栃木 県 コロナ ウイルス 感染。 栃木県/新型コロナウイルス感染拡大防止協力金について

コロナ感染の給食調理員 栃木市教委が異動撤回 県など指摘、業務継続へ|社会,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

栃木 県 コロナ ウイルス 感染

県協力金を申請している皆様へ 県協力金につきましては、現在、申請書類の確認作業を行っており、確認できた申請から、順次、「交付決定通知書」を発出し、支払手続きを行っております。 多数の申請をいただいておりますことから、確認作業に時間を要していますが、できるだけ早く協力金が皆様の元に届くよう努めて参りますので、御理解を頂きますようお願い申し上げます。 また、個別に確認等が必要な申請につきましては、電話等で確認させて頂き、場合によっては修正や追加書類の提出等をお願いしますので、あわせて御協力をお願いいたします。 新着情報 新型コロナウイルス感染拡大防止協力金のインターネットからの受付を次の通り開始しました。 なお、特措法に基づく施設の使用制限の要請・協力依頼について、5月10日(日曜日)まで継続しておりますが、 協力金の支給条件は「2 支給対象の条件」のとおりこれまでと変更ございません。 5月7日 1 趣旨 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、県の要請・協力依頼に応じて休業に御協力頂いた事業者に対し協力金を支給します。 2 支給対象の条件• 休業期間 4月21日(火)から5月6日(水)まで全期間休業していること (ホテル又は旅館については、4月28日(火)から5月6日(水)までの休業)• 対象施設 対象施設ついてはを参照してください。 3 支給額 1事業者最大30万円 (1事業者当たり10万円。 事業所を賃借している場合は10万円を加算、複数事業所を賃借している場合はさらに10万円を加算) 4 受付期間 令和2(2020)年5月7日(木曜日)から同年6月30日(火曜日)まで 5 申請方法 本協力金の申請は、インターネット又は郵送にて受け付けます。 詳細は、下記サイトにてご確認ください。 申請書類は以下のとおりです。 受付センターのホームページからもダウンロードできます。 感染拡大防止協力金申請書(別紙1)• 誓約書(別紙2)• ・各県税事務所、県庁本館県民プラザ及び各県民相談室 ・ 県内商工会議所・商工会及び県中小企業団体中央会.

次の

コロナ感染経験者を給食調理から外す 栃木市教委に批判 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

栃木 県 コロナ ウイルス 感染

【県民のみなさま・県内に滞在中のみなさまへ】 新型コロナウイルス感染症は、現在国内の複数地域で感染経路が明らかではない患者が散発的に発生しています。 新型コロナウイルス感染症に対しては、風邪やインフルエンザと同様、咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です。 (参考)コロナウイルスについて 人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。 人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまるとされています。 新型コロナウイルス感染症に関する相談・お問い合わせは、電話相談窓口(コールセンター)へご連絡ください。 (電話番号) 0570-052-092• 新型コロナウイルス感染症対策では、通常の風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、お一人お一人の手洗いや咳エチケットなどの実施がとても重要です。 また、以下の点に御留意いただき、正しい知識に基づいて冷静に行動するようお願いいたします。 発症から2週間以内に中華人民共和国湖北省及び浙江省並びに大韓民国大邱広域市及び慶尚北道清道郡を訪問した、もしくは 中華人民共和国湖北省及び浙江省並びに大韓民国大邱広域市及び慶尚北道清道郡 への滞在歴があり発熱と呼吸器症状のある方と接触した方、 新型コロナウイルス感染症と確定診断を受けた患者と濃厚接触された方で、発熱や呼吸器症状のある方を診察した場合は、院内感染対策を徹底いただくよう、お願いいたします。 疑い患者の定義等につきましては、以下の資料を参考としてください。 その他、厚生労働省医政局及び環境省からの医療機関向け通知については、に掲載しておりますので、御確認ください。 届出基準及び届出様式について 通知等 外国人患者への対応等に係る支援ツールについて 新型コロナウイルス感染症の院内掲示用ポスターや問診票を、栃木県国際交流協会の協力を得て日本語と中国語で作成し、に掲載しましたので、必要に応じてご活用ください。 ・中華人民共和国湖北省及び浙江省並びに大韓民国大邱広域市及び慶尚北道清道郡から帰国・入国される方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、保健所に連絡の上、 マスクを着用するなどし、 事前に医療機関に連絡した上で、受診していただきますよう、御協力をお願いします。 なお、医療機関の受診に当たっては、中華人民共和国湖北省及び浙江省並びに大韓民国大邱広域市及び慶尚北道清道郡への滞在歴があることを事前に申し出てください。 中華人民共和国へ渡航を予定されている方へ 中華人民共和国へ渡航される際は、やを御確認ください。

