エポスゴールド。 エポスゴールドカードの海外旅行でのメリット・お得な特典を旅のプロが解説【まずはエポスカードから発行がおすすめ】|ぐちをぐろーぶ

エポスゴールドカードが最強!メリット・デメリット・入手方法まとめ【年会費永久無料】

エポスゴールド

エポスゴールドカードの保有方法とは? エポスゴールドカードはエポスカードと比較するとよりサービスが手厚くなるという特徴を持つクレジットカードですが、入会方法が2つあります。 1つめはエポスゴールドカードを申込み、審査を受けて通過後入会という流れです。 この場合クレジットカードの年会費として5,000円がかかります。 2つめがエポスカードに入会し、インビテーション(エポスゴールドカードへのご案内)を受けて手続きを行い入会という流れです。 この場合 年会費無料となります。 ただしインビテーションには申込期限があり、この 期限を過ぎてしまうと通常と同じく年会費5,000円を支払わなければならないため注意が必要です。 インビテーションは郵便・PC・アプリの3つの方法で通知されます。 そしてPCやアプリの方が通知のタイミングが早いのですが、こちらは普段からチェックしておかないと気付きにくいと思いますが、少しでも早くインビテーションを受け取れたか知りたい方は、インストールしておくと良いでしょう。 エポスゴールドカードのインビテーションを受け取るための条件とは エポスゴールドカードのインビテーションを受け取る条件はエポスカードの会社基準とされ、詳細は後悔されていません。 実際にエポスゴールドカードのインビテーションを受けた方の事例を調べてみても、条件はさまざまです。 しかし事例を読み込む中で事故なくエポスカードを利用したということ以外にも、ある傾向が見られたことは確かなのでそれについてお伝えします。 エポスカードを年間50万円以上利用する エポスゴールドカードのインビテーションを受けた方の事例の中で一番多かった条件がこちらです。 どうして50万円という基準なのか考えてみると、エポスゴールドカードの年会費は年間利用額が50万円以上になると、翌年以降永年無料となります。 このことからエポスカードでは 年間利用額が50万円以上の会員の方と、そうではない会員の方に一つの線引きを設けていると言えるのではないでしょうか。 そのためエポスゴールドカードのインビテーションを受けたい方は、年間利用額50万円、月間利用額にすると4万2千円ほどを目安にエポスカードを使用してみるのがよいでしょう。 定期的にエポスカードを利用する エポスゴールドカードのインビテーションを受けた方が、それまでにエポスカードをどのような支払いに利用していたのかを見てみると、• スーパー・コンビニでの支払い• 家賃・公共料金の支払い• 国内外の旅行や出張での支払い• 出産費用の支払い• 生命保険の支払い• ETC利用分の支払い• ガソリン代の支払い などで、これは生活費の中の固定費が多いと言えます。 固定費は毎月必ず生活のためにかかるお金なので、クレジットカード会社側から見ると 一定の利用頻度を維持してくれる支払いです。 エポスゴールドカードのインビテーションを受けたい方にとっては、エポスカードを定期的に使用するという意志表示をわかりやすく会社に示す方法が固定費の支払いと言えるのかもしれません。 インビテーションが届いた事例紹介 次にエポスゴールドカードのインビテーションが届いた事例をいくつかご紹介します。 事例1 まずは3か月、利用金額が3ヶ月・17万円使うことでエポスゴールドカードのインビテーションが届いた事例をご紹介します。 カード発行後1年ほど経過してからエポスゴールドカードのインビテーションを狙って、計画的に固定費やコンビニなどの支払いにエポスカードを使用していました。 短期間で、多額のお金をエポスカードで支払うことで、短時間でインビテーションを受け取れたのだと思います。 事例2 そして8か月、利用金額10万円以下でエポスゴールドカードのインビテーションが届いた事例をご紹介します。 固定費と変動費をバランス良く、しかし定期的に行うことで、年間50万円も使用しなくてもインビテーションを受け取れていました。 事例3 最後に私がエポスゴールドカードのインビテーションを受け取った経緯もご紹介します。 エポスカードを作成したのが2017年4月で、インビテーションを受け取ったのが2017年11月なので、 結果的に、 7ヶ月でインビテーションを受け取れました。 この時のエポスカードの利用金額は下記の通りです。 月 利用額 4月 13,656円 5月 19,841円 6月 100,085円 7月 45,286円 8月 23,432円 9月 32,286円 10月 32,771円 11月 途中まで 13,707円 合計 281,064円 6ヶ月でおよそ28万円分使った所、エポスゴールドカードのインビテーションを受け取ることができました。 エポスゴールドカードに切り替えた場合のエポスカードとの違いについて 次はエポスゴールドカードのインビテーションを受けてエポスカードからエポスゴールドカードへと切り替えた時の違いと注意点について説明します。 選べるポイントアップショップでポイント最大3倍! エポスゴールドカードに切り替えた場合、300以上の対象ショップの中からよく利用するショップを3件選んでエポスNetで登録するだけで、 登録した当日からポイントが最大3倍となります。 具体的には利用200円ごとに1回、2回、ボーナス払いの場合は通常1ポイントに2ポイントがボーナス加算、リボ払いの場合は通常2ポイントに2ポイントがボーナス加算されるのです。 公共料金なども登録可能なので、大きな金額を支払っているショップを登録しておくと、より多くのポイントを効率よく貯めることができるでしょう。 年間ボーナスポイントがもらえる エポスゴールドカードの年間利用金額に応じて、最大10000ポイントのボーナスポイントがもらえます。 ポイント利用分、キャッシング利用分、現金での支払いは年間利用金額に含まれないので注意が必要です。 旅行での特典が増える エポスゴールドカードの場合、海外旅行傷害保険の最高保証金額が1000万円となり、空港ラウンジが無料で使用可能となります。 具体的には、以下の空港のラウンジが 無料で使用できます。 ・羽田空港 ・成田国際空港 ・新千歳空港 ・函館空港 ・仙台国際空港 ・小松空港 ・中部国際空港 ・大阪国際(伊丹)空港 ・関西国際空港 ・神戸空港 ・広島空港 ・松山空港 ・福岡空港 ・北九州空港 ・長崎空港 ・阿曽くまもと空港 ・大分空港 ・鹿児島空港 ・那覇空港 ・ホノルル空港(ハワイ) ・仁川空港(韓国) ・ホノルルラウンジ 空港ラウンジを無料で使用するためには、当日の航空チケットとエポスゴールドカードの提示が必要なので注意しましょう。 エポスゴールドカードに切り替えた時の注意点 エポスゴールドカードにエポスカードから切り替えた場合、クレジットカード番号が変わります。 このことにより、もしインターネットショッピングや公共料金の支払いでクレジットカードの番号を登録していた場合、変更の手続きが必要です。 ただし一部手続き不要の会社もありますので、詳細はで確認するのがよいでしょう。 まとめ エポスゴールドカードのインビテーションを受け取るためにはエポスカードの利用額が年間50万円となることが目安であり、さらに固定費の支払いを行うとより望ましいのがおわかりいただけたのではないでしょうか。 エポスゴールドカードに切り替えをすると特典がエポスカードより増加し、しかもインビテーションを受けて切り替えることにより年会費も無料で使用できます。 エポスカードを現在使用している方は、エポスゴールドカードへのインビテーションにぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

