さっかりん 清水。 【清水】MF西沢、2発も「ガス欠」4失点 : スポーツ報知

藤枝東2冠PK戦で清水下す GK西川が存在感

さっかりん 清水

2020年シーズン開幕で見つけた 今季要注目のJリーガー(5) 西村恭史(清水エスパルス/MF) J1において、テレビ観戦を含め、過去に一度も見たことがない日本人選手は、そう多くはいない。 ライターを長く続けていることもあるが、大抵の選手は、これまでにどこかで目にしている。 名前さえ聞いたことがない選手となると、これは本当に珍しい話になる。 今季のルヴァンカップ初戦、川崎フロンターレvs清水エスパルスの一戦だった。 配布されたスタメン表には、初めて見る名前が載っていた。 記者失格と言われそうなので、目を凝らしてみた。 ルヴァンカップにこそ、出場経験はあるが、J1のリーグ戦でピッチに立ったことはなく、2019年夏には、J2のファジアーノ岡山にレンタル移籍している。 今季の活躍が期待される西村恭史 だからといって、西村は、J2で十分な経験を積んだうえで、再び清水に戻ってきたわけではない。 岡山でも一切、出場機会を得ていないのだ。 J2の舞台でも一度も出場機会を得られず、再びJ1の清水に復帰するや、即スタメンを飾った。 岡山でなぜ、出場機会に恵まれなかったか。 その理由は定かではないが、それでいながら、清水に戻るやスタメンを飾った理由には、妥当性を感じる。 身長185cmの、ひょろっとした長身MFは、清水の中で最も目を惹くプレーをしていたからだ。

