イスラム 教 聖典。 イスラム教と旧約聖書の関係をご教示下さい。

イスラム教ってどんな宗教? 〜いつ、どこで、誰が作ったどんな宗教?イスラム教の基本と特徴をわかりやすく解説!〜

イスラム 教 聖典

この世界にはたくさん宗教が存在します。 それこそ数え切れないくらいに… その中でも「キリスト教」や「イスラム教」、「仏教」や「ヒンドゥー教」は最も有名な世界4大宗教はあまりにも有名ですね。 ここでは、そんな世界4大宗教の聖典や経典の違いについてお話したいと思います。 Sponsored Links 聖典や経典の違い…「キリスト教」と「イスラム教」 聖典とは、その宗教の中心思想や神話などが書かれた書物のことです。 聖典は、信者たちにとって信仰の最大の拠り所であるため、聖典を読みくらべてみれば、それぞれの宗教の特徴が見えてきます。 キリスト教の聖典と言えば、ご存じ聖書ですね。 聖書は「旧約聖書」と「新約聖書」の2部構成になっています。 「旧約聖書」は、もともとユダヤ教の聖典で、主に紀元前2世紀ごろまでのユダヤ民族の神話的な歴史が書かれたものです。 神(ヤハウェ)による天地創造から預言者の1人モーセが十戒を授かるまでを記した「律法」、ユダヤ民族による国家建設から分裂、滅亡までを記した「歴史書」、さまざまな預言者たちの言行を記した「預言書」、ユダヤ民族の文化について記した「詩と文学」の4つに分けることができます。 一方、「新約聖書」は、キリスト教の開祖であるイエスの生涯と彼の教えを中心に書かれたものです。 イエスの生涯を記録した「福音書」、イエスの死後における弟子たちの活動を記録した「使徒行伝」、初期キリスト教の形成に最大の寄与をした使徒パウロが各地の信徒たちに向けて書いた手紙などを集めた「書簡」、世界の終末と神による救済を描いた「ヨハネの黙示録」の4つからなっています。 ちなみに、「旧約」とは、神とユダヤ民族が結んだ古い契約という意味で、「新約」とは、その古い約束をいったん破棄し、イエスが神と新たな契約を結んだという意味です。 そのため、新旧という分け方は、キリスト教だけのものなのです。 イスラム教で最も重要視されている聖典は、「コーラン(正しい発音ではクルアーン 」と呼ばれる書物です。 この書物には、イスラム教の開祖ムハンマドが神(アッラー)から受けた啓示が記されています。 「コーラン」は、全体で114の章からなっています。 アッラーによる天地の創造や世界の終末といった壮大な話から、食のタブーといった生活上の細々としたルールまでが記されています。 信者たちは、聖典に書かれているルールを 厳密に守らなければなりません。 また「コーラン」は、原則的に他言語への翻訳を認めず、アラビア語で書かれたものだけが正しい聖典であるとされています。 ただ、イスラム教の神(アッラー)とキリスト教(およびユダヤ教)の神(ヤハウェ)は、そもそも同一の存在ということもあり、イスラム教は「旧約聖書」と「新約聖書」の一部を、「コーラン」に準ずる啓典としているのです。 Sponsored Links 聖典や経典の違い…「仏教」と「ヒンドゥー教」 仏教の聖典「経典」は、一説には現在8万4000種類もあるといわれています。 