次の

エポスゴールドカードが最強!メリット・デメリット・入手方法まとめ【年会費永久無料】

エポスゴールド

クリックできる目次• エポスゴールドカードの3つのデメリット まずはデメリットから。 さすがにゴールドカードなのでたくさんはありませんでした。 ポイント還元率は通常カードと同じ エポスカードはポイント還元率が低い点がマイナスです。 通常のエポスカードのポイント還元率は0. しかしこれはゴールドに上がっても変わりません。 優待特典など、特定条件下ではむしろ高くなったりするのですが、基本は相変わらず低いままです。 ポイントを稼ぐためのカードは別で持つのが良いでしょう。 ステータスは高くない アメックスのゴールドとかであれば良いのですが、エポスカードのステータスはゴールドカードの中で低い方です。 「ゴールドカードGETして友達に自慢してやろう」と思っている人はやめといた方が良いです。 少なくとも"持っているだけで自慢になるゴールドカード"ではありません。 「エポスカードのゴールドで調子乗ってんのかよ笑」と思われないように注意してくださいね。 切り替え時に引き落とし登録先の変更をすることになる 元々通常のエポスカードを使っていて、ゴールドへ切り替える場合のデメリットです。 水光熱費や定額制のサービスなど、定期的な引き落としをエポスカードで設定していた場合、すべて登録し直さなければなりません。 「カード番号とかがすべて同じだったら変えなくて済むのに... 」とも思いますが、こればっかりは仕方ありませんね。 貯めたポイントは一生使える 通常のエポスカードであれば有効期限は2年間です。 しかしゴールドになると永年有効、つまり有効期限なしになります。 複数枚カードを使っているとどれにいくら貯まっていていつまで有効、といった事が把握しきれなくなります。 有効期限のないポイントなら安心して貯められますね。 「1年に1度のボーナスポイント」がすごい 最大1万ポイント エポスゴールドカードは毎年、その年の利用額に応じたボーナスポイントのプレゼントを行っています。 具体的には以下の条件とポイントです。 年間利用額 ボーナスポイント 50万円以上 2,500ポイント 100万円以上 10,000ポイント 特に 100万円以上の利用で10,000ポイントが魅力的すぎます。 手数料もかからないので、ボーナスポイント10,000は現金1万円に相当しますよ。 年間100万円の利用を達成する方法 1年間で100万円なら、工夫すれば意外と簡単に達成できます。 前提として、 1か月あたり8. 4万円以上の利用で達成できますね? これを達成するには以下のような固定費をクレジットカード払いにすることが重要です。 水光熱費• 携帯・Wifi代• ジム・習い事• 定額サービス 特に家賃をクレジットカード払いにできれば一気に達成に近づくのでおすすめです。 また裏技として、 会社の飲み会やイベント事の幹事を行うのも非常に良いです。 大人数の会費をあなたのエポスカードで支払って会費を別で徴収すれば、出費は変わらずに利用金額を跳ね上げることができます。 公共料金をエポスゴールド等のクレジットカードで支払う方法も以下の記事で紹介しています。 これを組み合わせれば年なkん100万円なんて余裕です。 ゴールドだけの優待特典 エポスカードの大きな魅力として、持っているだけで使える優待特典がありますよね? ご存知ない方は以下をチェックしてみてください。 例えばホテルの割引は、これに該当するものが多いです。 まさに特別なカードを持つ人だけの豪華な特典と言えますね。 羽田空港 成田国際空港 新千歳空港 函館空港 仙台国際空港 小松空港 中部国際空港 大阪国際(伊丹)空港 関西国際空港 神戸空港 広島空港 松山空港 福岡空港 北九州空港 長崎空港 阿蘇くまもと空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港 ホノルル空港 仁川空港 ホノルルラウンジ 海外のラウンジは全然ありませんが、国内であれば非常に充実しています。 ラウンジ利用はゴールドカードを持つ醍醐味の1つですよね。 