次の

栃木県のコロナウイルスが検査できる病院はどこ?診察までの流れも解説

栃木 県 コロナ ウイルス 感染

新型コロナウイルス感染症に関する高齢者向け情報の取りまとめについて 高齢者の方向けの新型コロナウイルス感染症への対応に関する情報が、厚生労働省のホームページに掲載されましたのでお知らせいたします。 新型コロナウイルスへの対応について 新型コロナウイルスへの対応に関する留意事項について、厚生労働省から通知が発出されましたのでお知らせします。 〔令和2年6月8日付け老高発0608第1号・国住心第114号及び同日付け老高発0608第2号〕• 〔令和2年6月1日付け事務連絡〕• 〔令和2年5月29日付け事務連絡〕• 〔令和2年5月25日付け事務連絡〕• 〔令和2年5月15日付け事務連絡〕• 〔令和2年5月11日付け事務連絡〕• 〔令和2年5月7日付け事務連絡〕• 〔令和2年5月4日付け事務連絡〕• 〔令和2年5月1日付け事務連絡〕• 〔令和2年4月28日付け事務連絡〕• 〔令和2年4月27日付け事務連絡〕• 〔令和2年4月24日付け事務連絡〕• 〔令和2年4月21日付け事務連絡〕• 〔令和2年4月20日付け事務連絡〕• 〔令和2年4月15日付け事務連絡〕• 〔令和2年4月13日付け事務連絡〕• 〔令和2年4月10日付け事務連絡〕• 〔令和2年4月9日付け事務連絡〕• 〔令和2年4月7日付事務連絡〕• 〔令和2年3月31日付事務連絡〕• 〔令和2年3月26日付事務連絡〕• 〔令和2年3月25日付事務連絡〕• 〔令和2年3月24日付事務連絡〕• 〔令和2年3月19日付事務連絡〕• 〔令和2年3月18日付事務連絡〕• 〔令和2年3月17日付事務連絡〕• 〔令和2年3月16日付事務連絡〕• 〔令和2年3月10日付厚生労働省事務連絡〕• 〔令和2年3月9日付厚生労働省事務連絡〕• 〔令和2年3月6日付厚生労働省事務連絡〕• 〔令和2年3月5日付厚生労働省事務連絡〕• 〔令和2年3月4日付厚生労働省事務連絡〕• 〔令和2年2月28日付厚生労働省事務連絡〕• 新型コロナウイルス感染 症の発生に伴う介護福祉士養成施設等の対応についてお知らせします。 〔令和2年2月28日付文部科学省・厚生労働省事務連絡〕• 新型コロナウイルス関連肺炎への対応に関する留意事項について、厚生労働省から事務連絡が発出されましたのでお知らせします。 〔令和2年2月28日付厚生労働省事務連絡〕• 新型コロナウイルス感染 症に係る介護サービス事業所等の人員基準等の臨時的取扱い等についてお知らせします。 〔令和2年2月28日付栃木県保健福祉部高齢対策課通知〕• 新型コロナウイルス関連肺炎への対応に関する留意事項について、厚生労働省から事務連絡が発出されましたのでお知らせします。 〔令和2年2月27日付厚生労働省事務連絡〕• 新型コロナウイルス感染症の発生状況等を踏まえた介護員養成研修(初任者研修・生活援助従事者研修)の実習の取扱いについてお知らせします。 〔令和2年2月27日付栃木県保健福祉部高齢対策課通知〕• 新型コロナウイルス関連肺炎への対応に関する留意事項について、厚生労働省から事務連絡が発出されましたのでお知らせします。 〔令和2年2月24日付厚生労働省事務連絡〕• 〔令和2年2月23日付厚生労働省事務連絡〕• 〔令和2年2月21日付厚生労働省事務連絡〕• 〔令和2年2月18日付厚生労働省事務連絡〕• 〔令和2年2月17日付厚生労働省事務連絡〕• 〔令和2年2月14日付厚生労働省事務連絡〕• 【厚生労働省の電話相談窓口】 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル) 受付時間:午前9時から午後9時まで(土日・祝日も実施) (参考)• 風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえると、咳エチケットや手洗い等、通常の感染症対策を行うことが重要ですので、あらためて、感染症予防についての取り組みにご配慮をお願いします。 また、面会に訪れる家族や施設に従事する職員が中国に渡航していた場合、渡航する予定がある場合には十分に注意いただくよう周知をお願いします。 なお、新型コロナウイルスに関連した肺炎に関する相談・お問い合わせは、お住まい又は施設等を管轄する広域健康福祉センター及び保健所等へお願いします。 下記に合致する事例があった場合は、管轄の保健所に報告し、指示を求める等の措置を迅速に行ってください。 発症から2週間以内に法務省が指定する出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令第319号)第5条第1項に第14号に音尽く入国拒否の措置の対象地域に渡航又は居住していた方で、発熱と呼吸器症状がある方• 発症から2週間以内に法務省が指定する出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令第319号)第5条第1項に第14号に音尽く入国拒否の措置の対象地域に渡航又は居住していた方と濃厚接触された方で、発熱と呼吸器症状がある方• 新型コロナウイルス感染症と確定診断を受けた患者と濃厚接触された方で、発熱や呼吸器症状のある方 (参考)•

次の