美味しい 甘酒 の 作り方。 人気の甘酒10種飲み比べランキング 本当に美味しい甘酒はこれだ!

酒粕甘酒の美味しい作り方と秘訣を伝授!長期摂取で嬉しい効果報告!

美味しい 甘酒 の 作り方

甘酒の簡単でおいしい3つの作り方を紹介します 米麹を使用して作る甘酒の基本の作り方から応用編まで 3つ紹介します。 甘酒は簡単に作れるのですが、失敗するとすれば 温度管理の部分なので、 そこは炊飯器を利用して調整するようにしましょう。 炊飯器の保温機能を使う時は 必ずフタを開けるようにしましょう。 その際にふきんなどをほこりよけとして かけるようにしてください。 5 5~6時間ほどで完成します。 冷めたら容器に入れて冷蔵庫で保存します。 おいしく飲める期間は冷蔵庫で1週間程度です。 デザートのようなおいしさです。 炊飯器の保温機能を使う時は 必ずフタを開けるようにしましょう。 その際にふきんなどをほかりよけとして かけるようにしてください。 4 1時間おきにかきまぜる。 これを繰り返し 3回目くらいに麹と水がなじんでやわらかくなったら (これを糖化といいます)、そのまま置いておく 5 6~8時間ほどで完成です。 冷めたら冷蔵庫で保存しましょう。 保存期間は冷蔵庫で1か月と基本の作り方よりも 長持します。 長期保存が可能なので毎日少しずつ飲むのも おすすめです。 スポンサードリンク 甘酒の失敗しないためのポイント 甘酒の作り方自体は簡単なのですが、 ポイントを間違えると失敗してしまいます。 きっちりとポイントを押えましょう。 また米麹は色々なメーカーが販売していますが それぞれ特徴があり 同じように作ったつもりでも甘みが風味がかなり違う場合が あります。 私も色々試してみましたがおすすめは 「 鶴味噌醸造 乾燥米こうじ」です ここの米麹は甘みもしっかりあり、クセもないので 甘酒にピッタリです。 創業明治3年と伝統のある会社の米麹なので 安心ですね。 ただこれですと米麹の量が多く、失敗することもあります。 実際はこれより少なくても、おいしい甘酒は作ることが 可能です。 実は基本の作り方で紹介した米麹の量も 一応一般的な量を載せましたが、 お米が2合の場合は半分以下の200~250gでも おいしく作ることができます。 これは米麹の種類にもよると思いますが お米2合で米麹100gでも、濃厚ではなく さらっとした感じの甘酒でしたが十分に おいしかったです。 米麹の量は基本の量を把握しておいて あとは自分の好みで量を減らしてみることをおすすめします。 ちゃんと温度計で計ってから混ぜるようにしましょう。 見やすいデジタル表示のクッキング温度計がおすすめです。 1,000円以下で色々なメーカーが販売していますので 一つ持っていると便利ですよ。 炊いたご飯の温度と一緒に大切なのが 炊飯器の保温温度ですね。 そのためにもクッキング温度計で1~2時間おきに 温度が変化していないか確かめるようにしましょう。 何度も確かめるのが面倒という場合は ヨーグルトメーカー(または甘酒メーカー)という 商品があります。 まとめ 市販の甘酒は色々販売されていますが 安い甘酒は酒粕が使用されていて アルコールが入っていたり、砂糖も入っている 商品が多いです。 市販の高級な甘酒よりも半分以下の価格で 作る事が可能ですので ぜひ手作り甘酒を作って健康・美容のために 毎日飲むようにしましょう。 関連記事:.