経典はブッタの教えを記したものですが、そもそもブッダ自身が相手によって語る内容や表現を変えていたために、初期段階から数は3000近くあったとされています。 それが時代を経るにつれ、ブッダの言葉をめぐる解釈が分かれていき、しかも仏教全体でどの解釈が正しいとは決めなかったため、最終的にこれほどの数となってしまったのです。 さらには、さまざまな言語に翻訳されていくなかで、微妙な違いが生まれますます数が増えていったという事情もあるのです。 そんな8万4000種類もの経典を、すべて読んだことがあるという者は、一般の信者は元より、どんな高僧でもいないはずです。 ですが、自分の信仰する宗教の聖典を読みこんでいない、聖典の解釈を決めないというのも、キリスト教徒やイスラム教徒にとってみれば信じがたい話だと思います。 一方、ヒンドゥー教はというと、仏教と同じく無数の聖典が存在している宗教です。 大きく「神人(しんじん)」が天からの啓示を受けて書いたといわれる「天啓聖典」と、人間によって書かれた「伝承聖典」に分けられます。 そして、さまざまな種類の聖典が膨大な数、存在しています。 内容も、神話や伝説から祭礼の方法、あるいは詩や文芸など、多岐にわたっています。 ヒンドゥー教の聖典は、信者にとって生活に密着したものです。 しかし、そのすべてが読まれているわけではないことや聖典どうしの優劣がほとんどないことは、仏教と同じです。 キリスト教 「新約聖書」 福音書・・・イエスの言行や教え 使徒行伝・・・使徒(イエスが選んだ弟子たち)の活動記録 書簡・・・使徒パウロが書いた手紙など ヨハネの黙示録・・・世界の週末と神による救済 「旧約聖書」 律法・・・天地創造やユダヤ教の戒律 歴史書・・・ユダヤ民族の歴史 預言書・・・預言者たちの言行 詩と文学・・・詩編、箴言、雅歌など イスラム教 「コーラン」 信仰・・・アッラーの唯一絶対性、終末など 生活・・・礼拝、喜捨、断食、巡礼など 社会・・・結婚、商行為、利子の禁止など 国家・・・イスラム共同体(ウンマ)の唯一性、裁判、聖戦など 仏教 84,000種類ともいわれる経典 経・・・ブッダの教えをまとめたもの 律・・・戒律を記したもの 論・・・教や律の解脱にあたるもの (経・律・論をあわせて「三蔵」という) ヒンドゥー教 「天啓聖典」 サンヒター・・・讃歌や呪句をまとめたもの ブラーフマナ・・・讃歌や呪句の解説など アーラニヤカ・・・秘儀や哲学的な問題の解釈など ウパニシャド・・・哲学的な問題の集大成 「伝承聖典」 マハーバーラタ、ラーマーヤナ、マヌ法典など 雑談や商談では相手とかなりの間、話をしていることがあります。 相手の話を聞くならまだしも、こちらの…• 好きな人と結婚したい…女性なら誰しも願うことかと思います。 そこで今回は、そんな好きな人と…• 美人でスタイルも抜群の女性…絶対に男性にモテモテなんだろうな、と思います。 しかし、あなた…• ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派「カトリック」…その…• インドにイエスの墓があるというの伝説がありましたが、実はもっととんでない伝説も存在しているのです。

