある [印刷]をクリックして[印刷の設定画面]を表示します。 プリンターの項目に、 [これから印刷に使うプリンター]が表示されていることを確認します。 確認したら、 「プリンターのプロパティ」の文字をクリックします。 プリンターの設定画面が表示されます。 画面の中から [フチなし全面印刷]、または[四辺フチなし印刷]という名前の項目を探し、チェックします。 チェックを入れたらプリンターの設定画面を閉じます。 プリンターによっては「フチなし印刷」ができない場合も プリンターの設定画面は、使用するプリンターによって操作や表示が異なるので、 お使いのプリンターによっては[フチなし全面印刷][四辺フチなし印刷]というチェック項目が見つからないかもしれません。 もし見つからない場合は[プロパティ]という名前のボタンを押したり、上部の設定パネルを切り替えたりして設定画面を詳しく見てみましょう。 うまく設定できない場合はプリンターの説明書を参照するか、メーカーサイトで製品情報を調べてみましょう。 全面印刷の設定手順が丁寧に解説されていることも多いです。 ただし古い機種など、一部全面印刷に対応していないプリンターもあるので注意が必要です。 このようなプリンターを使用している場合、全面印刷はできません。 Wordを起動し、印刷したい資料を開きます。 上部にある [レイアウト]タブをクリックします。 するとすぐ下のメニューが変わるので、そのメニューの中にある [余白]をクリックします。 新たにメニューが表示されるので、メニューの中にある [ユーザー設定の余白]をクリックします。 ページ設定メニューが表示されます。 余白の項目の 「上」「下」「左」「右」「とじしろ」すべての数値を0に変更します。 OKを押します。 これでWordの設定は完了です。 印刷プレビューを確認するには、上部にある [ファイル]をクリックし、表示されたメニューの左にある [印刷]をクリックします。 画面が正しく表示されていればきれいに全面印刷できるはずです。 それでもうまく印刷できない場合は、記事後半の 「ふちなし印刷できない時の確認事項」の内容も参考にしてください。 Excel2016でふちなし印刷する手順 Excel側でふちなし印刷する場合も、設定方法はWordとほとんど同じです。 Excelを起動し、印刷したい資料を開きます。 上部にある [ページレイアウト]タブをクリックします。 するとすぐ下のメニューが変わるので、 [余白]をクリックします。 新たにメニューが表示されるので、メニューの中にある [ユーザー設定の余白]をクリックします。 ページ設定メニューが表示されます。 [余白]タブの中にある、 「上」「ヘッダー」「左」「右」「下」「フッター」すべての数値を0に変更します。 設定メニューの下にある [印刷プレビュー]をクリックして、余白が消えていることを確認しましょう。 ふちなし印刷できない時の確認事項 上記の手順で設定してもきれいに全面印刷できない時は、以下の項目を確認してみてください。 プリンターによっては用紙サイズの設定項目で余白のあり・なしを指定するものもあるので、1度確認しておくと良いでしょう。 ヘッダー・フッターが挿入されていませんか? 印刷するまでもなく編集画面ですでに上下に余白ができてしまっている場合は、不要なヘッダーやフッターが挿入されているケースがあります。 上下の余白部分を右クリックしてみましょう。 もし「ヘッダーの編集」もしくは「フッターの編集」というメニューが表示されたら以下の手順で削除します。 上部メニューから [ページレイアウト]タブを選択します。 印刷したい範囲をドラッグで指定します。 メニューにある [印刷範囲]をクリックし、 [印刷範囲の指定]をクリックします。 表のサイズは十分な大きさがありますか? 表が小さすぎて余白ができている場合は、行や列の大きさを変更します。 また、 印刷の[用紙設定]、[拡大縮小設定]を変更すると改善する場合があります。 [ファイル]から[印刷]メニューを開き、右のプレビュー画面を見ながら用紙サイズや拡大縮小設定を変更してみてください。 レイアウトを手動で設定してみる 印刷プレビュー画面でレイアウトを手動で調整するときれいに印刷できるようになることがあります。 以下の手順で操作してください。

次の