次の

麹屋さんが教えてくれた、麹から簡単にできる美味しい甘酒の作りかた

美味しい 甘酒 の 作り方

酒粕が体に良いと持て囃されている昨今。 テレビでも特集が組まれるほどの人気ぶりで、その栄養価の高さにチャレンジしてみたいと思いつつもなかなか手が出せないでいる人、いませんか? 酒粕は、名前に『酒』と言う文字が入っている通り アルコール分含まれていますので、 酒臭さをイメージしすぎてしまいますよね。 「だって下戸ですもん」 酎ハイをジョッキ一杯飲んだだけでも胸が苦しくなり、吐き気と頭痛に襲われてしまうため、アルコールに全然良いイメージがないですもの。 身構えて当たり前です。 でもこれだけ 『酒粕いいよ』『酒粕甘酒は子供でも美味しく飲めちゃうよ』なんていわれると、飲んでみたくなるものです。 そこで今回は、酒粕を使った甘酒の美味しい作り方をまとめました。 実は私自身も先入観から、3日前まで酒粕を苦手としていました。 『料理にコクが出て美味しくなるよ』とか『粕漬け最高!』とか言われましても、奈良漬けの味を想像すると食べる勇気が湧いてきませんでした。 「美味しいよ」と進められた奈良漬けが・・・なんとも言い難い、不味くはないのでしょうが口に合わなかった思い出があります。 食べたことがないものを口にするのは勇気がいりますが、最初の一口さえクリアすれば美味しく頂けてしまうものですよ。 酒粕が溶けたところに豆乳100ccを投入し、 ここで火にかけかき混ぜていきます。 酒粕は生き物ですので、 沸騰させると菌が熱で死滅してしまう恐れがあり、更に 旨味や風味までもが損なわれて苦味が残るので鍋から目を離さないようにしましょう。 豆乳がたぎってくると次第に、鍋肌から 小さい泡がフツフツと表れますので飲み頃の合図となります。 グツグツさせるのは絶対に禁物ですよ。 フツフツしてきたら 火を止め、おろし生姜とはちみつ大さじ1を入れて軽くかき混ぜたら出来上がりです。 酒粕甘酒の美味しさの秘訣! 飲んで頂けたらわかるのですが、非常に コクがあって美味しいんですよね。 最初こそ身構えてしまいますが、半分も飲んでみると意外と飲みやすいことに気付きます。 この我が家の美味しい酒粕甘酒の秘訣は、 『はちみつ・豆乳・生姜・酒粕』にあると思っています。 水以外ってことですね。 一つずつご説明していきます。 はちみつ 酒粕から作る甘酒には、砂糖やはちみつなどの甘味をつけないことには甘酒とはなりません。 この『甘味』って、体重が気になっていたり、メタボで悩まされたりする人にとっては非常に気になる存在ですよね。 『The・糖』いかにも太りそうな糖分と言わんばかりの砂糖より、 自然の甘味であるはちみつの方が、どちらかと言えば体に優しいって思いませんか? そうです、 はちみつは体に優しいのです。 同じ 甘味を感じるのに、 砂糖が大さじ1に対して はちみつが小さじ1 100g辺りの カロリーも、 砂糖が384kcalに対して はちみつが294kcal 今回紹介した我が家の美味しい甘酒に使ったはちみつの量は大さじ1でした。 これを砂糖に変換すると大さじ3の量が必要となり、摂取する カロリーが3. 9倍高くなることがわかりますね。 少ない量で強い甘味を加えるためには、はちみつを使いましょう。 豆乳 豆乳も健康に良いとされる飲み物として上位に挙げられます。 大豆を搾ったエキスは豆臭かったりエグみがあったりとして飲みにくいのですが、今は 砂糖や塩などで味を整えた『調整豆乳』が登場し格段に美味しくなっています。 我が家の甘酒で使った豆乳の量は100ccですが、この中に含まれる砂糖の量は僅か小さじ1杯分ですので、神経質になるほど気にする必要はありません。 