旅行の楽しさを1ランク高めてくれますよ。 ゴールド会員の家族紹介が超お得 これは他のカードにはない魅力です。 あなたがエポスゴールドカードをGETして、ご家族に紹介して入会してもらった場合、ご家族も全員ゴールドカードをもらえます。 しかも年会費無料版のゴールドカードですよ。 通常年会費5,000円が、ゴールド会員からの紹介というだけで無料になるなんて気前が良すぎです。 さらにファミリーボーナスポイントもあり、家族の合計利用額に応じて代表会員にプレゼントされます。 エポスゴールドカードのQ&A 何かと特殊で分かりづらいエポスゴールドカード。 よくある疑問について回答をしていきます。 学生でも持てるゴールドカードってほんと? 持てません。 エポスゴールドカードの申し込みページには以下の記載があります。 お申し込みにあたってのご注意 お申し込みは20歳以上の方(学生を除く)とさせていただきます。 引用元: しかしネット上には「学生だけどエポスゴールドカードを持てた」という声もあるので、もしかするとそこまで厳密ではないのかもしれませんね。 しかし基本的には審査で落とされると思っておいて間違いないでしょう。 インビテーションが来ると年会費無料のエポスゴールドカードに申し込むことができます。 具体的な基準は明示されていませんが、 "エポスカードの年間利用額50万円以上"が1番重要な指標と言われています。 通常申し込みの場合でも、この基準を超えると翌年度の年会費が無料なので信ぴょう性は高いですね。 また短期間に高額の利用をして50万円を達成するのではなく、1年を通して利用を積み重ねることも重要と言われています。 本当のところはカード会社のみ知るところとなりますね。 一般のエポスカードよりお得になるってほんと? 本当です。 もちろんすべての面においてお得になるわけではありませんが、グレードアップする点は多いです。 ゴールド会員限定の特典もあるので、それだけでも一般よりお得と言えるのではないでしょうか。 ファミリーゴールドと普通のエポスゴールドの違いは? 2つあります。 エポスゴールドを持つ家族の招待が申し込み経路• 年会費永年無料 それ以外の点は通常のエポスゴールドカードと同じです。 カードデザインについても変わりません。 利用上限金額は? ショッピング利用で最大300万円です。 しかし実際の利用上限額は人によって違います。 インビテーションが来てゴールドになった人も最初はこのくらいです。 (当時インビテーションのことは知らずに、普通に申し込んでしまいました... ) 通常のエポスカードからゴールドに切り替わって、実際に感じる良かった点を3つご紹介します。 ラウンジ利用で旅行がより楽しくなった 元々ラウンジ目当てでゴールドを申し込みました。 友人と国内旅行に行く機会がちょこちょこあるので、活用しています。 その際に ラウンジを利用すると本当に気分が良く、友人も絶賛してくれます。 ちょっとした事かもしれませんが、旅行を楽しむにはこういった細かい事も大事だと感じます。 圧倒的にポイントが貯まるようになった 通常カードの頃はポイント還元率が低いことを理由に、あまりエポスカードでポイントを貯めようとしていませんでした。 しかしゴールドになってからは、 ボーナスポイントや登録ショップのポイントアップで意外とポイントを貯められると気づきました。 他のクレジットカードと使い分けているので、ポイントを貯めるメインのカードではありません。 しかし気づくと「あれこんなに貯まってたっけ?」という状態になっていることが少なくないです。 私自身ずぼらな性格なので、ポイントの有効期限など把握できていた事がありません。 エポスカードのポイントも大して貯まってない上に失効させてしまっていました。 ゴールドになってからは有効期限がないので管理が本当に楽です。 思い出したときにポイントをチェックするだけで良いのですから。 特典内容も非常に豪華で使い勝手も良いので、まだゴールドカードを持っていないという人は試してみる価値ありです。 通常申し込みでも2年目からは年会費無料にできるので、インビテーションにこだわらずにGETするのもありだと思います。