次の

イスラム教と旧約聖書の関係をご教示下さい。

イスラム 教 聖典

イスラム国で有名になってしまったイスラム教… 本来は、唯一絶対の神(アラビア語でアッラーフ)を信仰しており、神が最後の預言者たるムハンマドを通じて人々に下したとされるクルアーン(コーラン)の教えを信じる宗教です。 さて、そのイスラム教には「イスラムの聖典」と「イスラムの法典」というものがあるのです。 この2つの違いをご存知でしょうか。 今回はこの2つの違いについてお話しましょう。 Sponsored Links イスラムの聖典 イスラムの根本聖典は「クルアーン(コーランは西欧の訛りを受け継いだ呼称)」といいます。 この聖典「クルアーン」は、イスラムの神アルラーが預言者ムハンマドを通じて啓示した言葉を記録した書とされています。 つまり、これは神の言葉そのものであるため、ムハンマドの言行を伝承する書は「ハディース」として別にまとめられています。 「クルアーン」と「ハディース」は、神の啓示とそれを解釈するために依拠する範例(特に、スンナと呼ばれる部分)という関係にあります。 聖典「クルアーン」は、ムハンマドが最初ヒラー山の洞窟で天使ガブリエルを通して神の啓示を受けた610年頃から、632年に死を迎えるまでの約20数年間に、事あるごとに神から下された啓示を集録したものです。 当初それは、記憶によって保持されていましたが、後に三代目のカリフ(ムハンマドの後継者)ウスマーンの時、聖典として集録されました。 「クルアーン」は全体が百十四の章に分かれ、各章はさらに数節からなっています。 各章の長さはまちまちで、概して初期の啓示を集録した章ほど短いため、長いものから順に配列されている現行の「クルアーン」は、ほぼ新しい時代から古い時代に遡るという逆の順序になっています。 「クルアーン」の意については、いくつかの解釈がありますが、「唱えるもの、読誦されるもの」との解釈が最も広く用いられています。 それは、「クルアーン」の原典が神によって天上に護持されていた書附(書板)であり、それを天使ガブリエルがムハンマドに読み聞かせたもの、とされていることにも通じるものです。 クルアーンの言葉は、ムハンマドの時代に使用されていたアラビア語の方言の一つとされていますが、今日ではそれがアラビア語圏の標準語になっています。 「クルアーン」の魅力の一つは、唱えることに適したアラビア語による朗々とした誦出にあります。 「クルアーン」の各章にはそれぞれ題名が付されていますが、この題名はその章の主題を表わすものではなく、章を区別するたんなる名前にすぎません。 また第十二章ヨセフを除く各章には、聖書などのような一貫したストーリーの展開はないといわれます。 それは、「クルアーン」が人為的な編集を排除していることによります。 その中で繰り返し強調されているのは、「汝らの神は唯一なる神」ということです。 そして、「クルアーン」は、人間の生なる世界における神の恩恵のみならず、この世界そのものの終末についても詳しく説いています。 そこでは、死者もすべて神の前に再び呼び出され、あらためて神の審判を受けることが記されていますが、この審判では、各自の信仰と行為だけが問題となることを明示しています。 Sponsored Links イスラムの法典 ムスリム(イスラム教徒)が信仰者として守るべき規範を定めた聖法を「シャリーア」と呼びます。 「シャリーア」とは、「水場への道」「従うべき純正な道」を意味しています。 これは、遊牧民にとって水が生命をも意味することから、人間を導く正しい道の語意として用いられるようになったものです。 ムスリムは、この「シャリーア」によって信仰的生活のみならず、世俗的 現世的 生活のあらゆる側面を具体的に規定されています。 ムスリムの生活規範は、次のような義務を含む権利から成り立っています。 1:神より与えられたすべての義務を果たす権利 2:人間が自分自身に対して真実である権利 3:万人に幸福が得られるよう努める自分に対する他者の権利 4:神から与えられたあらゆる資源や能力を活用する権利 イスラムの礎石をなすこのような生活規範にもとづいて、「シャリーア」は、人々を神が啓示した正しい「行動規範」に導くため、ムスリムの全行動を五つに分類しています。 1:義務、怠れば処罰される行為 2:義務ではないが、奨励される行為 3:非難も奨励もされない、行なっても行なわなくてもよい行為 4:処罰はされないが、芳しくない行為 5:行えば処罰される禁止された行為 このようにムスリムの「行動規範」は、一般社会の法律としては全く問題にされないような事項をも含んでいます。 「シャリーア」は、「クルアーン」を中心として、預言者の範例(スンナ)、スンナによる類推(キャース)、イスラム共同体の中で受け入れられている合意(イジュマー)の4つに依拠しています。 「スンナ」とは、ムハンマドの教示や行為によって指示された聖なる慣行をいいます。 そこにはムハンマドの言葉、ムハンマドの行ない、ムハンマドによって黙認された行為や墓の3つが包含されています。 「キャース」とは、類推と推論によって「クルアーン」と「スンナ」から法律上の規定を導き出すことをいいます。 しかし、「キャース」は「クルアーン」と「スンナ」、「イジュマー」のいずれの対象ともならなかった問題についてのみ言及するとの考え方もあるため、これを用いて法解釈をするのをよしとしない人々も見受けられます。 「イジュマー」とは、イスラム共同体における権威あるイスラム学者たちの合議による見解をいいます。 「イジュマー」はイスラム法の法源とされていますが、その権威は、「イスラム共同体は過ちについて意見の一致を見ることはない」(全員が判断を過っことはない)と「イジュマー」の正当性を支持した「ハディース」に基礎を置いています。 他人と話している時に思わず口走った言葉で、「あれ?本当はこんなこと思ってもいない…• 彼と付き合って何年か経つと、次はどうしても次のステージ・・・・結婚を意識するのは当たり前ですよね。 夏になると発生する蚊との戦い。 キャンプや釣りなどを思う存分楽しみたいですが、忘れてはいけない…• あなたは何かを始める時、また目標ができた時、それらを始める前にきっと無理だろうなあ、と思ったことはあ…• 血液型で男女の相性や付き合い方に関してみていきましょう。 特にその中でも今回は…「A型男性…•