豆乳はなんと言っても イソフラボンパワーが女性には大人気で、 美肌効果はもちろんですが、お肌のトラブルである しみ・シワ・くすみ・ニキビなどを予防してくれます。 腸にはオリゴ菌が届いて 便秘解消の作用があり、鉄分で 貧血の予防もしてくれます。 酒粕甘酒に加え一緒に飲むことで、美肌や腸内環境などの相乗効果が大いに期待されます。 おろし生姜 生姜の効能として、 風邪予防や冷え性改善などが有名ですよね。 スポンサーリンク 肩こり解消・血液サラサラ・血行促進・血糖値を挙げにくくしてくれ・認知症予防にも効果があり、 胃腸の調子を整えてくれます。 抗酸化作用で アンチエイジングにも期待大です。 素晴らしいパワーを持った『ジンゲロール』という成分はそのままだと取り込むことが出来ないので、温かい甘酒に入れて 『ショウガオール』に変化させる必要があります。 空気触れることを嫌いますので、甘味がフツフツとたぎった頃を見計らって擦り下ろすのが一番です。 すりおろした生姜は、酒粕の溶け残りをカムフラージュすることができるので、抵抗なく飲みやすくしてくれます。 酒粕 材料の中で最も大事なのが、酒粕選びです。 酒粕で甘酒を作っていくのですから、当たり前っちゃ当たり前なのですが。 酒粕にはランクがあるのをご存知でしょうか。 スーパーでよく見かけるのが『板粕』『バラ粕』と言われる酒粕です。 これらの酒粕はわかり易く説明すると、日本酒を精製する段階で絞れるだけの水分を搾って搾ってカスッカスにしたもので、本当のカスなんですね。 酒粕が苦手な人にはハードルが高い酒粕です。 ランクの高い酒粕というのは、 美味しい日本酒ありきの酒粕ですので、最後の最後まで搾り取ることをしません。 ですので、 ホロホロした形状となり板状で取ることも稀です。 超ランクが上の酒粕の種類とは、 『純米大吟醸』『吟醸酒』の酒粕です。 我が家の酒粕甘酒には、二番目に美味しいとされる『吟醸酒』の酒粕で作っていますが、かなりの良質です。 『吟醸酒』でこれだけ美味しいんですから『純米大吟醸』って、どうなってしまうのでしょう。 大吟醸の酒粕が美味しい理由は麹が残って生きているからで、ハッキリと違いがわかります。 翌日 吟醸酒の酒粕で再度試したところ、 胸のムカつきはなくスッキリと飲むことが出来るようになったのです。 酒粕甘酒を長期摂取することでこんな嬉しい効果が! 酒粕の効果はネットで検索すると、わんさとヒットします。 「 肌艶が全然違ってきます」 「 お通じが良くなったので、ウエスト周りが2cmほどへりました。 そのまま続けて飲んでいると 体重が3kg落ち、酒粕にダイエット効果があると確信しました」 「最初は半信半疑だったけど、 体重が2kg減って効果が出て痩せました」 「無理なく続けられると思いました」 「一週間続けてみると、 寝起きが良いことに気付きました」 美肌とダイエットとお通じの効果がダントツで口コミされていますね。 情報通り、やはり 酒粕は体に良い成分がたっぷりと含まれていました。 とにかく 継続して摂取し続けることがよい結果をもたらしてくれるのです。 酒粕甘酒の美味しい作り方伝授!長期間の摂取で嬉しい効果を報告!のまとめ 酒粕の効果は知れば知るほど最強とさえ思えてきます。 今回は酒粕と言えば『甘酒』ということで、我が家の甘酒の作り方をご紹介いたしました。 体を温めて質の良い睡眠を確保するためにも、 夕食後に飲むことをおすすめします。 豆乳以外でも、りんごジュース・ゆず茶なども美味しいそうですよ。 刻みゆずを入れるてみたり、バナナやいちごシェイクにするのもデザート感覚で美味しそうです。 酒粕甘酒にココアを入れると温め効果激増です! 上半身をを生姜が、下半身をココアが温めてくれるので、全身ポッカポカになりますよ。 是非、お試しください!.