次の

2020[第9節]清水エスパルス戦ログ

さっかりん 清水

静岡市でも感染者が徐々に増えてきました。 更には全国で学校関連、スポーツ関連、店舗関連での集団感染が発生しています。 部活に携わる人間として、言わせていただければ、誰か一人が感染すれば、間違いなく誰かに移す状況にあります。 だからこそ、一人一人が想像力を働かせ、自分が感染しないように、そして感染していたとしたらどうすればうつさないようにできるか?少しでも、気を付けるだけで、ゼロには出来なくてもリスクを減らすことが出来るはずなのですが。 昨日は過密日程と言われる中でのYBCルヴァンカップ。 両チームとも、エスパルスは前回と同様?ターンオーバーでの対戦でした。 私は仕事なのでスカパーの中継は、見ることが出来ませんでした。 エスパルスはDFに福森選手や宮本選手、MFに成岡選手、FWに川本選手など、かなりフレッシュな選手を起用。 YBCルヴァンカップ対アントラーズ 消化試合と思いたいけど公式戦で負けちゃったのは、やっぱりめちゃくちゃくやしい😂ただ鹿島さんには、たまには勝てても、大事な試合には、必ず敗戦している歴史があります😅今度こそ、鹿島さんにくやしい思いをしていただきましょう。 J1リーグ戦で2つ勝利でやられたら、やり返す倍返しだ強がりはここまで やっぱり、ショックです。 私達の身近な方々も、大きく影響を受けています。 戦争が終わったあの日の静岡は どんなかんじだったのでしょうか🤔昭和20年の6月には、静岡市も焼夷弾の雨が降り注いだあの頃の方々のお気持ちは正確にはわかりませんが、とても怖かったでしょうし、まさに命がけで生きていた戦争を経験された先輩たち戦争を、知らない世代は評論家にはなれるけど、それ以上に語る言葉はないはずいまの自分に、家族や郷土を守るために戦争に勇ましく戦地に向かわれた方々のような事が果たしてできるのでしょうか?残念ながら、歴史の経験上、争いは、永遠に終わらない。 昨シーズンもライバルだった仙台さん。 確か31節に平岡さんにゴールを決められ、J1から降格の危機に怯える状況に陥った昨年の対戦の思い出も🤔😁8月15… 私は大分トリニータのサポーターです。 もちろんトリニータがJ2に降格したからもう応援しないというようなやわなサポーターではありません。 トリニータが大分県の誇りであり、県民に希望を与える象徴であらねばならないと感じています。 今や大分で連想されることの一番が別府や由布院ではなく、トリニータであるということは全国の調査で出ていました。 しかるに大分県の財界や経済界のトップたちのトリニータに対する考えがネガティブであるのは、不況が原因でしかたがないとはいえ、大分の経済全体をしぼませていき、せっかく全国に注目されるようになった大分をまた、九州の中で存在感のない県にしてしまいかねません。 県をあげての募金も大切ですが、本当に6億円もの借金を返せるでしょうか、しかも今年中に。 またシーズンシート13,000席も絵に描いた餅で、J2に降格した今、最高に盛り上がった昨年を大きく上回るのも困難でしょう?かりに今年何とかできても、将来的に安定した経営ができるかといったら疑問ですよね。 そうは思いませんか。 経済界では溝畑前社長の強引さが反発を買い誰も助けないのだという言葉をよく聞きますが、溝畑さんがいなかったら本当にトリニータが存在しえたか、ワールドカップが大分で開催されたか、と考えるとその熱意のあまりの強引さもやむを得なかった部分も多々あったでしょう。 ましてや大分県人ではなかったわけですから。 しかし、とにもかくにもトリニータは誕生し16歳になったのです。 生まれなかったほうがよかったなんて思う人はごくわずかでしょう。 しかも日本一という夢まで見せてくれたのですから、大分のスポーツ界やもちろん経済界のためにも絶対に存続させなければなりません。 ・・続く? しかも経営を安定させて百年以上は続くように、それがサポーターみんなの願いでしょう。 結局現状を考えると、トリニータを救うのはやはり熱意あるサポーターたちしかいないのです。 そこでどうやったら、サポーターの熱意でお金を作れるか。 私は今、? 愛ことばという会社に昨年の11月に入りました。 何をしている会社かと言いますと、高齢者の24時間365日の見守りサービスをしています。 具体的に説明すると電話機に愛ことばという端末機を設置して、緊急通報、日々の安否確認をして、一人住まいや夫婦のみの高齢者の命を守るシステムで大分市内にコールセンターを持ち、全国の高齢者の見守りサービスをしています。 もちろんまだ発展途上の会社で全国とはいっても、電話回線で全国にはつなげますが、利用者はまだ5,000人ほどです。 65歳以上の高齢者は現在約3,000万人に達しようとしていますからほんの微々たる数ですが、10年後には4,000万人に達するわけです(日本の総人口は増えません。 )からこのままではたいへんなことになってしまいます。 まず命を守り、次に寝たきりにならないようにすることを実行していかないと、日本の若者のおおくは介護士にならないといけなくなってしまいます。 少子高齢化が大問題化している今日、わかっていながら政治家たちも先送りにしている状態ではないでしょうか。 そういう中でこの会社は大分県の人が造り、独居や夫婦の高齢者が身体に異常が生じた時は緊急ボタンを、夜中に淋しかったり、不安で眠れなかったりした時などは相談ボタンを押すと、即座にコールセンターにつながり、オペレーターが丁寧に応対し、必要ならば支援者に連絡や駆けつけ、救急車や消防車の要請、高齢者を狙った強引なセールスなどに対しての警察の要請など、高齢者が安心して暮らせるようにサポートします。 そういう仕事内容なのですが、実は昨年10月より、この機能を持った携帯電話をソフトバンク社との提携で発売しました。 これはいわゆる簡単携帯で、ソフトバンクのショップでは、832Tという機種で、当社との契約を加えることで、ワンタッチダイヤル、または緊急ブザーを押せば即座に愛ことばのコールセンターにつながり前述のサービスが受けられます。 自宅で充電器に立てておけば普通の電話機と同じで愛ことば端末と同じです。 さらに外出時に持っていただけば、外出先での緊急時にも同様のサービスが受けられますし、GPSにより位置の検索(コールセンターで位置がわかると、支援者や救急車に通報、また家族の方にもメールで地図を送信します。 )でき、救助者の迅速な駆け付けも可能になるため、高齢者でなくとも、持病を持たれている方にも最適です。 さらに、携帯を開くと今日も元気だということを示すメールがご家族の方に着信されますので、ご家族の方も安心です。 ですから、お父上やお母上また祖父、祖母が同居ではなく、お仕事の関係で近くにいない場合、また他県にお住まいの場合でも、この愛ことば携帯サービス利用すれば安心できると同時に親孝行が遠くにいながらでもできるということです。 ふと2010年のイヤーブックを開いてみた、ユースのページを見ると、昨日活躍した成岡輝瑠ひかる選手が、エスパルスの過去の成績を見たり、うーん健太さんでもう少し我慢したほうがよかったmんじゃないと、ごめんなさい無責任な思いが浮かぶ。 天皇杯とJカップで、10回も決勝に残ったのになんでよー 2回しか優勝してない😁ツメがあまい😅お人好しエスパルス ということで気がつきました イヤーブックはあなどれません。 情報いっぱいの完全保存ばん自分の名前もずっとのってるし😊🎶そうだった。 今年は、コロナ自粛で予定変更 本来ならば、もう8月14日の柏レイソル戦で第22節を戦う予定でした😊 オルンガさん見たくて、アイス… サッカーアメリカ合衆国代表(United States national soccer team)は、アメリカ合衆国サッカー連盟により構成されるサッカーのナショナルチーム。 1930年にワールドカップに初出場して以来、1954年から1986年大会まで長らくワールドカップ本大会に出場できず、「サッカー不毛の地」とも言われてきたが、1994年に自国でワールドカップを開催して以来、強化にも成功しヨーロッパや南米の代表チームにとっても脅威の代表チームとなりつつある。 最近ではフレディー・アドゥーが若手の成長株として期待を集め、ドイツW杯のメンバーとして招集されるか話題となっていたが、結局メンバーには選ばれなかった。 サッカーオランダ代表(Nederlands voetbalelftal)は、オランダサッカー協会 KNVB によって編成されるオランダのサッカーのナショナルチームである。 旧国旗の色とオランダ王家(オラニエ=ナッサウ家、かつてオランジュの領主だった)にちなんでユニフォームの色をオレンジとしており、世界的に「オレンジ軍団」という愛称で知られている。 オレンジという国旗にない色をチームカラーとする世界でもまれなナショナルチームであり、ほかの例としては日本やイタリアの青、ドイツの白がある。 世界的な強豪国として知られる。 特に1974年W杯に参加したチームはリヌス・ミケルス監督の下、ヨハン・クライフを中心にトータルフットボールと呼ばれる戦術でサッカー界に革命を起こしたと言われる。 しかし決勝では西ドイツに敗れた。 EURO88ではファン・バステン、フリット、ライカールトのいわゆるミラントリオを擁するチームで参加。 準決勝で仇敵西ドイツを下し、決勝ソ連戦では今尚語り継がれるファン・バステンのボレーシュート等で勝利し優勝。 これが現在に至るまでのオランダ代表の唯一の国際タイトルである。 しかしこのチームでもイタリアW杯では勝てなかった。 フランスW杯では一部で大会一と絶賛される試合内容を見せたもののベスト4。 地元開催となったEURO2000でも優勝候補に挙げられるもやはりベスト4に終わった。 さらに日韓W杯では予選敗退の憂き目に遭い、ドイツW杯では決勝トーナメントに出場するものの一回戦でポルトガルに敗れ、ベスト16で終わった。 (もともとポルトガルとは相性が悪い) このように多くの名選手を輩出しながら、ワールドカップ優勝に未だに縁が無い。 それは攻撃的サッカーを志向するあまりの大一番での勝負弱さが原因、という説もある。 また、南米スリナム系をはじめとする黒人選手たちと白人選手との間の人種差別をはじめとして、チームとしてまとまりが薄く、他の強豪国がトーナメントを勝ちあがるにつれてチームが結束し、まとまっていくのに対し、オランダ代表は前評判こそ常に高いものの、トーナメントが進むにつれてそのチームが自壊していく姿が見られることが非常に多い。

