ヘルツ 西日本。 50ヘルツと60ヘルツ|周波数が地域によって異なる理由とは?

西日本と東日本で電気の周波数が違うわけ!境目はどうなってる? | ランタン

ヘルツ 西日本

目次:• 電気の周波数(Hz)とは? 電気には、 直流と 交流の2種類があることをご存知でしょうか? 例えば、乾電池のように「+(プラス)」と「-(-)」といった電極があり、電気が一定の方向に流れるものは 直流です。 一方、電力会社から送られてきてコンセントを通して使用している電気は 交流です。 交流電気は電気のプラスとマイナスが常に入れ替わっているもので、実際のところ1秒間に何十回も入れ替わっているのです。 この 交流電気の入れ替わる波の回数のことを 周波数と呼び、 周波数の単位には Hz( ヘルツ)を使用しています。 日本の電気の周波数は地域によて2種類 日本の電気は、 東日本は50 Hz( ヘルツ)、 西日本は60 Hz( ヘルツ)と、地域によって2種類の異なる 周波数で電力会社から供給されています。 日本の電力会社が供給している電気の周波数• 50Hz地域・・・、、• 60Hz地域・・・、、、、、• 50Hz・60Hz混合地域・・・ 電気器具によっては、対応している電気の 周波数が50 Hz( ヘルツ)か60 Hz( ヘルツ)か決まっており、 周波数によっては使用ができなくなるものもあるのでご注意ください! 周波数について確認したい場合は、各電力会社に問い合わせてみましょう。 電気の周波数と電力自由化 2016年4月のによって、わたしたち一般家庭も住んでいる地域に関わらず、 全国の電力会社から好きな電気を選んで買うことができるようになります。 しかし、前述の通り、日本の電気の 周波数は地域ごとに異なり、2種類の 周波数が存在しています。 例えば、東日本の電力会社が供給している 周波数50 Hzの電気は、 周波数60 Hzの西日本にも送電することはできるのでしょうか? じつは、 周波数を変換する変換設備を通すことでと、 周波数の異なる電気を東西へ送電することが可能になります。 現在、と、さらにJ-Powerの3つの電力会社が、それぞれ新信濃変電所(長野)、東清水変電所(静岡県)、佐久間周波数変換所(静岡県)と日本の東西の境目あたりに 周波数変換設備を所有しています。 東日本大震災以降、日本の安定した電力供給のために東西の異なる 周波数の電気を融通することの必要性があらためて認識され、今後さらに 周波数変換設備を増やす計画が発表されています。 周波数の変換能力が上がれば上がるほど、電力自由化後にも 周波数( ヘルツ・ Hz)の異なる地域をまたぐ全国的な電力供給がより容易になっていくでしょう。 どうして日本の周波数は統一しない? しかし、電気の 周波数をわざわざ変換するよりも、東日本の 周波数50 Hz( ヘルツ)と西日本の 周波数60 Hz( ヘルツ)をどちらかに統一してしまえばいいのではないでしょうか? じつは、これまでに 日本の2つの 周波数の統一については何度も議論されてきているのですが、資源エネルギー庁調べにより、 周波数の統一には 莫大な費用がかかることが明らかになっています。 50 Hz( ヘルツ)用に設計された機器を60 Hz( ヘルツ)用に変更する、またはその逆の場合にも、発電所の発電設備や変圧器をすべて取り替える必要がでてくるからです。 さらに、電力を使用する需要家である工場や一般家庭などでも、場合によっては機器の取り換えが必要と予想されており、その総額は10兆円以上にもなると見積もられています。 また、これらの取り替えが完全に終了するまでには何十年もかかると計算されています。 このようなことから、周波数50 Hz( ヘルツ)と60 Hz( ヘルツ)を統一するよりも、 周波数変換設備を強化する方がコストも時間も少なく済むという結論に達しているのです。

次の

50ヘルツと60ヘルツ|周波数が地域によって異なる理由とは?