次の

甘酒手作りの薄め方は?美味しい割り方も紹介

美味しい 甘酒 の 作り方

米麹の甘酒を飲んで、 『何コレ…!!甘すぎる!』 と思われたそこのあなた。 私の家族も、同じ感想でした。 しかし、母はあきらめませんよー! アレンジしたら飲める。 食べられる。 こういうパターン、多いです! 栄養満点で、身体にも美容にも良い米麹甘酒。 美味しく、無理なく、身体に取り入れられたら良いですよね。 今回は、 米麹の甘酒が甘すぎるという方へ。 甘酒米麹が甘すぎる 米麹の甘酒を飲んで、『甘すぎる! まずい…。 』と思われた方は、米麹の甘酒の、こんなところが美味しくないと思われたのではないでしょうか?• 食感が苦手• 甘すぎる• ニオイが苦手 私の家族は、このようなことを述べていました。 米麹の甘酒は、炊いたご飯と米麹を使って作ります。 私の子供は『甘いごはん嫌~!』と言っていたので、つぶつぶ=ごはんと認識したんだなぁと思いました。 そして、米麹の甘酒は、 とっても甘い!でも、これは、砂糖を入れた訳ではありません。 発酵してお米の甘さが引き出されたものです。 初めて飲んだ時は、『あれ?砂糖って入れてないやんな?!』と思うくらい、甘さに驚きました。 が、この甘さが『 甘過ぎる…』と感じる人もいるようです。 また、米麹の甘酒は、 独特のニオイがします。 麹のニオイなのだそうですが、全然気にならない人もいれば、気になる人はすごく気になるんだと思います。 実際に、ブレンダーで攪拌してみたんですが、あの独特のつぶつぶ食感が 完全になくなりましたよ! 味は気にならず、食感だけ気になる方にはこの方法がおすすめです。 甘過ぎる 甘さが気になるなら、 甘酒に他のものをプラスしてみてはどうでしょう? お湯 一番簡単な方法です。 しかし、お湯を入れ過ぎると、今度はお湯の味が気になってしまうかもしれません。 1:1の割合を目安に混ぜてみてください。 牛乳 甘い牛乳(ホットミルク、ミルクプリンなど)が好きな人なら、飲みやすいと思います。 甘さがまろやかになって、美味しいコクのある牛乳を飲んでいるような感じです。 豆乳 牛乳とはまた少し違ったコクがあります。 牛乳よりカロリーをおさえたり、豆乳の栄養も一緒に摂ったりすることができます。 ヨーグルト 甘酒が甘いので、プレーンヨーグルトと混ぜると丁度良い甘さになります。 ドリンクタイプのヨーグルトなら、混ぜるのも簡単です。 お好みで、蜂蜜やレモンを加えても。 スポンサーリンク ココア 無糖タイプのココア(純ココア)を入れることで、丁度良い甘さのココアになります。 ニオイもココアの方が勝つので、気になる方にはおすすめ。 きな粉 きな粉を混ぜても美味しいです。 きな粉餅が好きな人は、好みの味になるのではないかなと思います。 もちろん、砂糖は不要。 きな粉を混ぜるだけでOKです。 どれも、 甘酒に混ぜるだけなので、手軽に試せる方法だと思います。 配合は、それぞれ好みがあるかと思うので、少しずつ混ぜながら飲み比べてみてくださいね。 米麹の甘酒を手作りすると、生きた酵素をそのままたっぷり身体に取り入れることができます。 しかし、この酵素、熱に弱くて、60度を超えると働きが止まってしまうんですね。 温めても美味しい甘酒ですが、 60度を越えないように加熱しましょう。 飲み物を加熱する時には、電子レンジを使うことが多いかなと思います。 60度くらいの温度にしたい時には、電子レンジにもよりますが、 600wで1分ほど温めれば十分です。 もしも、1分で高温になりすぎる場合は、加熱時間を短くするか、30秒ずつ2回に分けて温めると適温に温められますよ。 レンジによっては、加熱温度が設定できるものもあるので、 60度という温度をぜひ覚えておいてくださいね。 ニオイが苦手 甘酒に他のものをプラスしても、ニオイに敏感な人は、飲む時に気になるかもしれません。 味噌汁• カレー• ホットケーキ などに加えると、気になる味もニオイも消えるのに、栄養は取り入れることができますね。 気になる酵素の働きですが、先程も紹介したように、60度を越えると酵素の働きは止まってしまいます。 酵素を生きたまま取り入れたいのなら、料理に加えるよりは、甘酒に他のものを混ぜて飲む方がおすすめです。 しかし、酵素の働きは止まってしまっても、甘酒に含まれる栄養は、変わらず取り入れることができますからね!市販の米麹の甘酒も、加熱処理されているものが多いので、『市販の甘酒と同じ』くらいの気持ちで使ってみると良いですね。 米麹の甘酒の美味しい飲み方 最後に、私が一番美味しい!と感じた米麹の甘酒の美味しい飲み方を紹介します。 私は、米麹の甘酒の 味は美味しいと感じたのですが、 食感が少し苦手だったんです。 米麹の甘酒• インスタントコーヒー• 豆乳 <作り方>• マグカップにインスタントコーヒーを入れて、少量のお湯か水で溶かしておく• 甘酒と豆乳を入れる• 冷たくても温めても美味しく飲めますが、特に、冷たいまま飲む時には、インスタントコーヒーをしっかり溶かしておくのがポイントです。 コーヒーが甘酒の甘さを和らげ、ニオイもコーヒーの方が強いので気になりません。 豆乳に含まれる、• イソフラボン=美肌効果• 』 でも、こうしてアレンジの方法を調べて、このページに辿り着いて下さったということは、『何とか美味しく甘酒を飲めたらな…。 』という気持ちを持っておられるからだと思います。 米麹の甘酒、そのまま飲まなくても良いんです。 米麹の甘酒を飲むのを断念する、その前に、一度、紹介したアレンジ方法を試してみませんか?あなたやあなたの家族が、米麹の甘酒を美味しく飲めるお手伝いができたら嬉しいです。 最後まで読んでくださって本当にありがとうございました。

次の