次の

大分トリニータ アウェイ観戦記: 2020年 YBCルヴァンカップ グループステージ 第3節 柏レイソル戦

さっかりん 清水

攻撃では1本目にMF西沢健太(23)が2ゴールするなど、新たな攻撃の形がみえるなど収穫があった。 一方で、自陣でのボールロストやスタミナ切れから守備陣が乱れて4点を失った。 クラモフスキー新監督(41)は、始動から攻撃サッカーを植え付けているが、課題もあらわになった。 クラモフスキー清水の攻撃サッカーが、鹿児島で形となった。 1本目12分だ。 右サイドで相手のクリアミスを見逃さず、MF金子がプレスし、ボール奪取した。 そのまま駆け上がると、クロスを西沢に送り、背番号16が右足ダイレクトシュートし、先制弾をゴール右隅に突き刺した。 1月30日のJ3鹿児島との練習試合は研修のため欠場し、今年初実戦だった23歳は、大きくガッツポーズした。 勢いは止まらなかった。 FW後藤が、つぶれ役になり、またも西沢が右足ダイレクト弾で一時勝ち越した。 「常に逆サイドの金子さんを見ながらチャンスをうかがっていた。 2得点とも中に入って右足で狙っていた」と振り返った。 キックオフから全員がハードワークした。 1本目5分には西沢が松本DFに、同6分にはFWジュニオールドゥトラが相手GKにスライディング。 指揮官は「(1月30日の)鹿児島戦からやっている、プレスでチャンスを作れていた」とうなづいた。 イレブンも手応えを口にする。 金子は「これまでのように、1つの形にこだわらず、柔軟性をもって2つ目、3つ目の攻撃の形を作れればいい」と。 指揮官は18年から2年間、ヘッドコーチを務めた横浜Mで攻撃サッカーを植え付けた。 昨年、横浜MをJ1優勝に導いたサッカーが少しずつ、浸透している。 「昨年までと180度違うことをやっている。 成長過程なので、起こりえることでもある。 ただ、簡単なミスはなくさないといけない」。 昨季はリーグワーストの69失点だっただけに、J2相手に4失点したことは反省材料だ。 1本目の18分は自陣でボールロストし、ペナルティエリア付近でボールを回され、最後はネットを揺らされた。 1点リードの2本目9分には右サイドでボール奪取され、ゴール前まで運ばれ同点弾を喫した。 4失点目もGK西部がペナルティーエリア内でバックパスをキャッチし、間接FKを与えたことがきっかけとなった。 DF立田は「崩されて失点していない分、ビルドアップ中に奪われたことはよくない。 改善しないといけない」と唇をかんだ。 2本目に清水イレブンの足が急に重くなったことも攻守に精彩を欠いた原因だ。 1本目はハードワークし、試合の主導権を握っていたが2本目は「ガス欠を起こしてしまった」(MF金子)。 FW後藤も「疲れてからの動きの質を高める必要があった」という。 体力には限りがあるからこそ、無駄な動きをなくし、90分間戦い続ける必要がある。 指揮官は「いいチームになるため改善していく」と、約3週間後に迫るリーグ開幕へ、改革を続ける。

次の