次の

エポスカードのファミリーゴールド制度を使って紹介する方法!即ゴールドカードが持てる

エポスゴールド

対象ショップの中からよく利用するショップを登録するだけで、エポスカードご利用時のポイントが最大3倍になります。 対象ショップは予告なく変更・追加される場合がございますのでご了承ください。 以降毎年1年間が対象期間となります。 (エポスカードの運転免許、クロネコヤマトの引越し、保証人おまかせプランROOM iDのお支払いなど)• エポスゴールドカードは、通常よりも 手厚い海外旅行傷害保険が自動付帯。 海外旅行時の ケガや病気はもちろん、 携行品の盗難や破損などの損害に対しても補償をいたします。 (注)本内容は概要を説明したもので、実際の保険金お支払の可否は、普通保険約款および特約等に基づきます。 (引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社) <年会費をいただく場合>• 途中解約などがございましても、年会費はお返しできませんのでご了承ください。 初年度の年会費はカード発行月の3ヵ月後にご請求、次年度以降はご利用明細にてご案内いたします。 <年間ご利用額について>• 年間ご利用金額の対象期間はゴールドカードお申し込み後1年間となります。 tsumiki証券でのつみたて金額・エポスカードからエポスVisaプリペイドカードへのご入金分は、年間ご利用金額の対象となります。 年間ご利用金額は税込割引後の金額となります。 一部、年間ご利用金額の対象外となる商品がございます。 (エポスカードの運転免許、クロネコヤマトの引越、保証人おまかせプランROOM iDのお支払いなど) 大変申し訳ございません。 カード番号が変わりますので、お手数ですが、新たにエポスゴールドカードでのご登録をお願いいたします。 ただし、下表の会社については、カード情報の変更手続きは原則不要です。 (保証人おまかせプラン ROOM iDをご利用の場合もお手続きは不要です。 詳細は各サービス提供会社へお問い合わせください。 プロバイダー BIGLOBE Yahoo! BB NTTぷらら KDDI NTTコミュニケーションズ 電気 東京電力 ENEOSでんき 関西電力 ガス 東京ガス 大阪ガス 水道 東京都水道局 大阪市水道局.

次の