ヘルツ 西日本

もくじ• 日本の電気周波数は2種類。 地域によって異なります。 日本では2種類の異なる周波数で電気が供給されています。 東日本は50Hz、西日本は60Hzの電気が電力会社によって供給されています。 電気器具によっては50Hzか60Hzかで使用ができなくなるものがあります。 もし心配な場合は各電力会社に相談してみると良いでしょう。 日本の周波数と電力会社• 50ヘルツ地域・・・、、• 60ヘルツ地域・・・、、、、、• 50ヘルツ・60ヘルツ混合地域・・・ 交流電気のプラスとマイナスの入れ替わりの回数が周波数です。 周波数とは? 電力会社から送られてくる電気は 交流です。 交流電気とは電気のプラスとマイナスが常に入れ替わっているものをいいます。 実際には1秒間に何十回も入れ替わっています。 この入れ替わりの波の回数が 周波数です。 直流と交流とは? 電気には直流と交流の2種類があります。 例えば、乾電池のように「+(プラス)」と「-(マイナス)」といった電極があり、電池が一定の方向に流れるものが直流です。 一方、我々の家庭に送られて、コンセントを通して使用している電気は交流と呼ばれる電気です。 周波数と地域性 関東と関西の周波数が違う場合、(2016年4月)以降はどうなるのか?気になるところです。 東日本の周波数50ヘルツの電気を 周波数60ヘルツの西日本に送電することはできるのでしょうか。 実はこのように周波数の違う電気を西から東へ、東から西へと送るには、周波数を変換する変換設備を通す必要があります。 現在、と、さらにJ-Powerが周波数変換設備を所有しています。 それぞれ、新信濃変電所(長野)、東清水変電所(静岡県)、佐久間周波数変換所(静岡県)となっています。 特に東日本大震災以降は、東西の電力を融通することが必要と認識されたため、対応できるよう周波数変換能力を増やす計画が発表されています。 これにより、お互いの電気を必要時に融通しあうことができますので、日本の安定した電力救急につながります。 周波数(ヘルツ・Hz)の異なる地域をまたいでの電力救急も容易になります。 日本の電気の周波数は統一できないの? 周波数をわざわざ変換するよりも、東日本の 周波数50ヘルツ(Hz)と西日本の周波数60ヘルツ(Hz)をどちらかに統一してしまえばいいのではないか?きっと誰でも疑問に思うポイントです。 実は日本の2つの周波数に関しては何度も議論されてきているのですが、この周波数の統一には莫大な費用がかかると、資源エネルギー庁しらべにより分かっています。 50Hz用に設計された機器を60Hz用に変更する場合、また逆の場合も、発電所の発電設備や、変圧器を取り替える必要があります。 さらに、電力を使用している側、工場や家庭でも場合によっては機器の取り換えが必要になるようで、10兆円以上と見積もられています。 さらに、完全に取り替えるには時間も何十年とかかると計算されています。 周波数50ヘルツ(Hz)と60ヘルツ(Hz)を統一するよりも、周波数変換設備を強化する方が、コストも時間も少なく済むのです。 そもそも日本には周波数がなぜ2つあるの? 東日本の電気と西日本の電気の周波数を統一するには莫大な金額がかかる・・・となると、そもそもなぜ50ヘルツ(Hz)と60ヘルツ(Hz)の2つの違う周波数があるのか知りたくなります。 それは、東京では、 ドイツ製の50ヘルツ(Hz)の発電機、大阪では、アメリカ製の60ヘルツ(Hz)の発電機を使用し始めたからと考えられています。 周波数の違いを世界規模で見てみると、アメリカ側は今でも60ヘルツ(Hz)の周波数の電気を、ヨーロッパやアフリカ側は50ヘルツ(Hz)の周波数となっています。

次の

50ヘルツと60ヘルツ|周波数が地域によって異なる理由とは?

ヘルツ 西日本

50ヘルツと60ヘルツとは? ヘルツとは周波数で1秒間あたりの振動回数のこと。 揺れ、波の回数です。 1ヘルツは1秒間に1回振動することです。 50ヘルツなら1秒間に50回振動します。 電気には直流と交流がありますが、家庭で使われる電気は交流。 交流は、電気のプラスとマイナスが入れ替わり電流の向きが変わります。 この1秒間に入れ替わる変化の回数が周波数で表されます。 東日本の家電の周波数は50ヘルツですので、50回変わります。 西日本は60回で60ヘルツ。 どうして地域によって周波数が違うのかと言うと、電力会社によって違うからです。 東日本の交流発電機が50ヘルツ、西日本の交流発電機が60ヘルツだからです。 周波数が違うと電化製品は使えないのかと思いますよね。 電化製品を周波数の違う地域で使ってしまう、なんてよくありそうな話です。 周波数が関係のない電化製品は使っても問題ありません。 周波数が関係する電化製品が問題です。 地域を間違えるとどうなるの? 電化製品の使う地域を間違えると、どうなるかですが、• いままで通り使える• 使えるが性能が変わる• 故障の原因に この3パターンになります。 いままで通り使える いままで通り使えるのは、電熱を使う電化製品です。 周波数とは関係がないからです。 こたつ• トースター• 炊飯器• 電気ストーブ• アイロン• 白熱電球 電波を受信して使う器具も大丈夫です。 電波も波ですから間違えそうですが、電源の方の波を気をつけるということです。 テレビ• ラジオ 電池はもちろん、USB電源やアダプターを使うものも大丈夫です。 これらは直流電源ですので、問題ありません。 スマホ• パソコン• 電気シェーバー 使えるが性能が変わる モーターを使う製品は性能が変わる場合があります。 モーターの回転数は極数と周波数で決まります。 モーターの回転数が変わるということですから、パワーが落ちるということがあります。 以下のものが挙げられます。 冷蔵庫• 扇風機• 掃除機• ミキサー• エアコン ただ、今はヘルツフリーと言われる、50ヘルツ、60ヘルツ共用の製品がほとんどです。 ただ、安価・昔の製品の場合は、確認しておいた方がいいということですね。 故障の原因になる また、そのままでは使えないものもあります。 そのままでは使えないというと、動かないのかという話になりますが、動くけども故障の原因になるということです。 電子レンジの場合は、安価なものだと周波数指定で設計されています。 周波数が違うと部品が熱くなるので危ないということです。 そのままで使えない製品としては、以下のようなものです。 電子レンジ• 洗濯機• 衣類乾燥機• 蛍光灯• 電気時計• ステレオ などです。 これら周波数が関係するものは、確認が必要です。 インバーター(周波数を変換する部品)を内蔵のものは、周波数が違っても使用OKです。 最近はヘルツフリーの製品が多く、大丈夫な場合が多いですが、安価・昔の製品でしたら確認してみてください。 リサイクル通販ショップやオークションでの購入品だと、ヘルツフリーでない古い製品や周波数の違う地域からの製品であることもあります。 オークションで西日本の人が東日本から、またはその逆から家電を取り寄せる場合は、周波数が影響するかどうかチェックした上で購入を決めましょう。 まとめ 50ヘルツと60ヘルツの電化製品を地域を間違えるとどうなるのについて紹介しました。 今まで通り使えるものもありますが、故障の原因になることがあるものもあります。 違う地域で電化製品を使うことがあるなら、取り扱い説明書を確認してみてください。 購入する場合は、家電量販店に相談をすることをおすすめします。 もし転勤が多いなど西日本や東日本を移動する可能性がある場合は、ヘルツフリーの、両方に対応した家電を最初から選ぶようにしてくださいね。 (おわり).

次の