次の

イスラム教(イスラムきょう)とは

イスラム 教 聖典

実際には旧約聖書を聖典にしているわけではないと思います。 旧約聖書の背景を共有しています。 新約聖書もそうですがクルアーンと多少食い違っていてもイスラーム的には問題ではありません。 神は正しい教えを与えたのですが人間が間違ってしまっつ。 新約聖書も神の直接の言葉でなく人間の手を介しています。 実際福音書間で必ずしも完全に整合性が取れているわけでもないようです。 クルアーンでは随所にムーサーに何々した事を思い出せって言われています。 旧約聖書を聖典とするというのはこういうことじゃないでしょうか?書物としての旧約、新約聖書も認められてはいても実際に参照することはほとんどないのではないでしょうか。 一応六信五行の中に聖典を信じることになっているので完全無視は難しいでしょう。 他の回答もありますが、旧約聖書および新約聖書は イスラムにとって聖典ではありません。 あくまでコーランです。 イスラム教、ユダヤ教、キリスト教 全て神様は 同じなのです。 解釈が違うのです。 イスラムからすれば、ユダヤ教とキリスト教は 神様の教えを間違って伝えている教団と言う事です。 全否定はしていませんが。 例えば、イスラム教でもイエスやモーゼは聖人との 扱いです。 正しくはモーセ・イエスは人間であり、預言者です。 マホメットがそれを引き継いだ最後の預言者って訳です。 現代を除き、歴史的にイスラムはユダヤ教徒と キリスト教徒を保護して来ました。 それは彼らが、聖書って言う教典を持っている 連中だからです。 ただ中身は全面的に認めていない。 そこは私も良く分からないのですが(すいません) 間違いだよ。 旧約聖書を『正典』になんかしていない(というか『正典』という用語の意味を誤解している気がするけど、そこは脇においておくよ)。 なぜなら、神が預言者によって語った言葉を、ユダヤ人やクリスチャンは歪めてしまったからだよ。 例えば、イブラヒーム(アブラハム)の嫡子であったアラブ人の先祖イスマイル(イシュマエル)を、ユダヤ人は庶子に落とし、自分たちの先祖であるイスハク(イサク)を嫡子だと「捏造」した。 だからこそ、神は最終預言者としてムハンマドを送り、真に正しい「イブラヒムの宗教」を立ち上げたわけでしょ? そもそもムハンマドはアラブ部族間の協調を目指し、そのために「我々はイブラヒムという一つの先祖を持つ」という理念を掲げたわけだよ。 彼がユダヤ人の伝承を用いたのは、有力なユダヤ人やクリスチャンにも協力してもらいたいという意図があっただろう。 ただ、その目論見は当初あまりうまく行かず、クルアーンの初期の箇所もやや陰鬱というか来世的なトーンが漂う。 クルアーンが明るくなってくるのはヒジュラ以降と言う人もいる。 いずれにせよ、『聖典』クルアーンには旧約聖書・新約聖書のいくつかの物語、伝承、登場人物が出てきて、また何人かが神の預言者であったとされる(しかしその追随者は彼らを理解しなかったと)。 単にそういう話だよ。

次の